• 関連の記事

「生産スケジューリング」最新記事一覧

@IT MONOist「生産管理フォーラム」の生産スケジューリングに関する連載も参照ください。
 
・連載「こうすればうまくいく生産計画
・連載「過剰在庫と欠品を撲滅! TOC/S-DBR
・連載「セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論

NTTセキュリティ IT/OT統合セキュリティサービス:
ITとOTをトータルで守る統合セキュリティサービス、NTTが提供
NTTセキュリティが産業制御システム向けセキュリティサービス「IT/OT統合セキュリティサービス」を提供する。コンサルティングとマネージドセキュリティサービスの2つを大きな柱とし、海外展開も行う。(2017/10/3)

コニカミノルタジャパン:
「親会社の物を売るだけではダメだ」躍進はコト売りの事業改革から
「親会社の物を売るだけではダメだ」。発足して1年が過ぎたコニカミノルタジャパンの原口社長は危機感を露呈する。Workplace Hubなど新製品販売を予定するが、機能ではなく「コト」を売る企業としての存在感発揮を目指す。(2017/7/11)

特選レポートガイド:
設計開発者の80%が品質に問題を感じている――その解決のカギは?
「設計製造における『品質管理』」に関する調査レポート(2017年版)。(2017/6/30)

パナソニックCNS社:
「ソリューションでやっていくと決めた」パナソニックCNS社 樋口社長
創業地である大阪を離れ、東京への本社移転を示したパナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社。樋口社長は顧客ありきの姿勢を鮮明にし、ソリューションビジネスを強める方針である。(2017/6/27)

ヤマハ tollite:
スマホで撮った映像をプロが仕上げる動画制作サービス、第1弾は製造業
ヤマハは、テンプレートを選択し、専用iOSアプリのナビゲーションに従いながら撮影するだけで本格的な企業動画を低価格で作成できるサービス「tollite」の提供を開始した。サービス第1弾として、製造業に特化したテンプレートを用意する。(2017/6/23)

日立産業制御ソリューションズ:
ITとOTの融合が進む中、「オープン化」と「囲い込み」のかじ取りは
日立産業制御ソリューションズが事業方針説明会を開催した。火力発電事業など制御畑を歩んできた木村社長だが、「ITとOTの融合を進めるのがミッション」と方針を語る。(2017/6/20)

特選ブックレットガイド:
IoT導入の“いま”を製造業大手15社に聞いたら……?
いまこそIoT導入のタイミングと考える製造業は多いと思われるが、実際にはどうなのだろうか? 製造業大手15社のIoT導入の“いま”と、IoT導入で顕在化した求められる技術者像をアンケートで探った。(2017/6/20)

製造業IoT:
高効率な個別大量生産に対応する日立大みかのノウハウ、IoTプラットフォームから提供
日立製作所はIoTプラットフォーム「Lumada」を利用して、同社大みか事業所におけるIoT活用事例の一部を汎用化し、外販を開始した。今回は、RFIDで取得したデータから各工程の進捗を把握し、遅延が発生した工程の対策を検討する「進捗・稼働監視システム」、作業時間が通常よりも長くかかっている生産工程を検出し、画像分析などにより問題点を可視化する「作業改善支援システム」の2つを提供する。(2017/6/9)

OKI Style:
Kinectで多品種少量生産の効率をアップ、OKI富岡工場の取り組み
ATMや複合機メーカーという印象のある沖電気工業だが、そのモノづくりが及ぶ範囲は広い。その拠点の1つ、富岡工場では人の力を最大限に生かす多品種少量生産の仕組みが構築されている。(2017/6/9)

産業社会におけるデジタル化の価値(3):
デジタル社会の進展に伴い重要性が増すセキュリティ対策
「デジタル化」とは何か――。デジタル化が産業社会にもたらす変化と価値について、全4回で解説する。第3回では、デジタル化の流れの“受け皿”となる産業用ネットワーク/インダストリアルIoT(IIoT)と、それに関連したセキュリティの話題を取り上げます。(2017/5/23)

ワコム タグキャスト InspectionPen:
カメラとペンと位置情報で検査業務を効率化
ワコムとタグキャストが、カメラモジュール搭載デジタルペンと屋内位置情報システムを連動させた検査報告システムを開発した。カメラペンで撮影した画像に位置情報を付加し、タブレット上の図面に張り付けることができる。(2017/4/7)

エヌ・ティ・ティ・コムウェア Deep Learning画像認識プラットフォーム:
製品検査に画像認識導入、ディープラーニングで手軽に
NTTコムウェアがディープラーニングを利用した、製造業向けの画像認識プラットフォームを販売開始した。生産ラインの監視や検品といった、これまで熟練者の目視で確認していた業務を監視カメラとAIに刷新できる。既存システムとの連携も容易だとする。(2017/3/9)

特選ブックレットガイド:
「機能」単位による製品開発を実現したオリンパスの取り組み
製品開発は複雑化する一方であり、これまでの手法では限界を迎えつつある。オリンパスは医療機器開発において「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したが、どのようにしてその変革は成功したのか。「Zuken Innovation World 2016」での講演を紹介する。(2017/2/14)

安川情報システム デジタルマニュファクチャリング:
「HoloLens」で生産現場を最適化、クラウドと作業員をARで接続
安川情報システムがデジタルマニュファクチャリングへの取り組みを強化。マイクロソフト「HoloLens」などのARデバイスを用いた生産ライン支援ソリューションなどを提供する。(2017/2/2)

IDC 世界AR/VRヘッドセット市場規模:
「ゲンバ」がAR普及を加速させる、2018年から急加速
VRとならぶ次世代の成長ドライバーと目されるAR(Augmented Reality)。GoogleやMicrosoftなどが取り組みを進める中、ARの活用を促進するユースケースとして有望視されているのが「ゲンバ」だ。(2017/1/11)

食品・飲料業界の需給計画の悩みを解決
複雑な生産スケジューリングを半自動化、キリンも採用した需給計画の策定術
メーカーにとって需給計画の精度向上は、商機を喪失しないためにも極めて重要だ。しかし、食品・飲料業界では、商品特性の違いから実現はなかなか困難だ。(2016/12/26)

NECエンジニアリング 加速度・温度センサ データ収集システム:
工作機械の見える化を安価に実現、漏えいなどにも配慮した無線データ収集システム
NECエンジニアリングがインダストリアルIoTにおける故障予知保全などを容易に実現するデータ収集システムを販売する。センサーとレシーバーの間には独自の暗号技術を導入し、工作機械や産業機器からのデータ漏えいや改ざんにも配慮した。(2016/10/27)

東洋ビジネスエンジニアリング RAKU-Pad:
紙やExcelの帳票を電子化、現場支援ツール「RAKU-Pad」がバージョンアップ
東洋ビジネスエンジニアリングの、製造現場業務支援ツール「RAKU-Pad」がバージョンアップ。「紙やExcelの帳票を電子帳票としてタブレットなどに出力」「データ抽出とCSV出力」「オフライン環境での動作」といった機能強化を果たした。(2016/10/24)

日立製作所 クラウド型設計業務支援サービス:
3次元データの共有時間を半減! グローバル統一の協調設計環境を実現するクラウドサービス
日立製作所は、国内外の拠点間における設計業務の効率向上を実現する「クラウド型設計業務支援サービス」の提供を、2016年10月19日から開始すると発表した。(2016/10/24)

PTC ThingWorx:
SAP HANA上で動作する「ThingWorx IoTプラットフォーム」を提供
PTCジャパンは、SAPソリューションと連携するソフトウェアを設計・開発するパートナーとして、SAP PartnerEdgeプログラムに加入したことを明らかにした。(2016/10/20)

ダッソー デザイン・フォー・シーなど:
船舶設計大手が豪華遊行船のプロセス管理に船舶・海洋向けソリューションを導入
船舶設計大手のイタリアNAOS Ship and Boat Designは、個人向け豪華遊行船「スーパーヨット」のプロセス管理に、仏ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームを採用した。(2016/10/18)

安川情報システム/伊藤忠テクノソリューションズ:
インフラから「SAP S/4HANA」の運用サポートまでをトータルに支援
安川情報システムと伊藤忠テクノソリューションズは、SAPジャパンの次世代ERP「SAP S/4HANA」に関し、トータルなクラウドサービスを提供することで協業すると発表した。(2016/10/14)

ALSI ECOAS:
もっと分かりやすい精算システムを! 月間150時間の作業コスト削減に成功したローランドDG
アルプス システム インテグレーションは、ローランド ディー.ジー.による「ECOAS 経費・旅費精算」導入事例を公開。経費・旅費の精算手続きの電子化の実現により、大幅な作業コスト削減に成功したという。(2016/10/13)

NTTデータ グローバルソリューションズ:
日系SAP事業者トップを目指し、国内製造業のSAP導入支援に注力
NTTデータ グローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は、東京都内で会見を開き、同社の事業展開について説明した。(2016/10/11)

IDC Japan 国内ITサービス市場ベンダー売上ランキング:
富士通、NEC、日立、NTTデータ、IBMが不動のトップ5――アクセンチュアも躍進!
IDC Japanは、2015年の国内ITサービス市場のベンダー売上ランキングを発表した。(2016/10/7)

テラデータ Teradata Analytics of Things Accelerators:
IoTデータを実用的な洞察に転換する分析ソリューション
米テラデータは、IoTデータを実用的なインサイトに転換する分析ソリューション「Teradata Analytics of Things Accelerators」の提供開始を発表した。(2016/10/4)

IT導入完全ガイド:
SCM改革の次の波は財務経理を救う? 「ヒト」「モノ」と「カネ」で将来を見る「S&OP」
SCMと財務を結び付けるS&OPの考え方を紹介しつつ、第三世代SCMとその活用例、導入のヒントを紹介する。(2016/9/12)

ブレインパッド:
AIのビジネス活用を支援する「機械学習/ディープラーニング活用サービス」
ブレインパッドは、人工知能(AI)を使った画像処理や言語処理などのビジネス活用を支援する「機械学習/ディープラーニング活用サービス」の提供を開始した。(2016/9/7)

FRONTEO/O2:
製造業の技術継承を支援するシステム開発で協業
FRONTEOは、製造業向けのコンサルティング事業を展開するO2と、製造業の技術継承を支援するシステム開発で協業すると発表した。(2016/9/6)

IT導入完全ガイド:
「売れたのに利益にならない」を解消する最新SCMとは
「作ったけれど利益が見込めない」「売れたけれどもうからない」「原価が掛かり過ぎ」が発生する理由は? サプライチェーン管理だけでは見えにくいモノづくりと「おカネ」の関係を改革する最新SCMの動向を解説する。(2016/9/2)

先進技術におけるハイプサイクル2016年版:
機械学習は“過度の期待”のピーク、自律走行車は“幻滅期”の一歩手前
米国の調査会社Gartnerは、「先進技術におけるハイプサイクル2016年版」を発表した。調査結果では機械学習などが「過度の期待のピーク期」を迎えており、自律走行車が「幻滅期」の一歩手前に。また、ここ数年注目されてきた「3Dプリンタ」が消え、「4Dプリンティング」が黎明期として紹介されている。(2016/8/31)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/08/25
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年8月25日)(2016/8/26)

IT導入完全ガイド:
AIを活用する次世代ERPの実力
人工知能を活用する次世代型ERPの代表的な製品として、ワークスアプリケーションズの「HUE」とSAPジャパンの「SAP S/4HANA」を取り上げ、その特徴とユーザーメリットを紹介する。(2016/8/26)

NTTグループ:
AI技術の共通基盤を用いたデバイス連携サービスの合同実証実験を開始
NTTグループ6社は、同グループのAI関連技術「corevo(コレボ)」を用いて、さまざまな分野・業界で実証実験を開始する。コミュニケーションロボットを中心としたデバイス連携サービスの有効性を検証し、ロボット関連ビジネスを一層加速させる。(2016/8/24)

Oracle Sales Cloud/Social Cloud:
グループ6社の顧客情報を一元管理し、営業改革を図るヤマネホールディングス
日本オラクルは、同社の顧客管理・営業支援システム「Oracle Sales Cloud」とソーシャルメディア管理システム「Oracle Social Cloud」をヤマネホールディングス(山根木材)が採用したと発表した。(2016/8/19)

富士通/富士通システムズ・イースト:
IoT活用でTOTOの衛生陶器の生産効率向上を支援
富士通は、富士通システムズ・イーストと共に、TOTOのベトナム拠点TOTOベトナムの工場で生産する衛生陶器の生産効率を向上させるため、原材料の調合から検査まで、全工程の生産状況や品質情報を可視化するシステムを開発した。(2016/8/18)

SAPジャパン SAP S/4HANA Enterprise Management:
自動機械装置メーカーのCKDがグローバル標準のERPシステムを採用
SAPジャパンは、同社のERPシステム「SAP S/4HANA Enterprise Management」を、自動機械装置メーカーのCKDが採用したと発表した。(2016/8/12)

IT導入完全ガイド:
ERP、国内主要3業種での“磨き”をかけるべきポイント
製造業、卸売・小売業、サービス業という日本の主要業種に焦点を当て、ERPをより有効に活用するためのポイントを紹介する。(2016/8/5)

ダッソー ビークル・プログラム・インテリジェンス:
自動車・輸送機械業界向けプロジェクト管理ソリューション
ダッソー・システムズは、強力な分析アプリケーションを備えた、自動車/輸送機械業界向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス「ビークル・プログラム・インテリジェンス」を発表した。(2016/8/5)

システムインテグレータ GRANDIT:
個別受注生産型機能を強化した生産管理アドオンモジュールの最新版
システムインテグレータは、個別受注生産方式で製造を行う企業向けに、Web-ERPパッケージ「GRANDIT」生産管理アドオンモジュールの最新版バージョンを発表した。(2016/8/1)

特選ブックレットガイド:
グローバル展開で見えてきた製造業界の新たな課題
変化に対応し、企業力を高めるために必要なこととは?(2016/7/29)

IDC Japan CIO調査:
国内製造業のIT投資に対する意欲は?
IDC Japanは、国内企業のCIOや情報システム部門長、またはそれに準ずる立場の管理者を対象に、IT投資動向およびIT部門の課題/取り組みなどについてアンケート調査を実施。その分析結果を発表した。(2016/7/20)

富士通 FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS:
製品の組み立てプロセス検討を3次元モデルで支援するデジタル生産準備ツール
富士通は、製品の組み立てプロセス検討を3次元モデルで支援するデジタル生産準備ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS」の新バージョンを発売した。(2016/7/15)

ダッソー DELMIA Apriso:
LIXILが製造実行システムにダッソー・システムズのMESを採用
新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は、LIXILに対してダッソー・システムズの「DELMIA Apriso」を導入したことを発表した。(2016/7/12)

特選レポートガイド:
84%が直面する設計・開発現場における品質課題とは?
「設計製造における『品質管理』についての調査」に関する結果レポート。(2016/7/6)

NEC Obbligato III:
BOMとBOPの統合管理が可能になったPLMツールの新バージョン
NECは、PLMツール「Obbligato III」の新バージョン「Obbligato III R4.1」を発表した。(2016/7/1)

日本システムウエア Base-Right:
「M-SeeC II」プラグインを組み込んだ、製造業向けPDMシステムの最新版
日本システムウエアは、製造業向けPDM(製品情報管理)システムの新バージョン「Base-Right Ver5.0」の提供を開始した。(2016/6/24)

図研 DS-2:
米マイクロソフトの製品開発部門が採用したPLMソフトウェア
米マイクロソフトのDevice Divisionは、製品のサプライチェーンを統合したライブラリ、設計データ管理システムとして、図研のPLMソフトウェア「DS-2」を採用した。(2016/6/13)

特選ブックレットガイド:
【連載まとめ読み】生産管理を担当することになった新米班長の運命は?
製造工程の大幅な改善、コスト・リードタイムの半減を目指す物語。(2016/6/10)

PTC FlexPLM 11:
流通小売業界特有のニーズにも対応できるPLMソリューションの新版登場
PTCジャパンは、流通小売、ファッション、フットウェア、アパレル、コンシューマー製品向け製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションの最新版「PTC FlexPLM 11」を発表した。(2016/6/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。