「がん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「がん」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

オーキド博士役の声優・石塚運昇さんが食道がんで亡くなる 中田譲治ら声優仲間からは悲しみの声
シゲル役を演じた小林優子さん「あのいい声が聞けないなんて…もう一緒に飲めないなんて…」。(2018/8/17)

医療技術ニュース:
AIによる早期胃がんの高精度な自動検出法を確立
理化学研究所は、AI(人工知能)を活用した、早期胃がんの高精度な自動検出法を確立した。早期胃がんの有無に加え、その領域まで自動で検出することに成功した。(2018/8/17)

医療機器ニュース:
がんの経過観察に関係するエクソソーム計測システムを新開発
慶應義塾大学は、光ディスク技術と磁気ナノビーズ技術を組み合わせた新しい原理によるエクソソーム計測システム「ExoCounter(エクソカウンター)」を開発した。(2018/8/16)

「気分転換になる」など多数:
約半数の喫煙者が「禁煙の予定なし」 絶対にやめない理由は……?
喫煙者がたばこをやめない理由は?――プラネット調べ。(2018/8/13)

AIで新薬創出を加速 肺がんとIPFの創薬ターゲット発見へ――NIBIOHN、理研ら、省庁連携研究プロジェクトを開始
医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)、理化学研究所(理研)、科学技術振興機構(JST)は、「新薬創出を加速する人工知能の開発」を目指に「官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)」に基づく研究プロジェクトを開始。創薬ターゲットを推定するAIを開発し、創薬研究の活性化を目指す。(2018/8/10)

夏の大敵「谷間チラ」をガード 「ブラライナー」ができたワケ
キャミソールがなくても、谷間は守れる!(2018/8/8)

“いま”が分かるビジネス塾:
ジムに通うと安くなる保険から考える、健康維持の秘訣とは
スポーツジムに通うなど、健康増進活動をすると保険料が安くなるという新しい保険商品が注目されている。運動好きな人を中心にどれだけ保険料が安くなるのかに関心が集まっているようだが、この商品の注目点はそれだけではないのだ。(2018/8/2)

医療機器ニュース:
生体内に貼れる無線給電式発光デバイス、10日間連続点灯で腫瘍が消失
早稲田大学は、防衛医科大学校と共同で、生体組織表面にシールのように貼り付けられる体内埋め込み型の発光デバイスを開発した。同デバイスを光がん治療に応用し、マウス体内の腫瘍を消失させることに成功した。(2018/8/2)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
国の太鼓判付き「ホワイト企業」、電機・機械・自動車メーカーで認定されたのは?
経済産業省は、従業員の健康に配慮した経営を行っている企業を「健康経営優良法人」(通称・ホワイト500)として認定する制度を2017年に開始。2018年の大規模法人部門では541社が認定されました。(2018/7/27)

又吉イエスさん、がんで亡くなる
6月末に健康問題を理由に政治活動の終了を発表していました。(2018/7/23)

生体内に長期間安定して固定:
次世代がん治療に、組織表面に貼り付く発光デバイス
早稲田大学と防衛医科大学校らの研究グループは、光がん治療において、患者への負担が少なく、高い治療効果が得られる無線給電式発光デバイスを開発した。(2018/7/19)

医療機器ニュース:
1日100検体以上解析可能な自動撮像装置を開発、早期がん発見に貢献
HIROTSUバイオサイエンスと日立製作所は、両社が研究を進めてきたがん検査方法「N-NOSE」の検体解析に用いる「高スループット自動撮像装置」を発表した。同装置により、1日あたり3〜5検体だった解析処理が100検体以上解析できる。(2018/7/18)

医療技術ニュース:
高濃度ビタミンCが、転移がん細胞の抑制に有効であることを発見
東京工科大学は、高濃度ビタミンC(VC)による、がん転移抑制メカニズムに関して新発見をしたと発表した。VCは血液を循環する転移がん細胞に対して、強い抑制作用があることが分かった。(2018/7/17)

医療技術ニュース:
がん細胞のDNA修復能力を高める新しい因子を発見
東京大学は、生殖細胞関連タンパク質「SYCE2」が、がん細胞で増えていること、また、がん細胞の細胞核内環境を変化させることでDNA修復能力を増加させることを発見した。(2018/7/13)

ボーズが作った“眠り”をサポートするイヤフォン「sleepbuds」を体験した
米Bose(ボーズ)が開発した「Bose noise-masking sleepbuds」は、一見、小さな完全ワイヤレスイヤフォンだ。しかし好きな音楽をストリーミングして聞くことはできない。眠りをサポートするという、その仕組みは?(2018/7/11)

医療技術ニュース:
画像ではなく形を見る「ゴーストサイトメトリー」、細胞治療の信頼性向上に
東京大学は、細胞を高速・高精度に分析して判別し、分取するシステムである高速蛍光イメージングセルソーターを開発した。血液および体液診断、再生医療や細胞治療などへの貢献が期待される。(2018/7/6)

AWS Public Sector Summit 2018(2):
GameChangerは、クラウドとゲーミングで小児入院患者の生活を変える
Amazon Web Servicesが開催したAWS Public Sector Summit 2018で、クラウドを通じ小児入院患者の今と未来を変えようとしている人たちに出会った。(2018/7/2)

「外国人労働者受け入れ」は人手不足解消の解じゃない:
「シンギュラリティには一生行きつかない」 安川電機・津田会長に聞く「ロボット産業の未来」
ロボットメーカー大手の安川電機会長で、国際ロボット連盟(IFR)の会長でもある津田純嗣氏にロボットの果たすべき役割について聞いた。(2018/6/28)

“日本が知らない”海外のIT:
NYに“大麻のApple Store” 100億ドルのマリフアナ市場、急成長のワケ
日本国外では大麻の合法化が進んでいる。大麻市場が世界に与えるインパクトは。(2018/6/27)

「リブログ辛い」 小林麻央さんの命日に市川海老蔵が思い明かす 麻央さんのブログにも多くの声
あれから1年。(2018/6/22)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
「モルダー、あなたまだ疲れてるのよ」 7月上陸の「X-ファイル 2018」、最新“お疲れモルダー”の姿を先行公開
I WANT TO BELIEVE. (2018/6/23)

医療技術ニュース:
バストサイズや月経痛の強弱と関連の強い遺伝子領域を発見
東京大学は、バストサイズや月経痛など、女性特有の体質と関連の強い遺伝子領域を発見した。さらに研究を進めれば、女性特有の疾患や月経中の痛み、発熱などについて、個人に合わせた改善法や予防法の選択が可能になる。(2018/6/22)

肺がん患者にヤジで炎上 議員が謝罪 「喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思いで呟いた」
「人として最低」などの批判が寄せられていました。(2018/6/21)

「議員としての発言で、当社とは無関係」:
「肺がん患者にヤジ」の自民議員が元社長 ジョイフル、将来の「全面禁煙化」表明
ジョイフル元社長の穴見陽一議員が、衆院厚生労働委員会で肺がん患者に「いい加減にしろ!」とやじを飛ばした。取材に対し、同社は「国会議員としての発言で、自社とは無関係」と回答。将来的な「全面禁煙化」を表明した。(2018/6/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
だから、本田圭佑は「稀代のヒール」として叩かれる
サッカーのW杯で日本が強豪コロンビアを撃破した。大会前はあまり盛り上がりを見せていなかったが、この勝利で注目度は大きく上がり、ネット上も大騒ぎ。賛辞を送られるメンバーのなかで、逆風にさらされている選手がいる。本田圭佑だ。(2018/6/21)

MEDTEC Japan 2018レポート:
モバイル化する医療機器、AIとロボットの活用も進む
東京ビッグサイトで2018年4月18〜20日に開催された「MEDTEC Japan 2018」。今回は、医療機器のモバイル化やAI、ビッグデータなどの先進技術に関する同イベントでの展示内容を紹介する。(2018/6/15)

ロボットとAIが変える「医師の働き方」:
二宮和也主演「ブラックペアン」で話題の手術支援ロボット 直腸がん手術「第一人者」に聞く
 二宮和也が「オペ室の悪魔」と呼ばれるダークヒーロー役を演じる人気テレビドラマ「ブラックペアン」に登場する手術支援ロボットが、いま日本の医療施設に普及しようとしている。ロボットを使った直腸がん手術の第一人者である絹笠祐介・東京医科歯科大学教授に現状と課題を聞いた。(2018/6/15)

シャープの親会社、次の手は:
Apple脱却探る鴻海、事業多角化の壁
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が、新たな成長戦略を模索している。米AppleのiPhoneの受託製造企業として世界的な地位を築き上げたが、スマートフォン市場拡大が頭打ちになり、アップルはサプライヤーの多角化を進めているためだ。(2018/6/13)

扱いにくい医師が恋と猫への愛を知る 恋愛漫画『猫で人魚を釣る話』に応援したい恋がある
医師×患者×猫が繰り広げる、持ちつ持たれつのラブストーリー。(2018/6/12)

2018国際医用画像総合展レポート:
医療機器のAI活用で期待される画像診断支援、国のゴーサインはいつ出るのか
パシフィコ横浜で2018年4月13〜15日に開催された「2018 国際医用画像総合展(ITEM2018)」。今回は、医療分野におけるAI(人工知能)技術に関する同イベントでの展示内容を中心に主要各社の取り組み状況を紹介する。(2018/6/1)

新薬開発を加速するテクノロジー
ビッグデータから生まれた「合成対照群」のインパクト 新薬開発の歴史を変え得る理由
新薬開発で多くの製薬企業が直面している課題の1つが治験参加者の確保だ。過去に実施された治験のデータ再利用がその解決策となり得る。過去の治験データ活用が臨床開発現場にもたらすインパクトとは。(2018/6/21)

大都市にはない工夫を:
ベンチャーが育つ生態系を地方都市でどう作るか?
大都市と比べて地方都市はヒト・モノ・カネが集まりづらく、生態系(エコシステム)に厚みを持たせるには一層の工夫が必要だ。そうした中、山形県鶴岡市では大学や自治体、地元の金融機関、企業などが協力し合ってベンチャー創出、成長の環境を作っている。(2018/5/30)

医療機器ニュース:
AIの医療応用を目指す学会を新たに発足
国立がん研究センター研究所 分野長の浜本隆二氏ら7人は、日本メディカルAI学会を発足した。AI(人工知能)の医療応用を進め、より良い医療システムの構築を目指す。(2018/5/30)

吉岡里帆がインスタ再開 事務所社長の死に「立ち止まっている事も出来ません」と前向き
5月11日からInstagramを非公開にしていました。(2018/5/24)

“日本が知らない”海外のIT:
乳がん見つける“IoTブラジャー” メキシコの19歳青年が開発 日本にも進出か
乳がんの早期発見を助けるIoTブラジャー「EVA」。乳がんで苦しむ多くの女性を救うための画期的な製品を開発するのは、メキシコの19歳男子学生という。(2018/5/24)

2700万円で落札された「me&stars」第1弾企画が実現:
データで振り返る「山田孝之の1日受付」、測ったバストは合計222メートル56センチ
ミーアンドスターズとシーオーメディカルはSHIBUYA109にてイベントを開催。俳優でミーアンドスターズ取締役CIO(Chief Innovation Officer)の山田孝之氏が5時間30分にわたり、300人の女性のバストを測定し続けた。(2018/5/22)

世界を「数字」で回してみよう(49) 働き方改革(8):
私を「疾病者」にしたのは誰だ? 労働と病(やまい)の切っても切れない関係
現代の社会において、労働と病(心身の)の関係は切っても切り離せません。会社組織には、「労働者」を「疾病を抱える労働者」へと変貌させる機能が備わっているのかと思うほどです。今回は、「労働者の疾病」に焦点を当ててシミュレーションを行ってみました。(2018/5/22)

「これからは曇りのない笑顔で」 南果歩、渡辺謙との離婚発表
「この1年は、自身の生き方を見つめ直す時間を与えられました」(2018/5/17)

「一番ロックを感じる人でした」 西城秀樹の訃報に布袋寅泰、綾小路翔ら芸能界から別れを惜しむ声
悲しみの声が次々に寄せられています。(2018/5/17)

スピン経済の歩き方:
世界で認められている「免疫療法」が、日本で「インチキ」になる背景
末期がんだったのに、「免疫治療」をうけて完治した――。このような話を聞くと「いかがわしいなあ」「詐欺でしょ」と思われたかもしれないが、海外では違う。欧米では免疫治療の研究が進んでいるのに、なぜ日本では「インチキ」呼ばわりされるのか。(2018/5/15)

ビジネスの裏側:
「おしゃれな下着、あきらめたくない」乳がん経験を商品開発に 術後の肌に優しいブラ、患者の気持ちに寄り添う
乳がんを経験してもおしゃれをしたい女性の気持ちに寄り添う下着づくりを行う企業が京都にある。自らも乳がんの手術を経験した中村真由美さん(56)が代表を務める「アボワールインターナショナル」(京都市下京区)。(2018/5/8)

医療機器ニュース:
尿中代謝物によるがん検査の実用化に向けた実証試験を開始
日立製作所は、尿検体を用いたがん検査の実用化に向けた実証試験を開始した。解析フローを半年間繰り返し実施し、尿中代謝物によるがん検査の実用化に向けた研究を進める。(2018/5/8)

医療機器ニュース:
産学連携による人工知能を活用した乳房エコー画像診断システムの開発
東北大学は、SAS Institute Japanの「SAS Viya」を採用し、乳がん診断の補助として、深層学習を用いて乳房エコー画像内の腫瘤注の識別を目的とした研究を開始した。乳房エコー検査の自動診断の実用化を目指す。(2018/5/2)

ニコニコ超会議2018:
いろんな「うんこ」を疑似的に触れる「うんこツンツン」
疑似的に「うんこ」や「大腸」に触れる。ニコニコ超会議2018(千葉・幕張メッセ、4月28日〜29日)で、東北学院大学佐瀬研究室と日本うんこ学会、ケイズデザインラボがそんな触覚デバイスを展示している。(2018/4/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
鉄人・衣笠祥雄氏は、なぜカープの監督になれなかったのか
元広島東洋カープの衣笠祥雄氏が死去した。71歳だった。2215試合連続出場記録の金字塔を打ち立てた名選手だったのに、なぜカープの監督になることができなかったのか。複雑な人間模様と舞台裏のドラマが激しく交錯していて……。(2018/4/25)

キーワードは「LOVE」:
なぜSUBARUは米国で伸びたのか マーケティング戦略の“真意”
SUBARU(スバル)が米国で着実に成長している。販売台数は10年間で約3.5倍に。好調の背景に何があるのか。そのマーケティング戦略について、現地で探った。(2018/4/25)

AIには「信頼」が必要――Microsoft、AIの開発・活用で重視すべき「6つの倫理的要件」を発表
Microsoftが、AIの開発と活用で重視すべき「6つの倫理的要件」を発表。急速に開発が進むAIは、一方で信頼と倫理に関する複雑な問題を提起すると指摘。その疑念を払拭し、人間がAIの恩恵を最大限に享受するには「6つの倫理的要件」が重要だとしている。(2018/4/24)

「パーでたたいて起こして」「それはできないよ」 うつで動けない母をひと言で救った息子が優しく頼もしい
お母さんは立ち直り、起き上がって朝食を作れたそうです。(2018/4/18)

尿を分析してがんリスク判断 日立が実証実験
日立が、尿を使ったがん検査の実証実験を行う。尿に含まれる代謝物からがんを見分ける指標になる物質(バイオマーカー)を抽出、解析し、がんのリスクを判断する。(2018/4/17)

「内心、、、、グッチャグチャです」 元恵比寿マスカッツの川村りか、子宮頸部腺がん告白
“極めて2に近いステージ1”の子宮頸部腺がん。(2018/4/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。