「中途採用」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!転職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で転職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

センスあれば最終面接へ:
建築会社が「インスタ選考」 投稿のおしゃれさ評価
建築事業やインテリア事業を展開する大熊工業が、「Instagram」の投稿内容をもとに合否を判断する「インスタ書類面接」を実施すると発表。「センスを判断するため」という。(2017/8/4)

常見陽平のサラリーマン研究所:
“意識高い系”の学生には「ダメ出し」が必要だ
近年、盛り上がりを見せているインターンシップの季節がやってきた。意識高い系ウォッチャーとしてはたまらない機会である。10年前から変わらず「インターンシップの猛者学生」が毎年必ずいるからだ。(2017/8/4)

週刊「調査のチカラ」:
かき氷に1000円以上払える人はどのくらいいるの?
トレンディーかつナウでヤングな若者たちは何にハマっているのか。そのブームはいつまで続くのか。ブームが去った後はどうなるのか。(2017/7/29)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
現場力を高め、顧客目線でシステム開発に取り組む体制とするために 〜優秀な若手システム部員をフロントに異動〜
変化の激しいクレジットカード業界で、競争力を強化するためにIT活用は不可欠だ。若い社員を育てる秘訣(ひけつ)とは――(2017/7/26)

欲しいのはソフトウェア技術者:
PR:自動車業界の採用動向に異変!? 自動運転時代に求められる「異業界の人材」
自動運転技術を進化させ、製品化していく中で、自動車業界の開発の在り方が変化してきた。人工知能やビッグデータ活用などIT業界の方が得意とする技術の開発に加えて、自動運転車で新事業の創出を見込む異業種との連携が進んでいく。こうした変化は採用活動にも表れている。(2017/7/3)

ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーのゲーム開発用PCを支える人々:
PR:スクウェア・エニックスの大規模ゲーム開発に耐え得る超ハイスペックPCの構築、管理、メンテナンスの現場とは
誰もが知る『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズなどを創り出したゲーム会社スクウェア・エニックスがデスクトップサポートエンジニアを募集している。その大規模ゲーム開発に耐え得る超ハイスペックPCを管理、メンテナンスする現場は、他の企業の情報システム部とはひと味違う。本稿では、スクウェア・エニックスのエンターテイメントを下支えするだけではなく、提案も行えるデスクトップサポートエンジニア像とはどんなものなのかを掘り下げるために現役デスクトップサポートエンジニアに話を伺った。(2017/6/14)

半導体商社トップインタビュー 菱電商事:
ソリューションで勝負、菱電商事が目指す100年
再編が進み大きく業界地図が塗り変わりつつある半導体業界。半導体を取り扱う半導体商社の経営環境も激変期にある。そこで、EE Times Japanでは各半導体商社の社長にインタビューし、今後の成長や戦略を聞く企画を進めている。今回は、2017年に創業70周年を迎えた菱電商事に聞いた。(2017/6/1)

エン・ジャパン カウンターオファー調査:
「退職希望者への引き留め交渉」――実施したことがある企業は65%
人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」は、「カウンターオファー(退職希望者への引き留め交渉)」に関するアンケート調査結果を発表した。(2017/5/31)

人事の業務を効率化:
ソフトバンク、新卒採用のES評価に「Watson」導入
ソフトバンクが、採用活動に日本IBMのコグニティブ・システム「Watson」を導入すると発表した。エントリーシートの分析に使用するという。(2017/5/29)

履歴書代わりにスクショ提出 メルカリが「スクショ採用」始めたワケ
「あなたのスマホのスクショを見せてください」――スマホのホーム画面のスクリーンショットで1次選考する「スクショ採用」をメルカリが始めた。(2017/5/16)

キャリアニュース:
退職意向の社員に引き留め交渉をしたことがある企業は65%
人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が、「カウンターオファー(退職希望者への引き留め交渉)」に関するアンケート調査結果を発表。カウンターオファーをしたことがあると65%の企業が回答した。(2017/5/15)

大事なのはコミュニケーション:
マネジメント経験者、7割以上が「部下の育成、自信アリ」
部下の育成に自信はある?――エン・ジャパン調べ。(2017/4/21)

アイリスオーヤマ:
シャープ、パナ出身者が活躍 経験生かしスピード開発
アイリスオーヤマが発売するルームエアコンの開発現場では、電機大手を飛び出した熟年の技術者が活躍した。(2017/4/14)

特選ブックレットガイド:
35歳、技術者転職の理想と現実――採用企業はここを見ている!
キャリアコンサルタントが伝授するエンジニア転職のポイント。“転職活動のリアルなお話”を交えながら、今後のキャリアを考える上でのヒントを提示する。(2017/4/7)

日経「AI記者」の衝撃 開発の背景に「危機感」
あの日経が、AIに記事を書かせ始めた――1月に公開された「決算サマリー」がネットを驚かせた。なぜ、AIに記事を書かせようと考えたのか。インタビューした。(2017/3/3)

一芸ならぬ「いちゲー採用」 ゲームのプラチナトロフィーで1次面接免除など、面白法人カヤックが2018年度採用に導入
おもしろそう。(2017/3/1)

キャリアニュース:
中途採用での選考辞退――51%の企業が「辞退が増えた」
中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が「中途採用における選考辞退」についてのアンケート調査結果を発表。以前と比較して「辞退が増えた」と感じている企業は51%だった。選考辞退のタイミングや理由、対策についても尋ねた。(2017/2/28)

4社に3社が中途採用に苦戦:
「人材不足」感じる企業が6割超 獲得競争も過熱
2016年に「人材不足」を感じた企業は64.1%――マイナビ調べ。(2017/2/24)

キャリアニュース:
企業の45%がパワハラを把握――原因はコミュニケーションの少なさ
人事担当者向け中途採用支援サイト「エン人事のミカタ」が「パワハラ」についてのアンケート調査結果を発表。45%の企業がパワハラを「把握している」と回答した。同調査では、パワハラが起きる部署の特徴や、有効な対策についても尋ねた。(2017/2/23)

見えてきた具体的な課題:
PR:公開から1年、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」は企業に何をもたらしたのか?
経済産業省とIPAが「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を公開してから1年が経過した。この間、企業のセキュリティ対策への意識、向き合い方にはどのような変化が生じ、どのような課題が見えてきたのだろうか。自らさまざまなセキュリティ対策や推進時の課題に取り組み、顧客の生の声も知るNECのスペシャリストに尋ねた。(2017/2/15)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(3):
企業がキャリア採用に求めるものとは? ちょっとリアルなお話【技術スキル編】
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第3回では、自身が保有する技術スキルの視点から、「企業がキャリア採用に求めるものは何か?」について掘り下げます。(2017/2/15)

キャリアニュース:
企業人材ニーズ調査――「人材の雇用意欲がある」と98.1%が回答
マイナビが「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」の結果を発表した。対象企業の98.1%が「人材の雇用意欲がある」と回答。また、選考の際は新卒、中途採用ともに「主体性」が重視され、中途採用では「実行力」も求められていることが分かった。(2017/2/13)

イノベーションのレシピ:
収益不問で投資とリソース活用は自由? 放任主義が生むイノベーション
コニカミノルタには、イノベーションのために放任主義が貫かれた部署がある。立ち上げは社外の人材によって行われ、投資や社外との共同開発を自由に行う裁量が与えられている。設立3年にして、新規サービスの開発という目標に向けた活動が製品として形になり始めている。(2017/2/10)

ディルバート(487):
新人の「教育係」を避ける方法
新人教育で“人を煙に巻く”お手本を見せるなんて、職場の困った先輩トップ3に入ること間違いなし?(2017/2/9)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
もはや他人ごとではない、AIの脅威
編集記者にも差し迫る。(2017/2/7)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(最終回):
PR:ベイサイドクルーズで、美女と暴走しちゃいました
ぼく、梧籐剛。7次請け開発会社で働くITエンジニアです。「退職したい」「退職したい」と言い続けて、早2年半。どうやら本当に退職する日が来たようです。でも、その前に、この暴走屋形船を何とかしなくちゃ!(2017/2/1)

“元旦以外は休まない”からの大転換:
「働き方改革は手段」日本電産、過去最高の営業利益
「モーレツ」社風から一転、働き方改革に取り組む日本電産。1月24日に発表した2017年3月期第3四半期の決算は、減収なるも大幅増益で、営業利益は過去最高だった。業績を引き上げる改革とは?(2017/1/26)

製造マネジメントニュース:
日本電産がIoTやAIで1000人規模の中途採用、「既に500人獲得済み」
日本電産は2016年度第3四半期決算を発表。会見で同社会長兼社長の永守重信氏は「1000人規模の中途採用を、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、回路、通信、生産技術を中心に進めている」と語った。(2017/1/25)

学歴=大学名ではない:
「文系エンジニアは世界で通用しない」は本当か?〜シリコンバレーの常識
「米国では、いや日本以外の国では、理系出身者しかITエンジニアになれない」「文系エンジニアというものは海外には存在しない」――このようなウワサを聞いたことはないだろうか。日米のエンジニアが文系エンジニアについて真剣に解説する前後編。後編は、シリコンバレー在住のエンジニアが、米国の採用事情や学歴の考え方、そして文系エンジニアはシリコンバレーに存在するのか、を解説する。(2017/1/23)

今後、募集職種の拡充も検討:
サイボウズが「複業エンジニア」の募集を開始 働き方改革の一例を提案
サイボウズが、エンジニア職の複(副)業採用を始めた。対象は、既に仕事を持っている他社の社員や個人事業主。募集職種以外での要望があれば、随時検討するという。(2017/1/18)

複(副)業前提で働く本業持ち求ム IT企業・サイボウズの人材募集がユニーク
政府が進めている「働き方改革」の流れを受けての試み。(2017/1/17)

売り手市場の傾向:
17年転職市場、求人数増加へ 働き方改革など影響
インテリジェンスによると、中途採用求人数は25カ月にわたって伸び続け、2016年12月の求人数は過去最多となった。17年も転職市場は活発化を続けると予測する。(2017/1/17)

副業する人、あえて募集 サイボウズが「複業」採用
サイボウズは、同社での仕事を副業にする人を募集する新たな採用「複業採用」を始めた。(2017/1/17)

キャリアニュース:
「企業の人材不足」実態調査――人材不足を感じている企業は86%
エン・ジャパンが「企業の人材不足」についてのアンケート調査結果を発表した。「現在、人材が不足している部門はありますか」との問いに、86%の企業が「ある」と回答した。(2017/1/17)

前年比で増加:
人材不足を感じている企業は86% 業種別では……?
人材不足を感じている企業は86%――エン・ジャパン調べ。(2017/1/5)

「逃げ恥」のリストラ問題 SEの津崎平匡(星野源)さんは無事転職できるのか余計ながら転職サービスの人に聞いてみた
システムエンジニアってどうなんですか?(2016/12/15)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(14):
PR:「せんぱい! ヤメてください」――椎子の決意にボクのドキドキが止まらない!
こんにちは、エンジニアの梧籐 剛です。アンドロイド(物理)3体と共に取り組んでいたIoT開発がいよいよテスト工程まで進みました。このプロジェクトが終わったら、何をしようかな……そうだ、た・い・し・ょ・く???!(2016/12/1)

モノづくり企業が本当に必要としている技術者の応募書類(8):
応募する職種や業界を知る! 生産技術職編
技術者であるあなたが転職活動を行う際、どのような「履歴書」「職務経歴書」を作成していますか? 最終回となる今回は“生産技術職”に焦点を当て、職務経歴書を作成する前に知っておきたいポイントを詳しく紹介します。(2016/11/1)

情シス“ニュータイプ“の時代:
“インフラ仕事”の楽しさ、もっと広く伝えたい アドウェイズ伊藤さんの挑戦
「インフラのお守り」と聞くと、つらそうなイメージがつきまとうが、アドウェイズのインフラエンジニア、伊藤さんの手に掛かるとそれがワクワクする挑戦に変わる。面倒な仕事が楽しくなるのは一体、なぜなのか。伊藤さんの取り組みに密着した。(2016/10/12)

モノづくり企業が本当に必要としている技術者の応募書類(7):
応募する職種や業界を知る! 組み込みソフトウェア開発職編
技術者であるあなたが転職活動を行う際、どのような「履歴書」「職務経歴書」を作成していますか? 今回は“組み込みソフトウェア開発職”にフォーカスし、職務経歴書を作成する前に知っておきたいポイントを詳しく紹介します。(2016/10/7)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(10):
わずか0.02mmのさじ加減で顧客を満足させるねじ金型が世界を目指す
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。今回は、直径2mm以下の小径穴と呼ばれるねじの金型を得意にしている金剛ダイス工業の取り組みを紹介する。(2016/10/6)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(13):
PR:False! True!! ヨヨイのヨイ! 開発合宿でプレイ☆ボール
ぼく、エンジニアの梧籐 剛。上司のリナさん、可愛過ぎる後輩椎子ちゃんと、部下のアンドロイドたちを引き連れて、野球の交流試合にやってきました。でも、あんまりにもアンドロイドたちが独創的過ぎて、ぼく、また職場を辞めたくなってきちゃったよ……。(2016/9/30)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第50回 「自分のスキルは通じる?」 インフラエンジニアのキャリア事情
技術者としては、自分のスキルをぜひ知りたいですし、外の世界で力試しをしてみたいものです。その前に知っておきたい“ココヘン”的な事実とは?(2016/9/23)

キャリアニュース:
転職者の活躍・定着を阻む要因は――「給与」と「職務内容のミスマッチ」
エン・ジャパンの「入社後活躍研究所」が「転職者の入社後活躍・定着度調査」の結果を発表した。活躍度や定着度については7割が満足と回答。転職者の活躍・定着を阻む要因には、給与への不満や職務内容とのミスマッチが多く挙がった。(2016/9/7)

モノづくり企業が本当に必要としている技術者の応募書類(6):
応募する職種や業界を知る! 電気電子回路設計職編
技術者であるあなたが転職活動を行う際、どのような「履歴書」「職務経歴書」を作成していますか? 今回は“電気電子回路設計職”にフォーカスし、職務経歴書を作成する前に知っておきたいポイントを詳しく紹介します。(2016/9/6)

ハギーのデジタル道しるべ:
踊るFinTech 夢中な金融機関とごう慢なITベンチャーの投資話から
さまざまな業界がFinTechに夢中だが、その熱があまりに過ぎると痛い目に遭うだろう。筆者が実際に見たITベンチャーへの投資に対する金融機関の無謀ぶりをご紹介する。(2016/9/2)

ジョーシス:
芝居やMCもこなす情シス女子 社内の“ITお悩み相談”に奮闘中! 神えりさん
情シスとして働く女子の仕事やライフスタイルに迫る、情シス女子シリーズ。今回登場するのは、情シスとして働きながら、芝居やラジオのMCなどをこなしている神えりさん。“2足のわらじ”を楽しんでいる彼女の情シスライフとは?(2016/8/27)

モノづくり企業が本当に必要としている技術者の応募書類(5):
応募する職種や業界を知る! 電気制御設計職編
技術者であるあなたが転職活動を行う際、どのような「履歴書」「職務経歴書」を作成していますか? 今回は“電気制御設計職”に焦点を当て、企業が求める人材像や電気制御設計者の働き方、具体的な転職事例などについて紹介し、職務経歴書を作成する前に知っておきたいポイントを伝授します。(2016/8/8)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(12):
PR:そのしぐさが心変わりのサインだなんて、ボク知らなかったよ……
ボク、梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド駆動開発プロジェクトのマネジャーに従事しています。流行に乗り遅れまいと夏風邪をひいて会社を休んでいたら、何やら異変が……。(2016/8/1)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(8):
“町の工務店”成長の秘訣は新卒採用の継続にあり
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。今回は、高度成長期に創業した典型的な“町の工務店”を継いだ2代目社長の奮闘を紹介する。売り上げアップの秘訣は、新卒社員採用の継続にあった。(2016/7/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。