ニュース
» 2018年11月27日 06時00分 公開

車載半導体:デンソーがインフィニオンに出資、ルネサスに続き半導体メーカーとの関係強化

デンソーは2018年11月26日、インフィニオン(Infineon Technologies)に出資したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 デンソーは2018年11月26日、インフィニオン(Infineon Technologies)に出資したと発表した。

 具体的な出資額は非公表だが、インフィニオンが持つ200万株強を購入、数千万ユーロ相当(数十億円)の出資となる。2018年9月末時点でのインフィニオンの資本金は22億7400万ユーロ(約3000億円)。デンソーは、調達先の1つであるインフィニオンとの関係を強化し、自動運転や電動化の進展による半導体の需要拡大に対応していく。

 インフィニオンは車載向けでは、制御用マイコンや半導体センサー、パワー半導体を手掛けている。デンソーとはこれまでにも取引関係がある。デンソーは半導体を次世代の車両システムを実現するキーデバイスと位置付けており、インフィニオンの技術とデンソーの知見を融合することにより、技術開発を加速させるとしている。

 インフィニオンのCEOであるラインハルト・プロス( Reinhard Ploss)氏は「デンソーとの協業関係が一層強化されることを喜ばしく思う。デンソーとの協力を通じて日本の自動車業界との絆を深め、日本や世界の半導体市場における位置付けを強化する」とコメントを発表した。

 デンソーは、社内で半導体センサーやパワーデバイス、自動運転の判断を担うプロセッサなど開発を進めている。そうした製品で競合するインフィニオンやルネサス エレクトロニクスといった半導体メーカーへの出資も行うが、これまでにもデンソーは自社の半導体にこだわらず半導体メーカーの製品も採用してきた。車載半導体の需要が今後さらに拡大していく中で、自社の製品や技術にこだわらず“適材適所”で活用するため半導体メーカーとの関係を強化している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.