「事故」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「事故」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ソフトバンクの通信障害、約3060万回線に影響
ソフトバンクの通信障害で影響を及ぼしたのは約3060万回線だった。この数字は12月7日に総務省に報告している。総務省令で定める「重大な事故」であることが確定した。(2018/12/13)

メーカー名はちょっと怖い、でも美しい…… “ロンドンの死のマッシーン”社がモトグッツィの事故車を魔改造
これがまた、ウルトラ美しいバイクに超変身。(2018/12/13)

3000万円が一瞬でパァ ランボルギーニ「ウラカン」英ハイウェイで大破、原因はスピード超過による事故
悪天候の中でスピードを出しすぎたらこうなるわな……。(2018/12/10)

西田宗千佳の「世界を変えるVRビジネス」:
「危険の研修こそVRの出番」 積木製作に聞く「研修用VR」ビジネスの現状
建設現場で起こる高所からの落下や、工作機械への巻き込まれ事故など、危険な体験をVRでシミュレーションする研修用VRコンテンツが注目を集めている。こうしたコンテンツを手掛ける積木製作に話を聞いた。(2018/12/11)

ソフトバンクの障害は「重大な事故」 総務大臣が見解 行政指導も検討
石田総務大臣が閣議後の記者会見で、12月6日に発生したソフトバンクの通信障害についてコメント。「電気通信事業法上の重大な事故」であるとの見方を示した。(2018/12/7)

ソフトバンクの通信障害は「重大な事故」? 総務省「詳細を確認中」
12月6日13時59分頃から18時4分までの約4時間にわたって発生したソフトバンクの大規模な通信障害。総務省令で定める「重大な事故」に該当するのだろうか。現時点の状況を総務省に確認した。(2018/12/7)

錯覚が原因:
田園型出合い頭事故招く「コリジョンコース現象」とは
田園などの見通しの良い交差点で出合い頭に衝突する事故(田園型事故)が多発しているとして、栃木県警は同県下野市内交差点付近の道路脇に白いポールを等間隔で設置した。交差点に入る車同士が錯覚により互いの接近に気付かないのが原因とされ、等間隔に並んだポールを置くことで車の動きを認識しやすくするのが狙いだ。一見、何の変哲もないこのポールが事故防止に一役買うという。(2018/12/7)

LINE MUSICがトヨタのスマートデバイスリンクに対応 ながらスマホ防止にも
LINE MUSICは、トヨタ自動車が発売した「スマートデバイスリンク」(SDL)対応車載デバイスとの連携を開始する。交通事故の要因となりやすい「ながらスマホ」の抑止につながるという。(2018/12/5)

ついに新小岩駅のホームドアが動く! JR東日本、12月8日の始発から運用開始を発表
これで事故が減るといいな……!(2018/12/4)

ソユーズ宇宙船、事故後初の打ち上げに成功
国際宇宙ステーション(ISS)に飛行士を運ぶロシアのソユーズ宇宙船が日本時間3日夜、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で打ち上げに成功した。10月11日の事故後、初の打ち上げとなった。(2018/12/4)

神戸製鋼の製鉄所も:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 作業員死亡事故が起きた「三井住友建設」など追加
厚生労働省が“ブラック企業リスト”を更新。準大手ゼネコンの三井住友建設(東京都中央区)などが追加された。同社は工事現場における危険防止措置の実施例などを記した「統括管理状況等報告書」を期日までに提出しなかった。作業員が工事現場で転落死する事故も起きていた。(2018/12/3)

乗用車のハイビームを照明代わりに 叡山電鉄、撮り鉄の迷惑行為に異例のお願い「運転の妨害」語気強く
事故を招く危険な行為です。(2018/11/29)

事故抑止に効果:
立体塗装で一時停止率アップ 信号機のない横断歩道 大阪府警
「信号機のない横断歩道では歩行者優先」。道路交通法でこう定められているにもかかわらず、歩行者が渡ろうとしている横断歩道で一時停止する車の割合が、全国平均で8.6%にとどまることが日本自動車連盟(JAF)の調査で分かった。車対歩行者の死亡事故のうち横断中の発生は7割に上り、警察当局は停止を怠る「歩行者妨害」の車の摘発を強化している。そんななか、大阪府警が車道をカラー塗装する試みを始めたところ、一時停止率がアップし、事故防止につながると注目されている。(猿渡友希)(2018/11/29)

計21車種が対象:
BMW、「118d」など約5万台リコール 排ガス冷却装置に不具合、発火の恐れ
BMWが、「BMW 118d」「BMW 218d ActiveTourer」など21車種・計5万3318台をリコール。排気ガス冷却装置の耐久性が不十分であり、火災に至る恐れがあるため。4件の不具合が報告されているが、事故は起きていないという。(2018/11/27)

標的型攻撃対策、URLフィルタリング、コンテンツフィルタリングを統合:
PR:社内外の脅威から“手間なくミスなく”ビジネスを守る方法
標的型攻撃などのサイバー攻撃が相次ぎ、情報漏えい事件・事故が多発している。しかし企業を取り巻くセキュリティ脅威は外部からの攻撃だけではない。ビジネスメール詐欺(BEC)、フィッシングサイトへのアクセスなど、企業内部に起因するリスクも確実に抑えなければならない。企業規模を問わずセキュリティ人材が限られている現実に対し、“社内外の脅威”から効率的・効果的に自社を守るにはどうすればよいのだろうか? 1999年に提供開始した「GUARDIANWALLシリーズ」で多数のユーザーに知られるセキュリティソリューションの老舗、キヤノンITソリューションズに話を聞いた。(2018/11/28)

修理代で新車1台分 1億円のスーパーカー「マクラーレン・セナ」納車から数時間後に交通事故
一生忘れられない初ドライブに。(2018/11/21)

消費者庁が通販で購入した製品の事故に注意喚起 傷病や死亡につながったケースは162件
リコール品が販売されていることも。(2018/11/15)

「Splatoon 2」をディープラーニングで攻略してみなイカ? 2018(後編)
「ガチエリアは『塗り』と『キル』どちらが重要なのか」「編成事故は存在するのか」など、人気ゲーム「Splatoon 2」のファンの間で感覚的にいわれていることをデータサイエンティストが検証。(2018/11/13)

外壁はく落事故防止:
「繊維」がアンカーの役割を担いモルタルとコンクリをつなぐ、タイルはく落防止工法
全国で相次ぐ外壁タイルの落下事故を防ぐため、淺沼組ら建設会社9社は新工法を開発し、せん断接着試験などの性能評価試験で一定の成果を得た。新工法は、コンクリート表面に繊維を植え込むことで、繊維がアンカーの役割を果たして、はく離が生じてもタイル張り付けモルタルとコンクリート躯体をつなげる仕組み。既に4件の建築工事の壁面に試験適用されているという。(2018/11/8)

「Splatoon 2」をディープラーニングで攻略してみなイカ? 2018(前編)
「ガチエリアは『塗り』と『キル』どちらが重要なのか」「編成事故は存在するのか」など、人気ゲーム「Splatoon 2」のファンの間で感覚的にいわれていることをデータサイエンティストが検証。(2018/11/12)

ブロックチェーン活用で、外航貨物保険の支払い手続きが1カ月超から1週間に――東京海上日動とNTTデータが実証
東京海上日動火災保険とNTTデータは、外航貨物海上保険の保険金請求手続きへのブロックチェーン技術の適用を検証。保険証券や事故報告書、貨物の損傷写真といった必要なドキュメントをブロックチェーン上で共有することで、保険金の支払いプロセスを迅速化する。(2018/11/2)

CIM×MR×無電柱化:
地上点群データと埋設物モデルを統合したCIM、HoloLensで施工箇所を“可視化”して事故防ぐ
大成ロテックは、CIM(Construction Information Modeling)と、MR(複合現実)技術を組み合わせ、道路埋設物を現場で可視化する新技術を開発し、和歌山市内の電線共同溝工事に初適用した。この技術により、通常は見ることのできない、地中の構成物を着工前に確認することで、工事中に起きやすい埋設管の破損事故などが防げる。(2018/11/2)

ソユーズ事故「センサー誤作動原因」有人飛行再開へ
10月11日に起きたロシアの宇宙船「ソユーズ」の打ち上げ失敗事故の原因は、「1段目のロケットブースターを切り離す際にセンサーが誤作動を起こし、2段目のロケットに衝突した」と発表。(2018/11/1)

トヨタ、東京海上日動と提携 事故データを自動運転開発に生かす
トヨタ自動車は、東京海上日動が分析した交通事故の状況などのデータを、自動運転のシミュレーションで活用する。(2018/10/30)

FC店に補償も:
モスが最終赤字転落へ 売り上げ減、食中毒事故が追い打ち
モスフードサービスが通期業績予想を下方修正。純損益が8億円の赤字に転落する見込み。食中毒が起き、客足が遠のいたフランチャイズ店に9億6100万円の営業補償を実施し、引当金を特別損失として計上するため。(2018/10/29)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
「勝手にブレーキをかけてくれる」と45%が認識――自動ブレーキにまつわる誤解とリスク
障害物を検知してブレーキ制御を行い、事故を防いでくれる自動ブレーキ。ですが、その機能を過信しすぎてはいないでしょうか。自動ブレーキはいつでもあなたを守ってくれるとは限りません。自動ブレーキが働くのはどのような条件のときなのか、自動ブレーキとどのように付き合うべきかを解説します。(2018/10/24)

23頭の肉質を分析:
“50年に1度”の霜降り、史上最高の福島牛誕生に注文殺到 風評払拭に期待
良質な霜降りと柔らかい肉質が特徴の「福島牛」に「50年の歴史で最上質」という種牛が生まれた。福島県農業総合センター畜産研究所で飼育されている6歳の「勝忠安福(かつただやすふく)」。生まれた子牛23頭の3年にわたる調査の結果、“50年に1度”という霜降り度合いが認められ、「基幹種雄牛」に認定された。認定から1カ月、注文も殺到しており、東京電力福島第1原発事故による風評被害の払拭をはかる県は新たな福島牛の誕生に期待を寄せている。(2018/10/23)

フリーザ様「日本の1年間の交通事故件数は53万です」 交通安全を教えてくれるパロディ漫画がためになる
あのフリーザ様が人の命を心配している……だと!? 1年の交通事故発生件数は53万件です。(2018/10/20)

冬タイヤ交換を前に:
大型車、「左後輪」の脱落に注意を その理由は
大型車の車輪が脱落した事故のうち、8割以上が「左後輪」に集中していたことが国交省のまとめで分かった。(2018/10/19)

「テレビなら放送事故」 川口春奈、衝撃の“変顔ショット”で清純派女優のイメージを覆してしまう
これを見せちゃうのがスゴい。(2018/10/19)

「誤った位置情報で事故に」 船舶や鉄道にも脆弱性のリスク
クルマの他、船舶、鉄道などの「乗り物」もまた「Connected」であり、リスクにさらされています。中にはメーカーが脆弱性を修正していなかったり、セキュリティがあまり考慮されていなかったりするケースも。(2018/10/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
交通事故で誰も死なない社会に
1970年に1万6765人と過去最高を記録した交通事故死者数は、2017年には3694人と激減した。これは自動車の安全技術と医療技術の進歩によるところが大きい。しかし、本当は死亡者ゼロこそが理想なのである。今なお自動車メーカー各社はそのためにさまざまな技術を開発し、数多くの安全システムをクルマに搭載しているのだ。(2018/10/15)

設定するなら使い始める前に
「Windows 10」のビジネス向け機能5選 “最後のWindows”の生かし方
「Windows 10」にはセキュリティ、生体認証、アシスタント機能などが標準搭載されている。うまく使えば大きなメリットを享受でき、知らずにいると思わぬ事故につながる可能性もある。要点を理解しておこう。(2018/10/13)

水曜インタビュー劇場(ブルンブルン公演):
バイクは事故が多いのに、なぜヤマハは「バイクレンタル」に挑むのか
ヤマハ発動機販売は10月1日、2輪車レンタル事業「バイクレンタル」をスタートした。国内2輪車メーカーがレンタル事業を始めるのは初めてのことだが、疑問がひとつある。バイクは事故が多いのに、事業を継続してやっていけるのだろうか。同社の担当者に話を聞いた。(2018/10/3)

新幹線台車亀裂:
負の連鎖が引き起こした亀裂 「偶然発生でない」 
新幹線のぞみの台車に破談寸前の亀裂が見つかった問題で、台車の鋼材が薄く削られた経緯などを検証した川崎重工業の委員会は28日、製造元の同社内のコミュニケーション不足に過度な現場依存が加わる「負の連鎖」が引き起こしたとの結論を明らかにした。新幹線の重大事故に繋がった恐れのある台車の製造不備は、現場任せの企業体質に原因があった。(2018/10/1)

損保ジャパン、自動運転サービス研究拠点開設 事故トラブル対応など検証
自動運転の実証実験を通じてデータを蓄積し、事故トラブルなどの際のサービスの在り方などについて検証する。(2018/9/28)

ビジネスモデルの変革に備え:
損保ジャパンが自動運転向けサービス研究拠点開設 事故トラブル対応など検証
損害保険ジャパン日本興亜は27日、自動運転車向けのサービスを研究する拠点を開設したと発表した。自動運転の実証実験を通じてデータを蓄積し、事故トラブルなどの際のサービスのあり方などについて検証する。同社は自動運転車の普及によって、自動車保険の形が従来の補償からサービス中心に切り替わるとみており、将来のビジネスモデルの変革に備える。(2018/9/28)

NECソリューションイノベータのVRソリューション:
PR:VRで見て・感じよ! 座学では得られない気付きで事故を未然に防げ
今、産業でのバーチャル・リアリティ(VR)活用が非常に注目されている。しかし、VRは一体、どんな課題を解決してくれるのか? それがまだはっきり見えてない方もいるだろう。本稿では、エンタープライズ向けVRシステムの開発元としての経験とノウハウから生まれた、「NEC VR現場体感分析ソリューション」と、その活用事例を紹介する。そこから現場でのVR活用のヒントが得られたら幸いだ。(2018/9/25)

声優・平野綾が追突事故 一報受けネットでは大喜利めいた盛り上がりが
おいやめろ。(2018/9/26)

「こうありたい」「神対応」 とある峠道でバイクが事故、通りすがりのライダーたちが交通整理で二次事故を防ぐ
やさしい世界。(2018/9/21)

昼寝中の幼児の呼吸異変検知 ソフトバンク系、IoTセンサーで新サービス
昼寝中の乳幼児突然死症候群のチェックのため保育士は数分おきに園児の確認をしており、ハグセーフティの導入を促すことで、保育士の負担軽減と死亡事故防止を図る。(2018/9/20)

半径300メートルのIT:
ぴあ、アララ、トレンドマイクロ――情報漏えい事件の後に“支持される企業”と“たたかれる企業”の違い
一度起こってしまった情報漏えい事故は、なかったことにできない。だからこそ問われるのが、事件後に各企業がとった対応です。さまざまな“事件”を巡って彼らの評判を分けたものとは、一体何だったのでしょうか。(2018/9/19)

3日間の営業停止に:
長野県のモスバーガーで食中毒、4人が「O121」感染 「お客さまに直接おわびしたい」
長野県上田市内の「モスバーガー」で食中毒事故が発生。8月20日に同店舗を利用した4人の客が、腸管出血性大腸菌O121に感染した。同店舗は9月10日から3日間の営業停止処分が課された。(2018/9/10)

元モー娘。吉澤ひとみさん、飲酒運転ひき逃げで逮捕の報道にネット衝撃 2017年9月には衝突事故
フジテレビ系「プライムニュース イブニング」などが報道。(2018/9/6)

「anicas」が展開:
ペットタレントが撮影現場で「粗相」「機材を破壊」しても、最大5億円を補償するサービス登場
ペットタレント事務所「anicas」などを運営するピーリンク(東京都目黒区)は9月3日から、ペットタレントが撮影現場で起こした事故を補償する「anicas補償サービス」を始めた。(2018/9/4)

交通事故で窓から投げ出され行方不明になっていた犬 19日ぶりに発見され飼い主と感動の再会
見つかって本当に良かったです。(2018/9/3)

“労災隠し”が発覚:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 「引っ越しのサカイ」支社が追加
厚生労働省が“ブラック企業リスト”を更新。サカイ引越センターの奈良南支社がリスト入りした。作業中に労働者が骨折する事故があったが、報告書の提出が大幅に遅れていたため。(2018/9/3)

よそ見、居眠り……:
新たな先進安全機能が拡大中 カメラで運転者の挙動確認
自動車の運転者の様子をカメラで確認し、わき見や居眠りに警告するシステムが、自動ブレーキなどに続く新たな先進安全機能として注目されている。重大事故防止のためにトラックなどに採用されてきたが、後付けのシステム市販やドライブレコーダーとの一体化など、活用が本格化してきた。導入は利便性向上を視野に乗用車にも広がった。自動運転の実用化でも重要な役割を果たすとみられている。(2018/8/30)

運航見通し立たず:
新ターミナル完成も……客のいない粟国空港 「島の生命線」再開を願う切実問題
沖縄県粟国(あぐに)空港で第一航空の那覇〜粟国便が着陸に失敗し、乗客10人がけがをした事故から3年が過ぎた。今年5月、乗客の待合所となるターミナルが新調されたが空路は絶えたままだ……。(2018/8/29)

「自動運転タクシー」実現へ課題山積 法整備、認知や安心感の向上も
ZMPと日の丸交通による営業走行の実証実験開始は「自動運転」時代の幕開けを告げるものだ。交通事故を減らし、運行コストを下げることで交通弱者の助けになることが期待されるが、人件費削減には「無人走行」の実現が前提で、ハードルは多い。ほとんどの人が自動運転車両に乗ったことがなく、社会的な認知や安心感の向上が課題で法整備も必要だ。両社は実験を通して、商用化に向けた環境整備の促進を目指す。(2018/8/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。