ニュース
» 2018年11月07日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:プリント基板の変種変量生産を最適化、生産性30%向上

日立製作所とJUKIは、IoTを活用したプリント基板生産ラインの最適化に向け、本格的な協創を開始した。第1弾として、設備データを活用して変種変量生産を最適化する「プリント基板生産最適化ソリューション」を発表した。

[MONOist]

 日立製作所は2018年10月15日、IoT(モノのインターネット)を活用したプリント基板生産ラインの最適化に向け、JUKIと本格的な協創を開始したと発表した。協創の第1弾として、両社が開発した「プリント基板生産最適化ソリューション」を、同年11月1日から提供する。価格は個別見積もりとなる。

photo プリント基板生産最適化ソリューションの概要図(クリックで拡大) 出典:日立製作所

 プリント基板生産最適化ソリューションは、設備データを活用して変種変量生産を最適化するもので、「生産進捗、実績管理」「稼働実績分析」「不具合解析」「設備保全」「在庫管理」の5つのソフトウェアパッケージで構成される。

 各種設備から吸い上げた稼働実績などのデータを元に生産ラインを可視化することで、ライン全体を最適化し、生産性を向上させる。不具合発生時には、検査装置やマウンタ(電子部品をプリント基板に配置する装置)で取得した画像データを、不具合の解析や再発防止に活用できる。さらに、自動倉庫と生産ラインの部品在庫を一元的に管理し、メンテナンスの必要性を判断するための設備稼働情報を一覧表示するなど、管理工数低減や保全業務の効率化に貢献する。

 同ソリューションのJUKI産機テクノロジーへの導入試験では、導入後1カ月で、生産性が30%向上した。

 今後、両社はAI(人工知能)などを活用した最適な生産計画の立案や、メンテナンス作業のさらなる効率化、クラウドサービスやサイバーセキュリティなどへの対応など、新たなビジネス展開についても検討する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.