「クラウドコンピューティング」最新記事一覧

CADニュース:
華為とダッソー、クラウドプラットフォーム導入に向け協業
中国の華為技術とフランスのダッソー・システムズは、華為技術のクラウドへの「3DEXPERIENCE」プラットフォーム導入に向けて協業する。さまざまな業界で利用できる設計/検証/製造の統合ソリューションの提供を目指す。(2017/9/25)

リスクと利益を理解すべし
クラウド市場で進む寡占化、得する人損する人
SaaSおよびIaaS市場で寡占化が進んでいる。この傾向はユーザーにとって不利なのか、それとも有利なのか。Forrester Researchは、ユーザーによって異なってくるという。(2017/9/25)

Junos OSに時代が追い付いてきた
Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ
クラウド時代には、複雑なネットワークOSをマスターして自己満足に陥っているエンジニアが時代遅れになる可能性がある。だが時代遅れにならないための選択肢は、まだある。(2017/9/22)

エンタープライズクラウド支援強化:
ティントリ、最大48万(!)の仮想マシンを稼働するオールフラッシュストレージ発表
ティントリジャパンは2017年9月20日、小規模から大規模な仮想化環境に対応する同社オールフラッシュストレージの新シリーズ「Tintri EC6000オールフラッシュ シリーズ」を国内で販売開始したと発表した。最大48万の仮想マシンを統合管理できる拡張性、そして新OSにおける監視機能の強化およびパブリッククラウドとの連携によって、プライベートクラウド、および企業向けクラウド/仮想化データセンターサービスを提供する事業者への支援を強化するという狙いがある。(2017/9/21)

足りない部分は、独自開発ツールで補完
ヤフーは「OpenStack on Kubernetes」で、クラウド運用の自動化をどう実現したのか
OpenStackでプライベートクラウドを構築しているヤフーは、クラスタ数増大とともに複雑化する運用に悩まされていた。そこで目を付けたのがKubernetesだ。これにより障害復旧やクラスタ構築などの自動化を実現した。(2017/9/21)

利便性も安全性も諦めない
クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門
企業内で活用されるさまざまなクラウドサービスに対してセキュリティとガバナンスをどう効かせるかが課題となっている。そこで注目されるのがCASB(キャスビー)。選択のポイントとは。(2017/9/22)

顧客体験をシングルビューで可視化する:
「Oracle Analytics Cloud」がプライベートDMP構築で活用される理由
日本オラクルは「Oracle Analytics Cloud」の拡充を発表した。プライベートDMP構築にも活用される同社のクラウド型アナリティクスサービスの展開について、担当者に話を聞いた。(2017/9/20)

製造ITニュース:
製造業向け機能を強化したERPシステム、クラウド環境活用を支援
NECは、ERPソリューション「EXPLANNERシリーズ」において、製造業向け機能を強化した統合ERPシステム「EXPLANNER/Z」を発売した。日本マイクロソフトとの連携を強化し、顧客のクラウド活用を支援する。(2017/9/20)

むしろセールスフォースユーザーに適する?:
「Amazon Connect」の、コールセンターを変える「破壊力」
Amazon Web Services(AWS)の「Amazon Connect」は、コールセンターをクラウド上にソフトウェアで構築できるサービスだ。最大の特徴はコールセンターの構築・運用コストの大幅な削減。だが、従来型のコールセンターシステムを、ビジネスの変化に柔軟に対応できるツールに変えたいという用途にも適している。AWSとセールスフォースの説明に基づき、このサービスをあらためて紹介する。(2017/9/20)

AWS課金、時間単位から秒単位へ AzureとGoogle Cloud Platformは分単位
Amazon.comのクラウドサービスAWSの料金体系が、立ち上げ以来の時間単位から秒単位に変わる。事実上の値下げになる。競合するMicrosoftのAzureとGoogle Cloud Platformはそれぞれ分単位だ。(2017/9/19)

山市良のうぃんどうず日記(105):
IaaSクラウド上でWindows Server 2016のWindows Updateはハイリスク?
本連載第96回「Windows UpdateとIaaSクラウドは忍耐が試される?」では、クラウド(Microsoft Azureなど)上の仮想マシンでWindows Updateやシャットダウンを行う場合の注意点(特に、Windows Server 2016)を取り上げましたが、2017年9月の定例更新で過去最大(筆者史上)の忍耐を強いられることになりました。本連載の過去記事と重複する部分もありますが、トラブルシューティングの参考になるかもしれないのでまとめました。(2017/9/19)

「Solarisは分からない!」という企業も心配はご無用:
PR:PCI DSS準拠のデータ管理基盤も短期間でかんたん構築「MiniCluster S7-2」で今すぐセキュア&高性能なプライベートクラウド基盤を手に入れる
社会のさまざまな領域でデータ活用が加速する今日、「セキュアで高性能なプライベートクラウド基盤を短期間で構築したい」というニーズは高い。例えば、2018年3月までのPCI DSS準拠が迫っているEC業界などは、その一例だ。この悩みを解決するのに最適なシステム基盤としてオラクルが提供しているのが「Oracle MiniCluster S7-2」である。なぜSPARCなのか。なぜSolarisなのか。プライベートクラウド基盤アプライアンスに対するオラクルの戦略も交えながら、その理由を探ろう。(2017/9/20)

クラウドでもデータ保護はユーザーの責任
鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは?
「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。(2017/9/15)

「iPhoneを探す」だけではない主要機能
いまさら聞けない「iCloud」、iPhoneユーザーならぜひ使いたいクラウドサービス
Appleのクラウドサービス「iCloud」は、ユーザーの写真、ビデオ、書類などを保存し、iPhoneやiPad、Macなどのデバイスから使うことができる。意外に知られていない便利機能とは?(2017/9/18)

Microsoft Focus:
2020年までに国内クラウド市場シェアでAWSを抜く――日本マイクロソフトの勝算は
「2020年までに、国内パブリッククラウド市場におけるリーディングシェアを獲得する」――。こんなチャレンジングな目標を掲げた日本マイクロソフトに勝算はあるのか。(2017/9/16)

「ワンツーフィニッシュを目指す」:
Google Cloud Platform、ソフトバンクとクラウドエースがやろうとしていること
ソフトバンクは2017年8月末、Google Cloud Platform(GCP)のプレミアサービスパートナー認定を取得したことを発表した。クラウドエースと共同で、日本のGCP需要に対応していくという。ソフトバンクICTイノベーション本部クラウドサービス統括部統括部長の鈴木勝久氏と、クラウドエース代表取締役の吉積礼敏氏に、両社の狙いを聞いた。(2017/9/15)

特選レポートガイド:
設計・解析者が期待するクラウド型CAEの導入メリット
アンケート調査「設計・解析とクラウド」(2017年版)の結果レポート。(2017/9/15)

今夜のメニューを占うAI自動調理鍋「ヘルシオホットクック」
シャープが自動調理鍋「ヘルシオホットクック」の新製品「KN-HW24C」を発表。新たに無線LANを内蔵してクラウドサービスの「COCORO KITCHEN」に接続するAIOT機器に進化した。(2017/9/14)

ヘテロジニアス型前提のインフラサービス:
Huawei、AI/HPCシナリオに特化したクラウドハードウェアプラットフォーム「Atlas」を発表
Huaweiが、AI開発/HPCシナリオへの適用を前提にしたクラウド基盤「Atlas」を発表。同社製サーバ「FusionServer Gシリーズ」を中核に、GPUやFPGAなどを実装したHPC用途に特化したクラウドコンピューティング環境を提供する。(2017/9/14)

VMworld Europe 2017で発表:
VMware Cloud on AWSだけじゃない、VMwareがHCXなどで複数クラウドとの関係強化
VMwareは2017年09月12日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催したVMworld Europe 2017で、I「VMware HCX technologies」など、IBM Cloudをはじめとするクラウド事業者との関係を強化する複数の発表を行った。(2017/9/13)

キヤノンITS、メールの情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALLシリーズ」を強化
キヤノンITソリューションズが、新バージョンの「GUARDIANWALL Mailファミリー」を発表。クラウド型メールとの連携を拡充した。(2017/9/13)

今理解すべき「CASB」の実力【第2回】
いまさら聞けない、「CASB」と「URLフィルタリング」は何が違うのか?
クラウドセキュリティの注目株である「CASB」は、既存のセキュリティ製品やクラウドサービスのセキュリティ機能と、何がどう違うのか。分かりやすく解説する。(2017/9/13)

富士通マーケティング GLOVIA きらら 販売:
クラウド型の中小企業向け統合基幹業務アプリ、必要な機能だけ選択して導入可能
富士通マーケティングは、中小企業向けに提供している統合基幹業務アプリケーション「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA きらら」シリーズに「GLOVIA きらら 販売」のクラウド版を追加した。(2017/9/12)

製造IT導入事例:
ITアウトソーシングサービスにより、3割の業務効率化
新日鉄住金ソリューションズは、ITインフラの運用・保守やデータセンター、クラウドサービスなどを包括的に提供する同社のアウトソーシングサービス「NSFITOS」を矢崎総業が採用したことを発表した。(2017/9/11)

FAニュース:
製造装置の出力データをクラウド管理できるIoTサービスポータル
日立ハイテクノロジーズは、同社が販売する装置向けのIoTサービスポータル「ExTOPE」を開発した。装置が出力するデータをクラウド上で収集、蓄積、管理し、ユーザーがデータの共有や分析などに活用できる。(2017/9/6)

たまごかけごはんを“クラウド化” 雲のようなふわふわ食感にする器具「究極のTKG」登場
たまごかけごはんがさらにおいしくなるかも。(2017/9/5)

TKGにもクラウド化の波、タカラトミーアーツが提案する“究極のたまごかけご飯”とは?
TKGにもクラウド化の波が押し寄せようとしている。タカラトミーアーツが日本の朝を代表する“たまごかけごはん”(TKG)に変革をもたらすクッキングトイ「究極のTKG」を10月に発売する。(2017/9/5)

Azureに学ぶ単一障害点による障害の回避方法
IaaSはなぜダウンしないのか、ダウンしたらどうなるのか
クラウドサービスで物理障害が発生した場合、初期設定のままでは稼働中のサービスにダウンタイムが発生してしまう。高可用性を維持するために必要な設定についてAzureを例として解説する。(2017/9/5)

ソルティスター SALTYSTER:
「Azure」と連携したエッジコンピューティング向けミドルウェア
ソルティスターは、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」と連携したIoTエッジコンピューティング向けミドルウェア「SALTYSTER connect with Microsoft Azure」の提供開始を発表した。(2017/8/31)

商用3D CAD製品カタログ 2017年版:
3D CADへの過剰投資を解消、クラウド型統合3D設計&デザイン環境「Fusion 360」
オートデスクが提供するクラウドベースの3次元設計開発プラットフォーム「Autodesk Fusion 360」。学生やメイカーズを中心に普及が進み、現在ではターゲットである製造業での利用も進みつつあるという。年額3万円台で3D CAD/CAM/CAE/ビジュアライゼーションといった豊富な機能群を利用でき、“モノづくりの未来”を視野に積極的な機能強化が続けられている。(2017/8/31)

人工知能でかしこい自動運転、手間いらずの加湿空気清浄機がシャープから
シャープはクラウド上のAI(人工知能)によって自動運転を行うスマートな加湿空気清浄機「KI-HX75」を9月に発売する。ユーザーの手間を省きながら効果的に空気をきれいにする。(2017/8/30)

既存のK5サービスとの組み合わせも可能:
富士通とVMwareが協業を強化 K5上でVMware Cloud Foundationを提供
富士通とVMwareがクラウド分野の協業をグローバル規模で拡大する。富士通のクラウドサービス上でVMwareのクラウドソリューションを提供し、オンプレミスからクラウドへの移行を支援するサービスも提供する。(2017/8/30)

富士通エフ・アイ・ピー TradeFront/6G:
製造業などへの展開を見据えたEDIクラウドサービス
富士通エフ・アイ・ピーは、流通業界を中心に製造業などへの展開を見据えたEDIクラウドサービス「TradeFront/6G」を発売した。(2017/8/30)

PR:数百億レコード規模のビッグデータ統計解析基盤にNEC Cloud IaaSを採用
京都大学 大学院情報学研究科 助教 佐藤彰洋博士に、ビッグデータ統計解析研究のクラウド基盤として「NEC Cloud IaaS」を採用した経緯とその効果について、詳しく聞きました。(2017/8/30)

CAEニュース:
最速10分でクラウド上にスパコン環境を構築する「freebit cloud HANABI」
フリービットは、クラウド型スパコンサービス「freebit cloud HANABI」の提供を開始した。最速10分でクラウド上に構築したスパコン環境を、使いたい時に使いたい分だけ利用できるため、導入コストの大幅削減に貢献する。(2017/8/28)

製造ITニュース:
低コスト・短期間で構築可能なサプライチェーン計画のクラウドサービス
デロイト トーマツ コンサルティングは、アジャイル手法を用いた導入により、低コスト/短期間での構築が可能なサプライチェーンプランニングのクラウドサービス「Digital Supply Network Platform」の提供を開始した。(2017/8/28)

「2020年までにクラウドでナンバーワンになる」は本当ですか?:
PR:Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた
デジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、企業ITには一層のスピードと柔軟性が求められている。これを受けてクラウド利用は企業にとってもはや必須となり、パブリッククラウド市場も依然、活況が続いている。そうした中、最後発として登場してきたOracle Cloud。AWS、Azure、GCPなどベンダー勢力図もある程度固まっている中でリリースしたことには、果たしてどのような狙いや意義があるのだろうか? (2017/8/31)

相反する2つのレポート
「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?
2017年後半には、「Microsoft Azure」はパブリッククラウド市場での収益面で「Amazon Web Services」(AWS)を追い越して首位に立つだろう。米国を拠点とする調査会社Pacific Crestはそう主張している。(2017/8/25)

製造ITニュース:
中小企業向け統合基幹業務アプリをクラウドで提供、必要な機能だけ導入可能
富士通マーケティングは、統合基幹業務アプリケーション「GLOVIA きらら」シリーズに「GLOVIA きらら 販売」のクラウド版を追加した。これを既存の「GLOVIA きらら 会計/人事給与」と併せて、クラウドサービスとして本格展開する。(2017/8/24)

ソフトウェアだけでは守り切れない
クラウド時代の今こそ「物理」が危ない――ハードウェアの守り方を聞いた
HPEの第10世代ProLiantサーバーは「世界標準の安心サーバー」をうたう。いわく「ハードウェアを狙った攻撃すら未然に防ぐ」技術を実装しているという。製品担当者に詳細を聞いた。(2017/9/13)

FAニュース:
ワンストップのIoTソリューションを提供開始、デジタルと安川情報
デジタルは、安川情報システムとの協業によるワンストップIoTソリューションの提供開始を発表した。同社の表示器と安川情報システムのクラウドサービス「MM Cloud」との接続が、3ステップで設定できるようになる。(2017/8/23)

レッドブルレーシング事例で紹介
企業がマルチクラウド環境に向かうべき“必然”と普及へのハードル
多くの企業は複数のクラウドサービスを利用する「マルチクラウド」体制を取っているだろう。だが複数のクラウドサービスを管理することは容易でない。合理的なマルチクラウド管理戦略とは。(2017/8/25)

データベースを1つに集約して管理性も大きく向上:
PR:ルネサス エレクトロニクスがOracle Exadataで新統合IT基盤を構築 東西日本をまたぐプライベートクラウド化で事業継続性を強化
東日本大震災における生産拠点の被災を苦い教訓とするルネサス エレクトロニクスは、基幹システムの統合IT基盤の刷新に際し、日立製作所の協力を得て東西日本にまたがるプライベートクラウドを構築。その中核となるデータベース基盤に据えられたのが「Oracle Exadata」であった。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/8/21)

クラウド導入でベンダーに最も期待するのは「セキュリティの強化」――IDC Japan調べ
IDC Japanが実施した国内クラウド市場におけるユーザー動向調査よると、国内企業がクラウド導入に期待する効果は、コスト削減より、セキュリティの強化が上回ることが判明した。(2017/8/18)

2017年第4四半期に一般提供開始:
Druvaが全データを対象とする統合データマネジメントサービスを発表
Druvaは2017年8月17日(米国時間)、同社が「業界初のData Management as a Serviceソリューション」と呼ぶ統合的なデータ保護/管理のクラウドサービス「Druva Cloud Platform」を発表した。現時点ではテックプレビューを提供。2017年第4四半期に一般提供を開始する予定という。(2017/8/18)

Oracle Planning and Budgeting Cloud Service:
脱表計算ソフト、寺岡精工がクラウド型予算管理サービスを採用
日本オラクルは、寺岡精工が同社のクラウド型予算管理サービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。(2017/8/18)

製造ITニュース:
新規取引先との接続が容易なクラウドEDIサービス
富士通エフ・アイ・ピーは、製造業など幅広い業界の展開を見据えたEDIクラウドサービスを発売した。サービスの提供開始は2017年11月を予定する。(2017/8/17)

Database Watch(2017年上半期特別編 2):
“プラネットスケールでの分散”で注目された「2つ」のデータベースの新顔
データベースというとIT業界では「枯れた」技術。しかし2017年はクラウドで「新顔」が続き、存在感を示しています。中でもGoogleのクラウドサービス Google Cloud Platformで提供される「Cloud Spanner」が2017年2月にリリース、Microsoft Azure上でも「Cosmos DB」がリリースされ、大きく注目されました。(2017/8/16)

PR:パートナーの力で日本企業のデジタルトランスフォーメーションを推進――日本マイクロソフトの挑戦
日本マイクロソフトが、パートナー向けカンファレンス「Microsoft Inspire 2017」の最終日、パートナー企業各社を前に同社の2018年度の戦略を説明。パートナーと協力してクラウドサービスを拡販していく姿勢を示した。(2017/8/16)

Mostly Harmless:
5分で分かる、MSが提唱するインテリジェントな「クラウド」と「エッジ」の真価
Microsoftが提唱する「インテリジェントクラウド」と「インテリジェントエッジ」について、コンピューティングの進化を踏まえつつ、用途や可能性を考察します。(2017/8/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。