「BOSE(ボーズ)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BOSE(ボーズ)」に関する情報が集まったページです。

Boseの睡眠サポートイヤフォン「sleepbuds」 日本でも販売開始
ボーズは9月6日、睡眠をサポートするイヤフォン「Bose noise-masking sleepbuds」の販売を日本国内でも開始した。(2018/9/6)

ボーズが作った“眠り”をサポートするイヤフォン「sleepbuds」を体験した
米Bose(ボーズ)が開発した「Bose noise-masking sleepbuds」は、一見、小さな完全ワイヤレスイヤフォンだ。しかし好きな音楽をストリーミングして聞くことはできない。眠りをサポートするという、その仕組みは?(2018/7/11)

独自のAI搭載で対話充実:
オンキヨーが「肩乗せスピーカー」国内初披露 ソニー、BOSE製品とどう違う?
オンキヨー&パイオニアが、展示会「第2回 AI・人工知能 EXPO」に、肩に乗せて使うタイプのスピーカー「VC-NX01」を出展。国内で披露するのは初めて。独自のAIを搭載し、対話が充実した点が特徴という。マーケティング担当者に他社製品との違いを聞いた。(2018/4/4)

ボーズが肩にのせるウェアラブルスピーカー発売 SiriやGoogleアシスタントも
ボーズは、肩にのせるウェアラブルスピーカー「SoundWear Companion speaker」を3月29日に発売する。スマートフォンとBluetooth接続し、音楽再生や通話の他、SiriやGoogleアシスタントへのアクセスも可能だ。(2018/3/23)

「アメトーーク!」機に売り上げ増:
“肩乗せスピーカー”が人気に ソニーは受注を一時停止 BOSEも対抗
“肩乗せスピーカー”が人気だ。ソニーの「SRS-WS1」は、バラエティー番組で紹介されたのを機に売り上げが急増し、生産が追い付かず受注を一時停止する事態に。音響機器メーカーのBOSEも同様の製品を近く発売する。(2018/3/23)

Googleアシスタント搭載ヘッドフォンは何ができる?
2018年はヘッドフォンのAIアシスタント対応がトレンドになりそうだが、今までと何が違うのか。今回はボーズの「Googleアシスタント」搭載ヘッドフォン「QC35 II」をiPhoneとAndroidスマホと組み合わせてチェックした。(2018/1/22)

PR:通勤からスポーツまで耳元すっきり! 完全ワイヤレスイヤフォンの課題を解決した「Bose SoundSport Free」の実力
ブームに火が付いてから約2年。完全ワイヤレスイヤフォンが成熟期を迎えつつある中、ついに登場したボーズの「SoundSport Free」を紹介しよう。ワイヤレスの枠を超えた迫力のある音が楽しめる、納得の完成度だ。(2017/12/1)

ボーズ、「Googleアシスタント」にも対応したワイヤレスNCヘッドフォン「QC35 II」
ボーズのNC機能搭載ワイヤレスヘッドフォン「QC35」が進化。新たに「Googleアシスタント」に対応し、NC機能をアップデートした「QC35 II」となった。価格は据え置き。(2017/11/27)

BOSE、雑音を打ち消し安眠を助けるイヤフォンを開発 目標額の約9倍に及ぶ5000万円を調達し製品化決定
クラウドファンディングの達成率、なんと890%。(2017/11/17)

ボーズ史上、最も小さく最も丈夫なスピーカー
ボーズは、ポータブルスピーカー「SoundLink Micro」を9月22日に発売する。同社史上、最も小さく、また最も丈夫なスピーカーだという。(2017/9/8)

思ったよりスゴい“筒”:
どこでも使えるボーズの360度モバイルスピーカー「Bose SoundLink Revolve」を試す
昨今では選択肢が非常に多いBluetoothスピーカー。ボーズの「Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker」もそのうちの1つ。この“筒”には、どのような魅力があるのだろうか。(2017/8/8)

サブウーファーを置きたくない人のためのサウンドバー、ボーズから
ボーズは、サウンドバーの新製品「SoundTouch 300」を2月10日に発売する。新開発の「QuietPortテクノロジー」は、小型のエンクロージャーでボリュームを上げた際に生じる低域の歪みを抑える。(2017/1/27)

ボーズの新世代ホームシアターは超コンパクト&ワイヤレス
ボーズがホームシアターシステムの新製品「Lifestyle 650」を発表。スマートフォンより幅の狭い小型スピーカーを使用するコンパクト&ワイヤレスモデルだ。デザインと価格はラグジュアリー。(2017/1/26)

PR:パートナーは“良音”――心拍数が分かる「Bose SoundSport Pulse」で効果的に運動する方法
健康のために運動したいと思っても、忙しいビジネスマンがジムに通うのは難しい。しかし、無駄な手間をかけず効果的にフィットネスが始められるとしたら? それも心地良い音楽を“相棒”にして。ボーズの「SoundSport Pulse」は、そんな贅沢なニーズに応えてくれるワイヤレスイヤホンだ。(2016/11/30)

ボタン1つで好みの音楽が流れ出す――ボーズの「SoundTouch」が「Spotify」と連携
ボーズは、ネットワークスピーカー「BOSE SoundTouch 10/20/30」に、音楽配信サービス「Spotify」(スポティファイ)との連携機能を追加する。Spotifyとの共同開発により、サービスと製品をシームレスにつないだ。(2016/11/1)

NC機能の神髄は合気道の精神?!:
ボーズの新型NC搭載ワイヤレスイヤフォン「QuietControl 30」、その背景にあるもの
ボーズが新しいノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォンの説明会を実施。来日した米Boseの上級エンジニア、ダン・ゲイジャー氏がNCヘッドフォン開発の背景やコンセプトなどについて語った。(2016/6/21)

周囲の音を上げ下げ?――ボーズが新型ノイズキャンセリング搭載のワイヤレスイヤフォンを発表
ボーズは、ワイヤレスヘッドフォン/イヤフォンの新製品4機種を発表した。ノイズキャンセリング対応のヘッドフォン「QuietComfort」とイヤフォン「QuietControl」が登場。(2016/6/7)

ボーズ、Bluetoothを搭載したサウンドバー「Bose Solo 5 TV sound system」
ボーズは、サウンドバーの新製品「Bose Solo 5 TV sound system」を発表した。Bluetoothにも対応したコンパクトなサウンドバーだ。(2016/4/1)

ボーズ、NCヘッドフォンが5000円値引きになる期間限定キャンペーンを開始――「QuietComfort 25/20」が対象
ボーズは、ノイズキャンセリングヘッドフォン/イヤフォン「QuietComfort 25/20」を5000円値引きで販売する「SPRING CAMPAIGN」を開始した。(2016/2/1)

モニター訪問+専門家レビュー:
PR:音楽ライフがますます快適に――20年を超えて音楽ファンに愛されてきたボーズ「Wave systems」最新モデルの進化に迫る!
ボーズの「Wave SoundTouch music system IV」は、20年以上愛され続けてきた一体型オーディオ「Wave systems」の最新モデル。今回は、その特徴や新機能をAVライターの山本敦氏が紹介するとともに、モニターに当選した野口さんの体験リポートをお届けしよう。(2015/12/11)

PR:伝統と革新の融合――10年ぶりにデザインを一新したボーズ「Wave systems」のモニターを大募集
ITmedia LifeStyle編集部では、ボーズ株式会社協賛のもと、読者モニターキャンペーンを企画しました。ふるってご応募ください!(2015/10/22)

ワイヤレスで行こう!:
ボーズ初のNFC対応にデザインも一新! 「SoundLink」のアラウンドイヤーヘッドフォン“第2弾”を聴く
ボーズもいよいよ、NFC対応のワイヤレスヘッドフォン「SoundLink around-ear wireless headphones II」を発売した。その使用感と音質について、詳しく紹介していこう。(2015/10/13)

Wi-Fi&Bluetooth搭載:
ボーズの“Wave music system”が10年ぶりのフルモデルチェンジ――ワイヤレスに
ボーズは9月28日、Wi-FiとBluetoothを搭載する一体型のワイヤレスオーディオシステム「Wave SoundTouch music system IV」を発表した。10年ぶりのフルモデルチェンジでワイヤレス再生にも対応した“Wave music system”だ。(2015/9/30)

ボーズ、「SoundTouch」対応のコンパクトなワイヤレスオーディオ3製品を発売
ボーズは9月30日、Bluetooth対応オーディオシステム3シリーズを発表した。いずれも別の部屋で同じ音楽を楽しめる「SoundTouch」技術に対応する。(2015/9/30)

ボーズ、Bluetoothを搭載した台座型シアターシステム「Bose Solo 15 Series II TV sound system」
ボーズは、薄型テレビの下に設置できる台座型スピーカーシステムの新製品「Bose Solo 15 Series II TV sound system」を発表した。新たにBluetoothを搭載し、スマートフォンやタブレットなどから楽曲再生が行える。(2015/9/25)

ボーズ、初のNFC搭載Bluetoothヘッドフォン「Bose SoundLink around-ear wireless headphones II」
ボーズは、Bluetooth対応のワイヤレスヘッドフォン「Bose SoundLink around-ear wireless headphones II」を9月18日に発売する。(2015/9/4)

ボーズ、スポーツイヤフォンの新カラバリ
ボーズがスポーツ向けのイヤフォンとヘッドフォンを発表した。エクササイズやランニングの時にも利用できる防滴仕様。(2015/9/4)

ボーズ、NCヘッドフォン「QuietComfort 25」にクールな限定カラー「トリプルブラック」
ボーズは、ノイズキャンセリング機能付きヘッドフォン「Bose QuietComfort 25 headphones」の限定カラー「Special Edition Triple Black」を9月18日に発売する。(2015/9/4)

カラーもユニーク:
ボーズ初のカナル型イヤフォン「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」が登場
ボーズは同社としては初となるカナル型イヤフォン「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」を発表した。小型の密閉型ハウジングに新開発のダイナミック型ドライバーを搭載している。(2015/9/4)

数量限定、オープン記念プレゼントも!:
ボース、直営セレクトショップを東京と大阪に新設――計27店舗へ体制強化
ボーズは直営店(セレクトショップ)を新規に2店舗オープンすると発表した。9月1日に大阪「阪急うめだ本店」、9月30日に東京「新宿高島屋店」が新たに開店。同社の直営は計27店舗に拡大する。(2015/8/18)

2色展開に:
ボーズ、バッテリー駆動時間が延びた「SoundLink mini Bluetooth speaker II」
ボーズは、Bluetooth対応の小型ワイヤレススピーカー「SoundLink mini Bluetooth speaker II」を発表した。「Pearl」(パール)と「Carbon」(カーボン)の2色をラインアップ。(2015/6/5)

ボーズ、NCイヤフォン「QuietComfort 20」にブラックとホワイトの新モデル
ボーズは6月5日、ノイズキャンセリングイヤフォン「Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones」の新製品を発表した。新たにブラックとホワイトを用意。(2015/6/5)

ボーズ、7月1日に価格改定を実施――5〜15%の値上げに
ボーズは、為替変動の影響に伴い、日本国内で販売している製品の一部について価格を改定すると発表した。(2015/6/1)

コンサートホールの響きを再現、ボーズがテレビ向けコンパクトスピーカーシステム「Acoustimass 5 Series V」を発売
ボーズは、テレビとの組み合わせを想定した2.1chスピーカーシステム「Acoustimass 5 Series V stereo speaker system」を発売する。(2015/4/10)

キラキラ光るホワイトパール仕上げ――ボーズが創立50周年記念モデルを限定販売
ボーズは、同社の創立50周年を記念して、特別な表面仕上げを施した限定モデル「Wave SoundTouch music system High-Gloss Pearl」を発売する。(2015/4/10)

ワイヤレスで行こう:
音声ガイド付きで簡単操作――ボーズのオンイヤー型Bluetoothヘッドフォンを聴く
より身軽に音楽を楽しめる“ワイヤレス”。これから数回にわたり、手軽にワイヤレスオーディオを楽しめるBluetooth対応機器をピックアップしていく。初回は「Bose Sound Link on-ear Bluetooth headphones」だ。(2015/2/25)

ボーズが表現した“和の静寂”――写真で見る「QuietComfort 25」日本限定版
ボーズからノイズキャンセリングヘッドフォンの日本市場限定モデルとして、「QuietComfort 25−JAPAN CONCEPT MODEL」が登場する。さっそく写真でチェックしていこう。(2015/2/12)

日本限定の静寂:
史上最高のボーズノイキャンヘッドフォン「QuietComfort 25」に日本限定バージョンが登場
ボーズが「史上最高のノイズキャンセリング」とうたうヘッドフォンに、日本伝統色から着想を得た「QuietComfort 25−JAPAN CONCEPT MODEL」2モデルが登場。日本限定・数量限定で1月23日から予約受付を開始した。(2015/1/23)

数量限定、全プレキャンペーン:
ボーズ、コンパクトオーディオシステム購入者対象「Wave systems プレゼントキャンペーン」
ボーズは、小型オーディオシステム「Wave system」の購入者を対象に、1万円のPC用スピーカーがもらえる「Wave systems プレゼントキャンペーン」を開始した。数量限定で、予定数量に達し次第終了となる。(2015/1/14)

ボーズ50年の軌跡を描いた特別シネマ「DREAM+REACH」――全国でサーキット上映
ボーズは、Boseの原点を描いた特別シネマ「DREAM+REACH」を制作。11月30日から一般向けに全国7箇所でサーキット上映を行う。(2014/11/19)

数量限定:
ボーズ、「Wave music system III」に限定カラー「ミッドナイトブルー」を追加
ボーズは10月27日、デスクトップオーディオシステム「Wave music system III」に限定カラー「ミッドナイトブルー」の追加を発表、10月31日から発売する。(2014/10/27)

使い方、こだわり方に世代差も:
ドライブで重宝、トップは「カーオーディオ」──無音だと間が持たない、6割
クルマ購入検討時はあまり重視していなかったポイントだが、実際は……。「ドライブと音楽に関する調査」により、ドライブ時に改めて重宝されるものが分かった。ボーズ調べ。(2014/10/6)

ボーズから新たに7つのインパクト――「Bose IMPACT 2014」でNCヘッドフォンや幅30センチのサウンドバーをお披露目
ボーズが「Bose IMPACT 2014〜世界を音で塗り変えられるか。〜」を開催。「ボーズ史上最高のノイズキャンセリングヘッドフォン」(同社)こと「QuietComfort 25」など7製品を発表した。(2014/9/17)

何が出るかな?:
ボーズ、9月に「Bose IMPACT 2014」開催――1000名を無料招待
ボーズは、9月16日に「Bose IMPACT 2014〜世界を音で塗り変えられるか。〜」を開催する。抽選で1000人を招待。(2014/8/8)

好みのスピーカーで:
ボーズ、ワイヤレスオーディオ機能“SoundTouch”対応のパワーアンプ「SA-4」を発売
ボーズは、独自のワイヤレスネットワークオーディオ機能「SoundTouch」シリーズの追加モデルとして、「SoundTouch SA-4 amplifier」を発売した。(2014/6/6)

チャンスは9月まで:
ボーズ、インイヤー型イヤフォン5製品を期間限定で値下げ、直販サイトと直営店で
ボーズのインイヤー型イヤフォンを安く手に入れるチャンスだ。(2014/6/2)

ボーズ、ヘッドフォン新シリーズ「FreeStyle earbuds」と「SoundTrue headphones」を発表
ボーズは5月9日、ヘッドフォンの新シリーズ「FreeStyle earbuds」と「SoundTrue headphones」を立ち上げ、3ラインアップ計10モデルを発表した。発売予定は5月23日だが、先行予約はすでに始まっている。(2014/5/9)

ボーズ、「SoundLink Mini」用ソフトカバーに4つの新色
ボーズは、Bluetoothスピーカー「SoundLink Mini」の専用オプションとして、新たに4色のソフトカバーを発売した。(2014/4/4)

PR:ボーズの“次世代ネットワークオーディオ”は意外とカジュアル――潮晴男氏が「Bose SoundTouch Wi-Fi music systems」を聴く
ボーズの「SoundTouch Wi-Fi music systems」は、新しい要素が詰まったネットワークオーディオだ。Bluetoothより音質的に有利なWi-Fiを使い、小さいながらも洗練された音響システムで音楽ストリームを再生する。AV評論家・潮晴男氏が、その使い方から3製品の音質までを徹底的に検証した。(2014/3/17)

照明をつけるように音楽を楽しむ――ボーズが提案する“次世代オーディオ”「SoundTouch」
ボーズは、ネットワーク対応のスピーカーシステム「SoundTouch」を発表した。ネットワーク設定の煩雑さを省きつつ利便性を享受する“次世代の本格オーディオ”だ。(2014/2/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。