ET & IoT Technology 2018 特集
ニュース
» 2018年11月15日 07時00分 公開

ET2018:デンソーのCaaS/MaaS基盤は「デジタルツインとつながる」

デンソーは、「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」において、2025年を目標に開発を進めているCaaS(Car as a Service)/MaaS(Mobility as a Service)基盤技術を展示した。

[朴尚洙,MONOist]

 デンソーは、「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」(2018年11月14〜16日、パシフィコ横浜)において、2025年を目標に開発を進めているCaaS(Car as a Service)/MaaS(Mobility as a Service)基盤技術を展示した。

デンソーのCaaS/MaaS基盤技術の概要 デンソーのCaaS/MaaS基盤技術の概要(クリックで拡大) 出典:デンソー
CaaS/MaaS基盤を用いたデジタルツインのデモ CaaS/MaaS基盤を用いたデジタルツインのデモ。スマートフォンが現実世界の自動車を模擬している(クリックで拡大)

 同社が出展したのは、主催者テーマパビリオンの「次世代モビリティ」になる。大手ティア1サプライヤーとして知られているデンソーだが、独自のプラットフォームを構築することでMaaS市場に参画しようとしている※)。「自動運転車の配車サービス、クルマのトランクを宅配ロッカーとして活用するサービス、クルマの空き時間を活用したライドシェアサービスなどを、サービサーに簡単に実現してもらうためのプラットフォームになる」(同社の説明員)という。

※)関連記事:デンソーも備える「モビリティのサービス化」、プラットフォームを準備中

 ただし、デンソー自身は自動車メーカーではなくあくまでティア1サプライヤーだ。自動車を製造するとともに自動車も販売している自動車メーカーのようにMaaSプラットフォームを展開することは難しい。「基本的には、自動車メーカーのMaaSプラットフォームに組み込んでもらい、そのAPIの1つとして利用してもらうことになるだろう」(同説明員)。

 同社のCaaS/MaaS基盤の特徴となるのが、自動車のさまざまな情報を収集するキーモジュール「Mobility IoT Core」と、現実世界から得られたさまざまな情報に基づいてクラウドやデータセンターに仮想世界を構築する「デジタルツイン」だ。

 展示では、北米の公道実証実験に用いている試作開発版のMobility IoT Coreを披露した。また、デジタルツインについては、実在の自動車の機能を模擬するスマートフォンを用いて、デジタルツインと双方向で情報をやりとりできることを示した。

試作開発中の「Mobility IoT Core」 試作開発中の「Mobility IoT Core」(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.