ニュース
» 2018年11月06日 12時00分 公開

組み込み開発ニュース:1つのMIPIポートに複数接続できるCMOSイメージセンサー

ソニーは、グローバルシャッター機能を搭載したセンシング向けのCMOSイメージセンサー「IMX418」を発表した。1つのMIPI入力ポートに複数のセンサーを接続できるため、配線数を削減する。また、移動体向けに低電圧で駆動し消費電力を抑える。

[MONOist]
photo CMOSイメージセンサー「IMX418」左:チップ、右:チップサイズパッケージ 出典:ソニー

 ソニーは2018年10月22日、グローバルシャッター機能を搭載したセンシング向けのCMOSイメージセンサー「IMX418」を発表した。現在、サンプルを出荷中で、サンプル価格はチップが1500円、チップサイズパッケージが2000円となる(いずれも税別)。

 IMX418は、1つのMIPI(Mobile Industry Processor Interface)入力ポートに複数のセンサーを接続できる。同一配線上に接続した複数のイメージセンサーを同時露光して撮影したデータを、1つのMIPI入力ポートへ順に転送するインタフェースを搭載。これにより、アプリケーションプロセッサ側のMIPI入力ポート数以上のセンサーを接続でき、配線数が削減できる。

 画像フォーマットは白黒RAWで、イメージサイズは対角5.0mm(1/3.6型)、有効画素数は1016×1016(100万画素)。また、ユニットセルサイズは3.45×3.45μm、フレームレートは最大120fpsだ。

 画角の縦横比を1:1にしているため、前後上下左右、カメラをどの方向に取り付けても、機器の傾きで生じる画像情報の欠落を最小限にできる。

 既存の産業機器向けCMOSイメージセンサーには、IMX418同様、フォーカルプレーンゆがみのないグローバルシャッター機能を搭載した製品がある。移動体向けに低電圧で駆動するIMX418は、それらと比較して、消費電力を低く抑えられる。

 これらの特長を備えるIMX418は、障害物検知機能を持つヘッドマウントディスプレイやドローン、自律走行ロボットなど、イメージセンサーを複数搭載する移動体での利用に適している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.