「ビッグデータ」最新記事一覧

関連キーワード

「トランプ米大統領はいつツイートするのか」も予測可能
ゴールドマン・サックスが利用する市場分析サービス「Kensho」の“すごい答え”
ゴールドマン・サックスは、顧客に高度なサービスを提供するため多くのIT企業と連携をしている。その1社であるKensho Technologiesと連携することでどのようなサービスを提供しているのだろうか。(2017/2/18)

タイピングは得意なんです:
PR:池澤あやか、タレントとエンジニアのダブルワークを希望する
えっ、週に3日働くだけでそんなにもらえるの?――希望条件に合った仕事を選ぶはずだったのに、時給が気になる池澤さん。派遣エンジニアってそんなにもうかるの?(2017/2/17)

会議中に“内職”している人も分かる MSの働き方可視化ツールに新機能
Office 365の一部エディションで利用できる業務可視化ツール「MyAnalytics」が強化。グループメンバーの業務内容が他の人からも分かるようになる。(2017/2/16)

RSA Conference 2017レポート:
ITがBT(Business Technology)となる時代に必須なのは「セキュリティ」
2017年2月14日から米国サンフランシスコで「RSA Conference 2017」が開催されている。基調講演は、サイバーセキュリティがテクノロジーだけでなく、ビジネスや政治にまで影響を及ぼしている事実を背景にした内容となった。(2017/2/16)

「HDFSより高効率」をうたう:
IBMとホートンワークスが提携を拡大、「HDP」でIBMのSDSを利用可能に
IBMとHadoopディストリビューターのホートンワークスが提携範囲を拡大。IBM Spectrum Scale搭載システムが「Hortonworks Data Platform(HDP)」の認定SDSとなり、HDPとIBMのSDSソリューションとの連携を強化させる。(2017/2/16)

IT活用:
AIがチャットで顧客対応、エネルギー業界の言葉も使いこなす
トッパン・フォームズは、エネルギー事業者が顧客サポート業務に活用できるAIチャットボットサービスの提供を開始した。Webやスマートフォン上で、顧客の質問に対してAIが自動で回答を行うシステムで、業務の効率化や省人化に活用できる。エネルギー業界特有の専門用語にも対応できるようにしたのが特徴だ。(2017/2/16)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
ビッグデータとAIの台頭で注目されるサプライチェーンのリスク管理
最近では複数のサプライヤー/パートナーのエコシステムによって、ビッグデータ関連のサービスが提供されるようになってきた。このようなエコシステムを形成するサプライチェーンのリスクマネジメントは、どうなっているのだろうか。(2017/2/16)

キヤノンITソリューションズ:
ビジネス変革を支援する「デジタルトランスフォーメーションセンター」を新設
キヤノンITソリューションズは、新成長分野の事業拡大を目指し、デジタル技術によって顧客のビジネス変革を支援する専門組織「デジタルトランスフォーメーションセンター」を2017年1月1日付で新設した。(2017/2/16)

医療機器ニュース:
健康経営支援を目的とした睡眠改善ソリューションの共同開発を開始
パナソニック ソリューションテクノロジーとニューロスペースは、健康経営支援目的の睡眠改善ソリューションの共同開発を開始した。2017年4月に睡眠改善プログラムを基にしたeラーニングコンテンツを商品化する予定だ。(2017/2/15)

Go AbekawaのGo Global!〜Abhijit Shanbhag編:
映像解析技術で世界をより良くする――エンジニア出身社長を突き動かすたった1つの想い
イメージや動画の解析技術を提供し、シンガポールの犯罪減少に寄与するソフトウェアを開発しているテクノロジー企業の代表が常に持ち続けている“純情”な想いとは――。 ※日本のエンジニアへのアドバイス動画付き(2017/2/15)

水曜インタビュー劇場(飲む公演):
「必要な一杯をどうぞ」世界初の機械にゴクリ
いま必要なサプリメントを自動的につくってくれる――。そんな未来感が漂うマシーンが、まもなく登場しそうだ。その名は「healthServer(ヘルスサーバ)」。このマシーンの何がスゴいかというと……。(2017/2/15)

OSSと積極的に連携
R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リリース
Microsoftが、「Microsoft R Server」(旧称Revolution R)を公開した。HadoopやSparkなどとも連携する統合プラットフォームになっている。(2017/2/15)

【連載】誰も教えてくれなかった中国的電子市場動向 第1回:
中国版LINE「WeChat(微信)」は14億人のデジタルインフラ
14億人の巨大なデジタルマーケットで今、何が起こっているのか。中国におけるインターネットマーケティングの世界を、経験豊富なエキスパートが解説する。(2017/2/14)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
なぜドルビービジョン対応製品が増えたのか?――CESリポート(後編)
AV評論家・麻倉怜士氏によるCESリポート後編。今回はドルビービジョンにソニーの「Crystal LED Display」と超短焦点プロジェクター、HDMI 2.1、MQAの最新動向など盛りだくさん。さらに「ドルビーシネマ」体験リポート付き。映画館はここまで来た!(2017/2/13)

デジタルトランスフォーメーションで変わる「データ管理」の中身:
PR:企業、SIer、ベンダー――3者の視点で考える、「データを価値に変える」ために必要なこと
IoT、X-Techトレンドも高まる中で、データをどう活用するか、どうビジネス価値に変えるかが企業の競争力を左右する状況となっている。これに伴い、「守る」ことが主体だった企業のデータ管理にも変革が求められている。では具体的に、どのような変革が必要なのか? 実際にデジタルトランスフォーメーションを推進している企業、支援するSIer、ベンダーという三者の視点で、“今必要なデータ管理”のポイントを明確化した。(2017/2/10)

いまさら聞けない第4次産業革命(10):
第4次産業革命を支えるIoTプラットフォームって結局何なの?
製造業の産業構造を大きく変えるといわれている「第4次産業革命」。本連載では、第4次産業革命で起きていることや、必要となることについてお伝えしています。第10回となる今回は、2016年から雨後のタケノコのように乱立する「IoTプラットフォーム」について説明したいと思います。(2017/2/10)

GitHubで公開:
インテル、Spark対応の分散型ディープラーニングライブラリ「BigDL」をオープンソース化
インテルがデータサイエンティストのディープラーニング活用を支援する「Apache Spark」対応分散型ディープラーニングライブラリ「BigDL」をオープンソース化。GitHubで公開した。(2017/2/10)

【連載】「Adobe Analytics」を使いこなす 第2回:
リピーター増加の第1歩はリテンション分析から、「Adobe Analytics」をどう使う?
Webで集客できるようになったがリピーターが思い通りに増えなかったり、離脱が多くコンバージョンまでなかなか結び付かないなど、リテンション(顧客維持)の課題に直面するマーケターは少なくない。まず、分析手法を見直してみてはどうだろうか。(2017/2/10)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト:
ソフトウェアテストの手法と施策(前編) テストの分類
IoTやAI、ビッグデータなどの概念が身近になった昨今、ソフトウェアテストはその複雑さを増している。そんな時代の中で実行力を持つソフトウェアテストの手法と施策を検証していく。(2017/2/10)

リコーのITが見せた、デジタル時代における複写機メーカーの戦い方
「ITを経営の武器に」――。デジタル技術が旧来の事業モデルを“破壊”すると言われる現在において、この言葉を実践できるかが企業の存亡にかかわるとされる。リコーが取り組み状況を語った。(2017/2/9)

観光振興にビッグデータ活用:
くまもとDMCがデータビークルと観光振興専用分析データベースを構築
データビークルは、日本版DMCのくまもとDMCがデータビークルの製品を導入し、同社と観光振興専用分析データベースを構築する契約を締結したと発表した。(2017/2/8)

初の日本専用モデル投入:
エプソン、国内プリンタ事業拡大へ大勝負
セイコーエプソンおよびエプソン販売が、大容量インクタンクを搭載した新製品を投入する。初の日本市場専用モデルということで、同社にとっては国内プリンタ事業の転換に大きな一歩を踏み出すものになるはずだ。(2017/2/8)

「大統領でなければクビ」との声も
トランプ大統領は5年前の「Android」スマホをまだ愛用か セキュリティ専門家が懸念
ドナルド・トランプ米大統領は、一部の用途で自身の私物スマートフォンを使い続けているとみられる。既にアップデートが終了している機種の可能性があり、セキュリティ面の問題を指摘する声がある。(2017/2/8)

クラウドで薬剤給付管理システムを最適化
高額医療費問題をどう解決? Apple元CEOジョン・スカリー氏の挑戦
AppleとPepsiCoでCEOを歴任したジョン・スカリー氏は、クラウド技術を活用してスペシャリティドラッグ(専門医薬品)の価格を抑え、医薬品の流通とビジネスサイクルを最適化することを目指しているという。(2017/2/8)

提供:東日本電信電話株式会社
新規分野で急増中「女性のITキャリア」にみる課題と展望
仕事がハードで男女格差が依然として存在するIT業界だが、近年は女性の活躍が増えつつある。しかし業界動向を先行する米国では、新規IT分野の開拓や施策によって女性の割合が大きく高まっているという。(2017/2/8)

ビッグデータで“おもてなし”:
「Tableau」と「Redshift」を導入、ココカラファインの狙いとは?
「ドラッグストアなんて、どこも似たようなものじゃないの?」 差別化が難しい業界において、データ活用で活路を探るココカラファイン。プライベートDMPやセルフサービスBI導入の目的は個客単位でのおもてなしにあるという。(2017/2/8)

提供:東日本電信電話株式会社
手軽で便利なExcel分析が、逆に業務の足を引っ張ってしまう原因は何か?
Excelは手軽ながらも強力な機能を備えているため、分析やレポートに多用されている。しかし業務規模やデータ量がある水準を越えると、逆にExcelがボトルネックにもなりかねない。ビッグデータ分析ソフトウェアへの移行を考えるポイントを解説する。(2017/2/8)

「ビッグデータプロジェクト」の進め方(4):
ビッグデータ基盤の本番環境設計──セキュリティ管理とデータ管理を考察する
本連載は、「ビッグデータプロジェクトの“進め方”」を業務視点/ビジネス視点の両面から理解し、具体的に実践していくためのナレッジアーカイブです。今回は、ビッグデータ基盤における本番環境の設計で考慮すべき「セキュリティ管理」と「データ管理」の項目を解説します。(2017/2/8)

顔認証も利用可能:
PR:「見つけた」で見守りやおもてなし 映像活用が生み出す新たな価値とは?
防犯を中心としたカメラ映像の利用に、新しいトレンドが生まれようとしている。世界No.1のスピードと精度を誇る顔認証技術(米国政府機関主催のコンテストによる評価)を持つNECと、世界トップレベルの映像技術を持つキヤノンマーケティングジャパンがパートナーシップを組み、映像管理システムとしてソリューション展開する。両社が目指す映像の新たな活用とその価値とは――。(2017/2/8)

観光客呼び戻しへデータ活用:
熊本観光にビッグデータ活用 震災からの復興目指す
被災した熊本県の観光振興にビッグデータを活用する取り組みが始まる。(2017/2/7)

【3月2日開催】LIVE オンラインセミナー「ディープラーニングとSparkでGO!」
ディープラーニング、Sparkによるデータ活用の始め方と、環境構築に最適な基盤の選び方
(2017/2/9)

多剤大量処方の問題が解決する?
Apple元CEOジョン・スカリー氏が提案する、米国の薬剤給付管理システムとは
Appleの元CEOジョン・スカリー氏は、クラウドベースの薬剤共同管理システムを携えて医療ITに参入した。これの導入によって、どのようなメリットが生まれるのだろうか。(2017/2/7)

ArubaのIoTエッジ端末向けセキュリティ戦略を強化:
HPE、ユーザーエンティティ挙動分析技術の新興企業「ニアラ」を買収
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)は、ユーザー/エンティティ挙動分析(UEBA)を手掛ける新興企業の米ニアラを買収した。(2017/2/6)

富士通がISSCCで発表:
光モジュールを1.4倍高密度化へ 新方式の受信回路
富士通研究所とトロント大学は2017年2月6日、データセンター内のサーバとスイッチ間通信で用いられるイーサネット向け光モジュールにおいて、従来構成の55%の電力で動作するリファレンスレス受信回路を開発した。半導体技術の国際会議「ISSCC 2017」で詳細を発表する。(2017/2/6)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第3回】
製薬企業にもビッグデータの波、「リアルワールドデータ」活用に必要な技術とは
製薬企業を中心として、「リアルワールドデータ」(RWD)の活用に注目が集まっている。該当するのはどのようなデータなのか。RWDをはじめとするビッグデータを活用するために必要な技術とは何だろうか。(2017/2/6)

MONOist IoT Forum 大阪(後編):
製造業IoTの本命は5Gなのか、それともLPWA含む非免許通信か
MONOistを含むITmediaの産業向け5メディアは、セミナー「MONOist IoT Forum大阪 IoTがもたらす製造業の革新 〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜」を開催。後編では、ノキアソリューションズ&ネットワークス テクノロジー・ビジネス・ディベロップメント シニアマネージャー小島浩氏の特別講演と、その他の講演についてお伝えする。(2017/2/3)

海外医療技術トレンド(21):
米国医師会のエビデンスに基づくモバイルヘルス戦略
前回は、米国の規制当局による医療ソフトウェア評価の仕組みづくりを取り上げたが、同様の動きは医療専門家側でも進んでいる。(2017/2/3)

動き始めた「ラーニングアナリティクス」【第3回】
九州大学でも実践中、「ラーニングアナリティクス」が“空論”ではないこれだけの根拠
学習履歴や行動履歴を生かす「ラーニングアナリティクス」は研究段階ではなく既に実用段階にあり、具体的なメリットを生み出し始めている。先駆的な事例や製品動向を示す。(2017/2/3)

アドイノベーションと連携:
イスラエル発モバイルアプリDSPのTapticaが日本市場に参入
イスラエルのモバイル広告プラットフォームTapticaは、モバイルマーケティングのアドイノベーションとの提携を発表した。(2017/2/2)

製造業IoT:
金属対応ICタグで金属製レンタル品の管理やビッグデータ分析が可能に
広友レンティア、大日本印刷、日本アイ・ビー・エムは、「レンタル品管理システム」を構築した。「DNP金属対応広指向性ICタグ」を使用してレンタル品を管理し、ビッグデータ分析でコストと収益の管理を支援する。(2017/2/2)

オープンソースビジネス勉強会:
スクラッチはオワコン? 企業がOSSを使うべき理由
なぜ今、企業はオープンソースを活用するべきなのか?――今回は、その理由を解説します。(2017/2/2)

特集:“業種×Tech”で勝つ企業、負ける企業(3):
みずほフィナンシャルグループがAPIを中心に展開するFinTech最新事例――Amazon Echo、Soracom、LINE、Facebook、マネーフォワード、freee
みずほフィナンシャルグループは、FinTechビジネスの立ち上げに本腰を入れて取り組んでおり、そこで重要なカギを握っているのが金融APIだという。では、どのようなAPIエコシステムを形成しようとしているのか。「API Meetup Tokyo #17」の講演模様からまとめてお伝えしよう。(2017/2/6)

クラウド、IoTの他は?
乗り遅れると致命的、2017年の企業ITを左右する5つの主要技術を示す
クラウドコンピューティングはここ数年で大いに進化した。ただし先はまだ長い。今後はビッグデータやコンテナ、IoTといった技術が大きな役割を担うことになる。(2017/2/2)

IPA/SEC所長対談:
IoTは本物か?:坂村健×SEC所長松本隆明(後編)
情報処理推進機構 ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)所長の松本隆明氏が、ソフトウェア分野のキーパーソンと対談する「所長対談」。前編に続き、30年以上前からIoT時代の到来を予見してユビキタス・コンピューティングを提唱してきた東京大学の坂村健氏に、IoTの今後の方向性や可能性について聞いた。(2017/2/2)

MapR、レノボと共同でビッグデータ分析基盤の構築ガイドも無償提供:
SAP、インメモリ分析プラットフォームの最新版「HANA Vora 1.3」を発表
SAPジャパンが、Hadoop向けインメモリ分析プラットフォームの最新版「SAP HANA Vora 1.3」の提供を開始。MapRやレノボと共同で、SAP HANA Vora 1.3とHadoopを用いたインメモリデータ分析基盤のレファレンスガイドも提供する。(2017/2/1)

インダストリアルIoTへの第一歩:
PR:基礎から学ぶ! IoT時代に必須のセンサー計測と予知保全の動向
「インダストリアルIoT」における代表的なアプリケーションが“状態監視”だ。特に、産業界では予期しないダウンタイムによる損失コストが大きいため故障を事前に予知しようとする「予知保全」に注目が集まっている。しかし、現実に目を向けてみると、センサーで集められたデータのおよそ95%が活用されぬまま放置されているという。それはなぜだろうか? 本稿では、センサーを用いた予知保全を例に取り上げ、現状の課題や莫大なデータから意味のある情報のみを抽出するための“キー”となる「エッジコンピューティング」の概念について解説する。(2017/2/1)

PR:「失敗は恐れない」――社内改革を成し遂げるためのトリドール・石川暁氏の信念とは?
「丸亀製麺」などを店舗展開するトリドールで、メールを撤廃して社内SNSを導入するなど、さまざまな業務改革を推進してきた石川暁氏。彼がリーダーとしてプロジェクトを成功させるために心掛けていることとは何か――。(2017/2/1)

今年の「技研公開」は5月25日から
NHKが「第71回 技研公開」の日程と概要を発表した。今年は、東京オリンピックが開催される2020年をターゲットにした研究開発と、その先を見据えて技研が取り組んでいる研究開発を披露する。(2017/1/31)

ノークリサーチがIaaS導入動向を分析:
クラウド移行の提案は、「システム用途別」ではなく「確率モデルに基づいて推論」した方法が有効
ノークリサーチが、企業がサーバを導入する際の「オンプレミスとクラウドのどちらを選択すべきかについての方法論」に関する分析結果を発表。SIerや情報システム部門に向け、その施策立案には確立モデルに基づいて推論する方法が有効と提言した。(2017/1/31)

今は「金塊の上に座っている」ようなもの
実現しないと生き残れない? 企業のデジタル化を成功させる5つの要素とは
CIOは2017年、何を目指しているのだろうか。総括すると、ITの運用モデルの変更、新しい作業方法の導入、IT人材の増強、デジタル化がビジネスに与える最大の影響への真剣な取り組みなどが挙がった。(2017/1/31)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。