「エアバッグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エアバッグ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

IoT時代の安全組織論(9):
IoT時代の安心・安全を確保するための組織改革――中小企業編
製造業がIoTを活用していく上で課題となっているのが、サイバーセキュリティをはじめとする安心・安全の確保だ。本連載では、安心・安全を確立するための基礎となる「IoT時代の安全組織論」について解説する。最終回となる第9回は、中小企業の組織変革について、具体例とともに、変革の際のポイントを紹介する。(2018/5/29)

安全システム:
新型フォレスター、スバル初のドライバーモニタリングとマイルドHV
SUBARU(スバル)は「人とくるまのテクノロジー展2018」において、2018年夏に発売予定の「フォレスター」の新モデルを展示した。新型フォレスターは乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」やマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」といったスバル初の技術を搭載する。(2018/5/25)

Continental:
ティア1サプライヤーのコンチネンタルが「自動運転にできること」
大きな話題となっている自動運転だが、自動車メーカーだけで実現するものではない。自動車メーカーに部品を提供するサプライヤーもまた、自動運転を視野に入れた取り組みを進めている。ドイツに本拠を構えるティア1サプライヤー、Continental(コンチネンタル)もその1つだ。(2018/5/25)

快適性、実用性も向上:
スバル、新型「フォレスター」先行予約スタート
SUBARU(スバル)が新型「フォレスター」の先行予約受け付けを始めた。(2018/5/18)

世界販売は110万台:
スバル、今期営業益予想は20%減 円高と米国での販売費増が響く
SUBARU(スバル)の2019年3月期(今期)は連結営業利益が前期比20.9%減の3000億円になる見通しだ。(2018/5/11)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
ビジネスPCと個人向けPCって何が違うの?
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。PCには個人向けとビジネス向けでカテゴリーが分けられています。できることはほぼ同じ……一体何が違うのでしょうか。(2018/5/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
71億円の減益ながら表情の明るいホンダ
大型連休前にホンダの決算発表会が開催された。営業利益は8335億円で、前年度に比べて71億円のダウンとなった。しかし会見に臨んだ倉石副社長の表情は明るい。質疑応答では笑顔を見せる局面もあった。(2018/5/7)

ディズニーがVRジャケットを開発 エアバッグの圧力でパンチの衝撃やヘビがまとわりつく感触まで再現
インナーに配したエアバッグを収縮させることで触感を再現。(2018/5/4)

負債総額1兆9000億円に:
17年度、コンプラ違反倒産が増加 「粉飾」原因は前年度の2.5倍
東京商工リサーチの調査で、2017年度にコンプライアンス(法令順守)違反が一因で倒産した企業の件数が195件と、3年ぶりに前年度を上回ったことが分かった。虚偽の決算書や不適切な会計処理などの「粉飾」が2.5倍と急増しており、好業績が目立つ大企業と対照的に、経営不振から抜け出せない中小企業が多い一面を浮き彫りにしているという。(2018/4/5)

福田昭のストレージ通信(88) STが語る車載用埋め込み不揮発性メモリ(1):
車載用マイコンが内蔵する不揮発性メモリ
今回から数回にわたり、2017年12月に開催された「IEDM」で行われた車載用の埋め込み不揮発性メモリに関する講座の模様を紹介していく。(2018/2/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
クルマのコモディティ化と衝突安全
ここのところ繰り返し書いているテーマの1つが、「クルマはコモディティ化していく」という安易な理解への反論だ。今回は衝突安全の面からこの話をしたい。(2018/2/19)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(1):
若き組み込みエンジニア、B君の憂鬱
このコラムでは、組み込みエンジニアが日々の開発で実際に遭遇する「小さなトラブルを」取り上げ、演習形式で解説します。今回は機器制御系の組み込み開発に従事する若きエンジニア君の遅れを、プロマネの立場で助けてあげてください。(2018/2/8)

「プリウス」「レクサス」なども:
トヨタ、「アルファード」など9万台リコール エアバッグが作動しない恐れ
トヨタ自動車が、「アルファード」など計9万1210台をリコール。有事にエアバッグが正常に作動しない恐れがあるため。現時点では、事故の報告はまだないという。(2018/2/1)

お年寄り向けのエアバッグ付きベルトが登場 転んだときの衝撃を90%低減し骨折を防止
転倒による加速を検知すると、エアバッグが80ミリ秒で開きます。(2018/1/11)

水曜インタビュー劇場(ユニーク公演):
「アイロンいら〜ず」ヒットの裏に、サンコーの“まずは売ってみる”戦略
ユニークな商品を次々に販売しているサンコーが、家電にチカラを入れている。弁当箱サイズの炊飯器やハンガーにかけるだけでシャツを乾かすことができるアイテムを販売したところ、いずれも売れた。ヒットの裏側で、同社はどのような手を打っていたのか。話を聞いたところ……。(2018/1/10)

MONOist 2018年展望:
品質不正問題にどう立ち向かうのか、抜本的解決のカギはIoTと検査自動化
2017年の製造業を取り巻く動きの中で、最もネガティブな影響を与えたのが「品質不正」の問題だろう。「日本のモノづくり」のブランド力を著しく傷つけたとされるが、2018年はこの問題にどう対応するのかという点は、全ての製造業の命題である。人手不足が加速する中、解決につながる「仕組み」や「ツール」に注目が集まる1年となる。(2018/1/5)

来夏発売:
トヨタの新型「クラウン」はネット接続を標準装備 何ができる?
トヨタ自動車が来夏に発売予定の新型「クラウン」。「トヨタ初の本格的コネクテッドカー」と銘打ち、大々的に展開する方針というが、インターネットにつながることで具体的にどのような機能を持つのだろうか。(2017/12/22)

2017国際ロボット展:
造林作業向けアシストスーツと“後ろから乗る”電動車いす、国際ロボット展で披露
NEDOは「2017 国際ロボット展(iREX2017)」に出展し、林業用アシストスーツの試作品「TABITO-03」や、新型電動車いす型ロボット「RODEM(ロデム)」などを展示する。(2017/11/29)

大学キャンパス出張授業:
自動車アセスメントのための技術開発ではない、もっと安全なクルマを作るため
自動車業界の経営トップが大学生にクルマ・バイクの魅力や楽しさ、日本のモノづくりの重要性を伝える「大学キャンパス出張授業」。安全という個性を確立するまでの取り組みを伝えた、東京工業大学でのスバルの講演を紹介する。(2017/11/20)

スピン経済の歩き方:
中国メディアが指摘する「日本は改ざん文化」は本当か
中国の新華社通信が「改ざん文化が恥の文化を超える」といった内容の記事を掲載した。そう聞くと、「粗悪な製品をつくっている中国にだけは言われたくない!」と思われたかもしれないが、かなり痛いところを突かれているのではないだろうか。どういうことかというと……。(2017/11/14)

製造マネジメントニュース:
米国販売が好調なスバル、「健全な成長」優先で販売計画を下方修正
SUBARU(スバル)は、2018年3月期(2017年度)の第2四半期(4〜9月期)決算を発表した。連結販売台数が6期連続で過去最高を更新したこともあり、売上高は前年同期比6.9%増の1兆6863億円、営業利益は同1.7%増の2121億円となった。(2017/11/7)

日立製作所/ダイセル:
IoT活用で経営情報から製造現場の状況までのKPIを可視化する経営ダッシュボード
日立製作所はダイセルと共同で、IoTを活用して経営情報から製造現場の状況までのKPI(主要業績評価指標)を一元的に可視化する、経営・製造ダッシュボードを開発した。(2017/11/7)

東京モーターショー2017:
東京モーターショー2017、「変形しそう」なコンセプトカーまとめ
大胆なコンセプトカーを見ると、思わずつぶやいてしまう「変形しそう……」。各メーカー渾身の力作を、ITmediaの記者が独断と妄想でピックアップした。(2017/10/30)

今、何ができる? 「東京モーターショー2017」で見たコネクテッドカーの最先端
いわゆるコネクテッドカーは今、何につながり、どんなことができるのか。東京ビッグサイトで開催された東京モーターショー2017のイベント会場を取材した。(2017/10/27)

車両デザイン:
トヨタのLPGハイブリッドの新型タクシー発売、東京だけで1万台の需要見込む
トヨタ自動車は、タクシー専用の新型車「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発売した。1995年に「コンフォート/クラウン コンフォート」をタクシー専用車として投入して以来、22年ぶりの新型タクシーとなる。(2017/10/24)

製造ITニュース:
IoTで製造KPIを一元的に可視化する経営ダッシュボードを開発
日立製作所は、ダイセルと協同し、IoTを活用して経営情報から製造現場の状況までのKPI(主要業績評価指標)を一元的に可視化する経営・製造ダッシュボードを開発した。職務階層ごとに有用なKPIを表示し、迅速な意思決定が可能になる。(2017/10/24)

トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI」が発売 街に調和するニッポンの藍色ボディカラーが美しい
乗ってみたくなるデザインと快適性。(2017/10/23)

ワゴンに:
トヨタ、新型タクシー車「JPN TAXI」発売
トヨタが新型タクシー車「JPN TAXI」を発売。スライドドアを採用したワゴン型だ。(2017/10/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
神戸製鋼問題で世界が問題視する「日本企業文化」
神戸製鋼のデータ改ざん問題が大変な騒動になっている。自動車や航空機などで同社製品が使われているので、その影響は拡大していきそうだが、海外メディアはこの問題をどのように報じているのか。まとめてみると……。(2017/10/19)

GM傘下のCruise、Boltベースの量産型完全自動運転車を披露
General Motors(GM)が昨年買収した自動運転システム開発メーカーCruise Automationが、完全自動運転が可能なChevrolet Boltベースの量産モデルを披露した。(2017/9/12)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
ノートPCは“頑丈”なほどいい? メーカーが過酷な耐久テストをする理由
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回は頑丈さを表すMILスペックについて紹介します。(2017/9/11)

デンソー 先端技術研究所 レポート:
デンソーの研究開発は両極端、「半導体はウエハー作製から」「AIは内製にこだわらない」
デンソーの中長期的な要素技術の開発を担う先端技術研究所。その中には“5年単位のロードマップで腰を据えて取り組む研究開発”と“ある日突然大きく変わることに備えたショートサイクルの開発”が同居している。(2017/9/6)

シャツを膨らませたエアバッグで乾かす発想 シワを伸ばしてくれる乾燥機「アイロンいら〜ず」が発売
シャツ型のエアバッグをパンパンにしてシワを伸ばしてくれます。(2017/8/28)

製造マネジメントニュース:
スバルが特別損失813億円を計上、当期純利益の見通しも下方修正
SUBARU(スバル)は、2018年3月期第2四半期(2017年4〜9月)の連結決算において特別損失を計上するとともに、業績見通しを修正して発表した。(2017/8/28)

債権取り立て不可能:
SUBARU、タカタ問題で特損813億円 最終益を下方修正
SUBARUが、タカタ製エアバッグのリコール費用として特損813億円を計上。2018年3月期の業績予想を下方修正した。(2017/8/25)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年7月版】:
自動運転に出会ったMIPS
TechFactoryコンテンツランキングTOP10、2017年7月は「自動運転車は売れるのか?」という自動車に携わる人ならば誰でも気になるテーマの記事が人気を集めました。また、Appleの取引停止宣言に端を発するMIPSアーキテクチャの栄枯盛衰をたどる記事も人気でした。(2017/8/17)

日産との提携効果も:
三菱自、4〜6月期は営業益4.5倍、燃費不正の特損消え最終黒字に
三菱自が発表した2017年4〜6月期の連結決算は、営業利益が前年同期比4.5倍の206億円となった。(2017/7/26)

産業用画像技術:
精度と使いやすさを高めたマシンビジョン、スマホ連携も可能に
コグネックスは、精度や使いやすさを高めたマシンビジョンのラインアップを拡充し、スマート工場実現に向けたソリューションを展開する。(2017/6/29)

多くの株主が損失:
タカタ会長がエアバッグ問題を謝罪、株主救済「見込みない」
欠陥エアバッグ部品問題による業績悪化で民事再生法の適用を申請したタカタが株主総会を開いた。(2017/6/27)

2位はトヨタ自動車:
経営破綻のタカタ、債権額トップは米国政府415億円
経営破綻した自動車部品大手のタカタの、主な債権者が判明。東京商工リサーチによると、債権額のトップは米国政府の約415億7000万円。(2017/6/27)

安全システム:
エアバッグリコールのタカタ、ついに民事再生法を申請
エアバッグのリコール問題で揺れるタカタは臨時取締役会において、民事再生手続きを行うことを決め、手続きを開始した。経営再建については中国企業傘下の米国KSSの出資において行う。(2017/6/27)

トヨタの債権は5700億円:
自動車大手、タカタ倒産でリコール費用の回収困難に
タカタの倒産に関連し、同社製エアバッグのリコール費用を負担していた国内自動車メーカーが相次いで「求償権が取引不能になる可能性がある」と発表した。(2017/6/26)

進まぬ業界の合意形成:
タカタ再建、不安残る事故再発防止策 製品交換ルールなど課題
異常破裂のおそれがあるエアバッグの大量リコールで巨額の潜在債務を抱えるタカタが民事再生法の適用申請による再建に動き出す。だが最初のリコールから8年余りたった今も、肝心の事故再発防止策をめぐる業界内での合意づくりは進んでいない。(2017/6/26)

製造業では戦後最大規模:
タカタ、民事再生申し立て 負債総額1兆7000億円
自動車部品大手のタカタが経営破綻。関連企業も含めた負債総額は約1兆7000億円で、製造業としては戦後最大規模の倒産となる。(2017/6/26)

シートベルト・エアバッグの「タカタ」民事再生法を申請 負債総額1兆7000億円、製造業で戦後最大の倒産に
6月26日、東京地裁に民事再生法の適用を申請しました。(2017/6/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ハンドルの自動化について考え直そう
クルマの自動運転はまだ実現できないが、運転支援システムを組み込むことによって、人のエラーを減らそうとしているのが現状である。そこで今回はハンドルの自動化について指摘したい。(2017/6/26)

22日は年初来安値を更新も:
タカタ株、急反発でストップ高 国内メーカー支援報道で
民事再生の方針が報じられてから暴落していたタカタ株が、6月23日の株式市場で急反発。ストップ高となる前日比50円高(+45.6%)の160円を付けた。(2017/6/23)

TU-Automotive Detroit 2017レポート:
コネクテッドカーがもたらす自動車データ流通の衝撃
コネクテッドカーによって自動車データが流通する未来に向けて、転換期を迎える自動車業界。米国ミシガン州で開催された「TU-Automotive Detroit 2017」のレポートを通してその激動をお伝えする。次代のアマゾン、ウーバーといわれる、自動車データ流通で注目を集めるベンチャー・Otonomo CEOのベン・ボルコフ氏へのインタビューも行った。(2017/6/22)

値下がり率は全市場中1位:
エアバッグ問題に揺れるタカタ、売り殺到でストップ安
エアバッグのリコール問題の影響で民事再生法の適用を開始したと報じられたタカタの株価が、経営状況への不安感から急落している。(2017/6/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「タカタ問題」の論点整理
エアバッグの巨大リコール問題で対応策を間違い、深刻な窮地にあるタカタは、会社更生ではなく民事再生という方法をとった。自動車業界を巻き込んだこの問題の論点を整理したい。(2017/6/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。