2012 に関する記事 2012 に関する質問

「2012」最新記事一覧

平成24年

今から始めるWindows Server 2003移行のススメ(1):
Windows Server 2003からの移行前にやっておくべきこと
「2015年7月15日」にサポートが終了するWindows Server 2003。本連載では、現在稼働中のWindows Server 2003から、Windows Server 2012 R2への移行ポイントと手順を解説する。(2014/4/18)

System Center 2012 R2で実現するクラウド的管理法(1):
PR:自社の仮想化基盤をクラウド流に管理する
「System Center 2012 R2」は、8つのコンポーネントから構成される1つの製品です。各コンポーネントが提供する豊富な機能は相互に連携しながら、企業のIT環境の運用管理を改善、効率化し、ITサービスの品質を高めます。例えば、既に多くの企業が導入している仮想化基盤の運用管理は、System Centerに組み込まれたクラウドの技術でもっと楽にすることができます。(2014/4/16)

System Center 2012 R2で実現するクラウド的管理法(2):
PR:少人数のITスタッフで効率の良い運用管理を行うには
企業のIT基盤がオンプレミスの閉じた環境に収まらず、パブリッククラウドにまで広がろうとしている中、システム全体を把握し、それらをいかに効率良く管理できるかが、IT部門の課題となっています。「System Center 2012 R2」なら、IT環境の全階層を網羅的に監視し、運用管理タスクの自動化を促進することができます。(2014/4/16)

帰ってきた“ブラビア史上最高画質”、ソニーが直下型バックライト搭載機を含む4Kブラビア8機種を発表
ソニーも4Kテレビ8機種を発表した。2012年の「HX950シリーズ」以来という直下型LEDバックライト搭載モデル「X9500Bシリーズ」も用意している。(2014/4/15)

「SQL Server 2012 SP2」は2014年後半にリリース
終了近づく「SQL Server 2008」のメインストリームサポート、気になる影響は?
米Microsoftはブログで「SQL Server 2012 SP2」を2014年中に提供すると発表した。2014年春に「SQL Server 2014」が正式提供される一方で、「SQL Server 2008」のメインストリームサポート終了が近づいているのをご存じだろうか?(2014/4/11)

7位までアジア勢:
なぜ高い? アジアの子供たちの問題解決能力、日本は精神面で課題も
2012年に実施した国際学習到達度調査で、アジア各国・地域の子供たちの「問題解決能力」が、欧米などに比べ高いことが分かった。一方で、日本の課題は……。(2014/4/7)

同質化の戦いから新しい価値の訴求へ――KDDI田中社長に聞く、2014年度の戦略
2014年度は「ガツンと行く」。そう力強く話すKDDIの田中社長。社長就任以降、2011年は事業基盤の立て直し、2012年は成長起点の年、2013年は新たなステージの初年度と位置づけて取り組んできたが、2014年度はどんな年を目指すのか。(2014/4/4)

エコカー技術:
マツダの「i-ELOOP」に不具合、「アテンザ」と「アクセラ」計2.7万台をリコール
マツダは、「アテンザ」と「アクセラ」のリコールを国土交通省に提出した。対象となるのは、2012年10月2日〜2014年1月9日に製造した2万7627台。リコール原因は、減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」に用いられている電気二重層キャパシタの故障判定プログラムにあった。(2014/4/3)

300万DL超え:
ニュースアプリの代表格「SmartNews」が目指すもの
スマートフォンでニュースをさくさく読める「SmartNews」。2012年12月のリリースから14カ月で300万DLを突破し、現在も順調にユーザー数を伸ばしている。リリース当初から変えずにこだわってきたポイントなどを聞いた。(2014/3/28)

電気自動車:
NECがA123システムズの蓄電システム事業を買収、入札で負けた中国企業から
NECは、中国の大手自動車部品メーカーである万向集団(Wanxiang Group)の傘下にあるリチウムイオン電池メーカー・A123 Systems(A123システムズ)の蓄電システム事業を約1億米ドルで買収する。NECと万向集団は2012年12月、A123システムの資産売却入札で競合。万向集団が落札したという経緯があった。(2014/3/24)

スマートシティ:
早くも県内50カ所目のメガソーラー、発電規模150MWに達する熊本県
豊富な日射量を生かしてメガソーラーの建設ラッシュが進む熊本県で、ついに50カ所目の開発計画が確定した。有明海に面した玉名市に地元の不動産会社が2.75MW(メガワット)の発電設備を建設する。熊本県が2012年に策定した中長期の目標を6年も早く達成することになる。(2014/3/19)

電子から紙への大跳躍(グレートリープ)――『オービタル・クラウド』藤井太洋さんに聞く
『Gene Mapper』でKindleストア「ベスト・オブ・2012」小説・文芸部門1位を獲得し、「第7回 JEPA電子出版アワード」で選考委員特別賞を受賞した藤井太洋氏が次に送り出したのは『オービタル・クラウド』。制作秘話や電子出版の意義について話を伺った。(2014/3/19)

モバイルエクスペリエンスも進化
クラウド展開が容易になった、XenDesktop 7.5/XenApp 7.5の進化
シトリックスのデスクトップ仮想化およびアプリケーション仮想化ソフトの新バージョン(7.5)が2014年3月末に提供される。同社が2012年から取り組んできた「Project Avalon」のミッションであるクラウド対応が実現した。(2014/3/18)

ホワイトペーパー:
診療所・病院のIT化に関する読者調査リポート(2012年12月)
診療所・病院に勤務するTechTargetジャパン会員を対象にした「IT化の状況に関するアンケート調査」を実施。本リポートでは、診療所・病院のIT化の状況や導入済みの製品、導入課題、関心がある医療ITトレンドなどをまとめている。(2014/3/14)

再生可能エネルギーの未来予測(1):
2020年に電力需要の20%へ、発電コストの低下がカギ
これから再生可能エネルギーをどのくらい拡大できるかによって、日本の電力事情は大きく変わってくる。固定価格買取制度の認定設備が現在のペースで稼働していけば、2012年に電力販売量の10%に過ぎなかった再生可能エネルギーは2020年に20%、2030年には30%を超える。(2014/3/6)

「hi-ho LTE typeEM GL09」コースでプレゼントか割引を選べるキャンペーン開始
高速モバイル通信サービス「hi-ho LTE typeEM GL09」コースで、初期費用無料に加えて「Nexus 7(2012)(8GB Wi-Fi版)プレゼント」か「月額利用料金から2年間500円割引」を選べるキャンペーンがスタート。(2014/3/4)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
元銀行員がひも解くフィッシング詐欺の中身と対策
警察庁によれば、昨年のフィッシング詐欺の国内被害は14億円を超え、2012年の30倍にもなった。メガバンク出身の筆者が、実際に直面したフィッシング詐欺の手口とその対策に迫る。(2014/2/28)

Windows Server 2012 R2パワー:
第3回 Hyper-Vの主要な改善点
Windows Server 2012 R2のHyper-Vでは仮想マシンのアーキテクチャが更新されたり、仮想ディスクの帯域管理や動的リサイズなどのSLA向上、拡張セッションモードによる使い勝手の向上、自動アクティベーションなど、多くの機能強化が行われている。(2014/2/27)

国内ストレージソフト市場は年率4.5%成長 IDC予測
2012年〜2017年の国内ストレージソフト市場の年間平均成長率は4.5%、2017年の市場規模を857億9400万円とIDC Japanが予測。(2014/2/25)

IT活用による「寝たきりアクティブ」というスタイル
流通ジャーナリスト・金子哲雄さんが選んだ“自分らしい「死に方」”とは?
2012年10月に41歳の若さで亡くなった流通ジャーナリストの金子哲雄さん。夫人の金子稚子さんは「看護師との1000通以上のメールなど、ITを活用した周囲とのコミュニケーションが彼を支えた」と語る。(2014/2/24)

2012年度から14.9%低減――ドコモがキャリア間の音声接続料を改定
NTTドコモが、2013年度適用の携帯電話接続料の改定を発表した。総務省が定めたガイドラインに基づいて算定されており、2012年度適用の接続料から14.9%低減したという。(2014/2/21)

「インターネット白書」17年分がネットで無料化 1996年版から2012年版まで
1996年の誕生以来、インターネットにまつわる情報をまとめてきた「インターネット白書」のバックナンバーがネットで無料化。(2014/2/21)

日本のネットを記録した「インターネット白書」、17年分をWebで無料公開 1996年から
インプレスR&Dが発行する書籍年鑑「インターネット白書」の1996〜2012年分がWebサイトで無料公開された。(2014/2/21)

法制度・規制:
太陽光発電設備の4割以上、国の認定から10カ月以上も未着手
2012年度に固定価格買取制度の認定を受けた中規模(出力400kW)以上の太陽光発電設備のうち、4割以上が認定を受けてから10カ月以上を経過しても建設が始まっていない。設置する場所や設備の仕様が確定していないケースのほかに、建設を断念したものが1割近くにのぼっている。(2014/2/18)

スマートシティ:
被災地の小中学校に太陽光発電と蓄電池、1校あたり最大3000万円を助成
日本コカ・コーラが東日本大震災の復興支援と防災対策を目的に15億円を投じて、小中学校に太陽光発電設備と蓄電池の導入を推進中だ。岩手・宮城・福島の3県を対象に、2011年と2012年に合計34校に助成金を提供したのに続き、新たに20校を2014年3月末まで募集する。(2014/2/13)

Nokia、特許訴訟でHTCと和解
Nokiaが2012年に特許侵害でHTCを提訴した複数の裁判で和解が成立した。両社は特許と技術に関する協力契約を結び、HTCはNokiaにライセンス料を支払う。(2014/2/10)

運用:
Windows Server 2012 R2のNICチーミング機能(LBFO)をマスターする
複数のネットワークインターフェイスを束ねて帯域を増加させたり、負荷分散、冗長構成などを実現する「NICチーミング」機能。Windows Server 2012 R2ではNICチーミング(LBFO)がOS自身の機能として実装され、使いやすくなった。だがその導入にあたっては、既存のネットワークシステムとの相互運用性なども考慮しないと性能を発揮できないばかりか、トラブルの原因となる可能性もある。Windows Server 2012 R2のNICチーミングの機能と使い方などについてまとめる。(2014/2/6)

アイ・オー、法人向けNASにWSS 2012 R2搭載の最新モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、OSとしてWindows Storage Server 2012 R2を導入した法人向けNAS「HDL-Z6WLC2」シリーズを発表した。(2014/2/5)

スマートシティ:
65年の歴史に幕を閉じた中学校、太陽光発電所に生まれ変わる
戦後まもない1948年(昭和23年)に開校した中学校が2012年3月に廃校になり、新たに太陽光発電所の役割を果たすことになった。栃木県の那須烏山市にある旧・七合中学校のグラウンドに926kWの発電設備と災害時供給用の蓄電池を導入して運転を開始した。(2014/2/4)

自然エネルギー:
加速するNTTグループのメガソーラー事業、現在19カ所で発電中
NTTグループで太陽光発電事業を手がけるNTTファシリティーズが急ピッチでメガソーラーを増やしている。2012年10月〜2013年12月の15カ月間に全国19カ所で運転を開始した。月間に1カ所以上のペースで拡大して、発電規模は合計60MW(メガワット)を超えた。(2014/2/3)

Google、MotorolaをLenovoに29億ドルで売却
Googleが2012年に買収したMotorola MobilityをLenovoに売却すると発表した。Lenovoは欧州や北米でのスマートフォン販売の足掛かりにする狙い。Motorolaの特許のほとんどはGoogleが保有する。(2014/1/30)

ジョシュ・エルマン氏が取締役に:
Twitter創業者ウィリアムズ氏のMediumにGreylockが出資
かつてBloggerを立ち上げ、Twitterの共同創業者でもあるエバン・ウィリアムズ氏が2012年に立ち上げたソーシャルサービスMediumが、Greylockのパートナーを取締役として迎えた。(2014/1/29)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(4):
クライアント管理はConfiguration Managerにお任せを
「System Center 2012 R2」はプライベートクラウドの運用管理ツールとして注目されているが、企業クライアントの管理においても重要な役割を果たす。多種多様なOS/デバイスが利用されるようになり、ますます複雑化する運用管理は「System Center 2012 R2 Configuration Manager」にお任せしよう。(2014/1/28)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第2回】
今やらないと後で大変 Windows Server 2003からのロール(役割)移行
Windows Serverはさまざまな役割と機能を提供します。今回は、主要な役割や機能をWindows Server 2003からWindows Server 2012 R2に移行する解決策やヒントを紹介します。(2014/1/30)

PC販売ランキング(2013年1月6日〜1月12日):
2012年発売モデルが依然人気──「Mac mini」が10位に浮上(2014年1月第2週版)
今回は1月第2週の集計。デスクトップPCは、AppleのデュアルコアCore i5搭載「Mac mini」が10位に浮上した。(2014/1/27)

【徹底解説】Windows Server 2012 R2(4):
Windows Server 2012 R2で始めるワークスタイル変革
外出先に持ち出したPCや自宅にあるPCから社内のシステム/データにアクセスして業務を行うなど、数年前では考えられないほどにワークスタイルは大きく変化している。今回はワークスタイルを変革するに当たり、Windows Server 2012 R2の利用で得られるメリットを紹介する。(2014/1/24)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(3):
Virtual Machine Managerによるシステム展開
「System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager」(SCVMM)で仮想化基盤を構築後は、この上に仮想マシンを展開して本格的にシステムを構築していくことになる。SCVMMでは仮想マシンの展開だけでなく、サービスやホストのベアメタル展開もサポートしている。(2014/1/21)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 12月18日号:Windows Server 2012 R2徹底レビュー
Microsoftの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」の新機能を7ページにわたって徹底紹介。さらに、iPadとWi-Fiを活用するアパレルショップの事例やIKEAのCIOに聞く同社のITおよびモバイルアプリ戦略などをお届けする。(2014/1/20)

読者アンケート:
Amazonギフト券3000円分が当たる、スマートジャパン 読者調査
2012年4月にスタートしたスマートジャパンは、今年2年目を迎えます。より良い誌面を作るために読者アンケートを実施します。5分ほどで終わる内容です。ぜひ、ご協力をお願いいたします!(2014/1/17)

製造ITニュース:
TIS、中国・ASEANで活動の製造業向けにクラウドERP導入の支援サービスを開始
MicrosoftのERPパッケージ「Dynamics AX 2012」をクラウド型で提供。TISのノウハウを生かした標準業務テンプレートを利用し、最短3カ月で導入できるとしている。(2014/1/14)

入手困難資料のデジタル版、全国の図書館で閲覧可能に 国会図書館が配信 著作権法改正で
国立国会図書館は、絶版などで入手困難な資料のデジタル版について、21日から公共図書館への配信スタートする。2012年の著作権法改正で可能になった。(2014/1/10)

クチコミ/レビューサイト:
人は「いい評価」に釣られやすい――クチコミサイトの信頼性とは
米ニールセンが2012年に実施した調査によると、「最も信頼がおける情報ソース」の第1位は「友人/家族」で、第2位は「レビューサイト」という結果だった。これは、「ネットユーザーの3分の2が、レビューサイトを信頼している」ということになり、レビューサイトに対する信頼は4年間で15%も向上したという。(2014/1/10)

サポート終了迫る! Windows Server 2003からの乗り換え案内:
Windows Server 2012 R2で行こう!
Windows Server 2003のサポート終了日「2015年7月」がいよいよ迫ってきた。現在Windows Server 2003を利用している企業は、新しいOSへの移行を本格的に検討する必要があるだろう。本稿では、Windows Server 2003から最新のWindows Server 2012 R2へ移行する理由やメリットについて取り上げる。(2014/1/9)

オープンソースソフトの導入と企業の業績に関係あり
IDC Japanの調査によれば、企業におけるオープンソースソフトウェアの導入は2012年よりも増加し、企業の売上高にも影響していることが分かった。(2014/1/8)

2014 International CES:
ソニー、クラウドゲーム配信サービス「PlayStation Now」を発表
ソニーが、2012年に買収したGaikaiの技術を使ったクラウドゲーミングサービスを発表した。今夏にまずは米国でスタートする。(2014/1/8)

ビジネスニュース:
電子機器廃棄物、2017年には6540万トンに
増加の一途をたどる電子機器廃棄物。2017年には、2012年比で33%増となる6540万トンに達するという。電子機器廃棄物の増加に対して世界の関心は高まっているが、さまざまな国と地域が絡む問題だけに、リサイクル方法や法規制の統一が難しいという。(2014/1/7)

電力供給サービス:
環境に優しい電力会社はどこだ、1位は中部、2位は東京
火力発電の依存度が高まる中、電力会社や新電力のあいだでCO2排出率に大きな差が出ている。環境省が公表した2012年度の実績によると、電力会社10社のうちCO2排出率が最も低かったのは中部電力、2番目は東京電力だった。新電力は総じて電力会社よりもCO2排出率が低めである。(2013/12/26)

【徹底解説】Windows Server 2012 R2(3):
今すぐ始める Hyper-Vレプリカ活用術
Windows Server 2012 R2には「Hyper-Vレプリカ」という機能が標準搭載されている。ほとんどの方は、DR(Disaster Recovery:災害復旧)対策用の機能と認識しているのではないだろうか。確かに、DR対策として非常に有効な機能だが、まったく別の用途もあるのだ。(2013/12/20)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(2):
System Center 2012 R2で構築する次世代ITインフラ
クラウドを導入する上で、懸念材料の1つに「運用管理の煩雑化」を挙げる企業は多い。その懸念を払拭する運用管理ツールが「System Center 2012 R2」になる。今回はSystem Center 2012 R2でプライベートクラウドを構築する際のポイントを解説する。(2013/12/19)

iOS/Android端末に対応
Windows Server 2012 R2新機能徹底レビュー
MicrosoftはWindows Server 2012 R2において、クラウドと仮想化への対応を強化した。また、ユーザーが使っているのはWindowsクライアントだけはないという事実をついに受け入れた。(2013/12/18)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。