「アウディ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アウディ」に関する情報が集まったページです。

車載電子部品:
アウディ新型「A8」のランプはLED素子を総計540個以上採用、レーザーや有機ELも
アウディジャパンが2018年10月に発売するフラグシップセダン「A8」の新モデルは、レーザーや有機ELといった新しい光源をランプに採用した。より広い視界を確保して運転を支援する目的に加えて、ブランドの個性を演出するための光源の制御や活用が高級車を中心に求められていきそうだ。(2018/9/11)

あれ? 「自動運転機能」は……? センサーてんこ盛りの超ハイテク車「アウディ・A8」日本上陸
特に自動運転の実現に近いとされる量産車。【写真43枚】(2018/9/7)

高級セダンの旗艦モデル:
アウディ「A8」自動運転延期 全面改良、技術に法整備追いつかず
アウディジャパン(東京)は5日、8年ぶりに全面改良した高級セダンの旗艦モデル「A8」を10月15日に発売すると発表した。最大の特徴は先進的な運転支援システムで、量産車として世界で初めてレーザースキャナーを搭載した。米運輸省の区分で条件付き自動運転を示す「レベル3」を実現できる性能に到達しているが、国内外で法整備が整っておらず、レベル2の運転支援機能にとどめた。自動運転に関する技術と制度の隔たりが示された格好だ。(2018/9/7)

これは美しい…… 上級5ドアハッチバック「アウディ・A7 Sportback」に新型 マイルドハイブリッド仕様に
スタイリングがより美麗に。【写真29枚】(2018/9/6)

自動運転技術:
アウディ新型「A8」はレベル2で日本導入、2019年には「AIアクティブサスペンション」も
アウディジャパンは2018年9月5日、東京都内で会見を開き、フルモデルチェンジした「A8」と「A7 Sportback」を日本で発売すると発表した。両モデルとも、電源電圧が48Vのマイルドハイブリッドシステムや、全面タッチパネルのインフォテインメントシステムなど新技術を採用した。A7 Sportbackは同年9月6日から、A8は同年10月15日から販売を開始する。(2018/9/6)

最大775馬力を発揮するスーパーEV「PB18 e-tron」発表 アウディの最新コンセプトカー
「R18 e-tron」譲りの高い走行性能を持った、ぶっ飛びEVの登場です。(2018/8/30)

製造マネジメントニュース:
2018年の自動車初期品質調査、品質トップはダイハツ、最下位はアウディ
J.D.パワージャパンは2018年8月22日、2018年の自動車初期品質調査(Initial Quality Study)の結果を発表した。ブランドごとの不具合指摘件数が最も少なかったのはダイハツ工業だった。次いでホンダ、Mercedes-Benz(メルセデスベンツ)が上位にランクインした。15ブランド中、最も不具合指摘件数が多かったのはAudi(アウディ)だった。(2018/8/23)

暗闇にキラーン、「サムライエディション」で候 夜が似合う「黒属性」限定車4種、アウディが発売
A1、A4、Q5、Q7に「夜」テーマの限定モデル。かっこいい。【写真22枚】(2018/8/21)

2代目登場:
アウディ、新型「Q3」を発表 コンパクトSUVを7年ぶり刷新
アウディがコンパクトSUV「Q3」の新型を発表した。(2018/7/27)

バイクのようでクルマのような何か ドイツが生んだ変態マシン「アウディ・コルタ」が広島で目撃される
オーナーによる改造でさらにヤバイ。(2018/6/25)

3Dプリンタ導入事例:
Audiが「Stratasys J750」を導入、テールライトカバーの試作時間を最大50%削減
ストラタシス・ジャパンは、独Audiのプレシリーズセンターが設計プロセスの革新と設計検証の迅速化を目的に、フルカラー&マルチマテリアル3Dプリンタ「Stratasys J750」の導入を決定したと発表した。(2018/6/22)

よりスポーティーに:
アウディ、新型「A1」を発表 200PSエンジンも設定
アウディがコンパクトカー「A1 Sportback」の新型を発表した。欧州市場で今夏から受注し、今秋に発売する予定。(2018/6/20)

VW構造改革に影響:
アウディCEO逮捕  ディーゼル不正巡り
ドイツの高級自動車ブランド、Audi(アウディ)のルパート・シュタートラー最高経営責任者(CEO)が逮捕された。(2018/6/19)

車載セキュリティ:
VWとアウディ、ボッシュなどが車載セキュリティを共同研究、独政府は9億円支援
Infineon Technologies(インフィニオン)は、自動運転車のセキュリティに関する共同研究プロジェクトが発足したと発表した。ドイツ連邦教育研究省から720万ユーロ(約9億3500万円)の資金提供を受けており、自動車メーカーやサプライヤー、ツールベンダー、大学などが参加する。プロジェクトは2021年3月まで実施する計画だ。(2018/6/13)

007のように「スマホで遠隔操作」が可能!? 流麗デザインの新顔SUV「アウディ・Q8」がハイテクすぎる
マイルドハイブリッド仕様、ハイテク先進機能もたくさん。(2018/6/8)

本気の日産 不参戦のトヨタ、ホンダ:
フォーミュラE参戦に見る「仁義なきEV主導権争い」
「電気のF1」と呼ばれ、電気自動車推進のツールとなっているフォーミュラE。メルセデス、BMW、アウディの「ドイツ御三家」などが参加する一方、日本勢のトヨタ、ホンダは不参加。そこで繰り広げられる「EV主導権争い」の実情とは――。(2018/6/8)

指定の場所へ無料配車、満タン返しも不要 アウディの“純正”レンタカーサービス「Audi on demand」は何がすごい?
A1で4時間7200円から。憧れのスーパーカーも借りられます。(2018/6/5)

815馬力:
アウディ、「グランツーリスモ」のスーパーEVを現実のサーキットで走らせる
アウディが、ゲームの世界から飛び出したスーパーEV「Audi e-tron Vision Gran Turismo」を実際のサーキットで走行させる。(2018/4/13)

セダンに続き:
アウディ、新型「A6アバント」発表 マイルドハイブリッド標準搭載
アウディがEセグ「A6」のワゴン「A6アバント」の新型を発表した。(2018/4/12)

「好き」が信頼に:
高級輸入車セールスマンを突き動かす「アウディ愛」
輸入車のトップセールスマンはどのような営業をしているのだろうか。アウディジャパン販売の平木孝佳さんは、穏やかな笑顔が印象的なセールスマン。その内に秘めているのは、輸入車やアウディが「好き」という強い気持ちだった。(2018/3/5)

車載半導体:
オンセミがアウディと戦略的提携、最新技術をいち早く車載用に
オン・セミコンダクターは、Audi(アウディ)の半導体技術活用プログラム「Progressive SemiConductor Program」のパートナーに選定されたと発表した。(2018/2/2)

Audi A4セダンの販促キャンペーンを支援:
モバ―シャル、アウディジャパン販売のキャンペーンにおいて168通りの「パーソナライズド動画広告」を実施
モバーシャルはアウディジャパン販売の販促キャンペーンにて、ユーザーセグメント別に168通りの動画パターンの生成から広告の設定まで全自動で行う「パーソナライズド動画広告」を実施した。(2017/12/27)

電気自動車:
水力発電が生む自動車燃料、原料は水と空気
Audiは水と二酸化炭素を原料とする合成ディーゼル燃料の研究開発を進めている。新たにスイス北部に新しい試験生産工場を建設することを決めた。生産に必要なエネルギーは水力発電の余剰電力を活用するという。(2017/11/15)

電気自動車:
EVが主役となった東京モーターショー、日産とアウディに見る自動車電動化のアプローチ
「第45回東京モーターショー 2017」では、多くの自動車メーカーやサプライヤーが、電気自動車(EV)や車両の電動化に関連する展示を行っている。なかでも日産とアウディジャパンは、それぞれSUVタイプのEVコンセプトモデルを公開したが、両社で自動車電動化へのアプローチは異なる。(2017/11/6)

東京モーターショー 2017:
自動運転レベル3のアウディ「A8」、日本発売は2018年
アウディジャパンは「第45回東京モーターショー 2017」において、コンセプトモデルの「Audi Elaine concept」や、2018年に日本でも販売を予定している「Audi A8」などを展示。Audi ElaineやA8は、レベル3以上の自動運転機能に対応した「Audi AI」を搭載し、ドライバーの1日を"25時間"に増やすという。(2017/10/31)

デザイン、メカ一新:
アウディ、新型「Q5」発表 人気SUV、8年ぶりフルモデルチェンジ
アウディがミッドサイズSUV「Q5」「SQ5」の新型を発表した。(2017/9/20)

電気自動車:
アウディ、電気自動車に太陽電池を実装へ
Audi(アウディ)は、電気自動車ににフレキシブルな薄膜太陽電池を実装する計画を明かした。太陽電池を組み込んだガラス製ルーフの試作品を、2017年末までに完成させる計画だという。(2017/9/1)

AUTOMOBILE COUNCIL 2017:
【写真で見る】コスモスポーツ、アウディクアトロ──現代に通ずる名車たち
往年の名車が集まるイベント「AUTOMOBILE COUCIL 2017」が開幕。大手メーカーも自社の歴史を彩った車を出展している。(2017/8/4)

自動運転技術 インタビュー:
複雑さを増す自動運転のセンサーフュージョン、開発をどう効率化するか
アウディが2018年から市販するレベル3の自動運転車は7種類24個のセンサーを使用するが、「どのセンサーを幾つ使うか」はまだ各社とも模索中だ。レベル4以降に高度化すればさらに多くのセンサーが必要になるかもしれない。複雑さを増すセンサーのデータフュージョンについて、あるドイツ企業の取り組みを聞いた。(2017/8/2)

TechFactory通信 編集後記:
激化する自動運転競争、ライバル少ない「道」もある
アウディが「市販車としては世界で初めてのレベル3搭載車」を発表するなど、自動運転技術の競争は激化の一途をたどっています。ですが、ライバルの少ない「道」もあるようです。(2017/7/29)

NVIDIAのSoC、GPU技術を搭載:
初の「自動運転レベル3」を実現 「新型Audi A8」に乗る自動運転技術とは
Audiが初の自動運転レベル3を実現する新型車「Audi A8」を発表。「zFAS」による渋滞走行支援システムなど、提携に基づいたNVIDIAの技術を活用した機能が多数搭載される。(2017/7/18)

アウディ、市販車初の自動運転レベル3 新型セダン「A8」に 今秋発売
自動運転中に限り、ドライバーはハンドルを握ったり、前方を注視したりする必要がないという。(2017/7/12)

「手を放してもOK」:
アウディ、新型「A8」初披露 本格的な自動運転機能を搭載
Audi(アウディ)がフラッグシップセダン「A8」の新型を世界初披露。(2017/7/12)

自動運転技術:
ドライバーの周辺監視なしの自動運転、アウディ新型「A8」で2018年以降に導入
Audi(アウディ)は、フラグシップセダン「A8」の新モデルを世界初公開した。高速道路を時速60km以下で走行中にアクセルやブレーキ、ステアリングを自動で制御し、ドライバーの周辺監視なしでも走行できる。各国でのテストや承認手続きを経て、2018年以降に段階的に導入するとしている。(2017/7/12)

衝突の衝撃を低減:
アウディ、側面衝突時にボディを持ち上げる初の安全機構
アウディが新型「A8」に、側面衝突時にボディを持ち上げる世界初の安全機構を搭載する。(2017/6/23)

「スパイダーマン、自動車教習所に行く」の巻 アウディーとのコラボCMが運転へたすぎてハチャメチャな展開に
運転支援機能のおかげで、奇跡的な無事故運転。(2017/6/21)

Google、完全車載「Android Auto」でAudiとVolvoと提携
Googleがスマートフォンなしで稼働する「Android Auto」をGoogle I/Oで披露する。AudiとVolvoが次世代モデルから採用する計画だ。(2017/5/16)

車両デザイン:
アウディ最小のSUVが日本導入、イメージは「ゴツゴツしてエッジの立った小石」
アウディジャパンはコンパクトSUVの新型車「Q2」を発表した。アウディのラインアップで最も小さいサイズのSUVとなる。従来のアウディユーザーよりも若い年齢層を取り込むため、新しいデザインコンセプトを採用した。(2017/4/27)

300万円切る価格で:
アウディ、新型コンパクトSUV「Q2」国内モデル発表
アウディが新型コンパクトSUV「Q2」の国内向けモデルを発表。(2017/4/26)

上海モーターショー 2017:
VWとアウディがEVコンセプト初公開、中国は「EVで世界をリードする市場」
Volkswagen(VW)とAudi(アウディ)は、「上海モーターショー2017」において、電気自動車(EV)のコンセプトモデルを初公開した。アウディは今回披露したEVクーペを2019年から量産する。VWは2020年から複数車種のEVを生産する計画だ。(2017/4/20)

9年ぶり全面改良:
アウディ、「A5」フルモデルチェンジ FFモデルを新設定
アウディが「A5」をフルモデルチェンジ。FFモデルを新設定した。(2017/4/4)

砂漠のセットをイチから製作……! アウディの自動車広告がミニチュアに見えないリアルさ
製作過程を見てやっと信じるレベル。(2017/4/2)

ラーメンでもサラダでもない「型破り」な味? Audi×一風堂のコラボフードの味がさっぱり想像できない
結局何味なんだよ。(2017/3/11)

ジュネーブモーターショー2017:
アウディの新型SUVは全長5m超で4人乗り、マイルドHVも搭載
アウディは「第87回ジュネーブ国際モーターショー」において、電源電圧48Vの車載システムと電動スーパーチャージャー、ガソリンターボエンジンを組み合わせたマイルドハイブリッドSUV「Q8 sport concept」を披露した。(2017/3/9)

安全システム:
アウディ「A3」は「A4」「Q7」と同じ運転支援機能を搭載、全面液晶のメーターも
アウディジャパンは、コンパクトカーの「A3」「S3」を一部改良して発売した。自動ブレーキやアダプティブクルーズコントロールを標準装備とした他、車線維持支援機能や車線変更時の警告機能、渋滞時に再発進まで自動で行う追従機能をオプションとして設定した。(2017/1/27)

プレミアムコンパクトカーに新型:
アウディ「A3」マイナーチェンジ ACCを全車標準装備
アウディがコンパクトカー「A3」をマイナーチェンジ。(2017/1/26)

オートモーティブワールド2017:
アウディ「R8」のレーザーランプ、ドライバICはLEDと兼用
オン・セミコンダクターは「オートモーティブワールド2017」において、Audi「R8」のレーザーヘッドランプのユニットを紹介した。レーザー光源の制御をオン・セミコンダクターのLEDドライバICで行っている。(2017/1/26)

CES 2017:
NVIDIAとAudi、AI搭載自動運転車で提携 2020年までに完全自動車両を路上へ
NVIDIAとAudiが、AI(人工知能)搭載の自動運転車開発で提携する。2018年にはカリフォルニア州などの公道でテスト走行し、2020年には人の介入なしに走行する自動運転車を世に出す計画だ。(2017/1/5)

信号が変わるタイミングを表示:
アウディ、米国で車と信号機をネットワーク接続
アウディは米国で、自動車と信号機をネットワーク接続し、信号機の情報を車内に表示するサービスを開始。信号が変わるタイミングの情報を提供することで、渋滞緩和や環境負荷低減につなげる。(2016/12/9)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
ダイハツの新ターボエンジンに乗って、アウディもうちょっと頑張れよと思った話
ダイハツがアウディに勝るところもあると思いました。(2016/12/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。