「自転車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!自転車→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で自転車関連の質問をチェック

結構かっこいい「レトロ調デザイン」続々 ヤマハとパナソニックが電動アシスト自転車の新モデル
9万円台から。街乗りにちょうど良いデザインのモデルも増えてきました。(2018/8/9)

メイドインジャパンの現場力(19):
カギは“開製販”の一体化、パナソニック自転車工場が実現する革新と柔軟性
「モノ」が「モノ」だけで価値が発揮しにくい時代になる中で、どのような考え方でモノづくりを追求していくべきなのか。パナソニックの自転車製造工場「パナソニック サイクルテック柏原工場」の取り組みを紹介する。(2018/7/31)

自転車で2人でゲーセンにでかけたあの夏の日 アニメ「ハイスコアガール」2話
【ネタバレあり】PCエンジン派だった人、手ぇあげて。(2018/7/21)

新連載「シェアサイクリング・ブギ」:
自転車にApple Watchをタッチ? シェアサイクルの進化ぶりに驚いた
近頃話題の自転車共有サービス、シェアサイクルを体験しながらレポートする連載がスタート。まずは練馬区シェアサイクルから。(2018/7/11)

UberやAlphabet、電動スクーターシェアリングのLimeに出資、UberアプリでLime利用可能に
ライムカラーの自転車や電動スクーターのシェアリングサービスで世界に進出中の米Limeが、3億ドル以上の増資を発表した。Uberが出資だけでなく、戦略的パートナーとして協力していく。UberアプリでLimeの電動スクーターを利用可能にする計画だ。(2018/7/10)

配車サービスのLyft、Uberに続いてシェアサイクル市場に参入 Motivate買収で
米配車サービスのLyftが、北米でシェアサイクルサービスを展開しているMotivateを買収する。4月にはUberも電動自転車シェアのJUMP Bikeを買収している。(2018/7/3)

指紋認証でロックを外せる自転車用チェーン鍵 スマホ連携機能も
アサヒサイクルは、米BIO-key International製の生体認証対応自転車用チェーンロック「TOUCH LOCK BIKE PRO」の取り扱いを開始する。(2018/7/2)

JALが自転車輪行用の箱「SBCON」を開発 自転車ファンが「泣いて喜ぶ」のはなぜか?
そもそも「輪行」って、何?。「いきなりロングライド!!」著者アザミユウコさんにも対策を聞きました。(2018/7/2)

あぁぁマジで癒やされます「廃線跡」 廃線から早30年、筑波鉄道跡の「つくばりんりんロード」へ行ってみた
鉄道から転換した「真っすぐすぎる」自転車専用道。悩みがあったらここへ行ってみませんか?(2018/6/23)

「シャーロック」演じるカンバーバッチ、リアルで暴漢を退治
ベーカー街のすぐそばで「シャーロック」が暴漢を取り押さえた。リアル「1人きりの自転車乗り」事件である。(2018/6/3)

遠隔拠点からの問い合わせ対応負荷も軽減
エコ配が“検知しない”マルウェア対策「AppGuard」を選んだ理由
自転車を用いた配送サービスで知られるエコ配は、未知のマルウェア対策を目的に、シグネチャに頼らない「AppGuard」を導入した。セキュリティ強化だけではないその導入効果と、これまでに直面した課題を同社に聞く。(2018/5/29)

CIAのVCが支援:
世界初の3Dプリンタ製自転車、米企業が開発
CIAのベンチャーキャピタル部門が支援する米ベンチャーArevoが、3Dプリンタを使ったカーボンファイバー製フレームの自転車を製造している。(2018/5/18)

歩行者がいる道路で自動運転バス ソフトバンク子会社が実証実験
SBドライブが、自動運転バスの実証実験を兵庫県の播磨科学公園都市で実施する。自転車や歩行者が混在する環境で、自動運転レベル3での走行を行う。(2018/5/17)

これは入手せねばぁぁぁ! スーパーカー自転車の「超精巧ミニチュア」爆誕 めっちゃスゴイ仕上がり
「丸石サイクルのレジェンド」も納得、再現度まじハンパねぇぇ!(2018/5/12)

自転車デビューの年齢は低下傾向:
日本の大人100人に1人は自転車に乗れない!?
日本の大人100人に1人は自転車に乗ることができない――日本トイザらスの自転車に関する調査でこんな結果が分かった。調査に答えた20〜59歳男女のうち、乗れない人が1.4%いたという。(2018/4/4)

製造マネジメントニュース:
“軍艦”のような子乗せ電動自転車をファッショナブルに――パナとコンビが協業
パナソニック サイクルテックとコンビは子乗せ電動アシスト自転車関連事業で業務提携することに合意したと発表。両社は、子育て市場の変化への柔軟に対応するとともに、より付加価値の高い子乗せ電動アシスト自転車や周辺アクセサリー、Webサイトなども含むサービスの開発と提供を目指す。ファッショナブルな子乗せ電動アシスト自転車を実現したいという。(2018/3/30)

昭和すごかった “やり過ぎ”上等「スーパーカー自転車」はいかに少年の心をつかんだのか
昭和少年を熱狂させたゴテゴテフル装備とダブルフロントライト。スーパーカー自転車ブームを支えた「レジェンド開発者」に聞きました。(画像80枚)(2018/3/27)

「自転車ながらスマホ」の危険性をVRで体験――KDDIなど3社が啓発活動
KDDI、ナビタイムジャパンとau損保が、携帯電話・スマートフォンの「ながら運転」の危険性を啓発するプロジェクトの第2弾を開始する。VRコンテンツも用意し、KDDIが主催・協賛するイベントを中心に体験コーナーを設けるという。どれくらい“危険”なのか、体験してみた。(2018/3/20)

「自転車ながらスマホ」で歩行者見落とし5割増 KDDIと京都府が検証
KDDIと京都府が「自転車ながらスマホ」の危険性を検証した。(2018/3/20)

「ながらスマホで自転車」の危険性をKDDIが検証 歩行者の見落とし回数5割増の結果に
歩行者を注視する時間も23%まで減少するとのデータも。(2018/3/20)

自転車シェアリングサービス「ofo」、和歌山で日本初展開
OFO JAPANは、和歌山県和歌山市でサービスを開始すると発表した。(2018/3/13)

自転車乗ってるみたいでしょー 上野動物園のジャイアントパンダ・シャンシャン すくすくと成長中
6カ月の成長をまとめたPDF冊子も公開中。(2018/3/8)

メルカリ初参入の自転車シェア「メルチャリ」はココが違う
メルカリが27日、自転車シェアリングサービスに参入した。キーワードは「共同運用型」。ネット上で築いた「個人が参加して一緒につくっていく」という世界観を、リアルの世界でも実現できるのだろうか。(2018/2/28)

SOLIDWORKS WORLD 2018:
ポルシェやVANSのノウハウが詰まった「URB-E」がラストワンマイルを埋める
米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「SOLIDWORKS WORLD 2018」のプロダクトショーケースにて、自転車のような手軽さと電動スクーターのような移動体験、そして所有する喜びを併せ持った、折り畳み式の電動二輪車「URB-E(アービー)」が展示されていた。(2018/2/27)

こんなタイプもあるのか! 三輪車からスポーツ型まで、電動アシスト自転車「PAS」がモデルチェンジ
スポーツタイプかっこいい。(2018/2/23)

「ロックマン」のモチーフを盛り込んだロードバイク登場 ブルースやフォルテ柄のジャージも
30周年を記念したロックマン自転車がかっこいい。(2018/2/22)

百花繚乱、自転車シェア メルカリの1分4円自転車シェア「メルチャリ」は何が違う?
個人宅やお店の軒先も「ポート」にできる。まずは福岡で2月27日に開始。(2018/2/14)

「ゴクゴク、プハーッ 水おいしー」 道端にいたコアラ、心優しい自転車乗りさんにお水を分けてもらう
ありがとねー。(2018/2/11)

なぜ現実世界でレベル上がった……!? ドラクエXにハマって、世界中をサイクリングするようになった“リアル冒険者”
「私に最初に冒険というものを教えてくれたのはドラクエです」。(2018/1/23)

“自動ブレーキ”過信しないで 国民生活センターが注意喚起
国民生活センターが「衝突被害軽減ブレーキ」への過信が事故につながる危険性があると指摘。人や自転車が急に飛び出してきた場合には作動しないこともあるという。(2018/1/18)

“チャリコミケ”再び 愛知からママチャリで夏コミケに参加したコスプレイヤーがこの冬も350キロ走破で参戦
今回はサークル参加でした。(2018/1/9)

夢のような列車だー! “全席サイクリスト専用”列車「B.B.BASE」がデビュー
解体なしで自転車と乗車し、両国駅幻の三番ホームから千葉房総へ。(写真:143枚)(2018/1/6)

自転車のタイヤでくるくる 魅惑的なおもちゃを取り合うアライグマたち
遊ぶのは俺だ! 違う俺だ! いや、俺だ!(2017/12/31)

自転車や道路標識も検知 トヨタ新型「アルファード」「ヴェルファイア」発売
トヨタの新型「アルファード」「ヴェルファイア」は、自転車や道路標識を検知する機能を搭載する。(2017/12/25)

LINEが自転車シェアリング事業に参入 中国Mobikeと提携、LINEアプリから直接利用可能に
2018年上半期までにサービス連携を開始。(2017/12/20)

LINE、自転車シェア事業に参入
LINEは12月20日、自転車シェア事業に参入することを発表した。(2017/12/20)

FM:
防犯カメラとAIで街の異常を自動検知、犯罪抑止や事故防止に貢献
オムロン ソーシアルソリューションズは、「住宅・都市イノベーション総合展2017」で、防犯カメラ映像とAIを組み合わせた防犯・防災システム「まちの見守り(仮称)」を参考展示した。人や自転車などの動きをAIが推定し、異常発生時には自動でアラートを発報する。(2017/12/20)

「眩しい夕日の中から突然自転車が……」 交通ヒヤリ体験を投稿する「危なかッター」キャンペーン、入賞作品がどれも怖い……
こんな体験したくないですね。(2017/12/20)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
スマホで乗れる自転車 中国「ofo」が香港のシェアサイクル市場に参入
筆者が住む香港で、中国のシェアサイクル「ofo」が大々的にPRキャンペーンを行っていました。駐輪場の空きスペースに、これでもかというほどofoの自転車が置いてあります。どうやら香港でもofoのサービスが始まったようです。(2017/12/19)

【マンガで雑学】自転車ロードレースの選手は、走行中におしっこすることがある
通勤、通学中にマネしてはいけない(いろいろな意味で)。(2017/12/11)

セブン-イレブンで自転車シェアリングを展開 2018年度には全国主要エリア1000店舗
すでに展開中の「HELLO CYCLING」がセブン-イレブンでも利用できるようになる仕組み。(2017/11/22)

「新世代電子キー」が便利そう パナソニックが電動アシスト自転車の最新版、2018年モデルを投入
快適お買い物、子育て支援、通学向けモデルを刷新。最大100キロ走れる大容量バッテリー搭載モデルも。(2017/11/8)

通勤時間が20分増えると、給料が2割減ったのと同じくらい満足度が低下 英大学が研究
ただし徒歩や自転車での通勤は、満足度を低下させないとの所見も出ています。(2017/11/2)

東京モーターショー2017:
「メンテフリー目指す」 パンクしない自転車タイヤ、開発の狙い
ブリヂストンが、「パンクしない自転車タイヤ」について、他社製品との違いを説明した。(2017/10/25)

パンクしない自転車タイヤ、ブリヂストンが東京モーターショーに出展
空気が入っておらず、パンクの心配がない自転車用タイヤを、ブリヂストンが第45回東京モーターショー2017に出展する。(2017/10/24)

「ここの放置自転車はご自由にお使いください」の看板が「頭いい」と注目集める でもこれって法律的に大丈夫?
放置自転車、勝手に持っていくのは合法なの?(2017/10/23)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
累積赤字59億円のエコ配、”自転車操業”なのに期待される理由
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/10/16)

54の事例を紹介:
新刊『バカ売れ法則大全』 出ました!
ITmedia ビジネスオンラインの人気記事をまとめた書籍『バカ売れ法則大全』を刊行します。東京の中心部で赤い自転車に乗っている人が増えているワケ、『コロコロコミック』が小学生男子のハートをつかんでいる秘密などに迫っています。(2017/10/11)

KDDI&ナビタイム、「自転車ながらスマホ」に注意喚起 スマホを見ずに走るとコーヒーがもらえるキャンペーンを実施
なぜかパルクールアクションてんこ盛りの啓発動画も。(2017/9/22)

DMM、自転車シェアリング事業に参入 2017年末から2018年初頭の開始目指す
自治体・企業のパートナーを募集。(2017/9/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。