「コレステロール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コレステロール」に関する情報が集まったページです。

タイムアウト東京のオススメ:
江戸の粋を味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/9/4)

医療技術ニュース:
涙に含まれるコレステロール硫酸が眼を炎症細胞の浸潤から守る
九州大学は、涙の中に含まれるコレステロール硫酸という脂質が、免疫細胞の動きに重要な「DOCK2」というタンパク質の機能を阻害し、眼を炎症細胞の浸潤から守る働きをしていることを発見した。(2018/8/30)

AIで市民の健康状態を予測 6万人分の健診データで精度向上も――倉敷中央病院とNEC、予防医療で共創
岡山県の倉敷中央病院とNECは、AIを活用した予防医療に向けて共創を開始。将来の健康状態を予測する「NEC 健診結果予測シミュレーション」を用いて、約6万人分の健診データを分析し、健診結果の予測精度向上を図るとともに、発症予測まで視野に入れた技術検証に取り組む。(2018/8/23)

念願の米国展開なるか:
「アイコス」は紙巻きたばこより安全――フィリップモリスが強調する狙いとは
フィリップモリスが、紙巻きたばこから「アイコス(IQOS)」に切り替えると疾病リスクが下がるとの試験結果を発表。切り替えた人は、喫煙を続けても体内から発がん性物質などが減っていたという。結果はFDAに提出済みで、米国での販売許可獲得につなげる狙い。(2018/7/18)

医療技術ニュース:
血液検査でひきこもり傾向が明らかに、「治療法」の開発に期待
九州大学は、ひきこもり傾向に関連する血中バイオマーカーを発見した。ひきこもりの病態解明の進展やひきこもりの予防、早期介入、栄養療法などの治療法開発に貢献することが期待される。(2018/3/13)

キッコーマン豆乳飲料から「チョコミント」味が登場 チョコミントなのに乳原料もコレステロールもゼロ
チョコミン豆乳。(2018/1/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「ストレスはよくない」と思うことが、ストレスになる
ストレスに対する意識を変えると、うまくつきあえるようになる。(2017/10/26)

「牛乳は超危険!」って本当? Google検索最上位に出てくる記事を検証してみた
「牛乳」と検索してびっくり。(2017/9/13)

すき家、女子大生との共同研究で「フォトジェニックな牛丼」開発 丼も箸もいらない「牛丼クレープ」など
オシャレすぎて、牛丼に見えない。(2017/7/11)

新しい価値を提案:
マヨネーズで食卓を彩る キユーピー研究者の工夫
ロングセラー商品「キユーピーマヨネーズ」。研究開発を担当する若見俊介さんは、マヨネーズの新商品や新しい使い方の開発に取り組んでいる。マヨネーズにかける思いや研究開発の工夫を聞いた。(2017/4/17)

【更新】「ウコンに薬としての効能はない」は正確ではない 専門家に聞いた「全容はいまだに解明されていない」
健康への効果があるとしても限られていると示唆 ※追記・訂正あり(2017/2/1)

市場全体を押し上げ:
健康食品市場、「機能性表示食品」好調で微増
2016年度の健康食品市場規模は、メーカー出荷金額ベースで7500億円(前年度比0.9%増)。2015年4月開始の「機能性表示食品制度」によって健康食品が拡大し、市場が底上げされた――矢野経済研究所調べ。(2017/1/23)

ライザップに挑戦してみた:
「ライザップ=痩せる」だけではない。新たな取り組みは?
「ライザップでトレーニングを積めば、2〜3か月で痩せることができる」といったイメージをもっている人が多いだろうが、実は新たなことに取り組んでいる。それは「健康」。どのような取り組みかというと……。(2016/11/10)

星9つ! サンヨー食品「サッポロ一番 グリーンプレミアム 0(ゼロ) とろみ生姜らーめん 5個パック」をレビュー!
今回選んだのはサンヨー食品の「サッポロ一番 グリーンプレミアム 0(ゼロ) とろみ生姜らーめん 5個パック」(398円/税別、店頭価格)です。(2016/9/29)

医療技術ニュース:
マイタケ由来タンパク質がインフルエンザウイルスの増殖を抑制
理化学研究所は、食用キノコのマイタケから、脂質ラフトと呼ばれる動物細胞膜上の脂質構造に結合するタンパク質を発見。その存在下ではインフルエンザウイルスの増殖が抑えられることを明らかにした。(2016/9/9)

ブラックとミルク入りで何が違う? コーヒーの健康効果
コーヒーのブラックとミルク入りのカフェオレやカフェラテなどとでは、どのような健康効果の違いがあるのでしょうか。(2016/8/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
てんやが天丼チェーンとして“唯一”全国展開できた理由
圧倒的なコストパフォーマンスの高さで人気を博しているてんや――。なぜ天丼チェーンとして“唯一”全国展開できたのか、そのビジネスモデルを解説する。(2016/8/12)

知っておきたい医療のこと:
認知症を予防するには
増え続ける認知症のコントロールは現代社会においては喫緊の課題であり、治療薬も開発されているが、一旦発症すると根治が難しい。確実とはいわないが期待できる予防法はある。(2016/8/3)

料理が捗る! 芽が出ず有毒物質も少ない便利なじゃがいも誕生 理研ら研究チーム
遺伝子組み換えによって作ることができることが明らかに。(2016/7/27)

知っておきたい医療のこと:
血管病の治療と予防のポイント
定期的な検査を行い、生活習慣病を予防するような心がけをしていたとしても、それだけで克服できるとは限らない。もし、「急変」に至った場合には、どうしたらよいのか。(2016/7/22)

知っておきたい医療のこと:
がんと並び死亡の主原因となる血管病について
発病したら重症化する血管病だが、発症メカニズムを知り、注意しなければいけない生活習慣を実行し予防することができる。(2016/6/22)

星7つ! クラシエ「豆乳アイスSoy(抹茶)」をレビュー!
今回選んだのはクラシエフーズの「豆乳アイスSoy(抹茶)」(162円/税込、店頭価格)です。(2016/6/14)

「朝食は体にいい」は食品会社が作り出した迷信?
「朝食向けの食品で健康になる」は食品会社の宣伝の結果であり、朝食抜きなら1日の摂取カロリーは減るのだが……。(2016/6/13)

星8つ! マルサンアイ「ソイプレミアム ひとつ上の豆乳 成分無調整」をレビュー!
今回選んだのはマルサンアイの「ソイプレミアム ひとつ上の豆乳 成分無調整 200ml」(103円/税別、店頭価格)だ。(2016/5/30)

星9つ! 森永乳業「クラフト とろけるスライスハーフ(7枚入り) 」をレビュー!
今回選んだのは森永乳業の「クラフト とろけるスライスハーフ(7枚入り) 」(199円/税別、店頭価格)だ。(2016/5/25)

コレステロールを下げる「トクホ飲料」 知っておきたい含有成分とは?
コンビニやスーパーでよく見かけるトクホ。体脂肪に効く成分には、さまざまなものがあります。(2016/5/18)

ダイエット中でも気にせず食べられる「ヘルシーラーメン」5選
減塩、糖質カット、糖質0gなど、進化し続けるヘルシーラーメン最前線。ダイエット中でも気にせず食べられるヘルシーラーメンを紹介します。(2016/5/14)

“ウェアラブル”の今:
「JINS MEME」の新たなアプリで体験するマインドフルネス
「今自分が体験していることに意識を向ける」といったニュアンスの、「マインドフルネス」がシリコンバレーで流行しつつあるが、JINS MEMEを使うと、集中力を可視化することができる。実際に試してみた。(2016/5/1)

星5つ! グリコ「アーモンド効果 香ばし大麦 200ml」をレビュー!
今回選んだのは江崎グリコの「アーモンド効果 香ばし大麦 200ml」(125円/税別、希望小売価格)だ。(2016/4/29)

星8つ! グリコ「アーモンド効果カロリーLight 200ml」をレビュー!
今回選んだのは江崎グリコの「アーモンド効果カロリーLight 200ml」(105円/税込、店頭価格)だ。(2016/4/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ、あの人は「本番」に強いのか
テストの勉強をせずに、いざ本番で頑張っても問題は解けない。プレゼンでは、席に着いたところで本番の勝負がついているのは分かるだろう。(2016/4/21)

仕事でミスをするのは〇〇が足りていないから? 医師に聞く対処法4選
男性ホルモンの「テストステロン」は加齢と共に減り、それによって気力や筋肉、総合的な「男性力」が下がるといわれています。そこで、男性更年期外来の担当医にテストステロンを増やすテクニックを聞いてみました。(2016/4/19)

近未来の健康ガジェット:
5分で血液検査、しかも無痛 家庭用簡易血液診断キット「Cor」
痛みのない採血キットを用いて、定期的に自宅で血液検査ができる製品がNeuonが開発する「Cor」です。病院に行かずに、血液の状態を細かく分析し、さらにそのデータを元に生活習慣を改善するアドバイスもくれる。そんなサービスが米国で始まります。(2016/4/2)

星5つ! 三育フーズ「グルテンバーガー」をレビュー!
今回選んだのは三育フーズの「グルテンバーガー」(375円/税込、店頭価格)だ。(2016/3/11)

健診結果を“読み取る”ためのポイント 意味と数値を解説
職場で健康診断を受けた後、しっかりその結果を見ていますか? 中でも、分かりにくい項目を読み解くポイントをお教えします。(2016/3/10)

日本食は19XX年が一番健康的だった? 実験結果で判明
1975年ごろの日本食は、寿命が伸び、エネルギー消費も活発化する、人間にとって理想的なメニューだったといわれています。(2016/2/10)

コンビニで買える2015年最強「健康デザート」ベスト5!
ちまたにあふれる健康に配慮した食品を食べまくり、レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。2015年ベスト記事の3回目となる今回は「デザート」編だ。(2016/1/5)

星7つ! 日上商事「Shine&Shine キウイ」をレビュー!
今回選んだのは日上商事(輸入)の「Shine&Shine キウイ」(398円/税込、店頭価格)だ。(2015/12/31)

長く使って分かったこと:
2015年、コレ買いました――疲れ気味おっさん記者の場合
各分野の専門家が、実際に長く使ってみて「良かった!」あるいは「ちょっとね〜」というものを取り上げる年末企画。第2回はLifestyle編集部のS記者です。しかし、今回はなにやら年齢を感じさせるモノが多いようで……。(2015/12/30)

吉牛はメタボの“敵”? 「吉野家」の牛丼の具を3カ月毎日食べ続けると身体はどうなるのか調べたガチすぎる研究結果が発表
牛丼との和睦の道はここにあった。(2015/12/10)

星7つ! 日清「ドレッシングダイエット まろやかごま風味」をレビュー!
今回選んだのは日清オイリオの「日清ドレッシングダイエット まろやかごま風味」(198円/税込、店頭価格)だ。(2015/12/9)

星9つ! 日清「ドレッシングダイエット うまくち和風」をレビュー!
今回選んだのは日清オイリオの「日清ドレッシングダイエット うまくち和風」(198円/税込、店頭価格)だ。(2015/12/9)

医療技術ニュース:
膵がん早期診断の血液バイオマーカーを発見、検査キットの開発にも成功
国立がん研究センターは、米国立がん研究所との共同研究で、血液中のアポリポプロテインA2(apoA2)アイソフォームを測定することで、既存のバイオマーカーに比べて高い精度で早期膵がんを検出できることを確認した。(2015/11/27)

看護師が教える! 内臓脂肪を減少させる食べもの13選
皮下脂肪と比べて落ちやすいとはいえ、なかなか落ちないのが内臓脂肪。今回は専門医の監修のもと内臓脂肪を落とす上で効果的な食品を一挙13をご紹介します。この機会に食生活を見直すのもいいかもしれませんね。(2015/11/25)

ウォーターダイレクト、新規契約者向けにクックパッドのレシピ検索など限定サービスを提供
ウォーターダイレクトが、「CLYTIAの天然水」宅配サービスを新規に契約した人を対象に、クックパッドのレシピ検索や、特別価格での食材販売などのサービスを提供します。(2015/11/12)

星8つ! マルコメ「ダイズラボ 大豆のお肉 フィレ」をレビュー!
今回選んだのはマルコメの「ダイズラボ 大豆のお肉 フィレ」(213円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/5)

いくら摂っても問題ない? コレステロールのホントとウソ
(2015/10/1)

星7つ! サンヨー食品「サッポロ一番 グリーンプレミアムゼロ 鴨だしうどん」をレビュー!
今回選んだのはサンヨー食品の「サッポロ一番 グリーンプレミアムゼロ 鴨だしうどん」(95円/税込み、店頭価格)だ。(2015/9/29)

星6つ! サンヨー食品「サッポロ一番 グリーンプレミアムゼロ 醤油ラーメン」をレビュー!
今回選んだのはサンヨー食品の「サッポロ一番 グリーンプレミアムゼロ 醤油ラーメン」(95円/税込み、店頭価格)だ。(2015/9/29)

300万食の大ヒットも!牛丼チェーン夏の陣・ヘルシー志向合戦の行方は?
吉野家・松屋・すき家。おなじみの牛丼チェーンが、ヘルシー志向ブームに乗って、健康的なメニューを打ち出しています。各店舗のメニューの傾向に迫ります。(2015/9/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。