「コンテスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コンテスト」に関する情報が集まったページです。

子どもたちの「こんなケーキがあったらいいな」をパティシエが実現! グランプリの「チキンケーキ」が夢あふれてる
銀座コージーコーナーの「夢のクリスマスケーキコンテスト2018」開催。(2018/12/4)

絵師コンテストで物議醸す仮想通貨「MINDOL」 公開買付の中止を発表 プロジェクトも全て無期限延期に
CEOも辞任するとしています。(2018/12/3)

焼き鳥に油性ペン、“自販機の下を探る人”も ナノブロックのコンテスト受賞作品がどれもクオリティ高すぎる
なぜそれをナノブロックで再現したとつっこみたくなるチョイスばかりで心が躍る。(2018/11/30)

仮想通貨「MINDOL」の絵師コンテスト、グランプリ発表期日を過ぎても音沙汰なし 賞金1000万円はどこへ――不安広がる
MINDOL側にも問い合わせましたが、回答はありませんでした。(2018/11/29)

ミクさんとドライブデートできちゃう!? ホンダ、ボーカロイド「初音ミク」を起用したユーザーサポートアプリ開発
初音ミク楽曲のコンテストも開始。(2018/11/15)

報道陣に初公開:
まるでアイドルのコンサート? QBハウスの競技会がすごかった
QBハウスを運営するQBネットHDが全国の店長会とカットコンテストを報道陣に初公開した。コンテストはまるでアイドルのコンサート並に盛り上がりを見せたが、なぜ同社はこのタイミングで公開したのだろうか。(2018/11/12)

白泉社、漫画投稿サイト「マンガラボ!」2019年始動 投稿作は漫画アプリにも掲載、編集者との橋渡しにも
公開に先がけて「次世代キャラクターコンテスト」を開催しています。(2018/10/30)

建造中だった「ビグ・ザム」がついに完成! 学園祭のコスプレコンテストで見事3連覇を飾る
第53回かまた祭、感動! 優勝ビグ・ザム!(2018/10/29)

カスペルスキー、セキュリティ技術を競い合う国際コンテストを開催
Kaspersky Labは、セキュリティ技術を競う国際コンテスト「Kaspersky Lab Industrial Capture the Flag」第4回目の開催を発表した。(2018/10/25)

NECとレノボ、「micro:bit」を用いた小中学生向けプログラムコンテストを開催 12月5日募集開始
NECパーソナルコンピュータとレノボ・ジャパンは、小中学生を対象とした「『micro:bit』x NECレノボ・ジャパングループ キッズ・プログラミングコンテスト」の開催を発表した。(2018/10/15)

総務省、地域課題などの解決に向けた「5G利活用アイデアコンテスト」開催
総務省は、10月3日に「5G利活用アイデアコンテスト」の募集を開始。5Gの特性を利活用し、人口減少や高齢化など地域が抱える社会問題の解決に向けたアイデアを幅広く募集する。優秀なアイデアは2019年度「5G総合実証試験」の実証テーマとして取り上げられる予定。(2018/10/3)

プログラミングコンテストで見たもの:
「お母さんを助けたい」 社会課題に向き合う小学生プログラマーたちが集結
東京・渋谷で小学生のプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix」が初開催。1000件を超えるエントリーがあり、そこから12人のファイナリストが選出。彼らが一堂に会して自身の作品を聴衆の前でプレゼンテーションした。(2018/10/1)

輸送は人力、飛ばすまでが一苦労! 琵琶湖のほとりで「鳥人間コンテスト」の舞台裏を見てきた
台風接近により開催が危ぶまれた「鳥人間コンテスト2018」現地レポート。(2018/8/29)

ファーウェイ製スマホが対象のフォトコンテスト「HUAWEI NEXT-IMAGE Awards」開催
ファーウェイのスマートフォンで撮影した写真を対象とするフォトコンテストが開催されている。「GOOD NIGHT」「FACES」「HELLO, LIFE」「DISCOVERIES」の4カテゴリーを用意し、最優秀賞には「HUAWEI P20」と「HUAWEI MediaPad T3 LTEモデル」をプレゼントする。(2018/8/22)

鳥人間コンテスト、VRでパイロット目線を体感 Oculus Go向け
読売テレビ放送がテレビ番組「鳥人間コンテスト」を360度動画で楽しめるVRコンテンツを「Oculus Go」向けに無料で公開。会場の様子やパイロット目線の映像など、4本の動画を楽しめる。(2018/8/20)

桜庭一樹作品の「二次創作」募り、桜庭さん本人が審査するコンテスト
作家・桜庭一樹さんの作品の二次創作を募集し、桜庭さん本人が審査するコンテストをブックリスタが開催。同社が運営するブックレビュー投稿サイト「シミルボン」の企画で、特設サイトから応募を受け付ける。(2018/8/16)

人工知能ニュース:
国内AIベンチャーに有望株、パスタ盛り付けや再生医療細胞の品質管理などを支援
NEDOは2018年8月8日、政府の「人工知能技術戦略」に基づくAIベンチャー支援事業の一環として、全国30件の応募からコンテスト形式で選定した6件の研究テーマを採択したと発表した。採択が決定した各委託予定先のベンチャー企業は、2018〜2019年度まで最大2年間の研究開発を実施する。(2018/8/9)

EIZOがTwitter連動のイラストコンテストを開催 「ColorEdge CS2420」を1名に進呈
EIZOは、「夏休み」を題材にしたイラストを募集するTwitterイラストコンテストを開始する。(2018/7/31)

セキュリティ・アディッショナルタイム(23):
「無知の知」から本当の「知」へ――学生らが多面的な問題解決能力を競った「第13回情報危機管理コンテスト」
2018年5月24〜26日に行われた「第22回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」と併催の「第13回情報危機管理コンテスト」決勝戦では、23校35チームの中から予選を勝ち抜いた5チームが、技術だけでなくコミュニケーション能力も含めた総合的な解決力を競った。(2018/7/25)

マウスが長野市にノートPC計31台を寄贈 10月開催の「U-15長野プログラミングコンテスト」で使用
マウスコンピューターは、長野県長野市に同社製ノートPC計31台を寄贈したと発表した。(2018/7/19)

米国のNintendo Labo創作コンテスト アコーディオンやコインを入れて遊ぶ筐体など力作が入賞
豊かな発想に脱帽。(2018/7/17)

宇宙ホテルで足湯、火星基地で製鉄、海王星探査……宇宙技術のコンテストに集まる奇抜なアイデア
全国の学生が宇宙技術のアイデアを競う「衛星設計コンテスト」が今年も開かれた。審査は、日本の宇宙開発を第一線で支えてきたベテランの研究者らが学生相手でも容赦せず、本気で向き合うのが持ち味だ。(2018/7/17)

24時間でアプリ開発「SPAJAM2018」開催 テーマは「モビリティ」
スマートフォンのアプリを24時間で開発するコンテスト「SPAJAM2018」決勝戦が開催。全国9会場の予選会から選抜された12チームが参加。24時間に及ぶハッカソンでアプリを開発し、その成果を競う。(2018/7/8)

国際競争を生き抜くための武器:
PR:はんだ付けコンテストに見る、“モノづくりの共通言語”としてのIPCの意義
はんだ付けの熟練技術者たちが、その腕を競う「IPC はんだ付けコンテスト」の日本大会が、3年ぶりに開催された。審査は、IPCの規格に基づいて行われる。このIPCこそ、製造業の企業がグローバル市場を生き抜くための強力な武器となるのだ。(2018/7/2)

初心者向けワークショップも月イチで開催:
セキュリティコンテスト「SECCON 2018」を12月に開催
SECCON実行委員会と日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、サイバーセキュリティに関する実践的技能を持つ人材の発掘、育成を目的としたコンテスト「SECCON 2018」を、2018年12月22〜23日の2日間にわたって秋葉原で実施する。(2018/6/29)

長野が舞台のフォトコンテスト、夏はスマホで撮った写真も解禁
マウスコンピューターが主催するフォトコンテスト「世界級リゾートへようこそ。山の信州」(春)の表彰式が行われ、3作品がグランプリに輝いた。(2018/6/25)

医療機器ニュース:
勝てば製品化費用1億円、トヨタの下肢まひ者向け補装具の開発コンテスト
トヨタ・モビリティ基金が主催する下肢まひ者向け補装具の開発コンテスト「モビリティ・アンリミテッド・チャレンジ」は、約2カ月後の2018年8月15日に応募締め切りを迎える。モビリティ・アンリミテッド・チャレンジは開発支援資金として、上位チームに総額400万ドル(約4億4200万円)を提供する取り組みだ。(2018/6/19)

三行から参加できる超・妄想コンテスト「私が死んだ理由」開催 死んだ理由の妄想を全力でぶつけよう!
どんなふうに死のうかな?(2018/6/17)

IPC はんだ付けコンテスト:
執念のはんだ付け技術で優勝! 3年ぶりの日本大会で
「JPCA Show 2018」(2018年6月6〜8日、東京ビッグサイト)で、3年ぶりに「IPC はんだ付けコンテスト日本大会」が開催された。出場した40人の熟練技術者のうち、見事優勝を手にしたのは……?(2018/6/11)

サンスター文具「文房具アイデアコンテスト」の受賞作品がナイスアイデア 本から飛び出ない付せん、チューブの反対側から出るのりなど
どれも使ってみたい作品ばかりです。(2018/6/3)

bitFlyer、競技プログラミングコンテスト開催 上位者には「内定確約パス」、年俸1200万円オファーも
bitFlyerが競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」を開催すると発表した。本戦上位者には「内定確約パス」を贈り、最高年俸1200万円をオファー提示するという。(2018/5/25)

「BOVA」贈賞式開催:
「バズる」から「課題解決」へ、オンライン動画2018年の傾向
宣伝会議はオンライン動画コンテスト「BOVA」の第5回贈賞式を開催した。一般公募部門では「曲名しばり物語『別れても好きな人』」がグランプリに輝いた。(2018/4/21)

「少年ジャンプ アプリ開発コンテスト」第2期募集開始 最大5000万円の開発資金提供
「少年ジャンプ」に関連した新しいアプリやWebサービスの企画を募集する「少年ジャンプアプリ開発コンテスト」第2期の募集がスタート。入賞企画には賞金100万円と、最大5000万円の開発資金を集英社が提供する。(2018/4/17)

22歳以下限定の「U-22プログラミング・コンテスト」 2018年度公式サイトがオープン
U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は、22歳以下が対象のプログラミングコンテスト「U-22プログラミング・コンテスト」の詳細を発表した。(2018/4/2)

「君の物語(ストーリー)で世界(ネット)を救え!」――サイバーセキュリティの小説コンテスト始まる
日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)とKADOKAWAは、「サイバーセキュリティ小説コンテスト」を3月31日から開催する。(2018/3/30)

「長野の旅を楽しんで」マウスがフォトコンテストを開催
マウスコンピューターが「世界級リゾートへ、ようこそ。山の信州」フォトコンテスト春を3月26日から開催する。グランプリの賞品は最新2in1デバイスだ。(2018/3/20)

Googleが日本でインディーゲームのコンテスト 審査員にキズナアイなど
Googleが日本でインディーゲームのコンテストを開催する。バーチャルYouTuberのキズナアイなど10人がファイナルイベントで審査員を務める。(2018/3/7)

二重の虹をバックにたたずむ花嫁 ブライダル写真コンテスト受賞作が美しい
どの作品もステキ。(2018/3/4)

最後に重大発表も飛び出したMA2017決勝戦まとめ――年末恒例「テクノロジーの異種格闘技イベント」2017年の覇者は?
街に年末の喧噪が見え始めた2017年12月16日。東京・日の出桟橋に近い倉庫のようなたたずまいの会場で、開発者が互いにアイデアと技術力で覇を競う開発コンテスト「Mashup Awards 2017」ファイナルステージ(決勝戦)が開催された。全447作品の中から激戦を勝ち抜いた15作品が、賞金と誇りを懸けて挑んだ決勝戦の模様をお伝えする。(2018/2/22)

難破船に水の生き物 神秘いっぱい、水中写真コンテストの結果発表
水の中にはステキな光景が。(2018/2/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
手間をかけて“心に残る”旅を企画 「鉄旅オブザイヤー」優秀ツアーとは
旅行会社が開催した「鉄道好き企画旅行」のコンテスト「鉄旅オブザイヤー2017」。今回は審査員を務めた筆者が、受賞作品や受賞しなかった優秀作を紹介する。(2018/2/16)

ETロボコン:
パッションあふれる作品が見てみたい、ガレッジニアで優勝すればアメリカ行き! ――「ETロボコン2018」
ETロボコン2018では自由な開発テーマで作品を募る「ガレッジニア部門」をもっと盛り上げていくため、実行委員会メンバーたちは身体を張る。おなじみデベロッパー部門では、前大会でも予告されていたように走行体の仕様の一部に変更がある。ET2018では、IoTをテーマとした新しいコンテストも始まる。(2018/2/15)

空から見た美しい景色に感動 航空写真コンテスト「SkyPixel Photo Contest」結果発表
グランプリはホッキョクグマが氷から氷に飛び移る様子をドローンで捉えた写真です。(2018/2/12)

第8回 Device2Cloudコンテスト決勝大会レポート:
IoTシステムを作り出す学生コンテスト、勝負の分け目は「誰のために何を作るか」
デバイスとクラウドを活用したシステムの企画からプレゼン、開発までを競う学生競技会「Device2Cloudコンテスト」。第8回は、AI(人工知能)が注目される中で開催された。入賞チームの企画/開発したシステムを中心に決勝大会の模様をレポートする。(2018/1/24)

気味の悪さ100点 「15秒ホラー動画コンテスト」1位の作品がじわじわくる怖さ
短いが怖い。(2018/1/7)

自然の雄大さに見入る ナショナル・ジオグラフィックが写真コンテストの入賞者発表
グランプリは川を渡るオラウータンの写真でした。(2018/1/1)

PR:「お前有名人じゃん」と言われたい 優勝者は“りかりこ”と共演チャンス! ワイモバイルとMixChannelが「ワイモバ学園ダンスコンテスト」開催
参加するには、2018年1月9日までに応募したうえで、1月9日から16日までにライブ&動画コミュニティアプリ「MixChannel」からダンス動画を投稿・配信。(2017/12/27)

雄大な自然の美に圧倒される 国際写真コンテスト「Siena International Photo Awards」受賞作
約5万作品から選ばれた応募作はどれも見事。(2017/12/24)

ドローン遭難救助で「釣り具」が生きる 「ダイワ」がノウハウ活用
ドローン遭難救助のコンテストで好成績を出したドローンは、釣り具のノウハウを生かしたウインチを搭載していた。(2017/12/21)

壮観さに息をのむ 写真コンテスト「EPSON International Pano Awards」の入賞作が見事
自然の風景も、人工の風景も、すばらしい作品ばかり。(2017/12/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。