JIMTOF 2018 特集
ニュース
» 2018年11月07日 08時00分 公開

JIMTOF2018:毎秒15mの超高速LMガイドは「技術の証」――THK

THKは、「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」において、毎秒15mもの速度で動く超高速LMガイドのデモンストレーションを披露した。

[朴尚洙,MONOist]

 THKは、「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)において、毎秒15mもの速度で動く超高速LMガイドのデモンストレーションを披露した。【訂正あり】

毎秒15mもの速度で動く超高速LMガイドのデモ 毎秒15mもの速度で動く超高速LMガイドのデモ(クリックで拡大)

 LMガイド(リニアガイドとも)は、工作機械や製造装置における直線動作を担う機械要素部品で、THKはその大手メーカーとなる。一般的なLMガイドの速度上限は毎秒5m程度といわれているが、今回の展示は、LMガイドを構成するブロック、ボール、エンドプレートといった各部材の設計を最適化することで、最高速度毎秒15m、加速度15Gを実現した。

長さ7mの長尺でLMガイドを駆動するデモ 長さ7mの長尺でLMガイドを駆動するデモ。長いこともあって、水平方向ではなく垂直方向に動かしている(クリックで拡大)

 「現時点でここまでのスピードを求めるニーズがあるわけではないが、当社の高度な技術を用いて超高速にチャレンジすれば、これだけの性能を出せることを示すものだ。この技術があるからこそ、顧客からのさまざまなニーズに応えたLMガイドを供給できる」(THKの説明員)としている。

 同様のコンセプトの展示として、長さ7mの長尺でLMガイドを6セット縦方向に駆動するデモを披露した。超高速LMガイドはJIMTOF2018が初披露となるが、この長尺LMガイドは前回の「JIMTOF2016」と同じの展示になる。

 「秒速15mの超高速LMガイド、長さ7mの長尺LMガイドとも、当社の技術の証として展示している」(同社の説明員)という。

【訂正】タイトルと本文の一部に誤りがありました。既に修正済みです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.