• 関連の記事

「いまさら聞けない シャシー設計入門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

シャシーの基本である、動力伝達装置やブレーキなどの装置の仕組みを学ぼう。あなたの携わる設計のヒントも、そこに隠れているかもしれない(編集部)

いまさら聞けない シャシー設計入門(12):
車側の意思でハンドルを回転させる!? EPS
最終回はEPSについての解説。「EPSだからこそ!」のメリットは、「車側の意思でハンドルを回転させることができる」という点だ。(2011/2/23)

いまさら聞けない シャシー設計入門(11):
ハンドルが楽々切れるって、実はすごいこと
普段何げなく操作しているハンドルだけど、実はものすごい力が掛かっている。そんなハンドル(ステア)の仕組みを解説。(2010/12/24)

いまさら聞けない シャシー設計入門(10):
ドライバーを事故から守る車体制御の仕組み
今回は、安全運転をサポートするトラクションコントロールシステムやアクティブセーフティー機能について解説する。(2010/9/13)

いまさら聞けない シャシー設計入門(9):
ブリブリ鳴るのは故障じゃなくて、ABSのカラクリ
例えばブレーキ中にマンホールを踏むと、ブレーキペダルが振動して音が発生することがあるけど、実はこれ、ABSの正常動作。(2010/7/29)

いまさら聞けない シャシー設計入門(8):
続・ブレーキってどうなっているの?
前回説明し切れなかったブレーキの構成部品についての解説。ブレーキキャリパやキャリパピストンなどにも、工夫がたくさん。(2010/5/13)

いまさら聞けない シャシー設計入門(7):
人の命を預かるブレーキってどうなっているの?
転する人の命を預かるブレーキには、さまざまな工夫や安全対策が施されている。今回は油圧式ディスクブレーキに焦点を絞った。(2010/3/19)

いまさら聞けない シャシー設計入門(6):
アイスバーン上も楽々走行する4WDの仕組み
積雪時の走行でも安定して走れる4輪駆動車(4WD)には、構造や作動の異なるさまざま方式がある。(2010/1/20)

いまさら聞けない シャシー設計入門(5):
ぬかるみで片輪が空回り! デフのおせっかい
左右のタイヤの回転数を上手に振り分けるディファレンシャル。でも路面抵抗が極端に低い状態になると?(2009/11/19)

いまさら聞けない シャシー設計入門(4):
燃費向上に貢献するCVTは、嫌われ者
CVT(無段変速機)の採用は、燃費向上に寄与するばかりではなく、コストダウンにも有効、だけど…。(2009/9/25)

いまさら聞けない シャシー設計入門(3):
運転を楽にするAT変速ってどうなってるの?
「面倒なことを楽にしたい!」という人間らしい欲求をかなえる機構がAT。だけどその機構はとても複雑だ。(2009/7/24)

いまさら聞けない シャシー設計入門(2):
動力を断続するクラッチは回転してアッチッチ
運転ビギナーを悩ませるクラッチには、超過酷な動作に耐えるための工夫がたくさんだ。機能と耐久性、どちらも譲れないぞ。(2009/4/23)

いまさら聞けない シャシー設計入門(1):
トランスミッションのシフトってどうなっているの?
「私はオートマ限定だから」って敬遠しないで!? 今回はマニュアルトランスミッションの変速の仕組みについて解説する。(2009/2/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。