ニュース
» 2018年12月11日 08時00分 公開

ロボット開発ニュース:自律移動型業務代替AIロボットの本格運用を開始

日本ユニシスは、スーパーマーケットでの自律移動型業務代替AIロボットの常設運用を開始した。自律走行しながら商品棚を撮影・解析し、表示期間が切れるPOPの発見やスタッフへの差し替え喚起などにデータを活用する。

[MONOist]

 日本ユニシスは2018年11月19日、スーパーマーケットでの自律移動型業務代替AI(人工知能)ロボットの常設運用を開始したと発表した。

 同社とユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスは、スーパーマーケットにおける自律移動型業務代替AIロボットの研究および開発を進めてきた。深層学習による画像解析技術が向上し、業務運用レベルに達したことを確認できたため、同月5日より、同社傘下のフードスクエアカスミ オリナス錦糸町店でAIロボット常設の本格運用を開始した。

 このAIロボットは、閉店後の店内を自律走行しながら商品棚の画像を撮影・解析する。表示期間が切れるPOPの発見や、店舗スタッフへの差し替え喚起などにデータを活用することで、スタッフの作業の負荷を低減する。AIロボットのセンサーが障害物を検知し、商品棚を照らしながら撮影するため、消灯された無人の店内で運用が可能だ。

 両社は今後も共同研究を続け、順次機能を追加し、2019年春の商品化を予定している。

photo AIロボットが稼働する様子 出典:日本ユニシス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.