• 関連の記事

「機械設計者のための樹脂流動解析入門」最新記事一覧

関連キーワード

機械設計者のための樹脂流動解析入門(番外編):
樹脂流動解析って、実際のところはどうなの?
脂流動解析を導入したばかりの企業と、導入して20年というベテランユーザー企業の事例を紹介する。(2010/12/6)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(6):
成形要件のマトリクスで設計の方向を定めよう
機械設計者が樹脂流動解析を活用するうえで重要なポイントについて、例を引きながら再確認する。(2010/9/30)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(5):
構造/樹脂流動連成で最適な形状を見つけ出す
樹脂成形品の構造解析では、成形過程の考慮が欠かせない。今回は連成解析について解説!(2010/8/31)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(4):
繊維入り樹脂は充填パターンを意識しよう
特に繊維配向は、設計者にとってもなかなか理解しにくい部分。今回はそれを分かりやすく解説する。(2010/7/22)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(3):
肉抜きでソリ変形をスッキリ解消
ソリ変形の発生は不均一な体積収縮が原因。つまり、モデル肉厚の不均一を解消すれば、大丈夫。(2010/6/18)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(2):
会合角を心得て、ウェルドラインを緩和する
ウェルドラインは、設計の段階から対策ができるってご存じ? 樹脂の流れる角度を制御すればいいのだけど……。(2010/5/21)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(1):
ためらい現象って、どうして起こるの?
今回は、金型の中で樹脂がスムーズに流れない理由についての解説。ゲートのそばなら、樹脂が流れやすいと思い込んでいない?(2010/4/16)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。