ニュース
» 2019年01月07日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:都内物流センター内に3Dプリントサービスの生産拠点を開設

DMM.comは、日立物流と佐川急便と共同で、日立物流京浜物流センター内に「DMM.make3Dプリントサービス」の生産拠点を開設した。管理コストが抑えられ、佐川急便の流通網を利用することで、首都圏への迅速な製品輸送が可能になった。

[MONOist]

 DMM.comは2018年12月12日、日立物流と佐川急便と共同で、日立物流京浜物流センター内に「DMM.make3Dプリントサービス」の生産拠点を開設し、同月4日から運用を開始したと発表した。

 同生産拠点には、法人などからの需要が多い、試作品や保守パーツの造形に適したプリンタを導入した。これにより、柔らかい素材や硬い素材、耐熱性の高い素材を造形し、多様なニーズに対応する。

 これまでは、プリンタ本体や付帯設備、資材などの管理に広大な土地が必要なため、主要な生産拠点を石川県加賀市に設置していた。今回、東京都大田区の日立物流京浜物流センター内に生産拠点を置くことにより、コストが抑えられ、さらに佐川急便の流通網を利用することで迅速な輸送が可能になった。これまで難しかった、首都圏への即納にも対応する。

 今後は、より顧客ニーズに適したプリンタの導入や、生産設備の拡充を進める。また、同センターではメーカーの保守部品などを管理しているが、これを3Dデータで管理することにより、必要な時に必要な個数を即納できる体制を構築していく。

photo 日立物流京浜物流センター内の生産拠点(クリックで拡大) 出典:DMM.com
photo 3社連携による「DMM.make3Dプリントサービス」の概要(クリックで拡大) 出典:DMM.com
photo 複数の素材で多様な特性の造形物を出力(クリックで拡大) 出典:DMM.com

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.