「3D」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
飛び出す3D特集 - ITmedia LifeStyle

ドコモの「Xperia XZ Premium SO-04J」がAndroid 8.0へ
NTTドコモは、12月18日にソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia XZ Premium SO-04J」をAndroid 8.0へアップデートした。「ピクチャー イン ピクチャー」への対応や3D撮影機能の追加、4CAの利用などが可能となる。(2017/12/18)

今度は筋肉タワーバトルか マッチョを高く積み重ねていく「Mount Your Friends 3D」2018年発売予定
あなたはマッチョのフレンズなんだね!(2017/12/18)

iPhone Xの次「6.5/6.1インチiPhone」モックを握って分かったこと(動画あり)
次期iPhoneと予想されるスペックをモックに落とし込んだ、「iPhone 6.5 OLED (2018) 」「iPhone 6.1 LCD (2018)」3Dプリントを実際に触ってみた。想像するだけでは分からないことがある。(2017/12/18)

MONOistセミナーレポート:
PR:「設計をしない設計者」が良い設計者である理由とは何か
製造業のあらゆる“現場”で人手不足が叫ばれる中、今設計現場に求められているのは「いかに設計をしないか」である。その真髄とは何か、PLMコンサルタントの北山一真氏と、3Dデータのライブラリ機能やデータ管理ツールを提供するキャデナス・ウェブ・ツー・キャドは、今後あるべき設計の姿を提示する。(2017/12/18)

3Dスキャナー:
武藤工業、デジカメ画像から3Dデータを生成する3Dスキャナー「MS-600N/PX」
武藤工業は、デジタルカメラで撮影した画像データから3Dデータを生成できる3Dスキャナー製品「MS-600N/PX」の受注を開始した。(2017/12/18)

蓄電・発電機器:
高性能化の鍵は「3Dプリント」、GEが新型タービンで記録更新
GEが新型のHAタービンを開発。金属3Dプリンタを活用して製造した新しいデザインのパーツによって、従来の62.22%を上回る64%の発電効率を実現した。(2017/12/15)

2017国際ロボット展:
不二越の協働ロボットは3Dセンサーと連動、人が近づくと自ら退避
不二越は、「2017 国際ロボット展(iREX2017)」において、2018年7月発売予定の協働ロボット「CZ-10」のデモンストレーションを多数披露した。(2017/12/15)

ストラタシス GrabCAD Voxel Print:
「Stratasys J750」を用いたボクセル制御3Dプリントがイノベーションの扉を開く
ストラタシス・ジャパンは、フルカラー&マルチマテリアル3Dプリンタ「Stratasys J750」向けの新しいソフトウェアソリューション「GrabCAD Voxel Print」を発表。3Dプリントする素材の密度、構造、カラーマッピングをボクセル(Voxel)単位で制御することが可能となる。(2017/12/15)

ドローン空撮画像を3Dデータ化してくれるクラウドサービス「くみき」 月額3000円から
スカイマティクスは、ドローンで撮影した画像を3D化するクラウドサービス「くみき」の提供を開始する。(2017/12/14)

ユニアデックス/UEL/佐藤工業:
点群/CADデータを用いトンネルの掘削壁面を計測するシステム、実証実験を開始
ユニアデックスと日本ユニシス・エクセリューションズは、佐藤工業の協力の下、3Dレーザースキャナーの計測点群データと設計データ(CADデータ)を用い、トンネルの掘削壁面を計測する実証実験を2018年1月から開始する。(2017/12/14)

Facebook、メッセンジャーに新ARツール「World Effect」
Facebookが、Snapchatの「World Lens」のように背面カメラの動画に3Dエフェクトを追加できる機能「World Effect」を「Facebook Messenger」に追加した。(2017/12/13)

CADニュース:
廉価な2D/3D CAD「CorelCAD 2018」、3Dソリッド編集や作画機能など強化
コーレルはCADソフトウェア「CorelCAD 2018」を販売開始。モバイル端末で利用できるCADアプリも提供予定としている。ライセンス販売価格は6万9000円。(2017/12/13)

3Dプリンタニュース:
笑う! ファブ3Dコンテスト2017、スイカ維管束大好きっ子も再来
3Dプリンタによる作品や利用アイデアを募る「ファブ3Dコンテスト 2017」の結果発表が行われた。今回用意されたテーマは「笑い」や「未来の楽器」など。小学生からプロまで幅広い応募の中から優勝に輝いたのは?(2017/12/12)

「3D XPoint」アーキテクチャを採用
高速メモリ技術「Intel Optane」を巡る揺るぎない事実とは
「3D XPoint」アーキテクチャを採用した「Intel Optaneメモリ」が市場に投入された今、高速メモリの未来は明るいように見える。だがOptaneメモリは、これまでにIntelが主張してきた通りの製品に仕上がっているのだろうか。(2017/12/12)

図研 XVL Studio WR|SCF2017:
配線設計を超軽量3D環境で! 実機を待たずに経路とケーブル長の確定が可能に
図研は「システムコントロールフェア(SCF)2017」(会期:2017年11月29日〜12月1日)で、3D配索検討ツール「XVL Studio WR(Wiring Route)」を展示。3次元環境における軽量かつ高速な配線設計を実現する同製品のメリットを訴求していた。(2017/12/12)

MicrosoftのクリスマスCMは「ペイント 3D」で「よりよい世界をつくろう」
「Windows 10」の標準描画アプリ「ペイント 3D」で製作したキャラクターが主役のクリスマスCMをYouTubeで公開した。これらのキャラクターはコミュニティ「Remix 3D」からダウンロードしてアレンジできる。(2017/12/11)

BIM/CAD:
現実に建設予定の建物が現る、大東建託が「HoloLens」を全国配備
大東建託は米Microsoft社のヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」を全国の建築事業部に配備。顧客に建設する建物の完成イメージなどを3Dで体感してもらい、プレゼンテーションの強化に活用する。(2017/12/11)

VR事例:
テスラのモデルXを丸裸にする、自動車開発のVR最前線
世界の3Dデータ活用の動きは、日本よりはるかに進んでいる。日本機械学会のVE/VR講習会において、テスラモーターズのモデルXを丸ごとCTスキャンしてCADモデルに変換するビジネスや、認証に関する最新動向が語られた。(2017/12/8)

特選ブックレットガイド:
おにぎりマシンメーカーによる3D CAD導入
おにぎり成形機で業界トップシェアを誇る食品加工機械メーカーの不二精機では、製品開発のさらなる効率化を目的に、設計環境を2D CADから3D CADへと移行する“3D CAD推進”をスタート。実際、どのように3D CADを選定したのか? そして立ち上げをどのように行ったのか? その取り組み内容を紹介する。(2017/12/8)

Studioシステム:
アルテック、米Desktop Metal製の金属3Dプリンタの国内販売を開始
アルテックは、米Desktop Metalと代理店契約を締結し、金属3Dプリンタ「Studioシステム」と専用の後処理装置、デバインダーステーション、焼結炉の国内販売を開始した。(2017/12/6)

「ロックマン11」、2018年発売 従来のゲーム性に3D表現を取り入れ高精細で美麗な世界へ
プラットフォームはPS4・Nintendo Switch・Xbox One・PC。(2017/12/5)

3Dプリンタニュース:
フルカラー/マルチマテリアル対応3Dプリンタでボクセル単位の設定が可能に
ストラタシス・ジャパンはボクセル単位での制御が可能な「Stratasys J750」向けソフトウェア「GrabCAD Voxel Print」を発表した。高度な構造体、グラデーションカラーのパターン、詳細な内部特性表現、テクスチャの作成などが行える。(2017/12/5)

3Dモノづくり:
写真から3Dデータを作成する3Dスキャナー「MS-600N/PX」を受注開始
武藤工業は3Dスキャナーの「MS-600N/PX」の受注を開始する。同製品は撮影した写真から3Dデータを作成できる。標準本体価格は250万円(税別)。(2017/12/4)

カラスに見える…… だまし絵みたいなウサギさん、鳥・ウサギクラスタを翻ろうする
だまし絵の3次元化。(2017/12/2)

「ULTRAMAN」が神山&荒牧コンビでフル3DCGアニメ化決定! 「今までない表現ができるんじゃないか」
『月刊ヒーローズ』連載、「誰も見たことのないウルトラマン」目指す。(2017/12/1)

Creaform:
「教育機関向けパッケージ」としてCADと寸法検査ソフトを無料提供
Creaformは、同社の3DスキャナーまたはポータブルCMMを購入した教育機関に対し、「教育機関向けパッケージ」を無料提供している。(2017/12/1)

設計者CAEは普通の解析と何が違う?(2):
設計力の低下、設計品質問題に悩んだら「設計者CAE」の導入を検討しよう
「設計者CAE」という言葉が設計現場で聞かれるようになって久しいですが、3D CAD推進とともにきちんと設計者CAEに取り組んでいる企業もあれば、まだ途上あるいは全く着手していないという企業もあるかと思います。連載第2回では、CAEに対する期待と現実のギャップ、CAEに対する誤解を解説するとともに、設計品質問題を取り上げ、設計者CAEを活用すべき意義について紹介します。(2017/12/1)

伝統工芸×DMM.make=?(2):
PR:京鹿の子絞に3Dプリンタを使って、伝統的で革新的な、はんなりやさしい生地が作りたい
京都絞美京の3代目である松岡輝一氏は、ファッションブランド「KIZOMÉ」を展開し、イタリアのミラノでも作品展示している。3Dプリンタの型を使った京鹿の子絞では、ワッフルのようにふっくらした、はんなりやさしい生地が作れる。自分が普段使っているデスクトップ3Dプリンタではなく、最新鋭の機器が使えるなら、もっともっと可能性が広がりそう。「世界中の人に、京鹿の子絞を見てほしい……!」――松岡氏の飽くなきチャレンジをDMM.makeが応援する。(2017/11/30)

車載情報機器:
アルパインとコニカミノルタ、車載用3D AR HUDを2021年に量産
アルパインとコニカミノルタは、AR(拡張現実)技術を応用したヘッドアップディスプレイ(HUD)の共同開発を行う。2017年1月にコニカミノルタが発表した車載用3D ARヘッドアップディスプレイの技術を高性能化し、2021年度の量産化を目指す。(2017/11/29)

3D設計推進者の眼(25):
この10年で現場の公差解析は進化したのか
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回はこの10年間で、設計現場における公差設計がどれだけ進化したのか考える。(2017/11/29)

AmazonのAWS、Apple「ARKit」にも対応のAR/VRアプリ開発ツール「Sumerian」
Amazon.com傘下のAWSが、AR/VR/3Dアプリ開発クラウドサービス「Sumerian」をプレビュー公開した。Appleの「ARKit」やGoogleの「Daydream」、HTC Viveなどの各種プラットフォームをサポートする。(2017/11/28)

CADニュース:
3D CAD・CGも利用できるVDIクラウドサービス、月額2万3000円から
アイネットは、米NVIDIAの仮想GPUソリューションを採用した「vGPU-VDIクラウドサービス」の提供を開始する。CADや3Dコンピュータグラフィックスといったアプリケーションの実行環境を提供するクラウドサービスだ。(2017/11/28)

3Dプリンタニュース:
BMD方式金属3Dプリンタ「Studioシステム」の国内販売を開始、複雑な形状にも対応
アルテックは、米Desktop Metalと代理店契約を締結し、金属3Dプリンタ「Studioシステム」と専用の後処理装置、デバインダーステーション、焼結炉の国内販売を開始した。この3点で造形が完結できるため、初期投資の削減につながる。(2017/11/27)

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2017 講演レポート|事例:
エポック社が「シルバニアファミリー」の製品開発で実践する3Dモノづくり
玩具業界でも本格化する3Dツールを活用したモノづくり。総合玩具メーカーのエポック社でも、同社を代表する製品ブランドの1つ「シルバニアファミリー」の開発において、3D CADやフルカラー3Dプリンタを活用した“3Dモノづくり”に取り組んでおり、意思決定の迅速化やリードタイムの短縮といった成果が出始めているという。(2017/11/27)

TechFactory通信 編集後記:
「野球盤」を生んだエポック社が挑戦する3Dモノづくり
「シルバニアファミリー」の製品開発がすごい! というお話。(2017/11/25)

特選ブックレットガイド:
ハイエンド3D CAD「Creo」――その歴史と特長
TechFactory編集部が製品担当者にインタビューを実施し、その内容をまとめた「商用3D CADカタログ 2017年版」。今回はパラメトリックCADのパイオニアとして知られるPTCのハイエンド3D CAD「PTC Creo」を取り上げ、その歴史や特長を紹介する。(2017/11/24)

メカ設計メルマガ 編集後記:
位相最適化から形状合成へ、3D設計自動化の未来が見えた
最新の3D CADでは位相(トポロジー)最適化がさらに進化してきています。(2017/11/21)

CADニュース:
教育機関向けとしてCADや寸法検査ソフトを無料提供
Creaformは、同社の3DスキャナーまたはポータブルCMMを購入した教育機関に対し、「教育機関向けパッケージ」の提供を開始する。scan-to-CADソフトウェア「VXmodel」と寸法検査ソフトウェア「VXinspect」のバンドルライセンス50本を無料で提供する。(2017/11/21)

太田智美がなんかやる:
3カ月待ち“未来の靴屋” 3D計測で自分だけのパンプス作成
伝統と新技術を掛け合わせた「未来の靴屋さん」に行ってきた。(2017/11/21)

福田昭のデバイス通信(121) 12月開催予定のIEDM 2017をプレビュー(5):
IEDM 2017の講演2日目(12月5日)午後(その1):記憶密度を2倍に高める3D NAND技術
今回から、12月5日午後の注目講演を順次紹介していく。電荷ベースのメモリ、最先端CMOSのさらなる微細化手法、最先端の金属ゲート技術やコンタクト技術など、興味深いテーマが並ぶ。(2017/11/21)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(97):
あなたの知らない“Windows 10のメモリ管理”の世界
今回は、Windowsのメモリ管理の仕組みについて徹底的に解説……なんて全く思っていません。Windows 10には「機能更新プログラム」(つまり新バージョン)で新機能が次々に追加されていくわけですが、“ナントカ3D”など見栄えのする機能だけではありません。目に見えない、Windowsのコア部分にも新機能が追加されたり、仕様変更が行われたりします。それは、時にはユーザーを驚かせることもあります。そして、隠されてしまうことも……。(2017/11/21)

Key「planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜」のVRプロジェクト始動
名場面「ほしのゆめみの星空解説」の一部をフル3Dアニメの360度VR動画に。(2017/11/17)

Autodesk University Las Vegas 2017:
進化したジェネレーティブデザイン「形状合成」の無償利用が可能に
オートデスクは、3D CADツール「Fusion 360 Ultimate」向けに、新機能「Autodesk Generative Design(AGD)」のテックプレビューの無償提供を始める。AGDは、その名の通り「ジェネレーティブデザイン」の機能だが、採用が広がっているトポロジー最適化や格子構造生成とは異なる「形状合成(Form Synthesis)」を利用できることが特徴だ。(2017/11/17)

特選ブックレットガイド:
設計以外にどう生かすか? トヨタが取り組む3Dデータ活用
トヨタ自動車は、車両1台分の3Dデータを企画や設計開発、生産にとどまらず、アフターサービスの領域にまで活用し、「もっといいクルマづくり」の実現に役立てようとしている。(2017/11/17)

商用3D CAD製品カタログ 2017年版:
3D CADの常識を超え、製品設計開発から工場の最適化まで実現する「NX」
設計から製造までの広範な開発プロセス、複合領域での設計開発を支援する、シーメンスPLMソフトウェアの3D CAD/CAM/CAEソフトウェアソリューション「NX」。自動車や航空宇宙、防衛、コンシューマーなど幅広い分野で採用され、ハイエンド3D CADの代名詞的な存在として、その地位を確立している。今回そのルーツである「Unigraphics」と「I-DEAS」の歴史をひもとくと同時に、統合され現在の姿となったNXの特長および注目機能を紹介する。(2017/11/17)

NGT48起用のキャンペーンも:
「Xperia」で作れる3Dフィギュア ソニーとDMMが協業
スマートフォン「Xperia」で3Dフィギュアが簡単に作れる――ソニーモバイルコミュニケーションズとDMMが協業する。(2017/11/16)

CADニュース:
3つのサイドスイッチ操作で3D作品を制作できる3Dペン
ワコムは、3D制作向けの筆圧対応デジタルペン「Wacom Pro Pen 3D」を発売した。3つのサイドスイッチを搭載し、3D作品制作のほとんどの工程をサイドスイッチの操作だけで仕上げることができる。(2017/11/16)

製造IT導入事例:
スカニアが開発プロセスのコスト効率を向上する3Dプラットフォーム導入
ダッソー・システムズは、スウェーデンのスカニアが、ダッソーの「3DEXPERIENCE」プラットフォームおよび各種ソリューションの導入を正式に開始することで両社が合意したと発表した。(2017/11/16)

iPhoneの2019年モデルは背面にAR用3Dセンサー搭載か──Bloomberg報道
Appleが2019年に発売するiPhoneの背面にはAR用の「Time-Of-Flight」システム採用の3Dセンサーが搭載されるとBloombergが報じた。(2017/11/15)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(15):
ハードウェアはこれからのデータベースの在り方をどう変えるか――ストーンブレーカー氏に聞いた
データベースの世界において、次々に革新を生み出してきたマイケル・ストーンブレーカー氏には、最近のハードウェアの進化がどう見えているのだろうか。SSDや3D Xpointなどの新ハードウェアがデータベースに与える影響について、同氏へ行ったインタビューの前編をお届けする。(2017/11/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。