「事故」最新記事一覧

AIで建設現場の安全性や生産性改善へ:
AIで建機の状況を360度からリアルタイムで確認――コマツとNVIDIA、建設現場におけるAIの導入で協業
NVIDIAとコマツが協業を発表した。コマツの建機にNVIDIAのAI技術を導入し、建機の周囲にいる人や機械の接触や衝突などの事故防止に役立てる。将来は、機器の自動制御に加え、建設現場や採掘現場の高解像度レンダリングや仮想シミュレーションなどにもAIを利用する。(2017/12/14)

人身事故で停車した上信電鉄、車内に「仮設トイレ設置」の神対応 都市部の鉄道でも可能?
人身事故で立ち往生した車両へ「仮設トイレ」が設置。「すごい」「はじめて見た!」と話題に。(2017/12/13)

運転手の挙動をチェック:
IoTでバス事故防げ KDDI・小湊鉄道が実験
KDDIと小湊鉄道が、IoTを活用して路線バスの危険運転を防ぐ実証実験の詳細を公開。「ヒヤリ・ハット」と呼ばれる運転中の危険な兆候を早期発見する。(2017/12/12)

KDDI、バス危険運転を“顔認識”で予防 表情で「怒り」も検知
KDDIと小湊鐵道がバスの危険運転を予防する実証実験を実施した。事故が発生する可能性がある時間帯や場所などの特定に役立てるという。(2017/12/12)

Let'snote用バッテリーで新たな発火事故が発生 約14万個が交換対象に
パナソニックは、同社製ノートPCのバッテリーパックで2017年に連続して発火事故が発生したと発表、リコールを実施する。(2017/12/7)

ドローン落下で3人軽傷、国交省が厳重注意 「無許可の機体」飛ばす
ドローンが落下し3人が軽傷を負った事故で、国交省が空創技研プロペラに対し厳重注意。許可承認を受けていない機体を使っていた。(2017/12/6)

物議を醸したアートコーポレーションの「引越事故賠償金」が廃止 10月から賞与へ反映する評価制度に
物議を醸したあの制度。(2017/12/4)

Trend Micro DIRECTION 講演レポート:
脆弱性はなくならない、事故発生を前提とした対策があなたの工場を脅威から守る
トレンドマイクロ主催の情報セキュリティカンファレンス「Trend Micro DIRECTION」の講演「製造業の工場システム担当者が知っておくべき最新の工場セキュリティ動向」では、近年のランサムウェアの動向と製造業への影響、工場における具体的なセキュリティ対策の考え方について語られた。(2017/12/4)

“110番”情報から事件・事故を抽出──米国を安全にする画期的アプリ「Citizen」
もしも今、自分のすぐそばで事件が起きていたら、それにすぐ気付けるだろうか。身の回りで起きている事件をいち早くユーザーに知らせるアプリが、今米国で注目を浴びている。(2017/11/30)

JR西日本、安全管理の情報基盤を刷新 事故予測対策を強化
事故の未然防止に取り組むJR西日本は、情報基盤を刷新し、「ABeam Cloud」の多次元分析ツール「HyperCube」を活用した事故の予測分析ツールも導入した。(2017/11/24)

乳幼児による「加熱式たばこ」の誤飲事故に国民生活センターが注意喚起
たばこ葉部分が誤飲しやすい形状だとしています。(2017/11/18)

太陽光:
事故による発電損失も補償、低圧太陽光パッケージ登場
ネクストエナジー・アンド・リソースは、低圧太陽光発電システムのパッケージ商品の販売を開始。災害や盗難などの事故による発電損失の補償サービスを組み合わせた。(2017/11/14)

「人身事故による損害賠償」を利用した特殊詐欺について東急グループが注意喚起
東急は公式Twitterで「この東急の駅員を名乗る人物は東急と一切関係なく、詐欺行為の一種と考えられる」とコメント。(2017/11/12)

週末珍ゲー紀行:
今日からあなたは死神のパシリです ピタゴラスイッチ感覚で人を事故死させるパズルゲーム「Death Coming」
因果律により定められしモブキャラたちの消費期限。(2017/11/11)

JR西日本、「人身事故」を「列車がお客様と接触」に言い換え 飛び込み自殺のイメージが強過ぎる表現のため
取材したところ、自殺研究の成果を踏まえた防止策とのこと。(2017/11/6)

「事故ってみました」 Amazonの商品レビューで“最も体を張ったレビュアー”が発見され話題に
このレビューは欲しくなる……。(2017/11/2)

タコグラフとドラレコ一体化:
ヤマト運輸、全車両にIoT端末導入 安全管理に生かす
ヤマト運輸が、2018年11月から全車両にIoT端末を導入する。幅広い運行データを収集・分析することで、事故の防止やドライバー教育につなげるという。(2017/10/31)

準天頂衛星で高精度に位置把握:
9つの機器が自動運転事故防ぐ 三菱電機「xAUTO」
三菱電機は「東京モーターショー2017」に、自動運転の実用化に向けて開発したコンセプトカー「xAUTO」を出展した。カメラやレーダーなど9種類のセンシング機器を搭載し、高速道路での実証実験も行っている。(2017/10/28)

ドライブレコーダー、販売急増 「あおり運転」問題化で注目
自動車の「あおり運転」が社会問題となるなか、ドライブレコーダーに注目が集まっている。事故や交通トラブルが起きた際の証拠になるため、自家用車に取り付けるドライバーが急増している。(2017/10/25)

CEATEC 2017:
医師が解説する「運転中のヒューマンエラー」、脳では何が起きている?
「CEATEC JAPAN 2017」で行われた自動運転技術に関するカンファレンスに、滋賀医科大学 精神医学講座 講師の松尾雅博氏が登壇。「生理機能障害としてのヒューマンエラー:睡眠障害・認知症との関連から」というテーマで講演し、医学的な立場から睡眠や疲労、認知症が自動車事故に及ぼす影響などを紹介した。(2017/10/25)

NHK、最大3267人分のクレジットカード情報が流出
NHKが、放送受信料のクレジットカード継続払いを申し込んだ3267人分の個人情報を紛失する事故があったと発表した。(2017/10/24)

東名高速夫婦死亡事故:
ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か
神奈川県大井町の東名高速道路で6月、トラックがワゴン車に追突し、ワゴン車の夫婦が死亡した事故に関心が集まっている。車を運転する人には、とても他人事と言えない事故だったからだ。(2017/10/24)

激高、あおり……ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故
東名高速道路でトラックがワゴン車に追突し、ワゴン車の夫婦が死亡した事故に関心が集まっている。事故を誘発したなどとして逮捕された男は、足でハンドルを操作する様子を知人らが目撃するなど、悪質運転の常習者だった。(2017/10/24)

アートコーポレーション元従業員、引越事故賠償金で11万円以上天引き……給与明細はマイナスに アート側は「問題ない」
「引越事故賠償金」とする欄で11万3550円が天引き。【更新】(2017/10/29)

トラブルになったら:
あおり行為への自衛策は? ドラレコ「売り上げ3倍」
東名高速道での夫婦死亡事故を招いた「あおり行為」に遭遇した場合、運転者はどう対処すべきか。状況を客観的に記録でき、トラブル回避に有効なドライブレコーダーへの注目も高まっている。(2017/10/20)

「あおり行為」自衛策は? ドライブレコーダー「売り上げ3倍」
東名高速道での夫婦死亡事故を招いた「あおり行為」に遭遇した場合、運転者はどう対処すべきか――。専門家の意見は。(2017/10/20)

全国の鉄道事業者らによる「やめましょう、歩きスマホ。」キャンペーン実施 衝突や路線への転落事故防止へ
今年こそやめましょう、歩きスマホ。(2017/10/19)

「危険運転致死傷罪」は適用困難か:
東名の夫婦死亡事件、執拗かつ悪質な進路妨害は「過失」か「危険」か
東名高速道路で停車中のワゴン車にトラックが追突して夫婦が死亡した事件で、神奈川県警は進路妨害により事故を誘発したとして男を逮捕したが、容疑は運転時の過失を問う自動車運転処罰法違反の「過失致死傷」などだった。(2017/10/18)

「ニュース見てないんか」「息子やろが」 東名追突死亡事故、デマ拡散で無関係企業に嫌がらせ 暴走する“ネット私刑”の恐ろしさ
ある日突然、見知らぬ人の“怒りの標的”にされる恐怖。(2017/10/18)

80代男性が乗用車で線路内を走行するトラブル JR北海道「道路と間違えて侵入してしまったもよう」
幸い、列車との衝突事故には至らず。(2017/10/11)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
交通事故後の「植物状態」からの回復
「これしか……」と悲観するか、「こんなに」と見るか。(2017/10/4)

AI要らずで内部不正とサイバー攻撃に対応
ログの「取りあえず保管」から「宝探しの自動化」に
セキュリティ対策にはログを効果的に活用し、事故をいち早く検知して被害を最小限に抑える体制作りが重要だ。これまでは「保険」とされてきたログの活用を根本から見直す。(2017/9/29)

鉄道会社“悩みのタネ”:
ベンチの向きを90度変えるだけ 酔客のホーム転落事故は防げるのか
酒に酔った乗客の線路転落を防ぐため、ホームで線路に向かって平行に設置されているのが一般的なベンチの向きを90度回転させる工夫が関西を中心に広がっている。(2017/9/20)

ベンチの向きを90度変えるだけ! 鉄道会社“悩みのタネ”……酔客のホーム転落事故は防げるのか
酒に酔った乗客の線路転落を防ぐため、線路に平行に設置されていたベンチを90度回転させる工夫が、関西を中心に広がっている。本当にベンチの向きを変えるだけで転落事故が防げるのだろうか。(2017/9/20)

山手線での発火事故:
安価なバッテリーの落とし穴、設計上の問題を探る
2017年9月にJR山手線で発生した、リュックサックの発火事故は、中に入っていたモバイルバッテリーが原因だと見られています。バッテリー発火の原因を探ると、設計者として注意すべきことが見えてきます。(2017/9/15)

「モバイルバッテリーの発火事故」はなぜ起きた? 原因と安全な製品の選び方
「安価なモバイルバッテリー」の危険性とは。(2017/9/13)

人間との暮らしで“寿命風船”が割れるとき…… インコの事故死についての漫画「インコの命」に「とっても参考になる」「涙がでた」の声
インコさん以外の小動物にも当てはまる注意点です。(2017/9/12)

「熱盛と出てしまいました」 トランプマジック中にあの放送事故が発生してしまう
放送事故でもマジックの内容はガチです。(2017/9/10)

宇宙ビジネスの新潮流:
衛星AISで全世界の船をリアルタイムで追跡せよ
船舶の衝突事故が相次いでいる。他方で船の安全管理や航行管理のために衛星インフラの活用が着々と進んでいるのをご存じだろうか?(2017/9/9)

自分好みの「熱盛」が作れる「熱盛ジェネレーター」登場 文字色、背景色、角度などアレンジ可能
あの放送事故が自由に作れる。(2017/9/5)

BIM/CAD:
VRで建設現場の災害を体験、東急建設とバンダイナムコが教育システムを開発
東急建設はバンダイナムコスタジオの技術支援を受け、VR技術を活用した体験型安全衛生教育システムを開発した。VR空間内でさまざまな事故の発生過程を疑似体験できるシステムで、災害事故の発生防止につながる行動などの学習に役立てる。(2017/9/1)

人間の“目”こそセキュリティ最後の砦
どんな標的型攻撃メールでも「偽装」できない弱点がある
日本年金機構や大手旅行代理店で発生した個人情報漏えい事故は、巧妙に偽装されたメールから始まった。人間の目を欺く標的型攻撃メールを見抜くには?(2017/8/30)

動画再生中に突然「熱盛〜〜〜!」 報ステの放送事故を再現するChrome拡張機能が開発される
たま〜に出る感じが本当に放送事故っぽい。(2017/8/30)

安全システム:
「プリウス」の追突事故が半減、「Toyota Safety Sense」の運転支援で
トヨタ自動車は運転支援システム「Toyota Safety Sense」を搭載する「プリウス」は非搭載車と比較して追突事故が半減したと発表した。アクセルの踏み間違いや踏み過ぎによる衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」とToyota Safety Senseの両方を搭載した場合は、追突事故が非搭載車と比較して9割減少するという。(2017/8/29)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第558話 どうにも転ばぬ先の…
万が一アレを忘れて、こんな事故が起こって、はずみでこんな失敗をして、最悪の場合ああなって、こうなって……(2017/8/29)

NITE、ペットなど動物による火災事故に注意喚起 小動物・害虫による製品侵入での事故も
大切なペットの命を守るためにも気を付けましょう。(2017/8/27)

アリさんマークの引越社、懲戒解雇で都労働委から「不当労働行為」と認定
勤務中に発生した事故による弁償金の返還を求めていた社員を、シュレッダー係に配転したのち解雇していました。(2017/8/24)

「被ばくで被害」:
「トモダチ作戦」157人が米で東電を提訴 50億ドル基金要求
東京電力ホールディングスは、福島第1原発事故発生後の米軍による被災地支援活動、いわゆる「トモダチ作戦」に従事したという米国居住の157人から提訴された。(2017/8/24)

360度見渡せるモニターも搭載:
マツダ「アクセラ」改良 安全技術強化で事故リスク軽減
マツダがスポーツコンパクト「アクセラ」を改良。安全技術を強化した。(2017/8/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
訪日外国人がレンタカーで事故りまくっているのは本当か
沖縄で外国人観光客によるレンタカー事故が増えている、らしい。現地の琉球新聞がそのように報じたわけだが、関係者に話を聞いたところ、事情はちょっと違うようだ。どういうことかというと……。(2017/8/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。