ニュース
» 2018年11月20日 07時00分 公開

FAニュース:自動化システムを容易に導入できる次世代ロボットシステムを開発

オークマは、自動化システムを容易に導入できる次世代ロボットシステム「STANDROID」を開発した。必要な装置一式をパッケージ化しており、省スペース自動化システムをシステム構築業者なしで立ち上げられる。

[MONOist]

 オークマは2018年11月2日、自動化システムを容易に導入できる次世代ロボットシステム「STANDROID(スタンドロイド)」を発表した。システム構築に必要な装置一式をパッケージ化しており、省スペース自動化システムをシステム構築業者なしで立ち上げられる。

 STANDROIDは、出荷時にロボットの信号確認を実施。ロボットとストッカーが一体となった「省スペース自動化セル」を設置し、電源とネットワークケーブルをつなぐだけで接続できる。

 工作機械の操作感覚でロボットを簡単に操作できるため、専門知識を必要としない。ワーク品種の変更時は、作業者がロボット言語を知らなくてもロボット動作を容易に設定できる。

 また、加工物や取付け位置が変更された際も、設定変更だけで変更プログラムを作成できる。工作機械のパルスハンドルや、JOG送りボタンでの手動操作も可能だ。

 干渉しない最短動作を自動作成する「干渉レス制御」を搭載。動作の始点と終点の位置などの必要情報をNCの対話入力画面から入力するだけで、狭い空間でも動作確認無しで干渉せずに最短動作する。

 さらに、ロボットやストッカーなどの装置一式は、パレット約2枚分のスペースに極小化し、これまで安全柵で囲っていたロボット可動範囲分のスペースが不要になる。

photo 5軸制御マシニングセンタ+「STANDROID」 出典:オークマ
photo 立形マシニングセンタ+「STANDROID」 出典:オークマ
photo 3Dシミュレーションで事前に動作確認(MU-S600V+「STANDROID」) 出典:オークマ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.