「酵素」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「酵素」に関する情報が集まったページです。

研究開発の最前線:
人工細胞で糖からイソプレンを合成する技術「自然界では不可能な驚異的レベル」
横浜ゴムは、理化学研究所、日本ゼオンとの共同研究により、バイオマス(生物資源)から効率的にイソプレンを生成できる「世界初」(横浜ゴム)の新技術を開発した。(2018/7/27)

医療技術ニュース:
コアラはなぜ猛毒のユーカリを食べられるのか、全ゲノム配列の解読から明らかに
京都大学は、オーストラリア博物館が指揮する「コアラゲノム・コンソーシアム」に参加し、同コンソーシアムがコアラの全ゲノム配列の解読に成功したと発表した。(2018/7/23)

医療技術ニュース:
ベンゼンを常温常圧でフェノールに変換する細菌を開発
名古屋大学は、大腸菌の中にある酵素のスイッチをオン状態にすることが可能な化学物質を開発し、ベンゼンを常温常圧の温和な条件でフェノールに変換する細菌を開発した。(2018/6/25)

「きゅうりは世界一栄養がない」「食べると逆にビタミンCが壊れる」って本当? “きゅうりダメ野菜伝説”を検証してみた
「ギネス世界記録に登録されている」なんていわれていますが……?(2018/6/22)

70歳以上がターゲット:
吉野家、「うな丼の具」を介護食に 特殊加工で「小骨が気にならない」
吉野家が、ウナギのかば焼きを介護食として販売する。高齢者が食べやすいようやわらかく加工した点が特徴。70歳以上の高齢者がターゲットで、病院などの法人向けに展開する。(2018/6/15)

医療技術ニュース:
生物の形質改良を加速する新しいゲノム改良技術を開発
東京大学は、生物のゲノムDNAを大規模に再編成して形質の改良を著しく効率化する新技術の開発に成功した。さまざまな有用形質を持つ微生物や、新しい作物品種を効率的かつ高速に育種することが可能になる。(2018/6/8)

洗濯機に黒いカビが……洗濯機の掃除方法を教えて!
(2018/5/11)

蓄電・発電機器:
CO2を原料に太陽光で発電、藻類で作る「バイオ燃料電池」を開発
大阪市立大学の研究ループが、水を原料に可視光でCO2を消費しながら発電するバイオ燃料電池を開発。藻類の光合成機能を活用したもので、発電と同時に水素のエネルギーキャリアや薬品に利用されるギ酸も生成できるという。(2018/5/10)

日本人はお酒に弱くなるよう進化してきた――遺伝子情報から判明
なぜアルコールに弱い体質が残るよう世代を重ねてきたのか、理由は不明。(2018/4/27)

ねとめし:
“浸けておくだけでやわらか〜!!”な炊飯器ローストビーフがしっとりうまい 舞茸を使うのがポイント
うんまっ……!(2018/3/30)

医療技術ニュース:
脳の深部イメージングの性能を非浸襲で飛躍的に向上、人工生物発光システム
理化学研究所は、脳の深部を観察できる人工生物発光システム「AkaBLI」を開発した。天然基質による従来法に比べ、発光シグナルを100〜1000倍の強さで検出できる。非侵襲のため、ストレスに影響を受けやすい生体現象を調べる上で有用な手法だ。(2018/3/19)

医療機器ニュース:
バイオケミカルセンサーチップを開発、微量の液体から特定の溶質を高感度に検出
大阪大学は、レーザー光の照射により非線形光学結晶から発生するテラヘルツ波を用いて、極微量の溶液中の溶質濃度を高感度かつ定量的に検出できる超高感度バイオケミカルセンサーチップを開発した。(2018/3/8)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則:
EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。今回は、新規獲得のための広告クリエイティブについて掘り下げていきます。(2018/2/23)

医療技術ニュース:
薬剤耐性B型肝炎にも作用する治療薬の開発へ、エイズウイルスが貢献
産業技術総合研究所は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を用いて、現在B型肝炎治療に広く用いられている核酸アナログ製剤「エンテカビル」が作用する仕組みと、薬剤耐性が生じる仕組みを明らかにした。(2018/2/19)

ショウジョウバエの眼が翅になる仕組み、東北大が解明 再生医療に応用へ
東北大学の研究グループが、ショウジョウバエの眼が翅になる仕組みを解明。再生医療分野での応用が期待できるという。(2018/1/12)

「狭いキッチンでも料理を楽しみたい」 機能充実のコンパクトな3ドア冷蔵庫 AQUAから登場
AQUAブランドから、コンパクトな3ドア冷凍冷蔵庫「AQR-SV24G」が登場。冷蔵室、冷凍室、野菜室が独立しており、「旬鮮チルド」も搭載。1月17日から販売開始。(2018/1/12)

医療技術ニュース:
がん細胞の増殖は二刀流、増殖を遅くする敵を倒しながら増える
京都大学は、細胞が本来持っている防御ネットワークを突き破って異常増殖する、がん細胞特有の性質を説明する分子機構を発見した。今後のがん治療や新たな分子標的治療の開発に貢献することが期待される。(2018/1/12)

医療機器ニュース:
生存する細胞を含む組織や臓器をバイオ3Dプリンタで造形する技術
大阪大学は、細胞の生存をほとんど損なわずに、細胞を含んだ立体構造物をインクジェット式のバイオ3Dプリンタで造形できる技術を開発した。再生医療分野への貢献が期待される。(2018/1/10)

「臭いものに蓋。それを取りに来た」 若者に「くさや」の魅力を伝える「くさやバー」南池袋にオープン
日本の伝統食、おしゃれに食べてみない?(2017/12/22)

医療技術ニュース:
強い抗がん作用を持つ活性化抑制因子を同定、酸化ストレスを介した細胞死促進
東北大学は、酸化ストレスを介した細胞死を促進する新規がん抑制分子を発見した。細胞死を誘導するキナーゼ分子の新たな活性化促進因子として「TRIM48」を同定し、これを高発現したがんは細胞死が起きやすく、増殖が抑制されることが分かった。(2017/12/21)

がん細胞への栄養補給を制限する物質、東大が発見 新たな治療法の開発にも
東京大学の研究グループが、がんへ栄養供給を行う「がん血管」が作られるのを抑制する物質を発見した。(2017/11/14)

一度変えた遺伝子を「アンドゥ」 革命的遺伝子編集技術で可逆的治療、実現へ
「分子のハサミ」で遺伝子のRNAをカット&ペーストできるように。(2017/10/26)

蓄電・発電機器:
太陽電池と燃料電池が融合、新触媒を九州大学が開発
九州大学の研究グループが開発。水素をエネルギー源として燃料電池が、水と光をエネルギー源として太陽電池が駆動するという。(2017/10/11)

医療技術ニュース:
増えない細胞だったニューロンの細胞分裂に成功、新たな脳再生医療へ
東京医科歯科大学は、大脳皮質ニューロンの細胞分裂を妨げる仕組みを突き止め、さらにそれを解除する低分子化合物を同定し、脳梗塞モデルニューロンを細胞分裂させることに成功した。(2017/10/10)

胃がんの多い日本人 原因はピロリ菌が作るタンパク質 東大の研究で判明
日本を含む東アジア諸国のピロリ菌が作るタンパク質は、欧米型のものよりも強力に酵素と結びついて細胞のがん化を促進させるという。東大の研究グループが発表。(2017/9/20)

医療技術ニュース:
100年来の謎、大腸がんの代謝が変化する仕組みを解明
慶應義塾大学は、100年来の謎だった、がんの代謝を制御する因子を初めて明らかにした。大腸がんの代謝に関わるのはがん遺伝子MYCであり、MYCとMYCが制御する代謝酵素遺伝子の発現を抑制することで、大腸がん細胞の増殖も抑制された。(2017/9/14)

洗濯機のイヤな臭いは4種類 種類別の原因と解決法まとめ
気になる洗濯機の臭い対策、原因別の解決法をまとめました。【訂正】(2017/9/13)

猫にアロマオイルが危険なのはなぜ? 動物病院に聞いてみた
進化の過程に原因が……?(2017/9/10)

OpenGLベースで開発中:
Facebook、機械学習で作成した視覚効果をスマホに
Facebookは、機械学習で作成した視覚効果をスマートフォンに搭載する技術を開発中など、人工知能(AI)をスマートフォンに取り入れることに積極的になっている。(2017/9/5)

専門家に聞く、猫に食べさせてはいけない物とは? ペットのNG食材をまとめてみた
お魚くわえたドラ猫、毎日生魚だけはダメですぞ。(2017/8/11)

自然エネルギー:
人工光合成でCO2をギ酸に、変換効率を2倍に向上
大阪市立大学の研究グループは新しい人工補酵素を用い、光還元反応による二酸化炭素(CO2)を利用したギ酸の生成速度向上に成功した。人工光合成技術における触媒の設計・開発指針に寄与する成果だという。(2017/8/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「目隠しレストラン」が人気なのか
目隠しをして、肉が香ばしく焼ける音をヘッドフォンで聞きながら熟成肉を楽しむ「旬熟成 GINZA GRILL」が人気を集めているという。(2017/8/9)

医療技術ニュース:
がん組織周辺で抗がん剤を合成・放出する糖鎖高分子ベシクルを開発
京都大学は、物質透過性を持つ糖鎖高分子ベシクルを開発した。がん組織周囲で抗がん剤を合成し、放出する医療ナノデバイス(ナノファクトリー)として機能する、初めての材料となる。(2017/8/4)

医療技術ニュース:
糖尿病治療薬の致死率50%の副作用に有効な治療薬、九州大などが発見
九州大学は、糖尿病治療薬「メトホルミン」の致死的な副作用である乳酸アシドーシスに対する治療薬として、PHD阻害剤が有効であることを明らかにした。(2017/7/21)

スマートハウス:
「人工光合成ハウス」実現へ、CO2を消費してエネルギー完全自給
太陽光エネルギーを利用し、CO2を新たな燃料に変換する人工光合成技術。地球温暖化対策や新しいエネルギー利用の手法として注目が集まるこの技術を、住宅に応用する注目の実証実験が沖縄で始まる。太陽光エネルギーを利用してCO2と水から水素の燃料となるギ酸を生成・貯留する。ギ酸から水素を生み出し、住宅のエネルギーとして利用するという。(2017/7/13)

医療機器ニュース:
ヒトが消化吸収できるコンドロイチンを量産、水による分子結合切断で低分子化
丸共水産と北海道立総合研究機構は、ヒトの消化管での吸収性を大幅に高めた糖鎖オリゴマーを開発し、量産する技術を確立した。この糖鎖オリゴマーは、機能性食品や化粧品/医療用素材などでの活用が期待される。(2017/7/4)

医療技術ニュース:
染色体にアセチル化加飾を行うシステムを開発、がん抑制遺伝子の転写促進
東京大学は、染色体タンパク質に対して、アセチル化修飾を選択的に行う人工化学触媒システム「SynCAcシステム」を開発した。このシステムを用いることで、遺伝子の転写を人工的に促進できる可能性が示唆された。(2017/6/29)

自然エネルギー:
サトウキビの搾りかすでバイオエタノールを製造、タイで有効性を実証
月島機械とJFEエンジニアリングはオンサイト酵素生産技術を用いて、バイオエタノールの製造技術の有効性を実証し、技術面や採算面で実現可能な商業生産モデルを構築した。(2017/6/14)

医療技術ニュース:
分解速度が遅い人工インスリンの合成に成功、糖尿病治療薬への応用見込む
東海大学は、新規人工インスリン「セレノインスリン」の化学合成に成功した。インスリン分解酵素による分解速度が天然インスリンより遅く、糖尿病の治療薬としての応用が期待される。(2017/4/27)

ニッチ過ぎる“白T専用洗剤”登場 白T族の神器となるか
なお「白T以外に使っても問題ない」そうです。(2017/4/13)

アライアンスパートナー開拓へ:
接着剤がいらないCNTシート、日本ケミコンが展示
日本ケミコンは、「nano tech 2017 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」(2017年2月15〜17日/東京ビッグサイト)で、カーボンナノチューブ(CNT)を用いたシートなどを紹介した。製品の低抵抗化と長寿命化に貢献するという。(2017/2/17)

ウェアラブルEXPO:
“電力3万倍”で環境発電を効率化、電池レスウェアラブルの実現へ
エスアイアイ・セミコンダクタは、「第3回 ウェアラブルEXPO」において、“電力3万倍”をうたう半導体ソリューション「CLEAN-Boost(クリーンブースト)」を展示。環境発電(エネルギーハーベスティング)などによって得られる小さな電力を使って、無線通信モジュールを電池レスで動作させるられることを特徴としている。(2017/2/7)

オフィスでも実践できる乾燥肌対策 美容家に聞いてみた
オフィスは思いのほか、乾燥しがち。IT女子たちのために、美肌を保つ乾燥対策を美容家の方に教えてもらいました。(2017/2/2)

高温地域に住む糖尿病患者に朗報:
耐熱性に優れた酵素発見、血糖値センサー向け
東京工科大学の研究グループは、好熱性糸状菌からグルコース脱水素酵素(GDH)を発見した。この酵素は耐熱性と長期安定性に優れており、高温地域で使用される血糖値センサーチップなどへの応用が期待される。(2017/1/12)

医療機器ニュース:
ウイルス粒子を光と動きで検出するバイオセンサーを開発
産業技術総合研究所は、「外力支援型近接場照明バイオセンサー」を開発した。夾雑物を含む試料中のごく少量のバイオ物質を、夾雑物を除去しなくても高感度に検出でき、ウイルス感染予防への貢献が期待される。(2017/1/10)

「おなら」って一体なに? 出やすい食べ物と減らし方
普段、おならが出やすくて困っている人は、食べ物を見直し対策を実践してみましょう。(2017/1/4)

1位は「日本技術の集大成」――2016年、Facebookでシェアされたニュース【Best 20】
ITmedia ニュースの中で2016年にシェアされた話題の記事「Best 20」を振り返ります。(2016/12/30)

「ウイルス」が本来の意味に立ち戻る日
不正なコンピュータプログラムを「ウイルス」と呼びますが、その由来とは? 生物学的検知から考えてみます。(2016/12/27)

医師に聞く「意外なインフルエンザ予防法」
インフルエンザ予防法といえば、うがいや手洗い、マスク着用などが一般的ですが、近年、ちょっと変わったインフルエンザ予防の方法が発案されています。(2016/12/23)

冷蔵庫は小さめでいいけどデザインにはこだわりたい! という人に「クール ステンレス」
ハイアール アジアグループのAQUA(アクア)は11月22日、「COOL Stainless」(クール ステンレス)シリーズの新製品として、2ドア冷蔵庫「AQR-U18F」および「AQR-U16F」を発表した。インテリアやデザインにこだわるシングル向けのラインアップだ。(2016/11/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。