JIMTOF 2018 特集
ニュース
» 2018年11月05日 11時00分 公開

FAニュース:高精度仕上げや精密な歯車の量産ラインに対応可能な歯車研削盤

三菱重工工作機械は、高精度仕上げや精密な歯車の量産ラインに対応可能な歯車研削盤「ZE16C」「ZE26C」を発表した。構造面の見直しにより剛性や加工精度が向上し、非加工時間が従来の約半分に短縮している。

[MONOist]

 三菱重工工作機械は2018年11月1日、仕上げの速度や精度を一層高めた歯車研削盤「ZE16C」「ZE26C」を発売した。従来の「ZE-B」シリーズを改良し、高性能化した。歯車の歯形形状誤差を1μmレベルに抑えるなど、高精度仕上げや精密な歯車の量産ラインに対応できる。

 新シリーズの2機種は、新たに開発した門型カウンターコラム(ZE16C)をはじめ、テーブルや砥石ヘッドなどの剛性を高めた。また、主軸構造の見直しにより、加工が安定し、加工精度が向上している。非加工時間は従来機の半分程度に短縮。砥石ヘッドの回転速度もアップしており、生産性向上に貢献する。

 他にも、砥石幅が従来の125mmから最大160mmに拡張。砥石の交換頻度を削減する。標準砥石と超仕上げ(ポリッシュ)砥石の同時装着が可能になったため、製造現場の多様なニーズに対応できる。

 オプションで水溶性クーラントを用意しており、環境や省エネにも配慮している。

photo 歯車研削盤「ZE16C」(クリックで拡大) 出典:三菱重工工作機械

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.