「介護」最新記事一覧

質問!介護→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で介護関連の質問をチェック

関連キーワード

4つのAIで“利用者に寄り添う”対話ロボットへ 富士通が提供開始
富士通が同社や協力企業のAI技術を「ロボットAIプラットフォーム」として体系化。ユニロボットのコミュニケーションロボット「unibo」と合わせて、企業へ提供する。(2017/12/12)

買い物難民のニーズに対応:
介護施設が物販サービスを始めている 狙いは?
日用品をデイサービス利用者に販売する介護事業者が増えている。その理由とは?(2017/12/12)

1歩につき1円積み立て 歩行支援ロボットの「ウォークファンディング」プロジェクト始動
医療機器メーカーのUSCIジャパンは、歩行支援ロボット「FREE Walk」で1歩歩行するごとに1円のファンディングが積み上げられる「ウォークファンディング」プロジェクトを発表した。(2017/12/8)

欧州では議論進む:
地域医療の「脱中央集権化」
広域自治体に医療政策の権限を移譲したスウェーデンなど、欧州では「脱中央集権化」が進む。もちろん海外の事例をダイレクトに輸入してもうまくいくとは思えないが、地域医療構想の推進に役立つ側面はある。(2017/12/7)

孤立する高齢者:
「ゴミから多額の現金」事例続々 孤独死、タンス預金、問われる家族のあり方
ゴミ捨て場処理場から高額の現金が見つかるニュースが相次いでいる。(2017/12/7)

「ゴミから多額の現金」事例続々……なぜ?
ゴミ捨て場処理場から高額の現金が見つかるニュースが相次いでいる。背景を探ってみると、「核家族」「孤独死」「タンス預金」など、高齢者の生活環境をとりまくいくつかのキーワードが浮上する。(2017/12/6)

格差是正を優先:
所得税改革で年収800万円超を「高所得者」へ 増税対象に
政府・自民党は、所得税改革をめぐり、増税となる年収の線引きを800万円超とする方向で最終調整。(2017/12/6)

都道府県はどこへ向かう:
地域医療構想を3つのキーワードで読み解く
「地域医療構想」に基づいた議論が進んでいる。各都道府県は地域の医師会や医療関係者などと連携しつつ、急性期の病床削減や在宅医療の整備に取り組もうとしているが……。(2017/12/6)

持ち主の急な出費で「お財布」さんが緊急入院 切ないイラストに「私の子も重症で」「大切にします」と反響
お財布さん、いつもごめんよ……。(2017/12/5)

MVNOに聞く:
「月額700円でも元が取れる」 IIJmioでコンテンツ取り放題サービスを導入した理由
IIJが、「IIJmio」向けに「取り放題.jp&グルメギフト得々オプション」を開始。約110のコンテンツが取り放題になるほか、グルメギフトも毎月もらえる。月額700円はオプションサービスでは高めだが、なぜIIJはこのサービスの提供を決めたのか。(2017/12/5)

京王線の新型車両「5000系」の期待が盛り上がり ふかふかシートでWi-Fi無料「座って帰れる座席指定列車」2018年春導入
京王線ユーザーいいなぁ。会社が「通勤代申請OK」にしてくれるともっとうれしい。(2017/12/4)

定年バカ:
本当は「長生き」なんてどうでもいい
2017年7月、日本の平均寿命が発表された。男女とも過去最高で、男は80.98歳、女は87.14歳、ともに世界2位である。以前から「長寿大国ニッポン」と呼ばれているが、手放しで喜んでいいのだろうか。(2017/12/4)

2017国際ロボット展:
未熟で青いトマトは取らない、農作物の収穫をお手伝いするロボットなどパナソニックが展示
パナソニックは「2017 国際ロボット展(iREX2017)」に出展し、安心で快適な生活を支えるロボティクスをテーマに、さまざまな分野の産業を支援するロボットや、安全性を確保するためのロボティクス技術を展示した。(2017/11/30)

キャリアニュース:
介護と仕事の両立――介護経験がある管理職の77.3%が「不安がある」
アデコが「介護と仕事の両立」についてのアンケート調査結果を発表した。親族の介護経験がある管理職の77.3%が、介護と仕事の両立に不安を感じており、半数近くの47.5%が、介護を理由にした退職を「考えたことがある」と回答した。(2017/11/30)

現場からの要望と実際の対応にずれ:
人手不足を感じてる介護職員は97% 有効策は「給料を上げること」が8割
職場で人手不足を感じている介護職員は97%――ウェルクス調べ。(2017/11/29)

2017国際ロボット展:
造林作業向けアシストスーツと“後ろから乗る”電動車いす、国際ロボット展で披露
NEDOは「2017 国際ロボット展(iREX2017)」に出展し、林業用アシストスーツの試作品「TABITO-03」や、新型電動車いす型ロボット「RODEM(ロデム)」などを展示する。(2017/11/29)

11月「AI」導入事例ニュースフラッシュ:
AIで攻める住信SBIネット銀行、DWHも刷新して準備万端?
11月のAI関連ニュースを導入事例を中心におさらい。今月は住信SBIネット銀行の動きや、画像解析系の事例が注目を集めました。(2017/11/28)

人型ロボット「Pepper」とも連携:
AIが住民の質問に回答――IBM Watsonを利用した「自動会話プログラム」による住民サービスが岡山県和気町で開始
岡山県和気町とキャメルは、移住希望者に向けた住民サービス「わけまろくん」を共同で開発した。和気町に関する利用者の質問に対して的確な情報を自動で案内する。開発には、キャメルのIBM Watsonを利用して質問に回答するチャットbot「Edia」を利用した。(2017/11/28)

「Google Home」にIFTTT連携も――イッツコムの「インテリジェントホーム」を体験した
イッツコムの「インテリジェントホーム」は、いち早く「Google Home」やIFTTTに対応し、多彩なデバイスを連携させたスマートホームサービス。同社のショールームを訪ね、何ができるのかを探った。(2017/11/28)

目からうろこの行政サポート活用術:
AIやビッグデータを使ったサービス開発で最大17%の節税も 「中小企業等経営強化法」活用のススメ
中小企業の研究開発を支援する税制や省庁主導の補助金制度を使わない手はない。企業の研究開発のコストが節税対象になる「研究開発税制」と、中小企業の技術開発を支援する「中小企業技術革新制度(SBIR制度)」について紹介する。(2017/11/28)

定年バカ:
「定年後いくら必要なのか」 考えてもムダだった
定年後、ゆとりを感じられる生活を送るためには、どのくらいの預貯金が必要なのか。多くの専門家がいろいろな意見を述べているが、結局のところ本人の生活によってその金額は大きく変わってくる。(2017/11/27)

AIが脅かすのは「単純労働でなく知的労働」――ソフトバンクが語る、シンギュラリティの誤解
ソフトバンクロボティクスの吉田健一本部長は、「AIは単純労働に影響をもたらすと思われているがそれは誤解だ」と語る。(2017/11/22)

パートタイマーの給与、正社員と同水準に パナソニック子会社
パートタイマーが無期雇用で、正社員(月給制)と同水準の時給を受け取れるようにする制度を、パナソニック エイジフリーが2018年4月に導入。(2017/11/22)

小売・流通アナリストの視点:
巨大ホームセンターから見る地方住宅事情の今後
幅広い商品を取り扱う巨大なホームセンターはその特性から地方都市に数多く存在する。そこから見えてきた地方の住宅事情とは――。(2017/11/22)

働き方改革 中間管理職へ丸投げ「ボスはつらい……」
「働き方改革」が急速に進む中、「会社の支援が不十分」と感じている部課長クラスが9割に上ることが調査で判明。中間管理職が改革の推進を丸投げされ、「ボスはつらい……」と苦悩している姿が浮き彫りになった。(2017/11/21)

家具・家電に合わせて高さ調節:
後ろから乗れる“車いす型ロボ”「RODEM」登場 先進技術で生活支える
ロボットメーカーのテムザックが、乗用ロボット「RODEM(ロデム)」を発売。車いすをモチーフに、体が不自由な人のために開発した。コンセプトモデル発表から8年越しでの製品化となる。(2017/11/20)

足が不自由でも自力で乗り降り 車いす型ロボット「RODEM」発売
テムザックが、足が不自由な人でもスムーズに乗り降りできる車いす型ロボット「RODEM」の受注をスタート。(2017/11/20)

農業や製造業のIoT化を支える:
土壌センサー、地中に埋め込み直接モニタリング
ラピスセミコンダクタは、「Embedded Technology 2017(ET 2017)/IoT Technology 2017」で、農業や製造業などに向けたIoT(モノのインターネット)ソリューションを提案した。(2017/11/20)

世界を「数字」で回してみよう(45) 働き方改革(4):
意味不明の「時短」は、“ツンデレ政府”のSOSなのか
「働き方改革」において、「生産性」に並ぶもう1つの“代表選手”が「時短」、つまり「労働時間の短縮」ではないでしょうか。長時間労働の問題は今に始まったことではありませんが、どうしても日本では「時短」がかなわないのです。それは、なぜなのでしょうか。(2017/11/20)

定年バカ:
「定年後に1億円」は本当に必要なのか
フィナンシャルプランナーなどが講師を務めるセミナーで「定年後に1億円は必要です」といったセリフを聞いたことがある。「1億円」という数字を聞いてびっくりした人も多いかもしれないが、本当に1億円も必要なのだろうか。(2017/11/20)

開発残酷物語(7):
経営者が交代し、キーパーソンも異動!――山本一郎氏が聞く、ユーザーの体制変更の影響を最小限にとどめる銀の弾はあるのか?
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は、ユーザーの体制変化が招いた失敗談を紹介します。(2017/11/21)

最速UNIXサーバでも遅い! それを解決したのがOracle Database専用マシン:
PR:北九州市は95万市民へのサービスを支える統合データベース基盤をOracle Exadataで刷新。性能の飛躍的向上により住民サービスの円滑な提供を実現
北九州市は、行政システムを集約した大規模なプライベートクラウドの中核となる統合データベース基盤に「Oracle Exadata」を採用。住民サービスの円滑な提供を妨げていた夜間バッチ処理やオンライン処理の遅延という課題を一掃した。(2017/11/20)

電池駆動の自律型監視システム:
カメラに画像認識機能を搭載、エッジ側で処理
東芝情報システムは、「Embedded Technology 2017(ET 2017)/IoT Technology 2017」で、ネットワークや電源など大規模な設備工事を必要としない、自律型監視システム「CVNucleus VisCAM」をデモ展示した。(2017/11/17)

Gartner Insights Pickup(39):
“感情AI”が人とマシンのやりとりをパーソナライズする
AIのおかげで、スマート冷蔵庫があなたの気分を察して、感情に合った食べ物を勧めてくれるようになる。(2017/11/17)

利用者のプライバシーも尊重
音響センシングで見守り負担を軽減 NPO法人が選んだ見守りソリューションとは
介護の現場では突然体調を崩す高齢者のための見守りは重要だ。しかし人的負担は大きい。精神論では対処できないこの課題を技術の力で解決した事例を紹介する。(2017/11/16)

「デジタル錠剤」が米国で初承認 課題はプライバシー保護
患者の服薬状況を医師に通知できる機能が抗精神病薬に組み込まれる。(2017/11/16)

EnOceanアライアンス:
EnOcean無線通信、ビルや住居で採用広がる
EnOcean(エンオーシャン)アライアンスは2017年11月2日、EnOceanに関する最新の動向と技術を紹介するイベントを新横浜で開催した。海外市場における最新の導入事例や製品の技術動向とともに、新たなロゴマークも紹介した。(2017/11/16)

医療機器ニュース:
次世代型介護福祉サービスなどの提供に向けて業務連携
CYBERDYNEと損害保険ジャパン日本興亜が包括的業務連携を発表した。CYBERDYNEのサイバニクス技術とリスクファイナンスを融合させ、次世代型サービスの開発・提供を進める。(2017/11/16)

「パーソナルモビリティ」とは? 多分、ぼくらが20〜30年後くらいにお世話になっている乗りもの 
自動運転の技術は社会をどう良くしていくのでしょう。「パーソナルモビリティ」と呼ばれていた乗りものが、意外と分かりやすく私たちの近未来と社会の在り方を提案していました。(2017/11/15)

9割が「有給休暇」で対応:
「介護離職を考えたことがある」管理職は47.5%
介護離職を考えたことがある管理職は47.5%――アデコ調べ。(2017/11/13)

AIが高齢者介護のケアプランを提案――ニチイ学館とNEC、介護サービス開発で共同研究
ニチイ学館とNECは、高齢者向けの介護、自立支援サービスの開発に向けた共同研究を行う。AIでケアプランを作成し、現場スタッフの負担軽減と効果の高いケアプランの作成を目指す。(2017/11/13)

ウェアラブルニュース:
介護福祉向けの使い切りスマートウェアを開発、価格は2000円から
ミツフジは、ウェアラブルIoTブランド「hamon」の新製品として、使い切りウェアを開発した。介護福祉向けで、介護福祉施設入居者のヘルスデータの管理や就寝中の見守りを行う。(2017/11/13)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
企業連携でアイデアを形に――GLIT(茨城県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第2回。茨城県で若手経営者が連携し、革新的技術でモノづくりする「GLIT」を紹介する。(2017/11/10)

12月4日開催:
宇宙に挑む植松電機社長も登壇! 中小企業に求められる新しい働き方改革とは?
ITmedia ビジネスオンライン編集部とITmedia エンタープライズ編集部が主催するセミナー「ビジネスを加速する『ITと働き方改革』カンファレンス 中堅中小企業から変える、日本の働き方 〜いま、そして2020年に向けて〜」が12月4日に開催!(2017/11/9)

インフォコム:
「スマート消防服」に内蔵するウェアラブルデバイス
インフォコムは帝人と共同で、帝人の「スマート消防服」に内蔵するセンシングデバイスを開発した。同デバイスは、温度や位置情報などのデータを管理システムに送信し、解析結果から熱中症リスクを警告するなど、消防隊員の安全管理に活用される。(2017/11/9)

性的意図なくても強制わいせつに!? 最高裁、半世紀ぶりに判例変更へ
自分の性欲を興奮させ、満足させる目的で行わなければ、強制わいせつ罪は成立しない――こんな最高裁判例が、約半世紀ぶりに変更される見通しとなった。(2017/11/7)

海外医療技術トレンド(29):
「WannaCry」に襲われた英国の地域医療連携システム、そこから何を学べるのか
2017年10月に発生したランサムウェア「WannaCry」によるサイバー攻撃。被害事例として真っ先に挙げられたのが英国の医療機関だ。病院単体にとどまらず、地域医療連携システムにも影響が出た。そのとき、どのように対処し、今後のどのような対策を取ろうとしているのだろうか。(2017/11/2)

CEATEC 2017:
CEATEC 2017ロボットレポート(前編)――電機メーカーは何を見せたのか
CPS/IoTの総合展示会となった「CEATEC JAPAN 2017」では、数多くのロボットが展示されていた。前編となる本稿では、電機メーカーを中心にロボット関連のブース展示の様子を紹介する。(2017/11/2)

歩行支援ロボットと画像解析で高齢者のリハビリを支援 実証実験スタート
サンヨーホームズの装着型歩行支援ロボットと日立の画像解析システムを活用した高齢者向け生活支援サービスの実証実験を行う。(2017/11/1)

PR:「低印刷コストのエコタンク搭載モデルでプリント機会が一気に増えました」――パスタソース通販店の「EW-M571T」導入事例
エコタンク搭載モデルの無料モニター企画第3弾として取り上げるのは、コンパクトなボディーのスタンダードモデル「EW-M571T」だ。ホームオフィスで使うエコタンク搭載モデルの反響は?(2017/11/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。