「コンビニ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!コンビニ・ファーストフード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でコンビニ・ファーストフード関連の質問をチェック
「コンビニ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ファミマ入店音のアレンジ曲「もう一度ファミマに行きたかった」に反響 「B’zがいる」「もろB’z」「思った以上にB’z」
B'z好きにはたまらないファミリーマートの誕生です。(2018/9/18)

焼き鳥のCMでは効果大:
客単価は平均の2倍以上 ファミマが香取慎吾を引っ張り出して狙う“上顧客”とは?
ファミリーマートは2018年度下期に、タレントの香取慎吾さんを起用し、客単価が平均の2倍以上ある“上顧客”を狙う戦略を打ち出した。平均客単価が約500円なのに、倍以上使うお客とはいったいどんな人たちなのだろうか。(2018/9/18)

小売り系最後発・ローソン銀の勝算は 非現金決済、利便性で勝負
コンビニエンスストア大手ローソン子会社のローソン銀行が10月15日にサービスを始める。(2018/9/18)

コンビニ初! ローソンからルビー色のチョコロールケーキ発売 フルーツからではなくカカオ豆から発色
ルビー色は天然色。(2018/9/17)

市場が激変:
もうコンビニは若者のものではない
コンビニエンスストアの来店客に変化が生じている。セブン-イレブンの統計によると、50歳以上は1989年に1割に満たなかったが、2017年には約4割を占める。「コンビニは若者のもの」から「シニアのもの」へと移り変わっているようだ。(2018/9/17)

9月18日から:
ローソン、サンドイッチを刷新へ 具材の味わい向上、「プレミアム」シリーズも登場
ローソンが9月18日からサンドイッチを刷新する。具材に使用する「たまごサラダ」などの配合を、より味わいを感じられるものに変更する。25日からは「プレミアムサンドシリーズ」の発売も開始する。(2018/9/14)

Visaのタッチ決済、ローソンで利用可能に
Visaのタッチ決済が、9月11日から約1万4000店舗のローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100で利用可能に。サインや暗証番号は必要なく、レジにあるリーダーにタッチするだけで支払いが完了する。(2018/9/12)

楽天ポイント、デイリーヤマザキで利用可能に
コンビニエンスストア「デイリーヤマザキ」などで、楽天ポイントの利用が可能になる。買い物額に応じ100円(税別)当たり1ポイントがたまる。(2018/9/12)

「おもち支店」に「チョコ支店」 支店名がおいしそうな「ローソン銀行」、10月15日開業
買い物の際のおつりを貯める「おつり預金」サービスの提供も予定。(2018/9/11)

ローソン銀行の戦略は「地域経済の活性化」 電子地域通貨支援し、キャッシュレス化を推進
9月10日に開業したローソン銀行は、地方銀行などと連携して地域経済の活性化やキャッシュレス決済の推進を目指すという。その狙いは。(2018/9/10)

ローソン銀行、10月15日から預金口座やATMサービスを提供 キャッシュレス決済にも意欲
9月10日、ローソン銀行が開業した。10月15日からATM事業とリテール事業を開始し、2019年1月にはクレジットカードも発行予定。(2018/9/10)

独自クレカも発行:
「ローソン銀行」ついに始動 キャッシュレス決済、地銀の支援、お釣り預金など提供へ
ローソン銀行が9月10日に開業。ローソンの竹増貞信社長らが会見を開き、事業方針を説明した。キャッシュレス決済、お釣り預金、地銀の支援などを実施していくという。(2018/9/10)

北海道の停電 地元コンビニ「セイコーマート」が車から電力供給して営業 広報「コードを常備している」
地震で北海道全土が停電する中、道内のローカルコンビニ「セイコーマート」が“車から電気を供給”して営業。マニュアル対応なのか取材しました。(2018/9/7)

もっと広い店舗じゃダメなの?:
コンビニの店舗面積はなぜ50〜60坪が多い?
大手コンビニチェーンの一般的な店舗面積は50〜60坪が標準とされているが、どのようなどのような経緯でこの広さに落ち着いたのか。調べてみるとコンビニの歴史にも関係する深い話を聞くことができた。(2018/9/5)

ローソンで「d払い」と「Origami Pay」が利用可能に 全国の店舗で9月11日から
ローソンは9月11日から「d払い」と「Origami Pay」、2種類のキャッシュレス決済に対応する。(2018/9/3)

閉店した原因は不明:
コンビニのない村に補助金得て開業した弁当店、1年経たず閉店……大阪・千早赤阪村、全額返還求める
コンビニエンスストアのない大阪府千早赤阪村で昨年9月下旬にオープンした弁当店が、開店1年もたたない7月下旬に閉店し、村が開業資金として交付した補助金300万円の全額返還を求める事態になっている。閉店した原因は不明だが、販売不振だったとみられる。(藤崎真生、写真も)(2018/9/3)

ローソン全店でドコモの「d払い」が利用可能に 9月11日から
NTTドコモは、9月11日からスマホアプリを使った決済サービス「d払い」がローソン全店に対応すると発表。全国のローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100で利用でき、アイスカフェラテのプレゼントやdポイント10倍キャンペーンを行う。(2018/9/1)

「Amazon Goより日本に合う」――レジ待ちゼロ「ローソンスマホペイ」の先の未来
ローソンがスマホアプリを使ったセルフ決済サービスを本格展開。海外では商品スキャンの必要すらない「Amazon Go」などが登場しているが、より実用性の高いサービスを数年後に実現できると担当者は意気込む。(2018/8/31)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
情シスもベンダーも“井の中の蛙”になるな、大海に出でよ!――ローソン システム基盤部の進藤広輔氏
ローソンでのAWS構築の経験を踏まえて、AWSに転職するという進藤広輔氏。ユーザー企業の視点を持った“AWSの伝道師”を目指すという藤広氏が浮き彫りにする、情シスとベンダーに必要な意識改革や、社会に求められる人材流動性の高度化とは?(2018/8/31)

セーブオンの「焼きまんじゅう」、一部ローソンでの継続販売決定! 対象店舗には「セーブオン」の名を遺したロゴを設置
「セーブオン」の名前が遺ることになりました。(2018/8/30)

ATM“脱自前”でコスト削減 あおぞら銀、ゆうちょ銀の機種に置き換え
あおぞら銀行は27日、自前のATM(現金自動預払機)をゆうちょ銀行のATMに置き換える作業を開始した。11月頃までに順次入れ替える。超低金利で金融機関の収益環境が圧迫される中、自前のATMを廃止しコスト削減を図る。コンビニエンスストア大手のローソンが銀行業界に参入するなどATM委託の新たな“受け皿”も拡大する見込みで脱自前が加速しそうだ。(2018/8/29)

製造IT導入事例:
大手コンビニチェーンがサプライチェーン管理ソリューションを導入
SAPジャパンは、同社のサプライチェーン管理ソリューション「SAP Integrated Business Planning」をローソンが導入したと発表した。導入により、チェーン全体で食品材料破棄が約56%低減した。(2018/8/29)

1・3・5カ月単位:
DAZN、コンビニで買えるプリペイドカード発売 クレカ登録なしでスポーツ観戦
DAZNのプリペイドカードが登場。1・3・5カ月単位で、家電量販店とコンビニで取り扱う。新規ユーザーの獲得が狙い。(2018/8/28)

決済革命(4):
大手銀・クレカに危機感 企業視点の主導権・縄張り争い
東京・丸の内の三菱UFJフィナンシャル・グループ本社では、社員だけが使えるコンビニエンスストアで新たなデジタル通貨「MUFGコイン」の実証実験がひっそりと進んでいる。(2018/8/28)

こころぴょんぴょん! ローソンで「ごちうさ」キャンペーン
「ローソンプリント」でオリジナルブロマイドも買える。(2018/8/28)

ローソンで「艦これ」キャンペーン 浴衣姿やローソン制服姿の艦娘が登場
ベーイ!(2018/8/28)

調べてみたら意外に深かった:
コンビニのアイスケース “ふたつき”と“ふたなし”がなぜ混在しているのか
アイスクリームを冷やすために使われているアイスケースには、“ふたつき”と“ふたなし”の2種類がある。同じコンビニチェーンでも店舗によってどちらかが設置されているのだが、その違いを調べていくと、意外な事実が見えてきた。(2018/8/28)

京大の卒業証明書など、コンビニのマルチコピー機で発行可能に 19年1月から
NTT西日本の証明書発行サービスが京都大学に導入され、2019年1月7日から同大学の卒業証明書などがコンビニのマルチコピー機で発行できるようになる。(2018/8/27)

日本のおもてなし術の“伝道師”:
「ローソン外国人店員研修」で500人育てた「カリスマママ教官」の愛のムチ
ローソンの外国人向け店員研修に記者が参加。指導役の女性が参加者の国の文化に配慮しつつ、厳しく丁寧に複雑なコンビニ業務をレクチャーした。(2018/8/27)

競合には負けられない:
有明ノリとシャケの争奪戦 ファミマの担当者が語るおむすび刷新の舞台裏
コンビニ各社はおむすびの商品開発に力を入れている。味や風味の向上が注目されがちだが、原材料の調達を巡って各社はしのぎを削っている。ファミマの調達担当者におむすび開発の舞台裏を聞いた。(2018/8/27)

レジ待ちのない「ローソンスマホペイ」、18年度中に100店舗へ導入
ローソンが、客がスマートフォンを使ってセルフ決済できる「ローソンスマホペイ」を2018年度内に100店舗へ導入すると発表した。大都市圏を中心に9月以降順次展開予定。(2018/8/24)

コメダ珈琲の「シロノワール」がアイスバーに 8月28日から全国のコンビニで期間限定販売
真ん中にはメープル風シロップが。(2018/8/24)

“グルメな人”とそうでない人の「おいしさ」の基準を表した図に反響 「超わかる」「コンビニ飯はおいしい」
ほとんどがおいしいと感じることの幸せ。(2018/8/17)

原点回帰か本格路線か:
真夏のコンビニ中華まん 熱き「ふんわり」VS「もっちり」バトル
今夏にコンビニ各社が相次ぎ中華まんを刷新して発売。食感が「ふんわり」か「もっちり」かがポイントで、ローソンは消費者調査を経て原点回帰のふんわり路線に。(2018/8/16)

テスティーの若年層向け電子マネー調査 保有率は52.8%、利用率第1位は「交通系」
テスティーが10〜20代を対象とした電子マネーに関する調査を実施。電子マネー保有率は52.8%で、利用率第1位は「交通系」。決済場所は「コンビニ」や「交通機関」に集中していることが分かった。(2018/8/15)

「新しい試み」期待:
金融庁、ローソン銀に免許交付 担当相「新しい試みを期待」
金融庁は、ローソン銀行に銀行業の免許を交付した。(2018/8/10)

「ローソン銀行」10月に営業開始 銀行業免許取得
ローソン子会社のローソン銀行が8月10日に銀行業免許を取得した。9月10日に開業し、10月15日からサービスを開始する。(2018/8/10)

ローソン「ひよこちゃんまん」の再現度がすごい 食べるのがちょっともったいなくなるレベル
一足先に試食してきました!(2018/8/10)

訪日客にきめ細かい「おもてなし」を:
コンビニおにぎり、ひそかに“バイリンガル”になった深いワケ
コンビニ各社が訪日客向けにおにぎりのパッケージのデザインを変更している。具材の英語表記やイメージ写真を付けて中身を想像しやすくした。(2018/8/9)

「dカード プリペイド」、セブン銀行ATMでチャージ可能に
NTTドコモと三井住友カードが提供する「dカード プリペイド」が、8月6日からセブン銀行ATMでチャージ可能となる。また、従来200円(税込)だった、ローソン店頭でのチャージ手数料を無料化する。(2018/8/6)

今日のリサーチ:
コンビニの支払い、電子マネーが3割超え――日経リサーチ調べ
日経リサーチは、生活者の金融に関する意識や行動の実態に関する調査を実施しました。(2018/8/6)

ローソンに転換へ:
セーブオン、8月末で全店舗を閉店 焼きまんじゅうの今後は……
セーブオンが8月31日に群馬県内の全店舗を閉店し、ローソンに転換する。セーブオンブランドの全店舗が消滅する。名物「焼きまんじゅう」の販売を続けるかは未定という。(2018/8/2)

セーブオン、8月末で全店舗閉店が決定 群馬県民の心のコンビニ姿消す
値段の安さで知られ、「39円アイス」などが人気でした。(2018/8/2)

書店とファミマが“合体” 積文館書店との一体型店舗、佐賀に
書店とファミマが合体した店舗が佐賀に。積文館書店との一体型店を8月2日に開店。コンビニエリアと書店エリアの間に仕切りはなく、レジも集約する。(2018/8/1)

コンビニで買えるQi充電器は大丈夫?
オウルテックのQiワイヤレス充電器「CS-QI5W-WH」を試してみた。(2018/8/1)

チキンラーメンの「ひよこちゃん」が中華まんに ローソンから発売
中身は黄身餡と白餡です。(2018/7/31)

ナチュラルローソン限定商品も:
ローソン、中華まんの新作発売 日清とコラボの「ひよこちゃんまん」も8月登場
ローソンが今季の中華まんを発売。日清食品グループとコラボした「ひよこちゃんまん」も8月に発売する。(2018/7/31)

ビジネスモデルを徹底検証:
ドンキはなぜここまで成長できたのか、そして何を目指しているのか
ドン・キホーテの快進撃が止まらない。29期連続の増収増益を達成する見込みであり、コンビニやスーパーが競ってそのノウハウを学ぼうとしている。ドンキの強さの秘密はどこにあるのか。そして、どんな進化をしようとしているのか。(2018/7/31)

Mostly Harmless:
コンビニがおにぎりを2つ多く仕入れる理由――顧客に“響く”データ活用のコツ
コンビニの商品仕入れの“ノウハウ”には、データサイエンスを考える上で重要なヒントがありました。データの利活用を成功に導くために必要なものとは。(2018/7/29)

【マンガ】人手不足が深刻化すると“コンビニではないコンビニ”ができるかもしれない
可能性はゼロではない……?(2018/7/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。