ニュース
» 2018年12月25日 15時00分 公開

医療機器ニュース:ヘッドマウントディスプレイ型デバイスを活用した医療機器業界向けサービス

富士ソフトは、フィリップス・ジャパンと協業し、医療機器業界に向けてMicrosoftの「HoloLens」を活用したサービスを展開する。大型医療機器を配置する空間に、HoloLensで実スケールのイメージを表示するサービスの提供に取り組む。

[MONOist]

 富士ソフトは2018年12月6日、フィリップス・ジャパンとの協業を発表した。医療機器業界に向けて、Microsoftのヘッドマウントディスプレイ型デバイス「HoloLens(ホロレンズ)」を活用したサービスを展開する。

 HoloLensは、目の前の現実世界に仮想世界の3Dホログラフィックを重ねて表示し、「Mixed Reality(複合現実)」を構築する。単体で動作するため、歩行範囲に制限がなく、両手も空くため、ビジネスでの適用が期待されている。

 今回の協業では、大型医療機器を導入する前に、HoloLensで機器を配置する空間に実スケールのイメージを表示するサービスの提供に取り組む。空間を動き回っても表示が追従し、機器を配置した後の室内イメージを確認できる。配置した機器の動作イメージもアニメーションで確認でき、データ出力機能により、施設設計の時間短縮も可能だ。

 両社は、フィリップスが2019年5月に宮城県仙台市に開設予定の「Philips Co-Creation Center」でサービスの使用開始を目指す。同センターは、フィリップスの日本で初めてのイノベーション研究開発拠点となる。また、将来的には、利用可能な医療機器の拡充、医療機器のトレーニングや医療機器のマニュアルとしての活用など、さまざまな展開を目指すとしている。

photo 「HoloLens」を活用したサービスのイメージ(クリックで拡大) 出典:富士ソフト
photo 「HoloLens」を活用したサービスのイメージ(クリックで拡大) 出典:富士ソフト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.