ニュース
» 2018年12月27日 12時00分 公開

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:道具だからこそ、2018年は商用車が大きく動いた

トラック、かっこいいと思うんですよね。

[齊藤由希,MONOist]

 この記事は、2018年12月27日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


道具だからこそ、2018年は商用車が大きく動いた

 「ひえー、1万トンプレスですか」。商用車についてちゃんと取材した最初の頃の思い出は、いすゞ系部品メーカーのインタビューでした。その会社で聞いたのは、老朽化した設備の更新を機に、1万トンを超えるプレス機を導入して、加工を効率化するというお話でした。老朽化設備の保守にかかっていた人手を有効活用したり、歩留まりを向上したりするとのことです。1万トンのプレス機を自動車部品メーカーが使うのは、とても珍しいとも教えていただきました。

 当時は、商用車のスケールの大きさばかりが印象に残りました。そんなインタビューから、もう4年。2018年は、別の面で商用車が印象的でした。それは、乗用車と商用車の技術は単純な延長線上にはなく、商用車の方が先行する部分もあるという点です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.