ニュース
» 2018年12月03日 09時00分 公開

製造ITニュース:AIプロジェクトの大半は専門家の“魔法”であり続ける――ガートナーの展望

ガートナー ジャパンは、IT部門とユーザーに大きな影響を与える、2019年以降に向けた重要な展望を発表した。

[MONOist]

 ガートナー ジャパンは2018年11月13日、IT部門とユーザーに大きな影響を与える2019年以降に向けた重要な展望を発表した。

 これらの展望は、「AI(人工知能)の普及と関連スキルの不足」「組織文化の進展」「プロセスのプロダクト化」という3つの根本的な変化に関わるもので、デジタル能力の向上およびテクノロジーの概念が常に変化することによってもたらされるとしている。同社が挙げた、重要な戦略的展望トップ10の中には以下のような項目がある。

2020年末にかけて、AIプロジェクトの80%は、組織内のごく一部のまれなスキルを持つ専門家によって執り行われる“魔法”であり続ける

2023年までに、AI顔認識機能により、成熟市場における行方不明者は2018年に比べて80%減少する

2023年までに、慢性疾患患者は、AIを搭載したバーチャルケアに登録するようになり、米国内の救急診療の件数は2000万件減少する

2023年までに、組織の25%がインターネット上のハラスメントを防止する目的で合意書への署名を従業員に要求するが、その取り組みの70%は失敗に終わる

2023年までに、eプライバシー規制によりCookieの使用が削減されて、オンラインコストが増加するため、現在のようなインターネット広告収入は得られなくなる

 同社では、継続的な変化を自社の資産とするためには、変化が予想以上に早く起こることを前提に自社のビジョンに磨きをかけるか、もしくは組織のマインドセットを刷新する必要があるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.