ニュース
» 2018年11月27日 08時00分 公開

組み込み採用事例:IoTオーケストレーションサービス対応のゲートウェイ、レオパレス21が採用

ウフルは、IoTオーケストレーションサービス「enebular」の製品ラインアップに、IoT対応ゲートウェイ「enebular Mesh Network EGRET」を加え、販売を開始。レオパレス21が初採用した。

[MONOist]

 ウフルは2018年11月8日、IoT(モノのインターネット)オーケストレーションサービス「enebular(エネブラー)」のラインアップに、IoT対応ゲートウェイ「enebular Mesh Network EGRET(エネブラー メッシュ ネットワーク エグレット)」を追加し、販売を開始した。スマートロック制御のテストベッドとして、レオパレス21が初採用している。

 enebular Mesh Network EGRETは、enebularの従来機能に加え、エッジサイドにおけるIoTゲートウェイとしての機能を搭載。エッジとクラウドを一体でアプリケーションを開発し、アセットをクラウド・ゲートウェイ・デバイスへ透過的にデプロイ、最適なシステム運用をする。

 レオパレス21は、スマートロック制御のテストベッドとしてenebular Mesh Network EGRETを採用。テストベッドでは、enebular Mesh Network EGRETをenebular基地局に導入し、スマートロック制御でのサービス提供時の各種課題やアプリ連携などに関する技術を検証する。

 enebularはエッジデバイスとクラウドが連携するアプリケーションの開発や、さまざまなクラウドサービスを簡単に連携し、多数のデバイスが協調するIoTシステムの最適なオペレーションを支援する。また、商用展開可能なセキュリティとスケーラビリティを搭載している。

photo IoTオーケストレーションサービス「enebular」の構成図 出典:ウフル

 IoTオーケストレーションサービスは、IoTプラットフォームとは区別されており、IoTプラットフォームを構成するデバイスとクラウドが連携するアプリケーションの開発や機能更新、クラウドサービスとの連携やデータ利活用を簡便にするツール群となる。

photo IoTオーケストレーションの概要(クリックで拡大) 出典:ウフル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.