「バイク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク
質問!バイク→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でバイク関連の質問をチェック

1970年代からやってきた電動バイク「ONYX」が醸し出すレトロフューチャー感がすごい
コンセプトは「ノスタルジックな電動バイク」。(2018/6/14)

ミッキーマウスと原付バイクが融合!? ディズニーモータース「チムチム」ライフサイズモデルを初披露
世界で1台だけの超レア品。(2018/6/8)

うぉぉぉ、このカタチでこの現代に「新車」で登場 “戦時中”デザイン「Royal Enfield Classic 500 Pegasus Edition」がカッコよすぎ
イギリスの老舗バイクメーカーの「新作」。【写真19枚】(2018/6/7)

女性ライダー98%がバイクに乗る男性を「魅力的」に感じる 男女548人が答えた「ライダー実態調査2018」
ぼっちライダー率は18.6%。(2018/6/4)

時を司る憤怒の化身 時計をモチーフにしたカスタムバイク「Tempus Fury」が中二病すぎる
時属性……実在したのか!(2018/6/1)

原付バイクを改造した消防車両 本隊に先行して現場へ、状況確認や初期消火で迅速な展開に期待
小型の消火ユニットを搭載した原付。(2018/6/1)

170馬力で最大トルク393Nm 全知全能の神の名を冠する電動バイク「ZEUS」が最強すぎる
E-Twinユニットが170hpを発揮(2018/5/17)

衝撃事件の核心:
ポルシェであおり運転→バイク転倒……命を救うはずの医師だったのになぜ
排気音を響かせ、300馬力のスポーツカーは1台のバイクを執拗(しつよう)に追い回した−。神奈川県伊勢原市の路上でバイクに幅寄せして転倒させ、運転していた男性を負傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの疑いで25歳の無職の男が神奈川県警に逮捕、起訴された。(2018/5/17)

TechFactory通信 編集後記:
オートバイ販売動向に見る「MaaS」のヒント
昨今話題の「MaaS(Mobility as a Service:サービスとしてのモビリティ)」をより理解するためのヒントは、オートバイにある……かもしれません。(2018/5/12)

CAEニュース:
自動車開発におけるCAEやNVHを支援、ホイール6分力計「SWIFT Evo」を販売開始
東陽テクニカはホイール6分力計「SWIFT Evoシリーズ」を販売開始した。同製品では機能強化や精度向上、GUI改良を行った。低ヒステリシスとクロストーク、優れた非直線性を特長とし、オートバイおよび四輪バギーにも取り付け可能だ。Transducer Electronic Data Sheet(TEDS)も内蔵。CAEによる検証やNVHによる車両解析を支援する。(2018/5/7)

「ヤアアアァ!」→バイクを真っ二つ! 空手青年がスーパーパワーを見せるドッキリにニューヨーカー驚く
なんだかスッキリするドッキリ映像です。(2018/5/6)

Nintendo Laboで車いすをコントロール! バイクのように楽しく走る動画が話題に
今までにない形のゲームプレイが実現。(2018/5/3)

バイクの販売台数は減少傾向:
二輪車で新潮流「ネオレトロ」、古くて新しいバイクで市場活性化
見た目は昔風で中身は最新−。国内の大手二輪車メーカーは、伝統的なデザインに先進の運動性能を融合させた「ネオレトロ」という分野のバイクを相次ぎ投入している。年配のライダーが懐かしさを、若者は新鮮さを感じ購入。(2018/5/2)

あのモンキーが待望の復活!! かわいすぎるっ! ホンダのミニバイク「モンキー125」登場
125ccエンジンを搭載して新型に。7月12日発売。(2018/4/24)

漫画家が快適さを追求した結果「歯医者っぽくなった仕事場」にさらなる進化 トランスフォームで運動も可能に
通常モードから、立ち仕事に切り替えられる「スタンドモード」や、仕事をしながら運動できる「エアロバイクモード」に3段変形。(2018/4/23)

スティーブン・スピルバーグの描く「ガンダム」がすごい……親父も熱中するわけだ 映画「レディ・プレイヤー1」公開
4月20日(金)公開のスティーブン・スピルバーグ監督作品「レディ・プレイヤー1」にガンダム(RX-78-2)が登場。金田バイクはデロリアンとカーチェイスしてキングコングに……!?(2018/4/20)

「お気に入りは金田バイク」 スピルバーグ監督、13年ぶりの来日で日本カルチャーへの愛を語る
この日を待ってた!(2018/4/19)

ドワワワワ!!! アヒルの大群の道路横断にバイクも車も一時停止の事態発生
なにこれすごい。(2018/4/7)

“手ぶら”でOK、両国駅で「ロードバイク貸します」 サイクリスト列車「B.B.BASE」関連サービスが拡充
レンタル費用は1日2000円から。出発前の車両整備サービスなども開始。(2018/3/30)

電気自動車:
EV化の波は二輪にも、電動バイクの最前線
「東京モーターサイクルショー」では、モーターとバッテリーが動力源となる電動バイクの存在感が強まっていた。スクーターからレースマシンまで、電動バイクの“現在地”を紹介する。(2018/3/28)

やばい、あの「世界最速芝刈り機」がもっと過激になって帰ってきた! 192馬力モンスターバイクのエンジン搭載
「フフフ、待たせたな……」って。ホントにもう、欧州ホンダ開発者の皆さんったら。(画像20枚)(2018/3/26)

ヤマハやADIVAが初公開:
「東京モーターサイクルショー」開幕 「電動バイク」に熱視線
バイクの祭典「東京モーターサイクルショー」が開幕。最新モデルが東京ビッグサイトに集結した。(2018/3/23)

水曜インタビュー劇場(史上最高額公演):
和歌山発の「電動バイク」がヒットした、4つの理由
電動バイク「glafitバイク GFR-01」が人気を集めている。年間1500〜2000台売れればヒットと言われるなかで、このバイクはわずか4カ月で3000台以上も売れているのだ。多くの支持を集めている要因は何か。生みの親、鳴海禎造さんに話を聞いた。(2018/3/14)

ホンダ、新型ネイキッドバイクを一挙に3車種投入 写真で見る「CB1000R」「CB250R」「CB125R」
原付二種からリッタークラスまで。人気の250ccスポーツ「CBR250RR」にも新色。(2018/3/9)

痛車、痛バイクが大集結! あの「川崎大師」でマジに交通安全を祈願してもらってきた
全てのドライバーが穏やかな心でハンドルを握れますように。(2018/3/5)

キーワードは「地元」:
和歌山発のバイクが1億円の“共感”を集めた理由
クラウドファンディングを成功させるためには何が必要だろうか。和歌山県のベンチャー企業が実施した「glafitバイク」プロジェクトは国内最高額となる約1億2800万円を集め、注目を浴びた。なぜ多くの人が支持したのか。glafitの鳴海禎造社長に聞いた。(2018/2/26)

「ロックマン」のモチーフを盛り込んだロードバイク登場 ブルースやフォルテ柄のジャージも
30周年を記念したロックマン自転車がかっこいい。(2018/2/22)

成迫剛志の『ICT幸福論』:
世界はQRコードでできている バイクシェアに見る中国と日本の違い
中国・深センで見つけたバイクシェアの仕組みを、日本の仕組みと比較してみると、ユーザー目線で見た“本当に必要なこと”が見えてきた。“破壊的イノベーション”を加速する、意外な仕組みとは?(2018/1/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」2017総集編:
滅亡する50ccバイク、トヨタのGoogleキラー
筆者が書いた記事で2017年のページビュー・ベスト5を取りまとめた。今回は昨年を振り返る意味でも、そのトップ3について改めて述べたいと思う。(2018/1/1)

「LINE」活用でシームレスに使える:
LINE、シェアバイク「Mobike」と提携 18年上半期スタート
LINEがシェアバイク事業大手の「Mobike」と業務提携。「LINE」を活用したサービスを18年上半期をめどにスタートする。(2017/12/20)

うぉ、意外と安い!? 「電動変形」する折りたたみ電動バイク「Airwheel R6」が登場
「電アシ」だけでなく「自走」も可能な電動ハイブリッドバイク。価格は早期支援価格で9万8800円から。(2017/12/18)

毎日バイクに休みにくる老猫ちゃん 困った持ち主がとった平和的解決策とは
優しい発想にありがとう……!(2017/11/30)

東京モーターショー 2017:
リターンライダー潜在層が飛び付くバイクは?
運転免許ベースで見るとバイクの潜在層は確実に存在する。バイクの運転免許を所有している最大ボリューム層――40〜50代の“リターンライダー潜在層”が思わず飛び付く魅力的なバイクを、東京モーターショー2017の出展から探ってみる。(2017/11/28)

反則レベルにかわいいEVバイク「モトチンプ」が登場 「あの名車」を思い出すデザイン
蔦屋家電で12月1日予約開始。(2017/11/24)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2017(3):
学生フォーミュラ上位入賞のカギは? 今大会のトップ2に聞く
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」とは。2017年も楽しくレポートします! 最終回はあの大学と、大会のトップ2に話を聞いた。【訂正あり】(2017/11/24)

大学キャンパス出張授業:
自動車アセスメントのための技術開発ではない、もっと安全なクルマを作るため
自動車業界の経営トップが大学生にクルマ・バイクの魅力や楽しさ、日本のモノづくりの重要性を伝える「大学キャンパス出張授業」。安全という個性を確立するまでの取り組みを伝えた、東京工業大学でのスバルの講演を紹介する。(2017/11/20)

大学キャンパス出張授業:
生産現場一筋のトヨタ副社長が学生に教える、「自働化」の在り方
自動車業界の経営トップが大学生にクルマ・バイクの魅力や楽しさ、日本のものづくりの重要性を伝える「大学キャンパス出張授業」。東京大学で登壇したトヨタ自動車 副社長の河合満氏の講演を紹介する。(2017/11/13)

たぶんお子様大興奮 「マリオカート」仕様の幼児バイクがかっこいい
そういえばクリスマスもうすぐ。(2017/11/9)

これはよさげな新色 人気スポーツバイク「YZF-R25」「YZF-R3」に2018年モデル
ヤマハの人気スポーツバイク「YZF-R25/R3」の2018年モデルが登場。1月20日発売。(2017/11/9)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2017(2):
勝つためのEV! ガソリン車だけの勝負じゃなくなってきたゾ!
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」とは。2017年も楽しくレポートします! さて第2回はどの大学が登場するでしょうか。(2017/11/8)

AmazonのCMみたいに孫のバイクに乗りたい―― おばあちゃんの夢をかなえた動画にほっこり
幸せそうな二人乗り。(2017/11/7)

新潟県であまりにも「不死鳥」な雲が撮影され話題に ツーリング中に思わずバイクを停めて撮影
秋の雲がつくりあげた現象。新潟の学生さんがツーリング中、偶然撮影しました。(2017/11/6)

これは遊べそう 折りたためる電動バイク「BLAZE SMART EV」が登場、小型軽量でお値段12万8000円から
家庭用コンセントで充電、最大30キロ走れる。(2017/11/6)

あの色が輝く「百式ロードバイク」登場 第2弾はアナハイム・エレクトロニクス社製、18万3000円から
ユニコーンガンダムモデルとシャア専用カーボンフレームも同時発売。(2017/11/2)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2017(1):
クルマも機械も面白いよね! 女性リーダーも活躍する学生フォーミュラ
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」とは。2017年も楽しくレポートします! さて第1回はどの大学が登場するでしょうか。(2017/11/2)

未来のバイクは「倒れない」「転ばない」「シャキーンと変形する!?」 東京モーターショー2017のワクワクする近未来バイクまとめ
東京モーターショー2017で展示されていたワクワクする近未来バイクを一挙に紹介。みんな乗ってみたい。(2017/10/30)

東京モーターショー2017:
手招きで歩み寄ってくるバイク ヤマハが問う「常識」
ヤマハ発動機が東京モーターショーで展示している電動二輪車「MOTOROiD(モトロイド)」。意思を持っているかのように動き出す理由とは……。(2017/10/28)

「ガンダム」モチーフの本格ロードバイクが3種登場 幕張メッセで開催の「CYCLE MODE」にて初お披露目
これは乗ってみたい。(2017/10/27)

東京モーターショー2017:
生きているようなバイク「MOTOROiD」、ヤマハが開発
人工知能(AI)搭載の二輪車のコンセプトモデル「MOTOROiD」をヤマハ発動機が開発。オーナーの声に反応し、倒れることなくゆっくりと自律走行する。(2017/10/26)

東京モーターショー2017:
動画で見る“倒れないバイク” ホンダが日本初公開
バランス制御で自立できるバイク技術「Honda Riding Assist-e」をホンダが日本で初公開した。(2017/10/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。