ニュース
» 2018年11月29日 06時00分 公開

FAニュース:なんだこの異次元な動き、浮遊体で運ぶベッコフの新リニア搬送システム

ベッコフオートメーションは2018年11月27日(現地時間)、ドイツで開催中の制御技術の展示会「SPS IPC Drives 2018」において、新たなリニア搬送システム「XPlanar」を発表した。

[MONOist]

 ドイツのBeckhoff Automation(ベッコフオートメーション)は2018年11月27日(現地時間)、ドイツで開催中の制御技術の展示会「SPS IPC Drives 2018」において、新たなリニア搬送システム「XPlanar」を発表した。

photo ベッコフオートメーションが新たに発表した新感覚の搬送システム「XPlanar」(クリックで拡大)出典:ベッコフオートメーション

平面タイル上を浮遊する搬送システム

 ベッコフオートメーションが新たに開発した「XPlanar」は、配置された平面タイルの上を自由に浮遊する可動部を、高度な制御技術により精密に位置決めすることによって実現した新たな搬送システムである。浮遊する可動部は2Gの加速度、4m/sの速度、±50μmの精度で位置再現が可能となる。非接触であるため、摩耗や汚染物質の排出なども抑えられる。

 基盤となる平面タイルは240×240mmで任意の形状に配置が可能。タイル内には電子機器が組み込まれており、新たに発表された高速のEtherCAT G通信に対応する。水平方向だけでなく垂直方向、また逆さまに設置して使うことなども可能だ。平面タイルの上を動く可動子は、95×95mmで可搬重量0.4kgの小型タイプ、155×155mmで可搬重量1.5kgの標準タイプ、155×275mmで可搬重量3kgのロングタイプ、275×275mmで可搬重量6kgのビッグタイプの4種類を用意している。

 可動子はXY軸方向だけでなく、5mmまでの持ち上げと下降機能なども持つ。液体などを載せた場合最大5度まで傾けることができる。ベッコフオートメーションが提供する制御ソフトウェア「TwinCAT」により同時に複数台を可動させても衝突なく簡単に移動経路を設定することができる。

 用途としては、パッケージングや組み立て、ピッキングプロセスの自動化向けの搬送システムが想定されるという。クリーンルームや真空中などでも使用でき、医薬品や食料品、精密機器などでの利用も想定する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.