ニュース
» 2018年12月06日 09時00分 公開

キャリアニュース:「3年後は勤務し続けていないと思う」――若手社員の51%が回答

リスクモンスターが「若手社員の仕事、会社に対する満足度調査」の結果を発表。新卒1〜3年目の若手社員の51.0%が「3年後は勤務し続けていないと思う」と回答し、半数以上が3年以内の転職を意識していることが明らかになった。

[MONOist]

 リスクモンスターは2018年11月26日、「第2回 若手社員の仕事、会社に対する満足度調査」の結果を発表した。

 調査対象は、新卒で入社した1〜3年目の男女600人。はじめに「仕事、会社に対する勤続意欲」を調べたところ、「3年後は勤務し続けていないと思う」と全体の51.0%が回答した。「3年後も勤務し続けていると思う」は49.0%となっており、半数以上が3年以内の転職を意識していることが分かった。なお、「3年後も勤務し続けていると思う」は、前回調査から9.2ポイント低下している。

 男女別に見ると、男性は「3年後も勤務し続けていると思う」が56.0%となっており、「3年後は勤務し続けていないと思う」の44.0%を上回った。女性は、58.0%が「3年後は勤務し続けていないと思う」と回答している。

 入社年次別では、新卒入社1年目の54.0%が「3年後も勤務し続けていると思う」と回答。それが新卒入社2年目になると45.5%、新卒入社3年目は47.5%と半数以下になっている。

 会社の売上高規模別に見ると、「10億円未満」では「3年後も勤務し続けていると思う」が42.3%だったが、「10億円以上100億円未満」は53.8%、「100億円以上」では58.1%と、勤務先の売上高が高くなるにつれて勤続意欲が高くなっている。

photo 勤続意欲(クリックで拡大) 出典:リスクモンスター

 続いて、「3年後も勤務し続けていると思う」を選択した回答者にその理由を尋ねた。その結果、「福利厚生が充実しているから」(34.0%)が最も多かった。続いて、2位「勤務時間や休日が自分に合っているから」(29.9%)、3位「給料が良いから」(21.8%)となっている。これを男女別に見ると、男性は「給料が良いから」(28.6%。女性は12.7%)、女性は「女性が働きやすいから」(23.0%。男性は0.6%)が異性に比べて高かった。

photo 勤め続けたい理由(クリックで拡大) 出典:リスクモンスター

 「3年後は勤務し続けていないと思う」を選択した理由は、前回調査に続き「給料が低いから」(38.9%)がトップ。会社の売上高規模別に見ても、全ての区分で「給料が低いから」が1位となっている。2位は「最初から転職するつもりだから」(19.6%)、3位は「仕事にやりがいを感じないから」(19.3%)だった。

photo 勤め続けたくない理由(クリックで拡大) 出典:リスクモンスター

勤務先への不満は、勤続意欲を低下させる

 また、勤務先に対する意識を尋ねたところ、「勤務先はブラック企業だと思う」は30.0%、「勤務先はホワイト企業だと思う」は70.0%だった。

photo 勤務先に対する意識 出典:リスクモンスター

 さらに、勤務先に対する意識と勤続意欲の関連性を調べると、「勤務先はホワイト企業だと思う」と感じている人で「3年後は勤務し続けていないと思う」と回答したのは41.0%だった。一方、「勤務先はブラック企業だと思う」と回答した人は「3年後は勤務し続けていないと思う」が74.4%を占めた。前回調査では、「勤務先がブラック企業だと思う」と答えた人のうち、「3年後も勤務し続けていると思う」は39.4%いたが、今回は25.6%に低下している。勤務先への不満が勤続意欲の低下につながっていることがうかがえる。

photo 勤続意識とブラック企業意識の相関(クリックで拡大) 出典:リスクモンスター

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.