ニュース
» 2018年12月17日 14時00分 公開

人工知能ニュース:時系列データからのAI生成を無償で実施、クロスコンパスが「AI Factory」を開設

クロスコンパスは2018年12月17日に無償でAIの性能のデモ評価を行える「AI Factory」を開設した。同社Webサイトから予約申し込みした顧客を対象に、同所で2時間ほどかけて、時系列データを用いたAIの生成や評価などを無償で実施する。

[朴尚洙,MONOist]
「AI Factory」のサービスの流れ 「AI Factory」のサービスの流れ(クリックで拡大) 出典:クロスコンパス

 製造業向けAI(人工知能)ベンチャーのクロスコンパスは2018年12月14日、同年12月17日に無償でAIの性能のデモ評価を行える「AI Factory」を開設すると発表した。同社Webサイトから予約申し込みした顧客を対象に、同所で2時間ほどかけて、時系列データを用いたAIの生成や評価などを無償で実施する。1カ月10件以上の利用を見込む。

 クロスコンパスは、製造業の顧客を中心に深層学習(ディープラーニング)を用いたAIによる課題解決を行っている2015年創業のベンチャー企業だ。現在は年間で70〜80件の開発案件に取り組む他、安川電機やコマツなどとの協業も進めている。

 AI Factoryは、東京・八丁堀にあるクロスコンパス本社内に開設される。顧客が持参した時系列データ(CSV形式)を用いて、それらを分析/識別するAIの生成や評価、課題設定、さらに簡単なデータコンサルティングを行う。所要時間は2時間程度だ。

 顧客の時系列データからAIを生成する際には、同社が2019年初旬にリリース予定のAI開発ツール「Wave-IX」を用いる。Wave-IXは、AIの専門知識がなくても簡単に異常検知用のAIを開発できることが特徴。ディープラーニングによって、時系列データの波形を解析する「波形まるごと」解析が可能で、目視検査や統計的手法よりも異常検知の精度を大幅に向上できるとする。

「Wave-IX」と従来手法の比較 「Wave-IX」と従来手法の比較(クリックで拡大) 出典:クロスコンパス

 時系列データは、圧力、電流/電圧、温度、流量、位置データなど時間的に変化した情報を持つデータであり、既に生産現場では計測、保持されていることが多い。「採ってはいるが使い道が分からないデータ」とも言われ、Wave-IXはその有効活用が狙いとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.