• 関連の記事

「機械設計者のための樹脂流動解析入門」最新記事一覧

関連キーワード

機械設計者のための樹脂流動解析入門(番外編):
樹脂流動解析って、実際のところはどうなの?
脂流動解析を導入したばかりの企業と、導入して20年というベテランユーザー企業の事例を紹介する。(2010/12/6)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(6):
成形要件のマトリクスで設計の方向を定めよう
機械設計者が樹脂流動解析を活用するうえで重要なポイントについて、例を引きながら再確認する。(2010/9/30)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(5):
構造/樹脂流動連成で最適な形状を見つけ出す
樹脂成形品の構造解析では、成形過程の考慮が欠かせない。今回は連成解析について解説!(2010/8/31)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(4):
繊維入り樹脂は充填パターンを意識しよう
特に繊維配向は、設計者にとってもなかなか理解しにくい部分。今回はそれを分かりやすく解説する。(2010/7/22)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(3):
肉抜きでソリ変形をスッキリ解消
ソリ変形の発生は不均一な体積収縮が原因。つまり、モデル肉厚の不均一を解消すれば、大丈夫。(2010/6/18)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(2):
会合角を心得て、ウェルドラインを緩和する
ウェルドラインは、設計の段階から対策ができるってご存じ? 樹脂の流れる角度を制御すればいいのだけど……。(2010/5/21)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(1):
ためらい現象って、どうして起こるの?
今回は、金型の中で樹脂がスムーズに流れない理由についての解説。ゲートのそばなら、樹脂が流れやすいと思い込んでいない?(2010/4/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。