ニュース
» 2018年12月26日 15時00分 公開

医療機器ニュース:AIが腫瘍性ポリープの可能性を判断する大腸内視鏡診断支援ソフトウェア

サイバネットシステムは、AIが腫瘍の可能性をパーセンテージで医師に提示する大腸内視鏡診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN」を開発した。専門医に匹敵する精度で、腫瘍性ポリープの識別ができる。

[MONOist]

 サイバネットシステムは2018年12月10日、AI(人工知能)が腫瘍の可能性をパーセンテージで医師に提示する、大腸内視鏡診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN(エンドブレイン)」を開発したと発表した。

 EndoBRAINは、大腸内視鏡診断においてAIが前がん病変の腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープを推測し、腫瘍の可能性を提示するソフトウェアだ。検査中に医師は、切除する必要のある腫瘍性ポリープか、切除する必要がない非腫瘍性ポリープかを判別する必要があり、同ソフトウェアが医師の病変の診断予測を補助する。

 AI分析には、機械学習の一つサポートベクターマシンと、オリンパスが開発した超拡大内視鏡「Endocyto(エンドサイト)」が撮影した高精細画像を利用し、大腸の内視鏡画像情報をコンピュータ処理することで、画像から腫瘍および非腫瘍の可能性をパーセンテージで出力する。Endocytoは520倍の拡大倍率を持ち、細胞レベルでの生体内観察が可能な画像を撮影できる。

 サポートベクターマシンは、事前に教師データとして学習させた腫瘍性ポリープか非腫瘍性ポリープかを識別した約6万の症例画像を基に、検査中の画像の鑑別を行う。臨床性能試験では、専門医に匹敵する正診率98%、感度97%の精度で識別できることを確認している。

 同月6日には、医薬品医療機器等法に基づき、クラス?・高度管理医療機器として承認を取得。今後、オリンパスと協業の上、販売を開始する予定だ。

photo 「EndoBRAIN」の処理イメージ(クリックで拡大) 出典:サイバネットシステム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.