「大日本印刷」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

LPWA通信と電子ペーパーを活用:
パナソニック、電柱広告の共同実証実験を開始
パナソニックと東電タウンプランニングは、低消費電力広域(LPWA:Low Power Wide Area)無線通信と電子ペーパーを活用した電柱広告の実証実験を開始した。(2018/9/18)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
時流の節目こそ、勝負を仕掛けるチャンス――野村総合研究所 理事 楠真氏
「日本のITは元気がない!」と活を入れる野村総合研究所(NRI)理事の楠真(くすのきしん)氏。常にITの未来を見据えながら、35年以上にわたってITの難事難題を経験してきた楠氏が語る、日本企業とSIerが抱える問題点と改善策、元気なIT人材を育て活用するためのセオリーとは(2018/9/15)

VR空間の美術館で作品を間近で鑑賞できる 大日本印刷が「DNPバーチャルギャラリー」を開発
そのまま複製作品と交換できる機能も搭載。(2018/9/11)

作品を間近で鑑賞できる“VR美術館”、DNPが開発 美術館などに提供へ
大日本印刷がVR(仮想空間)空間に作られた美術館で、絵画や彫刻を実際に手に取っているかのように鑑賞できるシステムを開発した。美術館や出版社などに提供する。(2018/9/10)

CEDEC 2018:
ソシャゲのチートにも「海賊版サイト」 知識なくても使える不正アプリ横行
ゲーム会社が頭を抱える、一部ユーザーによるゲーム内不正行為(チート)。最近は知識がなくても不正アプリや改造ツールが入手できる海賊版サイトなどの存在もあり、企業側も対応に追われている。(2018/8/27)

「わーい!」と打つとかわいい書体で表示 大日本印刷が文に込められた感情をフォントで表現する技術を開発
チャットツールに導入されたら、相手の意図が分かりやすくなるはず。(2018/8/26)

話題や絵文字に合わせてフォントを自動変換するシステム、DNPが開発
大日本印刷(DNP)が、話題や絵文字を解析してイメージに合ったフォントを自動的に表示する「DNP感情表現フォントシステム」を開発した。同じ言葉の後ろに違う絵文字を付けると、それぞれ別のフォントに変換される。(2018/8/24)

モバイル決済の裏側を聞く:
手数料0%よりも“顧客体験”が重要 みずほ銀行のモバイル決済戦略を聞く
みずほ銀行が、Android向けに銀行口座直結の決済サービス「スマートデビット」を提供。iOS向けには、JR東日本と提携して「Mizuho Suica」も開始した。みずほ銀行は、モバイル決済に関してどのような戦略を持っているのだろうか?(2018/8/24)

家計簿アプリ「レシーピ!」のデータを活用:
大日本印刷、レシートデータを活用したWeb広告配信サービスを開始
大日本印刷は、家計簿アプリ「レシーピ!」のレシートデータをマイクロアドのデータプラットフォーム「UNIVERSE」のターゲティングデータに活用するWeb広告配信サービスを開始した。(2018/8/23)

五輪にらみ実証実験 :
交通各社、スマホ活用し訪日客を案内 障害者向け、駅や空港で導入
訪日外国人旅行者の増加などで駅や空港がにぎわう中、交通各社によるスマートフォンを活用した案内システムの実証実験が相次いでいる。新技術の導入で、障害者や日本語の分からない訪日客などの“交通弱者”も安心して旅客サービスを利用できる環境を整えるのが狙いだ。(2018/8/22)

口座からチャージ:
みずほ銀行、Apple Pay対応の「Mizuho Suica」開始 従来のSuicaと何が違う?
みずほ銀行とJR東日本が、新たなモバイル決済サービス「Mizuho Suica」を開始。みずほ銀行の口座からSuicaに直接チャージできるのが特徴だが、既存のApple Pay Suicaと違って制約もある。(2018/8/1)

ぜーんぶ妄想! 鉄道BIG4南田さんの「南田妄想鉄道」をアニメ化するなら? 本人に妄想してもらった
南田鉄道の妄想路線図も見せてもらった!(2018/7/19)

「実はマジすごい、超細かい」「よいアニ鉄教育できます」 鉄道BIG4も絶賛「アニメと鉄道展」が開催
アニメに描かれる鉄道描画や考証の「すごいところ」を一挙公開。開催は2018年8月19日まで。(2018/7/13)

特急「あさま」や「あずさ」など、トレインマークでグッズ制作 DNPが通販サイトオープン
許諾を得た各種コンテンツを使い、ユーザーが商品をデザインして購入できるオンデマンド通販サイトをDNPがオープン。第1弾はトレインマークだ。「あけぼの」「あさま」など好きなトレインマーク入りのTシャツやトートバッグなどを注文できる。(2018/7/12)

VRニュース:
2地点から撮影したパノラマ写真だけで高品位な360度パノラマVRを作成
大日本印刷は、2地点から撮影したパノラマ写真だけで、高品位な360度のパノラマVR映像を作成できる技術を開発した。画像の重なりやゆがみを抑制でき、場面の移動を鮮明でスムーズに表現できるようになった。(2018/6/27)

電気自動車:
全固体電池は材料から生産技術まで幅広い課題、オールジャパンで解決目指す
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、全固体リチウムイオン電池の研究開発プロジェクトの第2期を開始する。全固体リチウムイオン電池の製品化でボトルネックとなっている課題を解決する要素技術を確立するとともに、プロトタイプセルで新材料の特性や量産プロセス、車載用としての適合性を評価する技術も開発する。期間は2018〜2022年度で、事業規模は100億円を予定している。(2018/6/18)

製造マネジメントニュース:
RFIDを用いた次世代物流サービスの実用化に向けた協業
大日本印刷は、RFID(ICタグ)を用いた次世代物流サービスの実用化に向けて、東芝テック、日立物流と協業を開始した。製造地でRFIDを貼付することで、それ以降の製造拠点や物流センター、店舗などのあらゆるプロセスで活用できる。(2018/5/30)

楽天、出版取次3位の大阪屋栗田を子会社化 ITや会員基盤で書店販売をサポート
これまで筆頭株主でしたが、このたび大阪屋栗田からの第三者割当増資を引き受け子会社化しました。(2018/5/25)

楽天、出版取次の大阪屋栗田を買収
楽天は、出版取次3位の大阪屋栗田の第三者増資を引き受け、出資比率を51.0%に高めて子会社化すると発表した。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館、大日本印刷も第三者増資を引き受けて追加出資する。(2018/5/25)

エコシステムで書店をサポート:
楽天、出版取次3位の大阪屋栗田を子会社化
楽天が出版取次3位の大阪屋栗田を子会社化。今後は楽天グループの会員基盤やIT基盤を生かし、書店をサポートするエコシステムなどを創出するという。(2018/5/25)

空中により鮮明な映像を映し出す:
輝度と透明度を大幅向上、DNPの透明スクリーン
大日本印刷は、明るい場所でも鮮やかな映像を表示させることができるフロントプロジェクター用透明スクリーンを開発した。(2018/5/21)

明るい場所でも映像が空中に浮かび上がる……! 大日本印刷が開発した新たな「透明スクリーン」で二次元の夢広がりそう
バーチャルYouTuberとの相性も良さそう。(2018/5/14)

共同メディアの立ち上げも検討:
NTTドコモがオールアバウトと資本・業務提携、データ連携による共同広告商品の開発へ
NTTドコモは、オールアバウトと資本・業務提携契約を締結したと発表した。両社の事業資源を相互に活用し、新たなマーケティングソリューションの開発など両社事業の発展を目指す。(2018/5/11)

“VTuber”イベントで活躍? 大日本印刷、新型「透明スクリーン」 透明度と鮮明さを向上
大日本印刷が新型のプロジェクター用透明スクリーンを開発。より映像が鮮明に。(2018/5/9)

「サービス強化」:
DNP、本体にネット書店「honto」吸収
大日本印刷(DNP)は5月2日、子会社トゥ・ディファクトが運営するハイブリッド型総合書店「honto」を7月1日付で承継すると発表した。(2018/5/7)

顔認証で残高・取引明細照会サービスを 京都中央信用金庫が提供へ
顔認証による本人認証で利用者の利便性向上とセキュリティの強化を図った。(2018/5/2)

ふぉーんなハナシ:
ドコモの水色SIM、従来のピンクSIMと何が違う?
現在、ドコモのスマートフォンを購入すると、水色のSIMカードが適用される。従来のピンクSIMとは何が違うのか? ドコモに聞いてみた。(2018/4/18)

VRニュース:
ダイレクトメールとして郵送できる紙製スマートフォンVRゴーグルを販売
WHITEと大日本印刷は、共同でダイレクトメールとして郵送できる紙製スマートフォンVRゴーグル「Milbox POST」を開発した。折り畳んだ時のサイズが130×182mm、厚み1mmで、VRコンテンツを手軽に視聴できる。(2018/4/13)

超難度絶対フォント感が試される「フォントの日」
4月10日「フォントの日」を記念するイベントが開かれた。(2018/4/11)

スマホの画像、街角の証明写真機でプリント可能に はがきサイズの「100円Piプリ」
大日本印刷(DNP)の子会社DNPフォトイメージングジャパンが、スマートフォンで撮影した写真を証明写真機「Ki-Re-i」(キレイ)でプリントできるサービス「スマホから写真 100円Piプリ(ピプリ)」を始めた。(2018/4/10)

セキュリティSIM:
DNPとNTTコム、IoT機器のセキュリティ向上機能を追加した新たなSIM
大日本印刷とNTTコミュニケーションズは、IoT機器がモバイル回線を利用する際に必要なSIMに、通信データの暗号化などセキュリティを向上する機能を追加した「セキュリティSIM」の開発を開始する。(2018/4/2)

スマホで真贋判定できるホログラム、絵柄をより見やすく DNPが新開発
LEDライトを当てると文字や絵が浮かび上がり、真贋判定が可能になる「リップマン型ホログラム」をDNPが開発した。従来のエンボス型と比べると、より視認性がアップ。(2018/3/30)

東京大学 大日本印刷 スキンディスプレイ:
薄型で伸縮自在なスキンディスプレイに表示できるセンサーシステム
東京大学と大日本印刷は、薄型で伸縮自在なスキンディスプレイの製造に成功。スキンセンサーで計測した心電波形の動画を、皮膚上に貼り付けたスキンディスプレイに表示できるセンサーシステムを開発した。(2018/3/30)

IoTセキュリティ:
IoT機器のセキュリティを向上する機能を追加した新たなSIMの開発を開始
大日本印刷とNTTコミュニケーションズは、IoT機器がモバイル回線を利用する際に必要なSIMに、通信データの暗号化などセキュリティを向上する機能を追加した「セキュリティSIM」の開発を開始する。(2018/3/26)

リテールテックJAPAN2018:
レジ自動化はどこまで可能か、生体認証やRFID、画像認識でレジレスにたどり着け
「リテールテックJAPAN 2018」で注目を集めたのが、レジの自動化につながるソリューションの展示だ。NEC、富士通、日立製作所、SCSK/サインポスト、ヴィンクス/パナソニック、大日本印刷のレジ自動化関連の展示についてレポートする。(2018/3/16)

ウェアラブルニュース:
薄型で伸縮自在なスキンディスプレイに表示できるセンサーシステムを開発
東京大学と大日本印刷は、薄型で伸縮自在なスキンディスプレイの製造に成功。スキンセンサーで計測した心電波形の動画を、皮膚上に貼り付けたスキンディスプレイに表示できるセンサーシステムを開発した。(2018/3/13)

より安全なIoT環境を実現する:
DNPとNTT Com、セキュリティSIMを共同開発へ
大日本印刷(DNP)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、SIM(Subscriber Identity Module)とSAM(Secure Application Module)の機能をICチップ内に一体化した「セキュリティSIM」の共同開発を2018年3月より始める。(2018/3/8)

ICチップ内にセキュリティ機能を実装:
IoT機器のモバイル通信向けに、大日本印刷とNTT Comが「セキュリティSIM」を共同開発
大日本印刷とNTTコミュニケーションズは、IoT機器向けにセキュリティを高めた、モバイル通信に利用するSIMを共同開発する。1つのICチップに、SIMの機能と、セキュリティ確保のためのSAMの機能を実装する。(2018/3/6)

皮膚に貼れ、伸縮自在な「スキンディスプレイ」東大など開発
東京大学は、大日本印刷と共同で、皮膚に貼り付けて使う薄型・伸縮自在な「スキンディスプレイ」を開発したと発表した。「スキンセンサー」で計測した心電波形の動画を、スキンディスプレイに表示できたという。(2018/2/20)

皮膚に密着、手軽に健康管理:
薄型で伸縮自在、スキンディスプレイを開発
東京大学と大日本印刷は、薄型で伸縮自在なスキンディスプレイを共同開発した。スキンセンサーなどと組み合わせることで手軽に健康管理が行える。在宅ヘルスケアなどへの応用を見込んでいる。(2018/2/20)

東芝テック、日本マイクロソフトなどが参加、町田市の27店舗で実施:
経済産業省・NEDO、30の企業・団体と電子レシートおよびAPIの標準化に向けた実証実験を開始
経済産業省は、東芝テックや日本マイクロソフトなど30の企業、団体の参加を受け、「電子レシートおよびAPI」の標準化に向けた「電子レシート」の標準化に向けた実証実験を東京都町田市で実施する。店舗での購買履歴を電子データとしてクラウドに保管することで、消費者は、レシート情報をスマートフォンのアプリで確認でき、店舗は、異なる店舗にまたがった購買情報をビッグデータとして活用できる。(2018/2/1)

クルマの湾曲部分に使える樹脂ガラス、大日本印刷が開発 車体軽量化ニーズに対応
大日本印刷が、電気自動車(EV)のリヤウィンドウなど湾曲した部分に使える「曲面樹脂ガラス」を開発した。一般のガラスより割れにくく、重量は約半分という。(2018/1/17)

リアル書店の検索機から「ネット在庫」「電子書籍版」検索可能に 丸善ジュンク堂
丸善ジュンク堂書店の店頭に設置されている在庫検索機から、ネット通販の在庫情報や電子書籍の販売情報を表示する機能が追加された。(2018/1/16)

「新しいライフスタイル提案」:
「TSUTAYA」のCCC、主婦の友社を買収 「主婦向け」強化か
「TSUTAYA」運営会社が主婦の友社を買収。「新しいライフスタイル提案を行う」という。(2017/12/15)

TSUTAYA運営会社、主婦の友社を子会社化
TSUTAYAや蔦屋書店などを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、傘下のカルチュア・エンタテインメントを通じ、主婦の友社を子会社化。(2017/12/15)

CCC、主婦の友社買収報道について公式発表 「当社が発表したものではございません」
日本経済新聞が12月13日に報じていた。(2017/12/13)

書店づくりに生かす:
「TSUTAYA」のCCC、主婦の友社を買収か
「TSUTAYA」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブが、主婦の友社を買収する方針を固めたと一部が報じた。(2017/12/13)

デロイト サイバーアカデミー、サイバーレンジで学ぶインシデント対応の実践型演習を拡充
大日本印刷(DNP)とデロイト トーマツ リスクサービス(DTRS)が連携し、「デロイト サイバーアカデミー」にイスラエルIAIの訓練システム「TAME Range」を活用した実践型訓練を追加した。(2017/11/29)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
累積赤字約50億円 ネット印刷「ラクスル」“攻めの姿勢”は実るか
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/11/24)

東京メトロ、妊婦と席譲りたい乗客をマッチング 「LINE」活用
メッセンジャーアプリ「LINE」を活用し、列車内で席に座りたい妊婦と席を譲りたい乗客をマッチングする実証実験を、東京メトロなどが行う。(2017/11/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。