ニュース
» 2018年11月07日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:演算性能と電力効率を向上した、第3世代CPUコアを発表

ルネサス エレクトロニクスは、32ビットRX CPUコアの第3世代「RXv3」を発表した。同時実行命令の組み合わせ強化を図ることで、CoreMark/MHz値で5.8を達成。電力効率にも優れる。

[MONOist]

 ルネサス エレクトロニクスは2018年10月25日、32ビットRX CPUコアの第3世代「RXv3」を発表した。RXv3を搭載した新たなRXマイコンを、同年第4四半期末までにサンプル出荷する。

 RXv3のパイプラインは前世代のRXv2、RXv1コアと同じく5段だが、同時実行命令の組み合わせ強化を図ることで、CoreMark/MHz値で5.8を達成した。電力効率にも優れ、CoreMark/mA値は44.8だ。省電力のキャッシュ設計手法を採用し、オンチップフラッシュメモリへのアクセス時間と消費電力を削減する。

photo RXv1、RXv2、RXv3の比較(クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 また、最大256の専用レジスタ退避バンクを利用すれば、割り込み処理のオーバーヘッドを最小限に抑えられる。オプションとして、シングルサイクルのレジスタ一括退避ができる機能も用意した。

 RXv3では、単精度浮動小数点演算命令(FPU)に加え、オプションで倍精度FPUが採用されており、高精度制御モデルのマイコンへの移植が容易になる。DSP、FPU動作とメモリアクセスの同時実行で、処理性能がさらに向上する。

 RXファミリーはCPU命令やピン配置などに互換性があるため、開発環境の継続利用やシームレス展開が可能だ。RXv3も、RXv2、RXv1コアと共通の命令セットを持ち、上位互換性があるため、既存のアプリケーションをRXv3ベースのマイコンでそのまま使用できる。

 主な用途として、次世代スマートファクトリーやスマートホーム、スマートインフラ機器で使用するモーターなどのリアルタイム制御や産業用途を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.