「Debian」最新記事一覧

関連キーワード

Debian創設者のイアン・マードック氏が死去
LinuxディストリビューションのDebianの立ち上げで知られるイアン・マードック氏が12月28日、42歳の若さで亡くなった。11月にDockerに参加したばかりだった。(2015/12/31)

Debian Report:
バレンタインにDebianを――2月14日、Debian 5.0リリースへ
DebianのメジャーバージョンアップとなるDebian 5.0、「Lenny」がバレンタインデーにリリースされる見込みとなっている。本稿では、Lennyで何が新しくなったのか、その変更点を中心にいち早く紹介しよう。(2009/2/13)

Debian Report:
「安定」と「更新」のはざまで――Debian 4.0r4aリリース
サーバ用途で人気の高いLinuxディストリビューションの1つであるDebian GNU/Linux。その最新動向を紹介しよう。(2008/9/9)

「弱い鍵」は更新を:
SSH鍵によるLinux攻撃はDebianの脆弱性が影響
攻撃にはDebianの「弱い鍵」の脆弱性が絡んでいる可能性があるとSANSが指摘した。(2008/8/28)

ベリサインがDebianなどの脆弱性に対応、SSLサーバ証明書を発行
日本ベリサインはDebianなどに利用されているOpenSSLなどの脆弱性問題に対応し、影響を受けた顧客にSSLサーバ証明書を発行する。(2008/5/20)

Security Incident Report:
Debian OpenSSLの脆弱性はあなたのシステムにも影響する
DebianのOpenSSLパッケージに脆弱性が見つかった事件。自分のシステムはDebianでもUbuntuでもないから安心だと思っているサーバ管理者は、それが大きな間違いであることに一刻も早く気づき、対策を施すべきである。(2008/5/20)

DebianのOpenSSLライブラリに予測可能な乱数の生成を行う脆弱性
OpenSSHやOpenVPNなどの暗号化にも用いられるOpenSSLライブラリに予測可能な乱数を生成してしまう脆弱性が発見された。DebianやUbuntuでOpenSSHなどを用いている方はすぐにチェックが必要だ。(2008/5/15)

Linux開発者はSunで何をしているのか
Debian創設者で、Sunのオープンソースプラットフォーム戦略責任者を務めるイアン・マードック氏が、OpenSolarisやLinuxについて語った。(2007/5/9)

Focus on People:
Debianプロジェクトの新リーダーSam Hocevar氏に対する初インタビュー
7名の対立候補を下して新たなDebian Project Leader(DPL)に選出されたSam Hocevar氏。同氏がこれから直面するであろう各種の課題についてどう取り組むつもりであるのかを質問してみた。(2007/5/6)

GNOME Foundation、モバイル推進イニシアチブを創設
創立メンバーには、Intel、Nokia、Red Hat、ACCESS、Canonical、Debian、Igalia、Imendio、OLPC、OpenedHandなどが名を連ねている。(2007/4/21)

Review:
Debian 4.0はDebianによるDebianの再定義
昨今ではDebianからUbuntuに転向する開発者やユーザーも珍しくない。もはやDeibanの存在価値はなくなってしまったのだろうか? 今週リリースされたDebianGNU/Linux 4.0は、そのような問いに対するDebian開発コミュニティーからの回答とも言えるリリースだ。(2007/4/19)

Debian創始者がSun入社へ
イアン・マードック氏はSunでOSプラットフォーム戦略を率いる。(2007/3/20)

与えるべきか否か:FOSSにおける報酬のトレードオフ
FOSSのプロジェクトへの参加への対価として報酬を与えることは、そのプロジェクトを衰退させてしまうのだろうか。Debianコミュニティー内部で起こったDunc-Tankプロジェクトに反対する動きからこの問題を考える。(2007/3/12)

LinspireがUbuntuベースに
LinspireとCanonicalの共同声明からは、DCCAが事実上形がい化していることと、このフォロワーが出てくるであろうことが見て取れる。Debianに暗い影が落ちる前兆だろうか。(2007/2/14)

CanonicalとLinspireが技術提携
LinspireおよびFreespireがDebianベースからUbuntuベースに移行する。(2007/2/10)

Trend Insight:
FirefoxをめぐるDebianとMozillaの対立の背景
12月にもリリースが予定されているDebianの最新バージョン。しかし、同梱する予定のFirefoxについて、Mozilla側と論争が起こっている。(2006/10/16)

Debian GNU/Linuxではじめるサーバ構築:
第1回:Debian GNU/Linux のインストール(その2)
今回は、前回に続いて「Debian GNU/Linux」のインストールの説明を行います。前回基本システムのインストールまで完了していますので、今回は、インストール後の各種基本設定を行います。(2006/7/24)

Debian GNU/Linuxではじめるサーバ構築:
第1回:Debian GNU/Linux のインストール(その1)
この連載は、現在Windows サーバの管理をしているがLinuxには触ったことがなかった方や、これからLinuxサーバを構築したいけどまったくわからないから心配で手を出せない、といった方を対象に、実際にサーバの構築を行いながら基本的な内容から実用的な設定方法までを学んでいきます。まずは、テーマを「Linuxのインストール」として、サーバを構築していくための準備を始めます。(2006/7/10)

VAリナックス、「VA Quest」のDebian GNU/Linux専用メニューを提供開始
VA Linux Systems Japanは、Linuxカーネル障害解析サービス「VA Quest」について、ネットサービスや組み込み市場での障害解析サービス適用を促進すべく、「Debian GNU/Linux専用メニュー」を新たに追加した。(2006/5/30)

Focus on People:
次期Debianプロジェクトリーダー、アンソニー・タウンズ氏に聞く
Debianプラットフォームを「バイタリティ、リクルーティング、ディレクション」という3つの言葉でまとめたのは、今回新たにDebian Projectのリーダーに就任したアンソニー・タウンズ氏。同氏に向こう1年間の抱負を聞いた。(2006/4/13)

「DebianのサポートはISVのサポート次第」――HPのガービー氏
米HPよりOpen Source & Linux Chief Technologistのビーデイル・ガービー氏が来日し、HPとオープンソースコミュニティーの関係、そしてオープンソース戦略の新機軸について述べた。(2006/4/11)

Debian、GNU Free Documentation Licenseについて決議
GNU Free Documentation Licenseとしてリリースされるマテリアルが、Debian Free Software Guidelinesと両立できることにDebianの開発陣が賛成票を投じたことは、GFDLの関連プロジェクト内部で燻り続けていた従来からの懸案事項に決着をつけることになるだろう。(2006/3/17)

DCC Alliance、エンタープライズを狙う新版コアをリリース
Debian Linuxをエンタープライズに普及させることを目指すDCC Allianceが、DCC 3.0コアをリリースした。「われわれには勢いがある」と加盟者は意気を上げる。(2005/12/9)

IBMのUbuntu認定はDebianの勝利
IBMがUbuntu 5.04上でDB2 Universal Databaseの動作を確認したことは、Debianにとって大きな前進である。ついに第3のグローバル・エンタープライズLinuxという、本来あるべき位置に立ったのだとマードック氏は話す。(2005/11/25)

Hack!Hack!Hack! Giga LANDISKをDebian化
個人でNASを導入するユーザーが増えてきた。しかし、パワーユーザーはNASとしてではなく、安価で小型のLinuxマシンとしてとらえているようだ。本特集ではGiga LANDISKをDebian化してみよう。(2005/8/31)

「筋が悪い」――八田真行氏、DCCAを斬る
LinuxWorld Conference & Expo San Francisco 2005で発表されたDebian Common Core Alliance(DCCA)。この発表に関して、八田真行氏にもコメントを求めた。(2005/8/11)

Interview:
Debian Common Core Allianceは弱者連合か?
とうとう正式に発表されたDebian Common Core Allianceだが、当初参加するとされていたVA Linuxの名前はなかった。これが意味するところについてVA Linuxの佐渡氏に聞いた。(2005/8/10)

Debianの新たな船出となるか? Debian Common Core Allianceが発足
 以前より今回のLinuxWorldで発表されると報道されていたDebian Common Core Allianceが正式に発表された。共通のコアを持つというUnitedLinux式戦略は果たして実を結ぶか?(追っかけ! LinuxWorld)(2005/8/10)

Ottawa Linux Symposium 3日目リポート
一部ではLinuxWorld以上に重要視されているOttawa Linux SymposiumをDavid-"cdlu"-Grahamが精力的にリポートする。3日目はXenやDebian-Women、カナダの著作権法の最新動向などの最新動向を取り上げる。(2005/7/29)

Red HatとNovellに対抗、エンタープライズ向けDebianに評価さまざま
8月のLinuxWorldでMandriva、Progeny、Turbolinuxの3社が共同で、Debian Linuxをベースとする新しいエンタープライズディストリビューションを発表するようだと情報筋は明かす。(2005/7/11)

Debian 3.1リリース直後にセキュリティ問題発覚
ようやくリリースされたDebian 3.1に、一部のアップグレードで自動セキュリティ更新が受けられない問題が発覚。修正アップデートがリリースされた。(IDG)(2005/6/9)

Debian Project、ついにsargeを公式リリース
約3年という長い開発の末、Debian GNU/Linux 3.1(sarge)が公式にリリースされた。(2005/6/7)

Interview:
中国がDebianに寄せる期待
VA Linux Systems Japanと新華Linuxは戦略提携を発表した。両社がDebianを推す理由は何か。中国におけるLinux市場の今も含め、VAリナックスの佐渡氏に聞いた。(2005/3/1)

VAリナックスと新華Linux、Debian GNU/Linuxを軸とした戦略提携を発表
VA Linux Systems Japanと新華Linuxは戦略提携を発表。「Debian Project」に対する貢献の強化と、Debian GNU/Linuxをベースとしたシステムの採用を推進する。(2005/3/1)

Debian JP project、Bagleワームの攻撃で一部サイト運用を停止
Debian GNU/Linuxの日本普及に向けて活動しているDebian JP projectは7月26日、「packages.debian.or.jp」の運用を停止すると発表した。(2004/7/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。