ニュース
» 2018年11月30日 07時00分 公開

安全システム:夜間の歩行者対応自動ブレーキ、「カローラスポーツ」「N-VAN」がJNCAP満点

国土交通省は2018年11月29日、「平成30年度前期自動車アセスメント」の評価結果を発表した。今回から新たに「対歩行者被害軽減ブレーキ(夜間街灯あり)」「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」が評価対象に加わった。この2つの新項目において、トヨタ自動車の「カローラスポーツ」は満点を獲得した。

[齊藤由希,MONOist]

 国土交通省は2018年11月29日、「平成30年度前期自動車アセスメント」の評価結果を発表した。今回から新たに「対歩行者被害軽減ブレーキ(夜間街灯あり)」「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」が評価対象に加わった。この2つの新項目において、トヨタ自動車の「カローラスポーツ」は満点を獲得した。

 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する自動車アセスメントは、予防安全性能評価と衝突安全性能評価の2つで構成されている。予防安全性能評価の項目には、今回から夜間の対歩行者被害軽減ブレーキが40点満点、ペダル踏み間違い時加速抑制装置が2点満点で加わった。合計で126点満点となる。衝突安全性能評価は100点満点で採点される。

 予防安全性能評価では乗用車10車種、衝突安全性能評価は4車種の試験を実施した。評価を受けた車種の多くは、2018年内に新型車として発売されたモデルや、性能に関わる大幅な商品改良を受けたモデルだ。

カローラスポーツは昼夜で満点

 夜間の対歩行者被害軽減ブレーキの評価は、道路を横断中の模擬歩行者に対し、時速30〜60kmで試験車両を接近させて警報やブレーキの作動状況を確認する。試験は夜間に、街灯がある道路環境を模擬して実施した。試験条件は、対向車両がいない見通しの良い道路を横断するケースと、対向車両の後ろから出て道路を横断するケースの2パターンとなる。衝突を回避できたか、衝突した場合でも衝突前にどの程度速度が低下したかによって得点が与えられる。

 夜間の対歩行者被害軽減ブレーキは、カローラスポーツとホンダの軽自動車「N-VAN」が満点の40.0点を獲得。一方、最も得点が低かったのは、共同開発された兄弟車である三菱自動車の軽自動車「eKスペースカスタム/eKスペース」と日産自動車の「デイズルークス ハイウェイスター/デイズルークス」で、40点満点中19.3点だった。

夜間の対歩行者被害軽減ブレーキ
メーカー 車名 得点 参考:昼間の歩行者検知(65点満点) センサーの構成
トヨタ自動車 カローラスポーツ 40.0 65.0 単眼カメラ、ミリ波レーダー
ホンダ N-VAN 40.0 64.0 単眼カメラ、ミリ波レーダー
スズキ ソリオ/ソリオバンディット 39.6 62.1 ステレオカメラ
三菱自動車 デリカD:2/デリカD:2カスタム
スバル フォレスター 37.8 61.3 ステレオカメラ
マツダ アテンザ 28.3 52.7 単眼カメラ、ミリ波レーダー、赤外線レーザー
三菱自動車 eKスペースカスタム/eKスペース 19.3 44.2 単眼カメラ、ソナー
日産自動車 デイズルークス ハイウェイスター/デイズルークス

 ペダル踏み間違い時加速抑制装置の評価は、試験車両を模擬車両に接近させた状態で停止し、その状態から急速にアクセルペダルを踏み込む。これにより、衝突防止や被害軽減のために急発進と急加速を抑制するかを確認する。模擬車両が前方にある状態での発進、後方にある状態での後退を想定し試験を行う。夜間の対歩行者被害軽減ブレーキの評価と同様に、衝突を回避できたか、衝突時の速度をどこまで低減できたかによって得点が決まる。

 ペダル踏み間違い時加速抑制装置の得点は、SUBARU(スバル)の「フォレスター」、カローラスポーツ、トヨタ自動車の「カムリ(ダイハツ工業「アルティス」)」がそれぞれ満点の2.0点を獲得した。ホンダの「オデッセイ」は最も点数が低く、0.6点となった。

ペダル踏み間違い時加速抑制装置
メーカー 車名 得点
スバル フォレスター 2.0
トヨタ自動車 カローラスポーツ 2.0
トヨタ自動車 カムリ 2.0
ダイハツ工業 アルティス
スズキ ソリオ/ソリオバンディット 1.6
三菱自動車 デリカD:2/デリカD:2カスタム
スズキ クロスビー 1.6
マツダ アテンザ 1.6
三菱自動車 eKスペースカスタム/eKスペース 1.6
日産自動車 デイズルークス ハイウェイスター/デイズルークス
ホンダ N-VAN 1.2
三菱自動車 エクリプスクロス 1.2
ホンダ オデッセイ 0.6

 また、「高機能前照灯」も今回から新たに評価項目に加わった。夜間に走行している時に、前方の交通状況によってヘッドランプの照射範囲を自動的に適切なものに変更する「自動防眩型前照灯」や「自動切替型前照灯」を搭載した車両が対象となる。低速から作動する装置に対して高い得点を与えた。フォレスターとマツダの「アテンザ」が満点の5.0点を獲得した。

高機能前照灯
メーカー 車名 得点 センサーの構成
スバル フォレスター 5.0 ステレオカメラ
マツダ アテンザ 5.0 単眼カメラ、ミリ波レーダー、赤外線レーザー
スズキ ソリオ/ソリオバンディット 1.4 ステレオカメラ
三菱自動車 デリカD:2/デリカD:2カスタム
スズキ クロスビー 1.4 単眼カメラ、赤外線レーザーレーダー
トヨタ自動車 カローラスポーツ 1.4 単眼カメラ、ミリ波レーダー
トヨタ自動車 カムリ 1.4 単眼カメラ、ミリ波レーダー
ダイハツ工業 アルティス
ホンダ N-VAN 1.4 単眼カメラ、ミリ波レーダー
三菱自動車 eKスペースカスタム/eKスペース 1.4 単眼カメラ、ソナー
日産自動車 デイズルークス ハイウェイスター/デイズルークス
三菱自動車 エクリプスクロス 1.4 レーザーレーダー、単眼カメラ、ミリ波レーダー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.