「拡張現実」最新記事一覧

今年の楽天は“VR”で強い? 名投手データそろった新兵器 大リーグも採用
まるで打席に立っているかのように、プロ野球投手のボールを仮想体験できるVR装置が活躍中だ。楽天のほか米大リーグの一部球団も採用されている。(2018/1/22)

写真で見る「展覧会」:
“エアリスの死”反響に驚き 「ファイナルファンタジー」生みの親・坂口博信氏が振り返る
「ファイナルファンタジー」シリーズ30周年を記念した展覧会が六本木ヒルズ森タワーで開催される。プレス向け内覧会で、FFシリーズの生みの親・坂口博信氏がこれまでの作品を振り返った。(2018/1/19)

悩ましい3大課題を解決:
PR:AIとセンサーを組み合わせた予測サービスなどを備えるインフラ基盤は「ビジネスに寄与する」運用管理者の精神的な負担をどうやって減らすのか
近年、ビジネスとITの距離が急速に縮まり、ビジネスにおいてITが担う役割はさらに重要度を増しつつある。これに伴い、運用管理者に対しても、今までのように単にシステムを安定して運用するだけではなく、ビジネスに寄与することが求められてきている。そして今、運用管理者を悩ませている課題は大きく3つある。どうすれば解決できるのだろうか。(2018/1/16)

自社の環境にどう対応するか
2018年のVDI(仮想デスクトップ)、IT担当者なら押さえておきたい4つのトレンド
新年を機に、VDIをけん引する4つの主要トレンドをチェックしていく。ユーザーエクスペリエンスやデータ集約型アプリケーションが、VDI分野で注目を浴びている理由が見えてくるだろう。(2018/1/16)

情報化施工:
橋梁建設データを一元管理、統合プラットフォームを新開発
三井住友建設は橋梁建設に関するさまざまなデータと各種ICTシステムを1つのプラットフォーム上で、一元的に管理・運用できるシステムを開発。生産性の向上に大きく寄与するという。(2018/1/15)

軽にも:
安全運転へ広がるHUD搭載車 車速や進行案内をフロントガラスに投影
視界前方に車速や進行案内などの情報が浮かんで見えるヘッドアップディスプレイ(HUD)の搭載車種が高級車から軽自動車まで広がっている。(2018/1/12)

ノクティス“幻の結婚式”も再現 ファイナルファンタジー30周年「別れの物語展」開催
「ファイナルファンタジー」シリーズ30周年を記念した展覧会が六本木ヒルズ森タワーで開催される。「別れの物語」をテーマに展示をしていく。(2018/1/11)

安全運転へ広がるHUD搭載車 車速や進行案内をフロントガラスに投影
運転者の視界前方に車速や進行案内などの情報が浮かんで見える「ヘッド・アップ・ディスプレー」の搭載車種が、高級車から軽自動車まで広がっている。(2018/1/11)

CES 2018:
「『人間研究』の先に見えたロボティクス技術」――ホンダ、「CES 2018」でロボットのいる社会語る
本田技研工業は、「CES 2018」で同社の目指すロボティクスの方向性について述べた。(2018/1/10)

ヒヤッと、ペタッとしない、新しい使用感の触感型VRコントローラー H2LとNTTが開発
H2LとNTTは、肌に触れる電極部分に、従来のハイドロゲル(ゲル)電極に代わり、東レの機能素材「hitoe」を使って装着感や機能を向上した触感型VRコントローラー「UnlimitedHand」を開発。ユーザーに新たな触覚体験を提供することを目指す。(2018/1/10)

Unityで始めるARKit入門(1):
UnityでARKitアプリを開発するための環境構築チュートリアル
Unityを使ってARKit対応アプリを開発するための入門連載。初回は、ARKit対応アプリの開発環境を構築し、iPhone上でサンプルアプリを動かすまでの手順を解説する。(2018/1/10)

脳波で運転!? まるでSFのような次世代の運転支援技術、日産が発表
クルマ好きにとって自動運転はつまらない? 「そんなことはない」と日産がCESで提案。(2018/1/9)

MONOist 2018年展望:
製造業VRはゲームエンジン/CADデータのダイレクト変換の進化に期待か
2017年はMONOistでも情報発信が活発だったVR/AR。話題として盛り上がる一方で、製造業における普及での課題もある。製造業向けとしては、将来はARの進化に期待したい。(2018/1/9)

CES 2018:
NVIDIAのAI技術、Uberが自動運転車に採用へ
NVIDIAは「CES 2018」のプレスカンファレンスで、Uber Technologiesの自動運転車に同社のAI(人工知能)技術が採用されると発表した。自動運転分野におけるNVIDIAの快進撃は止まらないようだ。(2018/1/9)

日産、ドライバーの脳波測定「運転支援」技術開発 自動運転社会に向けて
日産自動車は、ドライバーの脳波を測定して運転を支援する技術を開発した。(2018/1/5)

App Storeでの購入額、元日だけで3億ドル 過去最高
App Storeのユーザーがアプリなどを購入した金額は、2018年1月1日だけで約3億ドルだった。過去最高を更新したという。(2018/1/5)

約10m〜30cmを高精度に測距:
裏面照射型ToF距離画像センサー、ソニーが商品化
ソニーは、1/2型サイズでVGA(640×480画素)の解像度を持つ裏面照射型ToF(Time of Flight)方式距離画像センサー「IMX456QL」を商品化した。2018年4月よりサンプル出荷を始める。(2017/12/27)

新仮想通貨「オタクコイン」発行を検討 コンテンツ業界で利用できる共通通貨として構想
オタクコインを通じて、アニメ制作に直接参加・支援できる仕組みも検討されています。(2017/12/27)

どんな分野で熱い戦いが?:
「CES 2018」注目すべき4つのトレンド
コンシューマーエレクトロニクス関連の見本市では世界最大規模の「CES 2018」が、2018年1月9日からラスベガスで開催される。CES 2018で注目すべきトレンドを4つ紹介する。(2017/12/25)

情報化施工:
メモが空間に浮遊、スマホARでビル修繕や技能伝承を高度化
エム・ソフトは、「住宅・都市イノベーション総合展2017」で、スマートフォンを活用したAR(拡張現実)サービス「空間メモアプリ STag(スタッグ)」を初展示した。(2017/12/25)

メルカリ、「いち早くサービス化」めざす研究組織「R4D」設立 東大、シャープなど協力
メルカリが研究開発組織「mercari R4D」を設立。調査や研究にとどまらず、研究成果をいち早くサービス化することに注力する。(2017/12/22)

伝説のポケモンとAppleのティム・クックCEOがARで共演
米Appleのティム・クックCEOは、伝説のポケモン「グラードン」とのツーショット写真をTwitterに投稿した。これはAppleのARKitを用いたポケモンGOの新機能「AR+」で撮影したものだ。(2017/12/22)

PR:仮想現実で遊ぼう! Windows MRを楽しむためのパソコン選び
Windows 10最新アップデートの目玉機能として加わった「Windows Mixed Reality」。仮想現実の世界を体験するためのハードルがぐっと下がり、“仮想現実デビュー”を果たすのには絶好のタイミングだ。(2017/12/22)

ポケモンGOに新機能「AR+」 通せんぼする「カビゴン」など“臨場感アップ”
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」に新機能「AR+」(iOS版のみ)が追加。ポケモンにより近づいたり、回り込んだりできる。(2017/12/21)

2017国際ロボット展:
広島のモノづくり力を結集した無人生産ラインは「スマート工場のあるべき姿」
「2017 国際ロボット展(iREX2017)」に出展した、広島県の企業21社が参画するひろしま生産技術の会は、金属と樹脂の部品から成る名刺入れの無人生産ラインを展示した。この無人生産ラインは、異なるロボットや製造システムを用いて、同会の参加企業が企業間の壁を越えて構築したことが最大の特徴になる。(2017/12/21)

「b.g.」ついに発売:
メガネスーパー、M&A奏功で苦境脱却 IoTでさらなる飛躍へ
メガネスーパーが2018年4月期上半期(17年5月〜10月)の連結決算を発表。M&A戦略が奏功し、一時の不振を脱した。今後はウェアラブルデバイス「b.g」を法人向けに展開し、IoT事業も強化する。(2017/12/19)

製造ITニュース:
産学連携IoT、ARの実証実験向けにIoTプラットフォームを提供
PTCジャパンは、国内の3つの大学が進める産学連携IoT、ARの実証実験向けに同社のIoTプラットフォーム「ThingWorx」を提供した。ThingWorxを活用した研究が進展することで、新たなビジネスの創出や次世代産業の育成が期待される。(2017/12/19)

Google、「Project Tango」の終了を正式発表 「ARCore」開発者プレビュー2公開
Googleが「ARCore SDK Preview 2」リリースに合わせ、2014年2月に立ち上げたAR(拡張現実)プロジェクト「Project Tango」のサポートを2018年3月1日に終了すると発表した。(2017/12/18)

2018年はデジタルネイティブ企業(DNE)への変革の年――IDC、2018年の国内IT市場の主要10項目を予測
IDC Japanによると、2018年はデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じてデジタルネイティブ企業(DNE)への変革過程になるとし、企業が生き残るための鍵は、新たなITを強力に生かせるかにかかっているという。(2017/12/15)

ドコモ「ジョジョスマホ」、1万台限定で発売 12万円
漫画『ジョジョの奇妙な冒険』30周年を記念したスマートフォン「JOJO L-02K」が2018年3月(予定)に1万台限定で販売される。(2017/12/15)

色を音に変換 色覚障害の男性、頭蓋骨に“アンテナ”付け音楽奏でる
色覚障害があるニール・ハービソン氏が初来日。新たなアートの可能性を提示した。(2017/12/15)

製造ITニュース:
サブスクリプションへの移行が順調なPTC、日本市場ではIoTとARにさらに注力
PTCジャパンはユーザーイベント「PTC Forum Japan 2017」に合わせて記者会見を開催。PTC アジア太平洋地域 統括責任者の桑原宏昭氏が、日本市場における同社の事業戦略について説明した。(2017/12/15)

管理機能だけではなく、AR開発や機械学習も
iPhone X、iPad Proを一段上のビジネスマシンに変える「iOS 11」新機能7選
「iOS 11」は、IT部門がAppleデバイスの管理や、マルチタスク処理機能に変更が加えられている。これらの変更により、同OSは企業にとって一段と使い勝手が良くなっている。(2017/12/15)

ブロックチェーンは仮想通貨以外に広がるか 「有効性」問われる2018年
IDC Japanが2018年の国内IT市場の主要10項目を発表。そのうち仮想通貨の基幹技術として注目を集めるブロックチェーンは、データ保護への有効性が試されるという。(2017/12/14)

読売新聞、企業のコンテンツマーケティング事業参入 デジタル広告制作など4社と連携
読売新聞が、企業のコンテンツマーケティング支援を目的とするコンソーシアム「YOMIURI BRAND STUDIO」を結成。新聞広告や広告主のオウンドメディア制作などを行う。(2017/12/14)

オンセミ AR0144:
グローバルシャッター搭載の1.0MピクセルCMOSセンサー
オン・セミコンダクターは、グローバルシャッターを備えた、1/4型、1.0MピクセルのCMOSデジタルイメージセンサー「AR0144」を発表した。低照度から高照度条件まで、ノイズのない鮮明かつ正確な画像を高速で撮像できる。(2017/12/14)

世界のAR/VR市場、年率98.8%成長で2021年には17倍に 日本は教育分野での利用に課題――IDC予測
IDC Japanが発表した世界AR/VR関連市場の予測によると、2021年の世界AR/VR関連支出は1593億ドルに達するという。米国や中東欧などに比べ、日本の成長見込みは低く、教育分野での利用が課題と指摘する。(2017/12/13)

ビジネスモデルを変えたい:
「1ドルのセンサーがあれば」 IoT化狙うWalmart
米大手スーパーのWalmart(ウォルマート)が、1米ドルを切るセンサーの実現を熱望している。スーパーマーケットの業界もIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)に強い関心を寄せているのだ。(2017/12/12)

Google、「Pixel」端末に「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のARスタンプを追加
Googleが「Pixel」端末向けに「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」とNetflixの「ストレンジャー・シングス」のARステッカーを追加した。ストームトルーパーやかわいい「ポーグ」を現実世界と重ねて表示できる。(2017/12/12)

FAニュース:
AR技術を活用したプラントコミュニケーション支援
横河電機は、プラントコミュニケーション支援サービス「SensPlus Buddy」を発売した。汎用のモバイルやPC端末を活用し、ビデオ通話を使った情報共有が行える。AR技術の応用により、現場の画像に遠隔地から手書きで指示を書き込むこともできる。(2017/12/12)

ホンダ、「CES 2018」でロボット展示 自動運転技術も披露
本田技研工業は世界最大級の家電見本市「CES 2018」で複数のロボットを展示すると発表した。(2017/12/8)

ADI ADIS1646x/ADIS1647x:
6自由度で検出する産業用慣性計測ユニット
アナログ・デバイセズ(ADI)は、産業用慣性計測ユニット5製品を発表した。3軸MEMS加速度センサーおよび、ジャイロスコープにより、6DoF(6自由度)で検出する。(2017/12/8)

世界のスマホアプリ市場、18年に1000億ドル超――App Annie調査
米App Annieが、2018年のモバイルアプリ市場を予測。同市場は成長傾向で、全世界で1000億ドルを超える見込みという。(2017/12/6)

VRニュース:
クフ王の大ピラミッド透視で新たに発見された巨大空洞をVRで体験
ダッソー・システムズは、同社の教育、研究向け基金が支援する国際プロジェクト「スキャンピラミッド」が、クフ王の大ピラミッドにおける巨大空洞の存在を明らかにしたと発表した。パリの国立建築遺産博物館では、この空洞をVRで体験できる。(2017/12/6)

WDが移行を発表:
関心高まるRISC-V、Armやx86の代替となり得るか
2017年11月28〜30日にかけて、米国シリコンバレーで「7th RISC-V Workshop」が開催された。オープンな命令セットアーキテクチャ「RISC-V」は、Arm系やx86系の命令セットの代替となり得る技術として確実に台頭してきている。(2017/12/5)

急速に進むイノベーション
2018年技術トレンド大予測 “秒速”で進化するAI、VR、IoT、ロボットの動向を知る
変化が速い時代において、2018年の予測が信頼できるものであるためには保守的である必要はない。(2017/12/5)

ロボットだらけの「変なホテル」が好調 ハウステンボス増収増益 
ハウステンボスは2016年10月〜17年9月の通期決算を発表した。(2017/12/4)

オンセミ AR0144:
1.0MピクセルのCMOSデジタルイメージセンサー
オン・セミコンダクターは、グローバルシャッターを備えた、1/4型、1.0MピクセルのCMOSデジタルイメージセンサー「AR0144」を発表した。低照度から高照度条件まで、ノイズのない鮮明かつ正確な画像を高速で撮像できる。(2017/12/4)

FAニュース:
スマートグラスとARによるピッキング支援ソリューションを開発
NECは、スマートグラスとスマートウォッチによるARを活用して、ピッキングや確認登録の業務を支援するソリューションを開発した。スマートグラス上の選択画面を腕の傾きと腕へのタッチで入力するため、対象物から視線を外さずに作業ができる。(2017/12/1)

新興テクノロジーの最前線で活躍
『MIT Technology Review』選出の次世代イノベーター2人が語るAIとARの未来
MIT Technology Reviewが毎年発表する「35歳未満のイノベーター」の中から、注目の2人を紹介する。(2017/12/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。