「顔認証」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「顔認証」に関する情報が集まったページです。

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone XS/XS Max」に触れて分かった“Xの系譜”を選ぶ理由
発売に先駆けて数日間、「iPhone XS」「iPhone XS Max」を試用した。発表時の現時取材を踏まえ、実機に触ったインプレッションをお届けする。(2018/9/18)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone XS/XR」でハッキリした“進化の道筋” Appleは何をやりたいのか
米サンフランシスコで行われたAppleの発表会を現地で取材し、iPhone XS/XS Max/XRを知って見て触ってハッキリしてきたこと、Appleが今後何をやろうとしているのかをお伝えする。(2018/9/17)

ITりてらしぃのすゝめ:
SuicaとLINEの移行は? iPhone機種変更の前にやるべきこと
新しいiPhoneが発表された。Suica、LINE、二段階認証の設定など、iPhoneの機種変更前にやっておくべきことやその注意点をまとめて紹介したい。(2018/9/14)

特選プレミアムコンテンツガイド
iPhoneが火を付けた生体認証 パスワードゼロはいつ実現?
iPhone Xが搭載した顔認証の仕組み「Face ID」は、生体認証の可能性を大きく広げた。ユーザーが煩わしいパスワードから“完全に”離れられるのはいつになるのだろうか?(2018/9/14)

iPhone XS/XS Max/XRは何が新しい? iPhone X/8/8 Plusと比較する
iPhoneの2018年新モデルがついに発表された。ラインアップはフラグシップモデルの「iPhone XS」「iPhone XS Max」と、スタンダードモデルの「iPhone XR」という3機種。2017年iPhoneとの違いを比べた。(2018/9/13)

どれにする?:
新型iPhone発表 3つのモデルを選ぶ3つのポイント
AppleがiPhoneの新型を発表。「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」「iPhone XR」という3モデルが一挙に登場した。どれを選べばいいのか、3つのポイントをチェックする。(2018/9/13)

新iPhoneは「Max」含む3機種、特徴は Apple発表内容まとめ
新iPhoneが発表されたAppleスペシャルイベントの内容をまとめて紹介したい。(2018/9/13)

「iPhone XS/XS Max/XR」は何が変わった? iPhone X/8/8 Plusと比較しながら要点をまとめ
米Appleが発表した新型iPhoneの注目ポイントまとめ。それぞれを比較しながら新機能をチェックしよう。(2018/9/13)

Appleが「iPhone XR」発表 「Product Red」含む6色展開
米AppleがiOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone XR」を発表した。(2018/9/13)

「iPhone XS」「iPhone XS Max」発表 5.8型と6.5型のHDR対応ディスプレイ搭載【詳報】
Appleが新しいiPhoneを発表。iPhone Xの後継機種と、その大画面モデルが登場する。(2018/9/13)

「iPhone XR」発表 6.1型液晶搭載でホームボタンなし 6色展開【詳報】
Appleが9月12日にスペシャルイベントで新iPhoneを披露。スタンダード機の「iPhone XR」は6.1型液晶を搭載。ホームボタンは搭載していない。(2018/9/13)

Apple、新モデル「iPhone XS」「XS Max」発表
Appleが、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone XS」「iPhone XS Max」を発表した。(2018/9/13)

米国サッカー殿堂、NECの顔認証システムで来場客一人一人の好みに合わせた展示を実現
米NECが、米テキサス州にオープンする米国サッカー殿堂に顔認証システムを提供。来場客の好みに合わせた展示を実現し、カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の向上を図る。(2018/9/12)

次期iPhoneはどうなる?:
まもなく新型iPhone発表? Apple「スペシャルイベント」の見どころチェック
あと半日(記事掲載時現在)でスタートするAppleの「スペシャルイベント」。その注目点をまとめた。(2018/9/12)

製品分解で探るアジアの新トレンド(31):
貿易摩擦に屈しない、中国半導体技術の“体力”
トライ&エラーを繰り返し、着実に実績をつけている中国の半導体技術。こうした実績はやがて、貿易摩擦などの圧力に屈せず、自国の半導体で多様な機器を作ることができる“体力”へとつながっていくのではないだろうか。(2018/9/12)

「iPhone XS(仮)」発表直前の今こそ知っておきたい 「iPhone X」を10カ月使って分かったこと
2017年11月3日に「iPhone X」が発売されて、はや10カ月がたった。iPhone Xといえば、ノッチのあるディスプレイを採用したことや、ホームボタンがなくなったことが大きな特徴。iPhone Xをメインスマホとして10カ月使ってきた感想をまとめた。(2018/9/11)

IFA 2018:
有機EL採用の狙いは? カメラはなぜ単眼? ソニーモバイルに聞く「Xperia XZ3」
ソニーモバイルが「IFA 2018」で発表した新スマホ「Xperia XZ3」。ディスプレイに有機ELを採用し、本体前面にも曲面デザインを取り入れた。開発の背景を商品企画担当者に聞いた。(2018/9/10)

生体認証と多要素認証を当たり前にする:
PR:オンプレミスの業務アプリとクラウドサービスのハイブリッド利用における認証課題の現実解とは
昨今ではOffice 365の導入が進むなど、業務アプリケーションの実行環境をオンプレミスからクラウドへ移行する企業が増えてきている。だが、従来のオンプレミスで動く業務アプリケーションと比べて、認証における課題を抱えているのが実情だ。オンプレミス&クラウドのハイブリッド環境で多要素認証を実現するための現実解とは。(2018/9/10)

12日発表の“新iPhone”3機種うわさまとめ サイズ、名前、カラーは?
米Appleが9月12日(日本時間13日午前2時)に開催するスペシャルイベントで発表される予定の“新iPhone”のうわさをまとめた。(2018/9/8)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
徹底的に撮り比べ! 夏の5大カメラスマホ十番勝負(後編)
Xperiaのアウトカメラのデュアル化によって、2018年夏の主要なハイエンドスマートフォンは「デュアルカメラ(一部トリプルカメラ)」となった。ということで、2回に分けて撮り比べることにした。今回は後編として「料理」「人物」「ポートレート」「インカメラ」「夜景」の作例を見比べてみよう。(2018/9/7)

IFA 2018:
シャープが有機ELディスプレイ搭載スマホを発表 日本では年内に発売か?
シャープがIFA 2018で、有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンを参考出展。背面にはFeliCaマークを確認できた。日本で発売される可能性が高そうだ。(2018/9/4)

ここまでサブノートは進化した 「Surface Go」ファーストインプレッション
税込み7万円以下で購入できる10型の「Surface Go」。その使い勝手をチェックした。(2018/9/1)

PR:2万円台でココまで多機能! OPPOの新スマホ「R15 Neo」を試して分かったこと
OPPO JapanがSIMロックフリースマートフォンの新製品を投入。中でも注目が、6.2型の大型ディスプレイや大容量4230mAhバッテリー、デュアルカメラを搭載しながらも2万台後半と買いやすい価格の「R15 Neo」だ。その魅力をレポートする。(2018/8/31)

教育機関IT活用・セキュリティ座談会【第2回】
「LINE禁止」ではなく「あえて失敗させる」 IT先進校が語る学校セキュリティ対策
企業だけでなく、教育機関にとってもセキュリティは重要な問題だ。教育機関は、セキュリティにどう向き合うべきなのか。先駆的なIT活用校の教員と、専門家との議論から探る。(2018/8/31)

富士急ハイランドが「顔パス」でサッと入園できる顔認証システムを採用 パナソニックISが提供
パナソニック インフォメーションシステムズは、富士急ハイランドに顔認証技術を活用した入退場システムを提供したと発表した。(2018/8/28)

半径300メートルのIT:
「iPhoneを探す」を数時間で無効に スマホを盗んだ犯人の巧妙な手口とは
指紋認証や顔認証、紛失したデバイスを探す機能など、スマホのセキュリティは年々進化しています。しかし、それで安全性が手に入るかどうかはまさにユーザー次第。誰にでもある「弱点」を使って、セキュリティのプロさえだます手口が出てきているのです。(2018/8/28)

PR:働き方改革の理想を体現するプロ仕様のビジネスマシン「HP Elitebook 850 G5」
高級感あふれる美しいボディーに先進機能を詰め込んだ「HP Elitebook 850 G5」は、ビジネスに妥協を許さないプロフェッショナルのためのマシンだ。(2018/8/28)

米国際空港の顔認証ゲート、導入3日目に不法入国者を初逮捕
8月20日に顔認証ゲートを導入したワシントンのダレス国際空港で22日、システムがパスポートの写真とゲート撮影写真の不一致を確認し、初の不法入国者検出につながった。(2018/8/25)

次期iPhoneはどうなる?:
「顔」だけ? 「指紋」は? 2018年の新型iPhoneの「生体認証」
現行のiPhoneでは、機種によって「顔認証」と「指紋認証」のいずれかを利用できる。9月に発表されるであろう新型iPhoneではどちら(それとも両方)の生体認証を搭載するのだろうか……?(2018/8/24)

音声入力とスクリーンは相性がいい 「Amazon Echo Spot」とスマートディスプレイの可能性
Amazon.co.jpがスクリーン付きのスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」を発売した。音楽再生時にはジャケット写真や歌詞を映したり動画再生も楽しめる他、音声操作への反応が音と画の両方で返ってくる安心感が大きい。(2018/8/23)

OPPOの「R15 Neo」は2万円台 Huawei対抗の“コスパモンスター”なるか?
OPPOのミッドレンジスマホ「R15 Neo」が8月31日から順次発売される。価格は2万5880円から。6.2型ディスプレイや大容量の4320mAhバッテリーを搭載した高コスパモデルだ。(2018/8/22)

防水+おサイフ対応のOPPO「R15 Pro」は約7万円 絶妙な価格で売れ筋の予感
OPPOの新スマホ「R15 Pro」が9月に発売される。6.28型有機ELを搭載して防水とおサイフケータイ対応で、約7万円。機能とのバランスを考えると、絶妙な価格といえる。(2018/8/22)

来店客の情報をマーケティングに生かす:
PR:小売店のデータ活用に革命!? 来店客の数や年齢、性別分析で店舗はどう変わるのか?
POSデータや会員カードの購買履歴データなどの分析・収集が一般的になっているが、来店客の数・年齢・性別を瞬時に判別するシステムがある。大手家具チェーンの東京インテリア家具ではこのシステムを導入し、さまざまな成果をあげているという。どのような仕組みなのだろうか。(2018/8/20)

Publickey:
Windows 10の次期アップデートでWebAuthnをEdgeに実装へ 生体認証やPINでWebサイトへログイン可能に
2018年10月ごろに予定されているWindows 10の大型アップデートで、パスワード不要でWebサイトにログインできる標準仕様「WebAuthn」をMicrosoft Edgeに実装する方向で開発が進んでいます。Windows 10 build 17723を入手できるユーザーは、その挙動を試すこともできます。(2018/8/15)

「Kaby Lake-G」を採用
Intel×AMDコラボCPU搭載の「XPS 15 2-in-1」 磁気浮遊式キーボードで薄型化
Dellの2-in-1デバイス「XPS 15 2-in-1」は、CPUとGPUをワンパッケージにまとめ、磁石の力でキーを浮かせるキーボードを採用するなどして薄型化を実現した。ただしタブレットとして使うには難点が残る。(2018/8/12)

セルフィースマホから高性能カメラスマホへ Meituの新モデル「T9」で感じた変化
Meituの新スマホ「T9」は、同社の特徴であった美顔効果がブラッシュアップしただけではなく、アウトカメラの機能も強化している。「セルフィースマホ」から「高性能なカメラフォン」へと、Meituは製品の方向性を転換し始めている。(2018/8/11)

サムスンが「Galaxy Note9」発表 Bluetooth対応Sペンで操作性はどう変わった?
Samsung ElectronicsがNoteシリーズの新機種「Galaxy Note9」を発表。Bluetoothを内蔵したSペンを搭載。進化したポイントや使用感をレポートする。(2018/8/10)

東京五輪、日本の技術力アピールの場に 初の顔認証技術、NECが導入
2020年東京五輪・パラリンピックで、人工知能技術を使い、入場者の顔をIDカードに事前登録した顔写真と自動的に照合する認証システムを初めて導入すると発表した。(2018/8/9)

iPhone XやiPhone 8をワイヤレス充電できるスタンド ロジクールとAppleが共同開発
Qi規格準拠の充電スタンドがロジクールから登場。動画を見ながらiPhone XやiPhone 8をワイヤレス充電できる。(2018/8/8)

混乱や待ち時間を解消?:
2020年東京五輪にNECの顔認証導入へ――関係者の認証チェックを「厳格かつ高速」に
※記事末尾に動画付き※ 東京2020大会の全会場と選手村、プレスセンターなどに、NECの顔認証が導入されることが分かった。関係者以外立ち入り禁止エリアの入場管理を、安全かつ迅速に実現できるという。(2018/8/8)

最新版では修正済み
「iOS 11」のApple純正カメラアプリで見つかった脆弱性 悪用例と対策を解説
「iOS 11」のカメラアプリに脆弱性が見つかった。最新版では修正済みであるこの脆弱性は、どのように悪用される可能性があるのか。どうすれば問題を回避できるのか。(2018/8/8)

全会場は五輪初:
五輪で初の顔認証システム、NECが東京で導入
NECは、2020年の東京五輪・パラリンピックで、同社の顔認証システムが採用されたと発表した。(2018/8/7)

東京五輪、関係者は「顔認証」入場 大会史上初 “改札並み”にスムーズ
2020年の東京五輪・パラリンピック競技大会では、関係者が会場に入る際、NECの顔認証システムが使われる。選手やスタッフ、ボランティアなど大会関係者約30万人が対象。(2018/8/7)

Webサイトを見るだけでログイン:
Microsoft Edgeがパスワード不要の「Web Authentication」に本格対応
Windows Insider Preview Build 17723以降のMicrosoft Edgeが「Web Authentication」仕様をサポートした。これにより、パスワードを使わなくても安全でより良いWebエクスペリエンスを得られるようになったという。(2018/8/3)

人工知能:
日本は既にディープラーニングで後進国となりつつある――東大松尾教授
生産設備から社会インフラ、各種災害対策まで「メンテナンス」「レジリエンス」に関する最新の製品や技術、サービスを一堂に集めた展示会「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2018」(2018年7月18〜20日、東京ビッグサイト)の特別講演に東京大学大学院 工学系研究科 特任准教授の松尾豊氏が登壇。「AIの発達によりわれわれの生活・産業がどのように変わるのか」をテーマにディープラーニング研究の重要性について紹介した。(2018/8/1)

IT管理者は楽になるか
Apple「iOS 12」の光がまだ当たっていない管理機能、その強化点は?
Appleが2018年6月に開催した「Worldwide Developer Conference」(WWDC)の発表の中から、「Apple Business Manager」など、あまり光が当てられていないエンタープライズ管理機能を紹介する。(2018/7/29)

Surface Book 2を漫画家がガチで仕事に使ったらどうなる?
漫画「AIの遺電子」で第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞を受賞した山田胡瓜氏が「Surface Book 2」をレビュー。仕事で使ってみた結果は……?(2018/7/27)

研究開発の最前線:
眠くなったら空調刺激で覚醒促す、ダイキンとNECがオフィスの生産性向上で新技術
ダイキン工業とNECは、2016年10月から取り組んでいる「知的生産性を高める空気・空間を実現するための共同研究」の成果を発表。オフィスなどの執務空間で眠くなった時に覚醒を促すために加える刺激として、空調による温度刺激が特に効果的で、眠気の兆しが見えた早期の段階で刺激を与えれば、覚醒した状態を保ちやすいことも分かった。(2018/7/26)

NEC、学校導入などにも向く10.1型タブレットPC「VersaPro タイプVU」など法人PC計14タイプを投入
NECは、法人向けPC「VersaPro」「Mate」シリーズのラインアップ刷新を発表した。(2018/7/25)

台湾の無人コンビニ「X-STORE」、顔認証で決済 物体認識技術活用のPOSで商品一括読み取りも NECが技術提供
台湾セブン-イレブンの無人コンビニ「X-STORE」が、NECの顔認証AIを活用した顔認証システムと、異なる形状の商品でも高精度に識別する画像認識技術を活用したPOSシステムを導入。無人店舗のセキュリティと、顔認証を活用したスムーズな購買フローについて実証が行われる。(2018/7/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。