ニュース
» 2018年11月06日 09時00分 公開

製造ITニュース:過去の対応事例を活用して業務支援するAIサービス

東芝デジタルソリューションズは、トラブルなど過去の対応事例を知識として蓄積し、業務支援に活用できるソフトウェア「RECAIUS(リカイアス)ナレッジプラットフォーム」の提供を開始した。

[MONOist]

 東芝デジタルソリューションズは2018年10月17日、トラブルなど過去の対応事例を知識として蓄積し、業務支援に活用できるソフトウェア「RECAIUS(リカイアス)ナレッジプラットフォーム」の提供を開始した。

photo 「RECAIUS ナレッジプラットフォーム」の適用イメージ(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ

 RECAIUS ナレッジプラットフォームは、音声や映像から人の意図を理解してビジネスや生活をサポートする、東芝コミュニケーションAI(人工知能)「RECAIUS」の新たなサービスとなる。

 例えば、製造装置の不具合が発生した際に、保守員がテキストで入力した不具合の状況とセンサーデータなどの情報を統合して現在の状況を認識。過去の類似事例や、事例を絞り込むために調べるポイントを提示する。提示された情報を元に、不具合の対応経験がない保守員でも、経験がある保守員と同様に保守業務を遂行できる。

 また、発生した問題の解決支援だけでなく、現在の状況に類似した事例を提示して問題発生を未然に防ぐことも可能だ。さらに、分析した事例を体系化し、知見として蓄積する。

 製造現場の他、医療現場での診断漏れや誤診の回避、介護や接客でのトラブル対応、トラブル回避なども支援する。APIで提供するため、業務内容や利用端末に合わせて活用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.