「エボラ出血熱」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エボラ出血熱」に関する情報が集まったページです。

死亡率75%! コウモリが運ぶ「死のウイルス」インドで拡大 日本製薬品に期待も
インドで、コウモリが宿主とみられる「ニパウイルス」が拡大し、感染症による死者が相次いで確認された。発症した場合、最高75%が死亡するとされる致死性の高いウイルスだ。地元メディアには日本企業の薬品に期待する記事が登場している。(2018/6/13)

医療におけるIT活用の“一歩先”とは
医療IT事例2選――「多職種協働」を踏まえたクラウド利用、セキュリティ対策
医療機関におけるクラウドインフラや情報セキュリティ対策、そして医療の質向上に貢献する電子カルテ活用といった先進的な取り組みをしている医療機関の事例を紹介する。(2017/4/19)

将来は遠隔診療への取り組みも視野に
「待合環境を快適にするにはスマホが必須」とアイさくらクリニックが考える理由
混雑する待合室を少しでも快適に――そう考えて「iPhone」「iPad」などのモバイル端末活用を中心としたIT環境を構築したアイさくらクリニック。どのような観点でシステムを選んだのか院長に聞いた。(2017/4/18)

国内外で実績を積んだ医療機器プログラム
1秒が生死を分ける救急医療の現場にITを、画像診断アプリ「Join」が目指す医療IT構想
薬事法改正により、単体プログラムだけで「医療機器」と認められるようになった。2016年4月1日に「医療機器プログラム」として保険適用を開始した第1号のアプリが「Join」だ。誕生の道のりを開発者に聞いた。(2016/10/25)

クリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第3回】
「無線LANの通信速度が思ったほど速くない」、その原因と解決策は?
無線LANの通信速度の低下は、電波干渉、接続端末台数、何らかのボトルネックの存在に由来することがほとんどです。無線LAN接続の仕組みを基礎からおさらいして、問題の切り分け方と対処法を学びましょう。(2016/10/17)

クリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第2回】
いまさら聞けない無線アクセスポイントの選び方、クリニックで“安全”に増設するには
医療機関で使用する無線LANアクセスポイントは、「モバイル端末が接続できれば何でもいい」わけではありません。認証方式はどれを選ぶべきか、設置場所はどこがいいのか、ポイントをおさらいしましょう。(2016/9/14)

医療機器ニュース:
熱帯感染症診断に適した遺伝子検査システムの共同研究を開始
長崎大学は、熱帯感染症や新興・再興感染症を対象にした新たな遺伝子検査システムの開発について、東芝メディカルシステムズと共同研究契約を締結した。2016年8月から2年間、共同研究に取り組む。(2016/8/23)

モノづくり最前線レポート:
外資系製造業が国内生産に踏み切る理由――3Mの防じんマスクの場合
製造業にとって日本国内で生産を行うには一定のリスクが伴う。特に、外資系の製造業であれば、新興国で低コストで生産し、それを輸入販売すればよいので、国内で新たに生産を始める必然性は低い。しかしこのほど、グローバル企業・3Mの日本法人であるスリーエム ジャパンは、防じんマスクの国内生産に踏み切った。その理由とは。(2016/8/19)

Watsonは常識に欠ける
実用段階に入ったIBM「Watson」だが……導入には高過ぎるハードル
営業支援コンサルタントやロボット弁護士、規制調査アプリケーションなど、人工知能「Watson」の導入実績も増えてきた。しかし、Watsonを導入するためには高い高いハードルを乗り越える必用がある。(2016/8/8)

クリニックの無線LAN設定、お悩み解決塾【第1回】
クリニックの無線LAN構築、まずはルーターを集約してネットワークを整理しよう
「無線LANルーターを入れたのに思ったような通信速度が出ない」という医療現場の声を解決するには、ベンダー任せだけでは限界があるものです。まずは院内にあるルーターの数と設置場所を見直してみませんか。(2016/7/25)

ひと目で分かるUIと、安全なデータ共有
「エボラ出血熱」拡大阻止の現場、災害医療モバイルアプリはどう活躍したか?
エボラ出血熱の大流行に対する国際対応において、ある非営利団体は地域医療従事者が調査対象からデータを収集するためのモバイルアプリを活用した。(2016/6/17)

科学思考を日常へ:
「体験型はもう古い」 リニューアルした日本科学未来館の狙いと新しい展示をチェック
リニューアルした日本科学未来館は従来の科学館とは一線を画す、どこにもない新しい科学館を目指す。(2016/4/21)

Enterprise IT Kaleidoscope:
MicrosoftがWindows 10から乗り出すサイバー攻撃対策とは?
Microsoftはセキュリティ機能の「Windows Defender」を進化させた「Windows Defender Advanced Threat Protection」を次のWindows 10に盛り込む予定だ。進化版はどんなセキュリティ対策を可能にするのか。(2016/3/9)

WHOが「ジカ熱」の緊急事態宣言、エボラ出血熱以来 小頭症やギランバレー症候群との関連性疑われる
流行中のブラジルから、リオデジャネイロ五輪を通して世界的に広がる恐れが。(2016/2/2)

データサイエンティストが太鼓判
「R」だけじゃない、使えるオープンソースのデータ可視化ツール
オープンソースのデータ可視化技術が成熟化し、ユーザーは、「現在入手可能なツールは多様な可視化ワークロードに対応できる」と歓迎している。(2015/10/5)

“データマネタイゼーション”の可能性
情シス部によるデータの外販が広がる? 会社から圧力が強まる“収益化”
“データマネタイゼーション”は新たなゴールドラッシュを巻き起こすのだろうか。CEOと取締役会はそのように考えており、CIOに一獲千金の期待を寄せている。(2015/8/21)

ホワイトペーパー:
データサイエンス導入戦略ガイド
オープンデータの動きが盛んになり、データ分析技術の高度化が進む中、データサイエンスが幅広い分野に利用され始めている。(2015/8/3)

Computer Weekly製品導入ガイド
エボラ出血熱対策に活用されるモンテカルロモデル
援助を効果的に配備するために、数学者はデータ分析技術を使ってエボラ出血熱の感染がどう拡大するかを予測している。(2015/6/9)

福岡県の男性にエボラ感染疑い ギニアに滞在歴、エボラ患者との接触はなし
5月4日までギニアに滞在、5月18日に発熱がみられたとのこと。(2015/5/18)

医療技術ニュース:
新たなエボラウイルスワクチンの開発に成功、霊長類で有効性を証明
東京大学医科学研究所の河岡義裕教授らの研究グループは、新しいエボラウイルスワクチンを開発した。実験では、新ワクチンを接種したサルにエボラウイルスを接種しても感染しないことが明らかとされた。(2015/4/18)

米国の代表的な事例を紹介
エボラ熱の発生を検知、「医療ビッグデータ」活用の最前線を見る
医療費を引き下げるには、機械学習や患者エンゲージメントなどの技術が効果的だ。集団健康管理(PHM)に寄与できるこれらの技術をどう活用すべきか。実際の活用事例を見ていこう。(2015/4/7)

東京大学、安全性の高いエボラウイルスワクチンの開発に成功
安全性・効果、ともに高いとの結果(サルに接種し検証済み)。(2015/3/30)

医療技術ニュース:
エボラ出血熱の検査時間を3分の1に短縮する試薬、西アフリカで評価開始
長崎大学と東芝は、同大学の熱帯医学研究所が開発したエボラ出血熱検査試薬(プライマー)の実用化に向け、実検体を用いた実用性評価を2015年3月17日から西アフリカのギニアで開始する。(2015/3/11)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第34回 計画的偶発を引き寄せる――「未踏スーパークリエータ」のキャリアの築き方
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなた自身のキャリアプラニングに、ぜひ役立ててほしい。(2015/2/27)

エボラ陰性、シエラレオネ居住の70代女性
インフルエンザだったとのこと。(2015/1/19)

都内でエボラ疑い シエラレオネ滞在の女性を検査
18日朝に発熱、検査結果は19日未明に出る予定とのことです。(2015/1/18)

医療技術ニュース:
エボラ出血熱の早期発見のため、高精度な携帯型検査キットを開発
STM、Clonit、スパランツァーニ研究所は、リアルタイム・ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)法を採用した、高精度で小型、かつ短時間で検査可能な携帯型検査キットを開発した。エボラ・ウイルスを75分以内に検出できる。(2015/1/5)

シエラレオネから帰国の男性、エボラウイルス検出されず
よかった……!(2014/12/29)

シエラレオネから帰国の男性にエボラ疑い 「遺体袋に接触」と報告
現在は感染の有無について検査中、エボラ患者との接触はなかったものの、遺体が入った袋に触れたとのこと。(2014/12/29)

Google検索の2014年まとめ 世界のトップは「ロビン・ウィリアムス」
Googleが年末恒例の検索語まとめを発表した。今年はランキングの他、「ロゼッタ」や「セルフィー」など幾つかの人気のキーワードにまつわる詳解ページも公開された。(2014/12/17)

視点:
VUCAワールドを勝ち抜くために経営者は何をするべきか?
企業を取り巻く環境は大きく変わっている。2000年代前半ですら、インターネットの急速な普及や情報技術の進展により、その前とは大きく変わっている。この10年間の変化は更にスピードを速めている。(2014/12/15)

Appleのティム・クックCEO、Financial Timesの「今年の人」に
Financial Timesは、「ティム・クックCEOは今年、故スティーブ・ジョブズ氏の影から抜け出し、自分自身の価値体系と優先順位をAppleに刻んだ」として同氏を「今年の人」に選んだ。(2014/12/13)

2014年の漢字、2位以下には「熱」「嘘」「災」など
1位は「税」でした。(2014/12/12)

今年の英単語は「pandemic」(パンデミック/全国・世界的流行病)に決定 エボラ出血熱のインパクトは大きかった
「tax increase」(増税)、「invitation」(誘致)などランクイン。(2014/12/12)

今年話題の出来事は?:
Facebookで2014年を振り返る
米Facebookは現地時間12月9日、「2014年をFacebookで振り返る〜今年のまとめ(year in review)」を発表した。またこれに合わせ、日本国内でも、2014年Facebookで話題になった出来事をまとめた「2014年をFacebookで振り返る〜今年のまとめ」を発表した。(2014/12/10)

20〜40代の人に聞く、2015年に話題になりそうなことは?
2014年も残すところわずかとなったが、今年に起きた出来事のうち印象に残っていることは何だろうか。20〜40代の人に聞いたところ……。ユーキャン調べ。(2014/12/9)

国境なき医師団の活動に見る:
エボラ出血熱が引き起こす“次の悲劇”とは――流行地の実情
エボラ出血熱に命を賭けて立ち向かう国境なき医師団。西アフリカの地で、エボラ出血熱が実際にどのような影響を与え、医療者はどのように対応しているのか――現地の実情に迫ります。(2014/12/4)

いまさら聞けない原価管理入門(6):
「ギリギリを攻める」の“ギリギリ”って何? ――限界利益について
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。最終回となる今回は、もうかるかもうからないかのギリギリの境界線となる「限界利益」について、解説します。(2014/12/1)

窪田順生の時事日想:
「厳罰化」で解決できるのか 企業の秘密漏えい問題
「経済産業省が不正競争防止法を見直す」などと、日経新聞が報じた。企業の営業秘密を外国企業に漏らした者に対して罰則を強化するというものだが、厳罰化によって問題は解決するのだろうか。(2014/11/25)

「STAP細胞はあります」「妖怪ウォッチ」「JKビジネス」──流行語大賞候補50語発表
「STAP細胞はあります」「妖怪ウォッチ」など50語が、今年の流行語大賞候補に選ばれた。(2014/11/19)

「壁ドン」「レリゴー」「号泣会見」 新語・流行語大賞の候補発表
ほかにも「妖怪ウォッチ」「ダメよ〜ダメダメ」などなど。(2014/11/19)

「熱が38度ある」「リベリア行ったかも」エボラ思わせるウソの通報 男を逮捕
人騒がせな……。(2014/11/15)

ギニアから入国の女性 エボラウイルス検出されず
ギニアから日本に入国し、発熱の症状を訴えた女性からエボラウイルスは検出されなかった。(2014/11/8)

ギニアから入国の女性、発熱で検査へ エボラ感染の有無は確認中
結果は8日昼すぎに判明する見込みとのこと。(2014/11/8)

リベリアから帰国→発熱の男性、エボラウイルスは検出されず
男性は4日にリベリアから帰国、その後発熱を訴え、念のためエボラウイルスに感染していないか検査を受けていた。(2014/11/8)

FacebookのザッカーバーグCEO、公開Q&Aで毎日同じTシャツの理由も告白
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが「Q&A with Mark」ページでユーザーからの質問にライブで答えた。映画「ソーシャル・ネットワーク」についてやトレードマークのグレーのTシャツについても率直に語った。(2014/11/7)

SmartNewsに「日本政府チャンネル」 政府や各省庁の最新情報を集約
ニュースアプリ「Smartnews」に、政府や各省庁の最新情報を集約する「日本政府チャンネル」が開設された。(2014/11/4)

医療機器 メルマガ 編集後記:
エレクトロニクスの要素技術で水際対策の限界を上げる
実用化を切実に望みます……。(2014/11/4)

リベリアから到着の男性、エボラウイルス検出されず
検査の結果エボラウイルスは検出されなかった。(2014/10/28)

【速報】リベリアから羽田空港到着の男性、エボラ出血熱感染の可能性で検査へ ※追記
まずは検査。(2014/10/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。