ニュース
» 2018年12月05日 07時00分 公開

FAニュース:高精度と広視野を両立した超高解像度画像処理システム、複数対象物をまとめて測定

コグネックスは、超高解像度の画像処理システム「In-Sight 9000」シリーズを発表した。巨大な画像を処理し、高精度な位置決めや測定ができる他、検査対象物までの距離が離れていても精度の高い検査ができる。

[MONOist]

 コグネックスは2018年11月16日、超高解像度の画像処理システム「In-Sight 9000」シリーズを発表した。これまでにない巨大な画像を処理し、高精度な位置決めや測定に対応。検査対象物までの距離が離れている場合も、精度の高い検査ができる。

 堅牢な設計で、画像サイズはIn-Sightビジョンシステム史上最大となる。複数の対象物を単一の視野で、検査、測定、識別し、高精度と広視野を同システム1台で両立する。また、PCや専用コントローラーによる複雑なプログラミングを必要としない、使いやすいスタンドアロン画像処理システムとなっている。

 アプリケーションの設計やセットアップには、他のIn-Sightビジョンシステムと同様、In-Sight Explorer EasyBuilderインタフェースを使用できる。豊富なビジョンツールやPatMax RedLine、High Dynamic Range Plus(HDR+)などの技術を搭載し、多様なアプリケーションに対応する。

 In-Sight 9000シリーズは、「In-Sight 9902L」(2Kラインスキャン)と「In-Sight 9912」(1200万画素エリアスキャン)の2モデルを展開。どちらもIP67に準拠し、工場での厳しい環境に対応する。

photo In-Sight 9902L(クリックで拡大) 出典:コグネックス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.