ニュース
» 2018年12月26日 07時00分 公開

FAニュース:サーボドライブのデータ検出機能を強化、ロギングデータ数を4倍に

安川電機は、同社のマシンコントローラー「MP3000」シリーズとACサーボドライブ「Σ-7」シリーズのデータ検出機能を向上させる、ソフトウェアバージョンアップの提供を開始した。

[MONOist]

 安川電機は2018年12月11日、同社のマシンコントローラー「MP3000」シリーズとACサーボドライブ「Σ-7」シリーズのデータ検出機能を向上させる、ソフトウェアバージョンアップを実施したと発表した。

 今回のバージョンアップにより、MP3000シリーズは、ロギングデータ数を拡張。最大64点×4グループだった容量が、最大256点×4グループになった。また、現在の秒単位のタイムスタンプに、マイクロ秒単位まで識別可能なスタンプが追加された。

 Σ-7シリーズは、ACサーボドライブから収集可能な振動や外乱、位置決め、通信品質などのセンシングデータを提供し、データのモニター機能を拡充した。サーボドライブ製品自身がセンサーとなり、装置の経年変化や使用環境の変化をリアルタイムに収集する。

 対象製品は、マシンコントローラーの「MP3100」「MP3200」「MP3300」(Ver.1.44以降)と、コントローラー内蔵2軸一体サーボパック「Σ-7C」(Ver.1.09以降)。さらに、サーボパック「Σ-7S M-III」「Σ-7W M-III」(Ver.002C以降)とツールの「YASKAWA Cockpit」(Ver.1.0以降)、「MPE720 Ver.7」(Ver.7.46以降)、「SigmaWin+」(Ver.7.27以降)も対象となる。

photo 複数のロギングデータの時刻を正確に合わせて、解析精度を向上 出典:安川電機
photo 追加されたマイクロ秒単位のタイムスタンプ(クリックで拡大) 出典:安川電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.