「中途採用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!転職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で転職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

MONOist×JOBS 転職市場動向:
自動車業界は電気・ソフト系エンジニアが引っ張りだこ
電気・ソフト系エンジニアが活躍する職場の中でも、特に安定しているといわれる自動車業界。自動運転技術やIoT(モノのインターネット)、EV(電気自動車)など新しい技術開発がめじろおしの自動車業界が今カメラやスマホ、通信機器、OA機器など、異業界で活躍するエンジニアを積極的に中途採用していることをご存じですか?(2018/7/13)

キャリアニュース:
夏季賞与を前年比で「増額予定」、中小企業の35%
人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が「夏季賞与」に関するアンケート調査結果を発表。回答企業の35%が、2017年の夏季賞与と比較して「増額予定」と回答した。(2018/7/10)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
自動車業界の求人数が6%アップ、電気・ソフト技術者ニーズは増
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、2018年6月の製造業全体および自動車業界の求人数についてお話しします。(2018/7/3)

“いま”が分かるビジネス塾:
転職が増えないと、社会のAI化は進まない?
AI化が進むと人間の仕事の多くが失われるという話は社会の共通認識となりつつある。しかし、現在の労働市場のままでは、AI化そのものがスムーズに進まない可能性もあるのだ。(2018/6/22)

脱ITIL、CASBも検討――マルチクラウド時代のITサービスマネジメント、東京海上日動の選択
クラウドサービス利用の増加により、管理タスクの増加に苦しんでいるという東京海上日動。この課題を解決するために、同社はどのような対策を考えているのだろうか。(2018/6/20)

いつまでも働き続けたい:
ファンケルの「アクティブシニア社員」は会社に何をもたらすのか?
労働人口が減少する日本において、いち早くシニア世代が活躍する場所を作ろうとする企業が出てきている。化粧品と健康食品メーカーのファンケルでは65歳以上の社員が柔軟な勤務体系で働き続けられる「アクティブシニア社員」という制度を打ち出した。そこで活躍する社員に実際の話を聞いた。(2018/6/19)

「受付スタッフに塩対応」はNG:
面接官は見ている! 選考でマイナス印象を与える「ささいな態度」とは
中途採用に臨む人事担当者は、応募者のどんな点を不快に感じるのだろうか――人材会社のONE調べ。(2018/6/12)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
製造業における求人件数1.7%増、サービスエンジニアが不足
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、2018年度の製造業全体における技術者転職市場についてお話しします。(2018/6/7)

学歴や職歴より重視するものとは:
「1次選考は動画」 ジャパネットが中途採用を刷新した理由
通信販売大手のジャパネットグループが中途採用の選考プロセスに応募者の自己紹介動画を採用すると発表した。約1分で応募理由や「最近ワクワクしたこと」などをアピールする必要があるが、なぜ採用方法を刷新したのだろうか。(2018/6/5)

メルカリ流「企業カルチャーの作り方」:
PR:メルカリが「急成長」「ほとんど中途採用」でも、強いチームでいられる理由
急成長のフェーズにあり、さまざまな背景を持つメンバーばかりなのにも関わらず、強いチームとして知られるメルカリ。チームワークを深めるために必要なものはなんだろうか。(2018/6/5)

“自撮り動画”で応募 ジャパネットの中途採用選考
ジャパネットホールディングスが、中途採用(正社員)の選考方法を変更。希望者がスマートフォンアプリを使って自撮り動画を撮影し、応募する方式を採用した。(2018/6/4)

経営戦略としての「働き方」を考える時代:
リモートワークすると会社の中身がすべてオープンになる
350人以上のメンバー全員がリモートワークで働く会社にいると、さまざまなことが見えてきます。実際に業務現場で起きていることを交えて、リモートワークのメリットを紹介します。(2018/5/29)

「カメラ事業撤退」経験から得た危機感:
コニカミノルタ常務を直撃 「副業解禁に踏み切った理由」
コニカミノルタが「副業解禁」に踏み切った背景と今後の目指す姿について、常務執行役の若島司氏に話を聞いた。(2018/5/10)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
産業用ロボットは業績好調で求人件数が2.5倍に
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、2018年度の産業用ロボット業界における技術者転職市場についてお話しします。(2018/5/8)

狙いは「働き方改革」ではない:
賛否両論の丸紅「社内副業」義務化 人事部長に真意を聞いてみた
大手総合商社の丸紅による「社内副業義務化」報道が議論を呼んでいる。丸紅の鹿島浩二人事部長に真意を聞いた。(2018/5/7)

新しい営業スタイルで成長:
PR:「スピード感と柔軟性」を実現するHDEの働き方 営業マンの1日に密着
クラウドセキュリティサービス「HDE One」などを提供するHDEは、リモートワークの活用によって柔軟な働き方を実現している。HDEの営業マンはどのような1日を過ごしているのか? 密着してみた。(2018/4/23)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第52回 「ぼくのかんがえたさいきょうのセキュリティ」を作りたい、元ギタリストの選択
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2018/4/26)

独自ハッシュタグでコミュニケティーを形成:
サイバー・バズ、インフルエンサー社員が運用するカテゴリー特化のInstagramアカウントを開設
サイバー・バズは、ソーシャルメディアアカウント運用事業において、カテゴリーに特化したInstagramの自社アカウントを開設する。第1弾はウエディングをテーマにしたアカウント「I do Wedding」。(2018/4/25)

賛否両論:
「出戻り社員」は古巣で活躍している? 同僚の評価は……
企業は一度退職した社員の「再雇用」をどう捉えているのか――エン・ジャパン調べ。(2018/4/19)

素材加工や動画生成もおまかせ:
パーソナライズド動画「personalize me」に人材採用向けパッケージが登場
パーソルプロセス&テクノロジーは、パーソナライズド動画サービス「personalize me」において、写真素材とオリジナルメッセージを用意するだけで動画配信ができる採用向けパッケージを提供する。(2018/4/18)

“AI技術者争奪戦”自動車大手で白熱 自動運転車、コネクテッドカー……
国内の自動車大手や部品メーカーが、技術者の獲得にしのぎを削っている。売り手市場の中、理系の新卒者や既卒の技術者は就職・転職先を厳しく選別。企業側は、技術者が働きやすい研究開発体制を構築して魅力を高めようと知恵を絞っている。(2018/4/18)

自動車大手、AI人材争奪戦 次世代車開発で必須、獲得のカギは「研究環境」
自動運転車、通信機能を備えたコネクテッドカーなど次世代車の開発促進へ、自動車大手や部品メーカーが業種や国境の垣根を越えて人材獲得にしのぎを削っている。(2018/4/16)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
2017年度は活況だった転職市場、2018年度はどうなる?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、2018年度の技術者転職市場についてお話しします。(2018/4/4)

えっ、上の言うこと聞かないの?:
PR:上意下達のマネジメントは通用しない――超大手SIer出身PMの挫折と復活
きっちり仕様の決まった大規模プロジェクトでのウオーターフォール型開発に長年なじんできた櫻井氏。もっと広い世界を見たい、と転職したリクリートテクノロジーズは、全てが超ボトムアップの組織だった。慣れ親しんだやり方でプロジェクトをまとめようとするもあえなく失敗。そこで彼がとった手段とは――。(2018/3/30)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
日本にCIOという職業を確立させる、それが私のミッション――フジテックCIO友岡賢二氏
「セカエレ」(世界のエレベータ・エスカレータ)を標榜し、日本から世界にビジネスを展開するフジテック 常務執行役員 情報システム部長 友岡賢二氏が語る、これからの日本企業に求められるCIOの役割や情シスの価値とは?(2018/3/23)

社会人の学び直し、産学の連携検討 「人生100年時代構想会議」本格化
大学などには産業界と協力した実践的な教育プログラム作りを求め、産業界には、学び直しを終えた“即戦力”の中途採用拡大などを呼びかける。(2018/3/20)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
求人数は2年で2.5倍! 半導体製造装置は未経験者も積極採用
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、業界未経験者が増えている半導体製造装置メーカーへの転職についてお話しします。(2018/3/2)

「現金でお支払い」は、いずれ過去のものに?:
PR:「Airペイ」でお店やお客の抱える「不」を減らし、キャッシュレス化社会を推進する
リクルートライフスタイルとリクルートペイメントは、AirレジやAirペイなどのサービスを通じて、会計や決済処理にまつわるあらゆる煩わしさをなくし、ひいてはキャッシュレス社会の到来を支援したいと考えている。(2018/2/28)

使いやすさを追求し、飲食店の全てを“ラク”にしたい:
PR:「外食」の時間をデータを活用してより良くする「ホットペッパーグルメ」の思想
私たち生活者にとって身近な「外食」。リクルートライフスタイルは、店舗のさまざまな業務負荷を軽減して本来の飲食サービスに力を注げるよう支援するとともに、データ解析を通じて、目的や嗜好(しこう)に最もぴったり合う店舗をネット予約できる仕組み作りに取り組んでいる。(2018/2/21)

徹底した肌感覚の追求とログが示す数字に基づく改善と:
PR:サロンのネット予約を当たり前にした「リクルートライフスタイル」の挑戦
今や当たり前となりつつある美容室やビューティーサロンのネット予約。その立役者となった「ホットペッパービューティー」と「SALON BOARD」の背後には、「美容室やビューティーサロンに従事する人たちが、もっと本業に専念できる環境を作ろう」という思いがあった。(2018/2/14)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
未経験でもチャンスあり! 半導体メーカーへの転職が活況
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、中途採用が活況となっている半導体メーカーへの転職についてお話しします。(2018/2/2)

分からないことは内部で議論するより「顧客」に聞け!:
PR:プロトタイピングとリーン開発で新たな価値作りに取り組む「じゃらんnet」
リクルートライフスタイルが運営する国内最大級の旅行サイト「じゃらんnet」では、現場のエンジニアとデータサイエンティスト、UXディレクターの連携による迅速な開発を通じて、次々に新しい「価値」作りに取り組んでいる。(2018/1/25)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
1月は採用ハードルが下がる? 春入社を狙うなら今すぐ活動を
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、1月が他の時期と比べてなぜ転職しやすいタイミングかについて紹介します。(2018/1/11)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
「陸王」に続け! 電気・ソフトは新製品に携わるチャンス
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。12月は、新製品に携わる魅力について紹介します。(2017/12/20)

有利なのは:
履歴書は定型フォームを使うべき? 写真は貼るべき?
就職でも転職でも履歴書は必要だ。履歴書を書く場合、定型フォームを使ったほうがいいのか、それとも自由型フォームを使ったほうがいいのか。写真を貼りたくない人もいると思うが、貼ったほうがいいのか、それとも貼らないほうがいいのか。戦略コミュニケーションの視点で考える。(2017/12/18)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「友人の紹介」で転職するリスクとは?
友人から「うちの会社で働かない?」と誘われた経験がある人もいるだろう。誘われて悪い気はしないが、友人の紹介で転職する際には、気を付けなければならないことがある……。(2017/11/24)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
大企業で相次ぐ不祥事、品質管理・品質保証の採用動向は?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。11月は、働きやすい職場への転職について紹介します。(2017/11/9)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ2 叱れないリーダー
「叱ると辞める」「パワハラにならないか?」「褒めて育てねば」と、あなたは叱ることに臆病になっていないか? 「叱らない」リーダーの態度からも、メンバーはメッセージを受け取っている。(2017/11/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
新規参入が「モノはいいけどサポートは残念」になる理由
あるジャンルでは名の知れたメーカーがいきなり新ジャンルに進出したり、未知のメーカーがある日突然ラインアップを一斉投入し、驚かされることがある。こうしたケースではたとえ製品そのものがよくできていても、思わぬところで足をすくわれることも多い。(2017/10/31)

キャリアニュース:
入社後に定着/活躍しやすい「社員紹介採用」を、62%の企業が実施
「エン 人事のミカタ」が「リファラル(社員紹介)採用」に関するアンケート調査結果を発表。対象企業の62%が「リファラルによる中途採用を実施している」と回答した。実施理由は「入社後に定着・活躍しやすいため」が最も多かった。(2017/10/24)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
2017年も下半期に突入。活況な転職市場はいつまで続く?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。10月は、給料を上げたい、働き方を変えたいと思っている人に、管理職への転職について紹介します。(2017/10/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「研修でイノベーション? あり得ない」「社長、それができるんです!」
経営者にも刺さる、真に実効性のある研修とはいったいどのようなものなのか。(2017/10/12)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ1 聞き手の能力に頼り過ぎるリーダー
グローバル化、中途採用の増加、女性活用や再雇用の促進などで組織の多様化が進み、聞き手よりも、話し手の能力が問われる時代になってきている。(2017/10/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
クラウド/IoT時代の脅威から企業を守れ!――セキュリティ専門部隊「CSIRT」を作る
サイバーセキュリティの主戦場は、もはやファイアウォールの導入やマルウェア対策ではない。CSIRTを構築するなど、企業が組織で立ち向かうための新たな防御モデルが求められている。(2017/10/3)

認定資格制度や社員同士の教育も
Cisco、GE、Microsoftの「IoT向け技術トレーニング」はここまでやっている
モノのインターネット(IoT)普及に伴い、関連ソリューションを提供する大手IT企業が、次々とIoT関連教育プログラムを充実させている。Cisco、GE、Microsoftそれぞれの取り組みを通して、その意図を探った。(2017/9/26)

センスあれば最終面接へ:
建築会社が「インスタ選考」 投稿のおしゃれさ評価
建築事業やインテリア事業を展開する大熊工業が、「Instagram」の投稿内容をもとに合否を判断する「インスタ書類面接」を実施すると発表。「センスを判断するため」という。(2017/8/4)

常見陽平のサラリーマン研究所:
“意識高い系”の学生には「ダメ出し」が必要だ
近年、盛り上がりを見せているインターンシップの季節がやってきた。意識高い系ウォッチャーとしてはたまらない機会である。10年前から変わらず「インターンシップの猛者学生」が毎年必ずいるからだ。(2017/8/4)

週刊「調査のチカラ」:
かき氷に1000円以上払える人はどのくらいいるの?
トレンディーかつナウでヤングな若者たちは何にハマっているのか。そのブームはいつまで続くのか。ブームが去った後はどうなるのか。(2017/7/29)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
現場力を高め、顧客目線でシステム開発に取り組む体制とするために 〜優秀な若手システム部員をフロントに異動〜
変化の激しいクレジットカード業界で、競争力を強化するためにIT活用は不可欠だ。若い社員を育てる秘訣(ひけつ)とは――(2017/7/26)

欲しいのはソフトウェア技術者:
PR:自動車業界の採用動向に異変!? 自動運転時代に求められる「異業界の人材」
自動運転技術を進化させ、製品化していく中で、自動車業界の開発の在り方が変化してきた。人工知能やビッグデータ活用などIT業界の方が得意とする技術の開発に加えて、自動運転車で新事業の創出を見込む異業種との連携が進んでいく。こうした変化は採用活動にも表れている。(2017/7/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。