「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2018年12月28日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:デンソーとデンソーテンがコネクテッドサービスで協力強化、社名変更から1年

デンソーは2018年12月27日、2019年1月1日付で実施する組織変更について発表した。電動化や自動運転、コネクテッドといった大きな変化に対応するため、より競争力のある組織に変更する。グループ会社のデンソーテンには、デンソーが手掛けるトラックやバス、リース車両向けのサービス事業を統合。コネクテッド分野で両社の強みや知見を持ち寄ってビジネス拡大につなげる。

[齊藤由希,MONOist]

 デンソーは2018年12月27日、2019年1月1日付で実施する組織変更について発表した。電動化や自動運転、コネクテッドといった大きな変化に対応するため、より競争力のある組織に変更する。グループ会社のデンソーテンには、デンソーが手掛けるトラックやバス、リース車両向けのサービス事業を統合。コネクテッド分野で両社の強みや知見を持ち寄ってビジネス拡大につなげる。

 デンソーテンも同日に組織改定を発表した。デンソーとの連携を一層推進するため、刈谷事業所を新設する。事業統括本部には、コネクテッドサービスのビジネスを強化するため、VICT事業統括 コネクティッド事業部を新たに設ける。また、AE技術本部の安全システム技術部は、エアバッグECU事業の効率化推進と競争力強化に向けて、第一技術グループと第二技術グループを設置する。

各部門で再編

 デンソーは、自動運転やコネクテッドに関して車両システムの視点での開発を加速させるため、モビリティシステム統括部の下に事業戦略を担うモビリティシステム企画部と、技術開発を担うモビリティシステム開発部を新たに設けて2部体制とする。デンソーグループとしてフリート車両向けのコネクテッドサービスを強化するため、デンソーテンにコネクティッドサービス事業推進部を終結させる。デンソーテンは、タクシーを中心に商用車両向けサービス事業を手掛けている。

 システムや商品の提案力を強化するため、サーマルシステム事業グループやパワトレインシステム事業グループの再編を行う。サーマルシステム事業では、顧客のニーズに柔軟かつ迅速に対応するため、サーマルシステム製品企画部を新設する。また、今後急拡大が見込まれる熱マネジメント事業を強化するため、同事業の製品を集約し、サーマルマネジメントユニット事業部とする。

 パワートレインでは、各国のディーゼル規制や、市場ごとのニーズ多様化が進む中、取引先の内燃機関へのニーズにきめ細かく対応するため、パワトレインシステム事業グループの下に、ディーゼルシステム事業部、ガソリンシステム事業部、排気システム事業部、パワトレインコンポーネント事業部を置く4部体制とする。

 商用車や農機、建機向けのビジネスは、国やルートごとに分散していた営業機能を集約し、商用農建機部を新設する。新事業統括部は、社会課題の解決に貢献して新たな価値や文化を創造、共感を得るという役割を明確化するため、社会ソリューション事業推進部に改称する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.