• 関連の記事

「設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法」最新記事一覧

解析のエンジンとなる有限要素法だが、シッカリと理解しているだろうか。言葉からして難解な解析手法をなるべく数式を使わず、CAEのオペレーションも交えて解説する(編集部)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(12):
FEMの知識総まとめ〜あなたの解析は設計後?〜
設計が終わってから解析している人、本当にそれで大丈夫? 手戻り発生を極力防ぐ解析のタイミングとは(2011/5/10)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(11):
まるでリーグ戦!? 剛性マトリクスを使って考える
節点間のバネ定数が入ったマトリクスを作って総当たり戦! これが有限要素法解析の基本だ。(2010/11/26)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(10):
8分で検証! 手計算とフリーソフトの結果比較
本連載中に登場した片持ちばりを例に、フリーソフトでちゃんとした答えが出るのかどうか検証した。(2010/9/15)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(9):
フリーソフトだけで構造解析をやってみる(下)
いよいよ前回作ったモデルをLISAで解析する。「CAEと材料力学が出合う」感動を実感しよう。(2010/7/23)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(8):
フリーソフトだけで構造解析をやってみる(上)
フリーで使える解析ツールを筆者が徹底検証して紹介! 簡単な形状の部品なら、実務レベルの解析が十分できる。(2010/5/19)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(7):
3人中2人が間違える!? 片持ちばりの計算をしよう
今回は、これまでの解説内容を実践してみる。3人中2人が間違えるという片持ちばりの変形量計算にチャレンジ。(2010/3/10)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(6):
超重要! メッシュサイズと8つの質問
解析精度を高めるため設計者自身でコントロールできる唯一のパラメータは、メッシュサイズだ。(2010/1/22)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(5):
ソリッド四面体1次要素は、デンジャラス!?
ソリッド四面体要素を使うときの、大事な約束がある。それを守らないと、危ない結果が待っている!?(2009/11/17)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(4):
ピンポン球を使って6自由度について説明してみた
ピンポン球が1個、箱の中にあって、天井からひもでぶら下がっている。実はこのピンポン球が有限要素の“何か”。(2009/9/2)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(3):
ここからすべては始まる。三大有限要素はこれだ!
「バー要素」「シェル要素」「ソリッド要素」のそれぞれが持つ長所や欠点を詳しく楽しく解説する。(2009/6/12)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(2):
有限要素は、シャンパンの栓(せん)なのだ
メッシュ分割とは、有限要素を作ること。でも有限要素って何なの? コルク栓に例えて分かりやすく解説してみた。(2009/4/16)

設計者CAEを始める前にシッカリ学ぶ有限要素法(1):
材力とFEMをシッカリ理解して、シッカリ解析!
小難しい有限要素法を数式を使わずに解説する。まずは有限要素法の歴史を振り返り、解析の基本的な考え方を確認。(2009/1/28)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。