C++ に関する記事 C++ に関する質問

「C++」最新記事一覧

特集:Windowsストアアプリ開発最新情報(Build 2014より):
ユニバーサルWindowsアプリ開発の勧め
Build 2014の内容からユニバーサルWindowsアプリ開発に絞って紹介。「Windowsストアアプリの新規開発は、ユニバーサルWindowsアプリにしない理由がない」!?(2014/4/14)

iOS SDKで始めるObjective-C入門(7):
Objective-Cのクラスやプロパティ、特徴的なメソッドの使い方
開発ツールXcode/iOS SDKを使ってiPhone/iPadアプリを作る方法を、プログラミング言語「Objective-C」の書き方/文法を交えて解説。「Windowsを使っていたけど、iOSアプリを作るためにMacを使い始めた」という初心者を対象にしています。今回は、クラス、プロパティ、メソッドを中心にインポート、アクセサー(ゲッター、セッター)、引数とラベ、スコープ、selfとsuperなどについてもコードを交えて説明します。(2014/4/9)

完全マスター! 組み込みC言語プログラミング(1):
さあ、C言語プログラミングを始めよう!
これから組み込みシステムのプログラミングを学びたい人を対象に、C言語を使ったマイコン制御プログラムの“イロハ”を解説していきます。本連載を通じ、組み込みシステム開発特有の“特別なC言語の使い方”をマスターしよう。(2014/4/4)

「Windows 8.1 Update 1」と「Windows Phone 8.1」も:
「Visual Studio 2013 Update 2」RC公開、ユニバーサルアプリに対応
米マイクロソフトは2014年4月2日、開発者会議「BUILD」に合わせ、クロスプラットフォームの「ユニバーサルWindowsアプリ」開発に対応した統合開発環境の更新版「Visual Studio 2013 Update 2」のリリース候補(RC)を公開した。(2014/4/3)

Dね!:
米フェイスブック、C/C++向け高速プリプロセッサー「warp」をオープンソース化
D言語実装のC/C++向け高速プリプロセッサー「warp」がリリース。D言語の設計者ウォルター・ブライト氏と米フェイスブックの共同プロジェクトの成果としてオープンソースで公開されている。(2014/4/2)

連載:業開中心会議議事録:
どうなる、SIと業務系アプリ? 最新&未来テクノロジーからの考察 ―第5回 業開中心会議
これまでの業開中心会議では「いわゆる」業務アプリの開発に関わるさまざまな技術をテーマとしてきた。果たして、それだけが業務アプリなのだろうか? 今回の会議では業務アプリの未来とチャレンジをテーマに議論が行われた。(2014/3/26)

若手エンジニア/初心者のためのRuby 2.1入門(2):
Ruby 2.1の基本構文/基本文法まとめ&Pryの使い方
オープンソースのオブジェクト指向プログラミング言語「Ruby」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の2.1に対応しています。今回は、Rubyの変数、定数、リテラル、演算子、条件分岐とループ(繰り返し)、コメントの基本的な使い方について解説。Ruby 2.1での新機能や便利な実行ツール「Pry」のインストールと使い方も紹介します。(2014/3/27)

プロセッサ/マイコン:
ソフト開発をより単純に、シリコンラボがマイコン開発環境の新版を発表
シリコン・ラボラトリーズ(以下、シリコンラボ)は、同社製マイクロコントローラ(MCU)向けのソフトウェア開発に必要なツール群やライブラリ、関連資料などをパッケージにしたソフトウェアスイート「Simplicity Studio」の新バージョンを発表した。従来バージョンに比べて、Eclipseベースの統合開発環境(IDE)に対応したことと、32ビットMCUに加えて8ビットMCUをサポートした点などが新しい。(2014/3/24)

いまさら聞けないTDD/BDD超入門(1):
テスト駆動開発/振る舞い駆動開発を始めるための基礎知識
TDDの概要と進め方、目的と効果、歴史、さまざまな手法への展開、課題に加え、BDDの概要と種類、 重視される考え方などを解説する。(2014/3/5)

若手エンジニア/初心者のためのRuby 2.1入門(1):
Rubyプログラミングを始めるための基礎知識とインストール
オープンソースのオブジェクト指向プログラミング言語「Ruby」の文法を一から学ぶための入門連載。最新版の2.1に対応しています。初回は、Rubyの概要や特長を紹介し、環境構築や「Hello World!」までの手順、プロンプトで対話的にRubyを使える「irb」の使い方なども解説します。(2014/2/27)

モーションセンサーで組み込み機器はどう変わる?(4):
「どのデバイスが最適か?」――モーションセンサー3機種を徹底比較!!
数あるモーションセンサーデバイスの中から「Kinect for Windows」「Creative Senz3D/Intel Perceptual Computing」「LEAP Motion」の3つを取り上げ、各デバイスの機能や特徴を、ハードウェア/ソフトウェアの両面から比較する。また、開発者向けに提供が開始された「Kinect for Windows V2」についても紹介する。(2014/2/24)

連載:Windowsストア・アプリ開発入門:
第12回 Windowsストアで公開する
ついに最終回。Windowsストアにアプリを申請するまでの手順を解説。アプリ公開に必要な機能も実装する。(2014/2/20)

Hatoholで実現する分散監視(1):
できぬなら作ってしまえ? OSS監視ツール「Hatohol」ができるまで
スケールアウトできる監視能力を備え、かつ拠点などに複数設置されている異なる監視システムの情報を一元的に把握でき、しかもオープンソース……そんなツールが欲しくて、作ってしまいました。(2014/2/14)

プロセッサ/マイコン:
新時代到来! ヘテロジニアス・コンピューティング最新動向【前編】
2014年1月14日、ヘテロジニアス・コンピューティングに向けたフレームワーク「HSA」(Heterogeneous System Architecture)をハードウェアレベルで初めてサポートするAMD Aシリーズプロセッサ“Kaveri”が正式に発表された。HSA対応アプリケーションの開発プラットフォームとしても期待を集めているKaveriを中心に、HSAの現状と今後を探る。(2014/2/6)

もいちど知りたい、セキュアコーディングの基本(6):
動的メモリ管理に関する脆弱性
本連載の第2回と第3回では主にスタックバッファオーバーフローについて説明しました。今回はそれに関連して、スタックバッファオーバーフロー検知の仕組みに関する話を紹介し、その後、動的メモリ管理に関連する脆弱性を見ていきたいと思います。(2014/1/23)

IT用語解説系マンガ:食べ超(41):
ネイティブアプリ検証に求められる、サイバー人柱
実機検証は、精神戦。(2014/1/22)

Web開発者が手っ取り早くストアデビューする方法(後編):
JavaScriptベースでアプリを作りWindowsストアに申請
Windowsストア初心者のために(主に、HTMLやJavaScriptを扱うWeb開発者向けに)、簡単なアプリを開発してWindowsストアに手っ取り早くデビューする手順を解説します。後編では、Visual Studioを使ってHTML/JavaScriptでアプリを開発する手順を簡単なサンプルを交えて解説し、Windowsストアに申請します。(2014/1/22)

連載:Windowsストア・アプリ開発入門:
第9回 効果的に情報を提示する
Windowsストアアプリの「タイル」や「トースト通知」などの情報提示手段について学び、「ライブタイル」と「セカンダリタイル」を実装してみよう。(2014/1/10)

HTML5で業務向けWindowsストアアプリ開発入門(1):
HTML+JavaScriptでWindowsストアアプリを作るための基礎知識
本連載では、Webデザイナー/開発者に向けて、Windowsストアアプリの特徴と簡単な開発ノウハウを説明していきます。初回は、WebデザイナーがWindowsストアアプリを作れるとよい理由と、Windowsストアアプリの特長、HTML5+JavaScriptで開発する際の注意点、開発環境などについて。(2013/12/26)

製造業エンジニア、転職活動の心得:
システム開発会社からのメーカー転職。「メーカーで働きたい」だけではきっと落とされる
「メーカーで働きたい」とシステム開発会社からの転職を希望する組み込みエンジニアはたくさんいらっしゃいます。そんなシステム開発会社からのメーカーへの転職で問題になるのは、実は「上流工程の経験」といった経験・スキルの応募要件ではなく、まったく別の要因なのです。(2013/12/24)

セキュリティ業界、1440度(2):
PacSec 2013 レポート 2日目〜Chromeの守り方、マルウェアの見つけ方
第2回では、セキュリティカンファレンス「PacSec 2013」2日目に行われた2つのセッションレポートをお送りします。(2013/12/24)

PLCの国際標準プログラミング入門(2):
IEC 61131-3の特長〔前編〕5つのプログラミング言語と変数
「IEC 61131-3」と「PLCopen」について解説する本連載。今回は同規格に規定されている5種類のプログラミング言語と変数について説明します。(2013/12/10)

連載:Visual Studio 2013対応フレームワーク「.NET 4.5.1」解説:
アプリのモダン化とそれを実現する技術としての.NET Framework
最近、マイクロソフトが唱えている「アプリのモダン化」とは? これを実現するための要素としての.NET Framework、今後重要になりそうなテクノロジを紹介する。(2013/12/9)

2カ月で160本作った還暦開発者が送る10のアプリ開発ノウハウ(8):
手書きで入力した住所の位置をBing Maps SDKで地図上に表示するには
古(いにしえ)からのVBでWindows 8.1向けのさまざまな機能のアプリを開発する手順やコツを解説していく。今回は、「Microsoft日本語手書き認識エンジン」とBing Maps SDKの使い方をサンプルを交えて解説する。(2013/12/2)

モノづくりエンジニアのキャリアづくり:
組み込みエンジニアのニーズが急拡大。未経験分野に挑むチャンスも
現在は、マネジメントに就く手前の若手層をターゲットにしている求人情報が多く見受けられます。特に今はニーズが急増しているため「技術領域はマッチしなくても言語が使えれば選考の対象にする」といったような条件の緩和も一部で起こっており、選択肢の多い今はチャンスといえるでしょう。(2013/11/29)

C++ライブラリとして構築:
Facebook、Key-Valueストア「RocksDB」をオープンソース化
米Facebookは、同社内で高速ストレージ用に開発・使用してきた組み込み式の永続型Key-Valueストア「RocksDB」をオープンソースで公開したと発表した。(2013/11/25)

ヘルスケア、モンスタートラック、教育、環境問題、海洋調査に進出するJava、そして宇宙へ……JavaOne 2013まとめレポート(後編)
Java開発者の年次カンファレンス、JavaOne 2013のコミュニティキーノートの模様をを中心に、さまざまな話題をお伝えする。Java SEが標準バンドルとなったRaspberry Piディストリビューションや“MTaaS(Monster Truck as a Service)”、Javaで動かすレゴマインドストーム、10歳の驚愕Javaハッカーなどが注目だ。そして今年も、最後にあの人がやって来た!(2013/11/19)

IT業界 転職市場最前線(54):
骨を埋める覚悟で――最終地を求める30代後半
不況で冷え込んでいたIT業界の転職市場に、回復の兆しが見え始めている。だが、業種や職種によって採用数や条件に大きな差異が生まれている。転職市場の動向を追い、自身のキャリア戦略立案に生かしてほしい。(2013/11/1)

「Apache Cordova」サポートなども:
HTML5開発機能を強化した「NetBeans IDE 7.4」リリース
オープンソースの統合開発環境NetBeans IDEの最新版となる「NetBeans IDE 7.4」が2013年10月18日に公開された。HTML5開発機能の強化などが特徴だ。(2013/10/21)

無線通信技術:
IoT時代に備える、簡単な無線接続をかなえる11の機器(後編)
前編に続き、簡単な無線接続を提供するツールを紹介する。「Cortex-M3」を搭載したボードや、SDカード状のWi-Fiモジュールなどが登場する。(2013/10/21)

連載:Visual Studio 2013対応フレームワーク「.NET 4.5.1」解説:
.NET Framework 4.5/4.5.1概観
.NET Framework 4.5.1の新機能を、4.5も含めて概説。Win 8.1時代のアプリがどうなるかについても考察する。(2013/10/18)

SCF2013 開催直前情報:
超高速・高同期・省配線のEtherCATで統合型PC制御を――ベッコフオートメーション
「超高速・高同期・省配線の統合型PC制御ソリューション」をSCF2013のテーマに掲げるベッコフオートメーション。ブースでは、EtherCATの“生みの親”による統合型PC制御ソリューションが体感できる。(2013/10/18)

OSSによるアイデンティティ管理(2):
不正ログインを食い止めろ! OpenAMで認証強化
多発するパスワードリスト攻撃による不正ログインに対しては、リスクベース認証やワンタイムパスワード認証を含む多要素認証が効果的です。今回はオープンソースのアクセス管理ソフトウェアであるOpenAMの概要と、OpenAMが提供するリスクベース認証(アダプティブリスク認証、デバイスプリント認証)、ワンタイムパスワード認証(OATH/YubiKey認証)について解説します。(2013/10/23)

APIに新機能追加:
Google、「Chrome 31」のβ版公開
米Googleは「Chrome 31」のβ版を公開した。Android向けWebアプリケーションとのシームレスな連携、Web決済の円滑化、デスクトップ版Chromeのネイティブコードの移植性強化などが主な強化点である。(2013/10/4)

PC制御UIの最先端Leapアプリ開発入門(2):
ProcessingやJavaScriptでLeap Motionを動かす
画面タッチやマウスなどのように“触れる”ことなく空中ジェスチャでPC操作が可能な新しいデバイスLeap Motionを使い、これまでにないアプリを開発しましょう。今回は、Leapアプリのさまざまな対応環境を紹介し、ProcessingやJavaScriptでLeapを動かすアプリの開発環境を構築して、サンプルアアプリのコードを解説します。(2013/9/30)

CPU内蔵のGPUで演算も:
Intelコンパイラはここがスゴい、Xeon Phiで自動オフロード
「Intel Parallel Studio XE」が「2013 SP1」にバージョンアップした。プラグマを1行書くだけでXeon Phiや、第3世代Coreプロセッサ以降のCPUが備える統合GPUで演算処理を実行するコードを生成する機能を備えた。(2013/9/19)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/17)

目指せ! Cプログラマ(16):
プリプロセッサでプログラムの質を向上させよう
プログラミング言語Cの強力な機能の1つに、「プリプロセッサ」があります。正しく使えば、間違いが少なくて、意味も伝わりやすいプログラムを、より簡単に書くことができます。プリプロセッサを使いこなして、プログラムの質をぐっと向上させましょう。(2013/9/17)

さまざまなデバイス/インターフェイスで、Web開発者/デザイナも、そして世界中へ:
PR:デバイス&サービスのマイクロソフトが提供する3つのチャンスとは
Windows 8.1、Surface、Kinect、Xbox One…… さまざまなデバイスがつながる未来とは?Web開発者/デザイナにも基幹系システム構築案件をゲットするチャンスが来る。インストーラーはもういらない。流通コストを削減し全世界に展開できるストアの可能性―― 本稿では“デバイス&サービスカンパニー”のエバンジェリストチームに、マイクロソフトが目指すデバイスの姿と、開発者とのエコシステム構築について話を聞いた。(2013/9/17)

連載:Windowsストア・アプリ開発入門:
第1回 Windowsストア・アプリってどんなもの?
ついにWindows 8.1の正式版がMSDNサブスクライバー向けに公開された。無償アップデートとなるため、今後は新しいWindows 8.1ストア・アプリが一般化するだろう。最新環境向けに新たにアプリ開発を始める人のための連載スタート。(2013/9/13)

NIWeek 2013現地リポート:
PR:計測/制御機器もプログラム可能な時代へ、“28 nm FPGA+ARMプロセッサ”が後押し
あらゆるモノをネットワークで接続し、それらをソフトウェアで制御する。このような“プログラム可能な世界”への移行は、計測/制御機器の分野でも起こっているという。ナショナルインスツルメンツの“Software-Designed(ソフトウェア設計型)”のコンセプトは、そのトレンドをけん引するものだといえるだろう。この“Software-Designed”の進化の鍵を握っているのが、28 nmプロセスを使用した最先端のFPGAとデュアルコアプロセッサを組み合わせた独自のアーキテクチャだ。(2013/9/4)

ネイティブアプリ開発専用:
Intel、Android向けC++コンパイラを無償提供
米Intelは、Androidアプリケーションの開発に特化したC++コンパイラ「Intel C++ Compiler v13.0 for Android OS」の提供を開始した。期間限定で無償提供する。(2013/8/28)

テスト/計測:
【NIWeek 2013】組み込み機器制御でPLCに代わるソリューションを、“ARMプロセッサ+28nm FPGA”が鍵に
ナショナルインスツルメンツ(NI)は、モジュール式計測/制御用ハードウェア「NI CompactRIO」の新製品を発表した。ARMの「Cortex-A9」とザイリンクスの28nm FPGA「Artix-7」を1チップにしたSoC(System on Chip)を搭載していることから、高速な処理が可能になっている。NIは、「CompactRIOは、組み込み機器の制御に使われているPLC(Programmable Logic Controller)に代わるソリューション」だと提案する。(2013/8/26)

徹底解説:
PR:いまさら聞けない GUI開発フレームワーク「Qt」活用 〜組み込み機器開発で選ばれる理由〜
タッチパネルディスプレイの搭載、スマートフォンライクなリッチUIによる高い表現力と直感的な操作への要求は一般化しつつある。この流れは組み込み機器でも例外ではない。こうしたトレンドを受け、いま急速にその存在感を増しているのが、C++ GUI開発フレームワーク「Qt(キュート)」だ。なぜ、組み込み機器開発でQtが選ばれているのか。その理由に迫る!(2013/8/21)

テスト/計測:
【NIWeek 2013】“第4次産業革命”をNI製品で起こす――基調講演から
National Instrumentsのテクニカルカンファレンス/展示会「NIWeek 2013」がテキサス州オースチンで開幕した。初日の基調講演では「Industrie 4.0」や「Cyber-Physical Systems」といったキーワードを交えながら、一層活躍の場を広げる同社の新製品群が紹介された。(2013/8/7)

HTML5で可能になった6OS対応時代のスマート開発(1):
6つのモバイルOS向けにアプリを作るための基礎知識
本連載では「第三極」モバイルOSの登場で新時代を迎えたアプリ開発市場においてAndroid、iOS、Windows ストア(Windows 8)、Windows Phone、Firefox OS、Tizenの6OS全方位対応をするための方法論や課題について解説していきます。初回はモバイルOSの現状とWebプラットフォームの概要、Webベースのモバイルアプリ開発の基礎知識について。(2013/7/26)

Windows 8 デバイスドライバ開発入門(1):
知っておくと便利な「Visual Studio 2012」によるテスト署名
Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介する連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。第1回では、Windows 8のデバイスドライバ開発における導入知識とテスト署名の方法について取り上げる。(2013/7/26)

特集:次期Windows 8.1&Visual Studio 2013 Preview概説(後編):
大きく変わるWindowsストア・アプリ開発 〜 そのほかの変更点
Windows 8.1で変更/追加されたWindows Runtime APIや、XAMLコントロールの改良点/新機能、Visual Studio 2013のデバッグ関連新機能などを紹介する。(2013/7/24)

ITエンジニアの求人動向最前線(4):
基礎を固め、プラスアルファの専門を磨け
自分がしている仕事にどれほどの求人があるのか、気になったことはないだろうか。また、その動向に変化はあるのだろうか。そんなエンジニアの求人動向を紹介する。(2013/7/20)

C++標準ライブラリの活動も停止:
Apache、HTTP Server 2.0系のサポート終了
Apache Software Foundationは、Apache C++ Standard Libraryを活動停止プロジェクトにしたと発表した。また、Apache HTTP Server 2.0.65が公開され、今後2.0系のサポートは打ち切られる。(2013/7/19)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。